偏頭痛 治す サプリ。 偏頭痛の治し方!頭痛に効く食べ物・ツボで痛みをスッと治す方法

偏頭痛サプリで和らげる!偏頭痛に効くサプリメントベスト3

偏頭痛 治す サプリ

スポンサードリンク なんとか、 頭痛が治る方法がないか いろいろ試しています。 しつこい頭痛ですが、 この間、試してみて、 偏頭痛に効果を感じられた方法を シェアしたいと思います。 マグネシウムのサプリを試した アメリカ人の友人が、 『頭痛には、これがいいよ』 勧めてくれたのが、 マグネシウムのサプリです。 ナチュラル・トランキリティという粉末状のサプリ。 これを、お湯に溶かしてジュースのようにして飲みます。 トランキリティとは、英語で、 静けさや平安を意味します。 トランキライザーは精神安定剤のこと。 なので、サプリの意味は、自然の 精神安定剤みたいな意味になるかと思います。 じつは、このサプリは、頭痛というより、 神経痛や、不眠、ストレスの軽減を目的で 買うひとが多いようです。 しかし、友人のすすめもあり、 頭痛がひどいときに、試してみたら、、、 なんと、効果があったのです!!! ありがとう!友人よ。 サプリの内容物をきちんとみると、 マグネシウム:350mgとあります。 マグネシウム以外には何も入っていません。 もしかしたら、マグネシウムは頭痛に効果があるのでは? そこで、 頭痛とマグネシウムの関係を 調べてみることにしました。 頭痛もちは、マグネシウム不足? 頭痛とマグネシウムの関係を探していると、 次の記事がみつかりました。 偏頭痛がおきている時に、 脳内のマグネシウムの濃度を測定すると3~5割の人が、通常の濃度より19%低いことが報告され、偏頭痛とマグネシウムが関係していることが知られるようになりました。 ーー 私の偏頭痛が軽くなったのも、 もしかしたら、 マグネシウム不足だった可能性があります。 マグネシウムの大きな役割は、カルシウムと深く関係していて、 血管、筋肉、神経などの細胞で、緊張と弛緩のバランスを保って体を守ります。 そんなマグネシウムが、どうして頭痛に効果があるのか? その根拠を、もう少し突っこんでみました。 マグネシウムが不足すると 体のなかで、どんなことが起こるのでしょう? 大きく2つにわけられます 1. マグネシウムが不足すると、 カルシウムによる血液凝固作用を阻止するという マグネシウム本来の作用がはたされなくなります。 その結果、 小さな血栓が細かい脳血管に詰まり、 それが、片頭痛を起こすといわれています。 脳内でマグネシウムが減少すると、 神経伝達物質の活動過剰や神経興奮が促進されます。 この 神経が興奮することにより、頭痛が起きるのです。 マグネシウムを摂取することにより、• 脳の血栓ができるのを防ぐ• 脳の神経の興奮を抑える• 過剰な神経伝達物質の分泌をおさえる こんな効果があると言えそうです。 そして、もうひとつ、 頭痛に関係しそうなのが ストレスです。 人間の体のなかでは、ストレスを感じると 血管が収縮したり、拡張したり。 そんなことが起きています。 私の場合ですが、ストレスを感じると 首や肩の筋肉がこわばります。 そして、頭痛がおこるときも 首から肩にかけて、どーんと重くなります。 マグネシウムは、筋肉を弛緩させて、 リラックスさせる。 そんな働きもあります。 緊張した筋肉や、収縮した血管のせいで 血行が悪くなる、血行不良型の肩こりにも、 マグネシウムは効果があると言ってもよさそう。 私が試した、ナチュラル・トランキリティは 不眠のひとも愛用者が多いようです。 きっと、筋肉や神経がリラックスして 安眠できたり、眠りが深くなったりするのでしょう。 ちょっと長くなったのでまとめてみます。 マグネシウムは• 血栓が刺激となり引き起こされる頭痛• 過剰な神経伝達物質が原因の頭痛• 脳の神経が興奮しておきる頭痛• ストレスが原因の頭痛• 睡眠不足のせいの頭痛 これらに、効果があると言えそう。 マグネシウムの副作用!ココに注意 病院でも言われましたが、頭痛の原因は いろいろで、まだまだ解明されていないことも いっぱいです。 しかし、そのなかでも、頭痛の種類によれば マグネシウムは効果がありそうです。 私の場合は効果がありましたが、 頭痛の種類によっては難しい場合もありそうです。 それでも、試してみる価値はあるのでは? ちなみに、私の試したナチュラル・トランキリティは 日本では売っていないようです。 アマゾンでみたら、このナチュラルカームが 同じタイプのマグネシウムです。 違いは、こちらは、 マグネシウム:350mgではなく、 マグネシウム:325mgで、少し少ない量です。 お湯で溶かして、飲むのは同じです。 レモンやオレンジなどのフレーバー付きもあるようです。 しかし、マグネシウムの摂取に関しては、 気をつけなければいけないこともあります。 マグネシウムはサプリで簡単にとれますが、 場合によれば、副作用があるのです。 腎不全のヒトがマグネシウムを摂取すると、 高マグネシウム血症をおこす危険性がでてくるのです。 腎臓に疾患があるひとは、 余分なマグネシウムが体の外に、排出されずに、 血液中のマグネシウム濃度が高くなりすぎてしまうのです。 倦怠感 筋力低下 徐脈性不整脈 起立性低血圧 腱反射低下 悪心 嘔吐 このような症状がでます。 とくに、危険なのは、徐脈性不整脈により血圧が低下することです。 最悪の場合は、死亡することもありえます。 健康なひとは、普通は、汗や尿から排出されるので 規定の量を守れば、そんなに心配はいらないはずです。 それでも、下痢や吐き気などの症状を起こす場合があります。 マグネシウムの大量摂取には気をつけるにこしたことはないでしょう。 厚生労働省の平成25年の情報でみると、 成人男性:370mg 成人女性:290mg 日本人のマグネシウムの推奨量は 1日あたり、上記の数字になっています。 アメリカでは、どうなんでしょう? 私のとった、ナチュラル・トランキリティをみると、 1回の使用量の350mgで、1日に必要なマグネシウムの 87%が補えることがわかります。 ということは、計算すると、 アメリカでは 1日の摂取量を400mgくらいと考えているようです。 290mg 〜 400mg これくらい量が、健康なひとにとっての 適量だと言えそうですね。

次の

片頭痛に効くサプリメントで副作用なく予防をする方法

偏頭痛 治す サプリ

でも、頭痛が起きるたびに、脳血管に小さな損傷ができます。 また、寝たきりになる原因の20%以上が脳梗塞。 この事実を知ってから、頭痛の発生自体をなくすにはどうしたらいいのか調べ、様々な方法を試しました。 サプリメント(食べ物)で頭痛を治す この方法を説明する前に、2003年から10年以上つけている頭痛日記から、頭痛を起こした回数を公開します。 頭痛を起こした回数 年 春 (3~5月) 夏 (6~8月) 秋 (9~11月) 冬 (1~2月・12月) その年の合計 2003年 4回 8回 2回 3回 17回 2004年 4回 3回 4回 4回 15回 2005年 1回 1回 1回 0回 3回 2006年 3回 2回 3回 2回 10回 2007年 3回 3回 4回 0回 10回 2008年 1回 5回 0回 5回 11回 2009年 3回 3回 2回 5回 13回 2010年 6回 3回 4回 2回 15回 2011年 3回 0回 7回 3回 15回 2012年 7回 7回 2回 6回 22回 2013年 5回 0回 3回 2回 10回 2014年 6回 3回 6回 4回 19回 平均頭痛回数 3. 8回 3. 2回 3. 2回 3. 頭痛は片頭痛と緊張型頭痛です。 群発頭痛はありません。 こうしてみると、年間10~20回ほど、頭痛薬が必要な強い頭痛が発生しているのがわかります。 でも、2005年だけは頭痛回数が 3回だけと、とても少なくなっていました。 2005年、頭痛を治すために特別に何かをしたということはありません。 でも、1つだけ気を付けたことがあります。 それが 食生活(サプリメント)です。 30代に入ったこともあり、食生活に非常に気を付けるようになり、足りない栄養はサプリメントで補うようにしました。 結局、健康を意識した私の食生活は2005年の1年でブームが過ぎ去り、2006年以降は食生活も元に戻りました。 最近、 頭痛薬を飲むと動悸がしてきたこともあり、頭痛を何とか治したいという思いでこのような表を作ったことで、初めて 頭痛とサプリメントの関係に気付かされました。 そして、2015年から血管を健康に保つサプリメントを取り入れた結果、 2003年~2014年 年間平均頭痛発生回数 2015年1月1日以降の 合計頭痛発生回数 13回 3回 (2018年10月時点) と劇的に少なくなりました。 頭痛に効く栄養素はショウガオール・DHA・EPA 片頭痛・緊張型頭痛のどちらも、頭痛の原因は肩こり、寝過ぎ、ストレスと様々です。 でも、原因は何であれ、ほとんどの頭痛は、 血管の異常な拡張や収縮により血流が悪化することで起こります。 そこで注目されるのが以下の栄養素です。 DHA 血管を老化させる悪玉コレステロールや、中性脂肪を減らす 働きがあります。 EPA 血液を固まらせる血小板を集まりにくくさせ、 血液をサラサラにする働きがあります。 ショウガオールの働き・効能 DHAの働き・効能 EPAの働き・効能 ショウガオールは、血管を広げることで血流を良くしたり、血管を健康に保つ働きがあります。 また、筋肉疲労を和らげる効果があり、疲労からくる肩こりや低血圧、冷え性の人の体質改善に、特にその効果を発揮します。 生姜にはジンゲロールという成分が含まれていますが、生の生姜を乾燥・加熱することで、ジンゲロールの一部が ショウガオールに変化します。 ショウガオールは 調理して作り出すことが難しい栄養素です。 日本人の死因トップはがんですが、2位と3位を占める心疾患と脳血管障害は動脈硬化が原因で発症します) DHAやEPAはヒトの体内で必要な量を作ることができないため、食品から取る必要があります。 これらは、マグロ、イワシ、サバ、サンマなどの青魚に多く含まれていますが、1日に必要な量(厚生労働省の目標摂取量は、DHAとEPA合わせて 1日1g)をとろうと思ったら、マグロであれば刺身9人分を毎日食べないといけません。 よほどの魚好きでもない限り、毎日それらの魚を食べ続けることには 苦痛が伴います。 効率よくショウガオール・DHA・EPAを摂取するには? このような日常で取り入れることが難しい栄養素を摂取するために、私は下の2つの サプリメントを利用しています。 「コンビニ弁当や外食などは止めて、栄養バランスのとれたチキンとした食事をとって、四季折々の旬のものも取り入れることが大事」 病気予防の本やテレビ番組では、たまにこのようなことが言われていますが、 「言うは易し、行うは難し」 です。 考え方は非常によくわかりますが、現代人は常に忙しく、ストレスを抱え、食事に時間と手間をかけることが難しくなっています。 正直に言って、あまりに非現実的な意見です。 さらに、下のようなデータもあります。 その原因として、二期作や二毛作といった大地を酷使するやり方で、土地がやせてしまっていることや、流通過程の問題で早く収穫することなどが挙げられます。 このデータは 食事だけでは十分な栄養を取るのが無理ではないか?ということを証明しています。 健康な生活を送るために、 サプリメントは必要なものと考えて間違いありません。 ショウガオール・DHA・EPAサプリメントを摂取するメリットとデメリット メリット デメリット ・頭痛薬と違い、副作用の心配がない ・ 頭痛薬に頼らない生活を送ることが可能 ・頭痛にならなければ、痛みから解放され、 自由に使える時間が増える ・頭痛解消以外にも3大死亡原因の心疾患や脳血管疾患 など、 さまざまな血管障害を防ぐことが可能 ・お金がかかる ・サプリメント選びが難しい 私は頭痛を根本から治し、健康を維持できると思えば、サプリメントを食べることに特に抵抗はありませんでした。 ではなぜ、数あるサプリメントから先ほど紹介したサプリメントを選んだのか? 私のサプリメントの選び方を紹介します。 私がこれらのサプリメントを選んだ理由 私は血管を健康な状態に保つ栄養素を摂取して、頭痛を根本から治すために• の2つを利用しています。 これらのサプリメントは、• 余計な添加物を一切使用していないので安全• 値段が安くて続けやすい• 必要な栄養素(ショウガオール・DHA・EPA)がしっかり入っている といった点が気に入っています。 これらのサプリメントを摂取したおかげで、今は ほとんど頭痛が発生しなくなりました。 サプリメントの比較サイト• また、サプリメント以外でショウガオールを取り入れたい方は、こちらです。 「毎日の食生活が健康をつくる」 これは疑いようのない事実です。 サプリメントを取り入れることで、頭痛が起きにくい健康な体を手に入れてください。 頭痛に効くサプリメント 記事一覧• 食べ物は大事です.

次の

【このツボが効く】偏頭痛の痛みを和らげるツボ6選

偏頭痛 治す サプリ

参考:偏頭痛の人が脳梗塞になりやすいことを示す研究 ・Swartz RH, Kern RZ. Migraine is associated with magnetic reosonance imaging white matter abnormalities. ・Kruit MC, Buchem MA, Hofman PAM, et al. Migraine as a Risk Factor for Subclinical Brain Lesions. ・Spector JT, Kahn SR, Jones MR, et al. Migraine headache and ischemic stroke risk. ・Etminan M, Tkkouche B, Isorna FC, et al. Rick of ischaemic stroke in people with migraine ・Bushnell C, McCullough LD, Vice-Chair IA, et al. Guidelines for the prevention fo stroke in women. 脳梗塞のリスクが高くなるのは偏頭痛によって血管がダメージを受けるから 脳梗塞になるリスクが高くなるのは、偏頭痛で血管がダメージを受けて修復されるからです。 偏頭痛が起きるとき、脳の血管が炎症を起こして血管自体が傷つきます。 傷ついた血管の場所には修復するためにコレステロールが駆けつけて、傷ついた場所を治してくれます。 ここまではいいのですが、治すときに血管のなかに「かさぶた」ができてしまうんです。 このかさぶたができると、血管内が狭くなってしまいます。 偏頭痛が繰り返されると、血管がダメージを受けるのと修復が繰り返されて、かさぶたが積み重なっていきます。 そして、血管内がどんどん狭くなって血が通りづらくなり、最終的には脳梗塞が起きてしまいます。 最近知られるようになった病気なんだって。 偏頭痛を放おっておくと神経が興奮しやすくなって脳過敏症候群になってしまう 偏頭痛が起きると脳の血管のまわりにある三叉(さんさ)神経が刺激されて炎症を起こします。 神経が刺激を受けるということは、神経が興奮している状態ということです。 偏頭痛が起きれば起きるほど、この三叉神経の興奮状態が積み重なっていっていきます。 そうすると脳の三叉神経は興奮しやすくなって、今までなら偏頭痛を起こさなかった小さな刺激でも、三叉神経が興奮状態になって痛みを生じるようになります。 この状態になると、偏頭痛ではなくて脳過敏症候群となります。 まとめ:偏頭痛は放おっておかずに治療や予防を始めたほうがいい 偏頭痛を放っておくことで高まる病気のリスクについて解説しました。 これらのリスクを高めないように、偏頭痛の治療と予防を行なう必要があります。 偏頭痛が起きてしまったときは、病院で処方してくれるトリプタン製剤を飲むようにしましょう。

次の