ラクスル box。 UVインクジェット印刷 印刷データ入稿

ラクスルBOX

ラクスル box

画像や印刷物原案などのデータの管理でパソコンのどこにしまったかがわからなくなったり、データ容量の関係でどこかに預けたいと思うときにはラクスルBOXがおすすめです。 ラクスルBOXはラクスル会員になることで誰でも使用することができる、1週間データ預かりサービスです。 使い方としてはデータをクライアントなどに閲覧してもらいたいときなどにとても便利です。 保存したいデータをラクスルボックスに保存します。 データをパソコン上でドロップアンドドラッグするだけの簡単な作業で終わります。 クライアントにそのデータ情報をメールにて送信すると、データの中もを確認してもらうことができます。 チラシなどの編集した時などに、修正箇所を確認してもらうのにはとても便利です。 また、メールなどでは送ることが困難な重たいファイルでも、ラクスルBOXなら簡単に相手とやり取りができるところも便利なところです。 相手にデータの閲覧を許可する場合には、閲覧してもらいたいデータに相手方のメールアドレスとパスワードを設定すると、ラクスルから相手に向けてメールが送信されます。 差の際にパスワードも通達されるので、相手はそのメールからURLをクリックして、パスワードを入力することでデータの閲覧が可能となります。

次の

ラクスルBOX

ラクスル box

綴じなし スクラム製本 冊子 本を開いた状態で、本文を何枚も重ねそのまま二つ折りにした冊子。 分別せずに捨てられるためフリーペーパー等に使用されています。 冊子・カタログとは 冊子とは小型で薄い本のことで、一般的にはパンフレットやブックレットと同じ意味を持っています。 それに対しカタログは商品や展示物の説明をするために作られる印刷物を指し、高品質で多くの色を使った印刷物に対して用いられることの多い用語です。 冊子・カタログには大きく分けて3つの綴じ方があります。 一つは「中綴じ冊子」という綴じ方で、本を開いた状態で背の部分を針金で留める製本方法です。 本文と別に表紙をつける必要が無いため、価格が安いのが特徴です。 簡単なパンフレットや会社案内、情報誌、単行本、フロアガイドなどに利用されます。 構成上4ページごとの作成しかできないため、ページ数は基本的に表紙を含めて4の倍数になるように構成するのがポイントです。 二つ目は「無線綴じ冊子」という綴じ方で、本文の背の部分を特殊な糊(のり)を使って表紙で包み込むように固定する製本方法で、中央に綴じ目が無いのが特徴です。 本文よりも紙質の厚い表紙で包むため強度が高く、文庫本や厚手のカタログ、雑誌など、ページ数の多い印刷物に利用されます(女性誌などの雑誌の場合、表紙をつけた中綴じ冊子など、特殊な製本方法を用いることもあります)。 中央の綴じ部分(ノドと呼ばれます)があるため、中綴じ冊子のようにページを完全に開き切ることができません。 そのため、ページの綴じ部分付近の可読性は低くなります。 また、特性上ページ数が奇数の製本ができない点も注意が必要です。 もう一つは、針金や糊などを使わず紙を二つ折り西綴じることなく重ねた「綴じなし スクラム製本 冊子」という綴じ方があります。 紙だけでつくられているので処分する際に分別をする必要がなく、多くの方に配るフリーペーパーやイベント会場案内などによく利用されています。 針金を使わないこと以外は中綴じ冊子と製造方法に差異はないため、構成上4ページごとの作成しかできない点にご注意ください。 冊子・カタログの用途 カタログや冊子の用途は通信販売での商品紹介や同人誌、フリーペーパーなど、実に多種多様です。 通信販売においてカタログは商品の魅力を最大限に伝えるためのツールとして用いられ、紙質やデザイン性にこだわって作られます。 そのためillustrator(イラストレーター)やphotoshop(フォトショップ)といった専門的なソフトを使うことが多く、作り方も難しいため、製作はプロのデザイナーや印刷会社に依頼される場合が大半です。 また、実店舗でもカタログを置くこともあり、家具屋や車屋、アパレルショップでは店舗に商品を置ききれなかったり、季節ごとに商品が入れ替わったりするため、カタログを用意して顧客に商品を見やすく説明しています。 旅行代理店の店頭や駅に置かれている旅行カタログは、日常生活の中でよく目にする冊子・カタログと言えるでしょう。 近年ではPC(パソコン)上でカタログが見られる場合も多く、紙よりも手軽にアクセスできるため、多くの店舗で利用されています。 主にインターネット上にpdf形式で公開されており、閲覧には特殊なソフトが必要な場合があります。 冊子・カタログの利用方法 意外と知らない冊子・カタログの使い方とは?冊子・カタログ印刷は、中綴じ・無線綴じを使い分けることで、会社案内やパンフレット、さらには文庫本や研究誌、雑誌等でも利用可能です。

次の

大容量のファイル転送サービスは以外と知らないラクスルboxが便利

ラクスル box

メールを送りたいけど、画像が多かったり、容量が多い時は、行き先不明で送りかえって来た経験はありませんか? かと言ってUSBやCDに保存して郵送するのも面倒ですし、時間とお金がかかりますよね。 写真データや写真が張り付けられたチラシデータなど、大容量のデータを送る場合は、 無料で送れる ファイル転送サービスが便利です。 私も頻繁に使っていた 「宅ふぁいる便」ですが、個人情報流失の一件により現在サービスが停止してしまいました。 広告が多いので、送った相手にも何か押し売りを勧めている感もありました。 他に探していたところ、いつもネット印刷で利用しているラクスルの 「ラクスルBOX」なるものを発見しました。 今日は ラクスルboxを利用した「ファイル転送」とその使い方についてまとめてみました。 ラクスルBOXとは 今回おすすめする 「ラクスルBOX」は最大2GBの無料のファイル共有サービスです。 自宅やオフィスなど あらゆる場所で作成したドキュメントやお気に入りの写真、音楽、 映像等をアップロードし、7日間いつでもダウンロードできる便利なファイル転送サービスになります。 ラクスルboxの特徴 1、会員登録不要、サインアップ不要で利用できる。 2、完全無料、しかも目障りな広告がありません。 3、最大2GBのファイルを転送できます。 4、7日間保存できる。 しかも 5、ウィルスチェックなど安全対策はバッチリ! 以上の理由で、ラクスルboxの利用が増えています。 使い方もシンプルでいたって簡単です。 ラクスルboxの使い方 ホームページ最下部にスクロールして、 から入ります。 検索窓でラクスルboxと入力してもOKです。 メルアド&パスワードを入力してログインすると、次の画面になります。 1、ドラッグ・アンド・ドロップでファイルを投入するか、参照で選択のどちらかを行います。 2、パスワードの設定をチェック(防犯上)して、コメントを書きます。 アップロードしています。 数分後 3、送り先のメールアドレスと名前を書きます。 これでラクスルboxのファイル転送は終了です。 届いたメールにはURLおよびパスワードが表示されているのでブラウザからアクセスできるようになります。 ただし、 データ保存期間が1週間と短いので、必ず保存期間を明記してください。

次の