カルピス 黄金 比。 カルピスの黄金比率(割合)は?水以外で割ると美味しいもの3選!

【この差って何ですか】カルピスのおいしい作り方・黄金比率&おすすめレシピ!トマトジュース割り、牛乳割り、ビール割り。 : 19860707 Powered by ライブドアブログ

カルピス 黄金 比

バター 70グラム (カルピス発酵バターで) 砂糖 60グラム 薄力粉 40グラム 強力粉 20グラム 卵 二個 バニラオイル少々、ブランデー大さじ一 カルピスの発酵技術を生かした無塩バターで、 焼き菓子の味が、いわくいいがたく(笑) 深くなります。 オススメ。 焼き菓子の基本、という感じのマドレーヌ。 レシピもそれこそ百人百様、それぞれ自分の黄金比をお持ちだと思いますが わたしの場合は、この配合。 大昔の大学時代、帰省中に観たテレビ「きょうの料理」で どこだかのパティシエが作っていました。 いろんな本を買い、型も買い集め、 それでも今、誰にでも安心して出す事のできる手作り菓子って 私にはこれしかないような気もします。 成長の無いこった。。 お皿は、ローゼンタールアンティークでござい。 最近、飾るだけでなく時々使ってます。 仕事でクサクサした事があって、 夜中に焼き菓子などやいたりしました。 (笑) よくまあ、一年も続いたな、なんて思う。。 塾バイト。 他人のちょっとした叱責に、日ごろの私に対する感情が透けて見えて、 やりきれなくなることがあります。 主婦がすべて、遊び半分暇つぶしに働いてるわけではないですよ。 私の初志、は「専業主婦」でした。 本当は、家にいたい。 仕事など、したくない!!! けど、働いてんだよ、ばーろー。。 (失礼) 庭のバラ、ここ数日特に綺麗で、いやされます。 つぼみも、咲き始めも、雨に打たれてうなだれた姿も好き。 Mrs.Herbert Stevens Mme. Franzeska Kruger 静かにゆっくりと、おたがいの美しさを競い合ってるよう。

次の

先生が学校で教えたくなる「あの企業ロゴに隠された秘密」

カルピス 黄金 比

Contents• yahoo. html カルピスの原液と水の割合ですが・・・ カルピス1に対して、水3~4割です。 (4~5倍希釈)。 一応、カルピスの原液の容器に書かれていると思います。 その通りに、水と混ぜれば美味しく飲めるはずです。 ただし、これはあくまで一般的な美味しい飲み方です。 人それぞれ好みとかがあるものですよね。 なので、これを基準に少しずつ水を足したり、原液を足したりすれば良いと思います。 ちなみに、例を出すと、 カルピス原液1mlに水9mlを加えて合計10mlにする。 というのが正解となります。 繰り返しになりますが、これを参考にして少し水を足したり原液を足したりしていきましょう。 また、カルピス1に対して、水3~4割と書いていますが 水3にして、氷を入れれば結構ちょうどいい味になると思います。 naver. いろんなレシピがあるのです。 例えば… ・カルピス+牛乳 カルピス1に対して牛乳4~5 ・カルピス+コーヒー カルピス1に対してブラックコーヒー9 ・カルピス+麦茶 カルピス1に対して麦茶4 ・カルピス+リアルゴールド カルピス1に対して炭酸水4+リアルゴールド8 ・カルピス+りんご酢 好みの濃さのカルピスウォーターに、りんご酢を大さじ1 ・カルピス+コーラ カルピス1に対してコーラ4 ・カルピス+トマトジュース カルピス1に対してトマトジュース5 ・カルピス+シャンパン カルピス20ml+シャンパン30ml ・カルピス+ビール カルピス60ml+ビール一缶 ・カルピス+カルーアミルク カルピス45ml+カルーア45ml+牛乳180ml+ホイップクリーム適量 このようにいろんな飲み方ができるのです。 いつも同じように水だけだと飽きてしまうと思います。 そんな時に是非上記の飲み方で飲んでみてください。 特に牛乳については、結構有名ですし、無難だと思います。 不安な方は牛乳から挑戦してみてはどうでしょうか? まとめ カルピスと水の割合は1:3+氷 美味しい飲み方の例はカルピス+牛乳です。 カルピスを美味しく飲みたいなら、これらについては是非覚えておきましょう。 役立つと思いますよ。

次の

先生が学校で教えたくなる「あの企業ロゴに隠された秘密」

カルピス 黄金 比

「がっかりさせると思うけど、リンゴにかじった部分をデザインに入れた理由は、 みんながデザインを、チェリー(さくらんぼ)と見間違えないためだよ。 それと、象徴的でしょ」とロブ・ジャノフさんは話しています。 アップルのロゴと『アダムとイブ』の関連性は無く、また、本人はデザインした当時、「byte」のことさえ知らず、事実と異なって語られるロゴ誕生の伝説に関心したそうです。 スティーブ・ジョブズからロゴ制作を依頼されたときの指示は「可愛いロゴにしないでくれ」のみで、一切のデザインを任されたそうです。 「欠けた部分あり・なし」の2パターンを見せて、結局現在の「かじられたリンゴ」が選ばれました。 参考・ アップルのロゴの本当の凄さは「黄金比」でデザインされている件! しかし、この「かじられたリンゴ」のデザインは、実に精巧に計算されていてます。 なんと、その ほとんどが「黄金比」で構成されていると、ブラジルのビジュアル・デザイナーさんが発見・解明して話題になりました。 ロゴは1977年に考案して、コンピューターを使わずに手書きで作成したそうです。 何十年経っても全く廃れない完成されたロゴですね。 ある日、フェラーリの動かなくなったクラッチを、フェルッチオ社長が自ら分解してみると、クラッチの部品が自社のトラクターと全く同じ製品だったことが判明して不満が爆発。 フェラーリ社に出向いて「高級車なら、もっと良い部品を使ってくれ!」と詰め寄ったところ、フェラーリの社長エンツォ・フェラーリが 「たかが、トラクター会社の社長が、スポーツカーを語るな」と高慢な態度で一蹴したのが、ランボルギーニ社がスポーツカーを開発する火付けになったと伝えられています。 憤慨したフェルッチオ社長は「俺が、もっと良いスポーツカーを造ってやる」と、 フェラーリの顧客をターゲットに、新たに自動車会社を設立したのが始まりです。 これ以降、ランボルギーニとフェラーリは、 犬猿の仲として知られるようになりました。 対抗心をむき出しにしたエンブレムが支持された ランボルギーニのエンブレムに「闘牛」が使われている理由は、フェラーリの「跳ね馬」に対抗したのと、 「牛はトラクターへの誇り」として語り継がれています。 (*実際の理由は、フェルッチオ社長が大の闘牛好きで、本人も牡牛座生まれだからだそうです。 ) 「因縁めいた逸話」と「宣戦布告のエンブレム」が、男のロマンとして語りつげられ、大成功する要素になったことは間違いありません。 ランボルギーニ第1号車「350GTV」は、当時のフェラーリの性能を、遙かに超えていたそうです。 単なるモノマネ自動車会社に成り下がらなかった、ランボルギーニ社の功績は凄いの一言です。 また、現在でもトラクターを生産し続けているのも、堅いプライドを感じさせます。 参考・ 資料の概要• 過去のペプシのロゴマークや、ボトル・缶製品など、デザインの伝統を徹底的に解析、「ペプシDNA」として、未来へ継承を示している。 黄金比・ピタゴラスの定理など、人類5000年に渡るデザイン哲学を研究して、最も美しくデザインされている。 相対性理論・重力学など、「万有引力」に基づいて考案されていて「消費者がロゴに引きつけられるパワー」が込められている。 角度によって表情が変わる「スマイル・フェイス」は、製品によっても若干異なるデザイン。 宇宙学・磁気流体力学・風水学・地球の磁場(じば)なども反映されている。 リニューアルで大騒ぎした割には、前のロゴとあまり変わっていないことに加えて、公開資料が 「緻密に考案されたデザインのようだが、バカバカしい」「訳が分からないけど、面白い」など、賛否両論の論議を呼びました。 そして、この論議がさらなる口コミを生み出しました。 実は、総費用1200億円のキャンペーンだった Googol(グーゴル)の「10の100乗」を数字で書いてみると 10,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000,000 となり、0が100個つくわけです。 では、なぜ「Googol」が「Google」になったのでしょう? 創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンは、スタンフォード大学の博士課程に在学中に「ウェブ検索エンジン」に関する論文を共同執筆したあと、大学を休学して検索エンジン会社を設立することになりました。 社名を考えているとき 「一番大きい数の単位ってなんていうんだろう?」と、ネットで天文学的な数の単位をリスト化したサイトを探し出しました。 そのサイトで「最大の単位」として紹介されていたのが、 「Googol」のスペルを間違った「Google」でした。 2人は「Google」を社名として気に入りましたが、後日になって、友人からの指摘を受けて「Google」が、ミススペルだったことを知ることになりますが、「まあ、これでいいや」と、そのまま採用したと明かしています。 Googleのロゴは無料のデザインソフトGIMPで作られていた! グーグル・ロゴのオリジナルは、会社として設立した1998年に創業者のひとりセルゲイ・ブリンが、無料のデザインソフトGIMPで作ったものです。 1999年にはロゴマークの商標登録のために、当時スタンフォード大学でデザイン学科の講師で、トランプカードでデザイン賞を受賞した経験があるRuth Kedarさんに依頼して、より洗練されたデザインに仕上げられています。 意外と面白い発想ですね。 Ruth Kedarさんは、「あの学生2人が作った会社が、まさかここまで成長するとは想像もしなかった」と依頼された当時を振り返るそうです。 彼女がデザインしたロゴを商標登録した直後には、グーグルは驚異的な急成長を遂げ、今日に至ります。

次の