豚の角煮。 失敗しらずな豚の角煮のレシピ/作り方:白ごはん.com

豚の角煮のレシピ(作り方)

豚の角煮

豚の角煮の下ごしらえ 豚バラ肉の塊は、購入するときに 脂身が多すぎず、脂と身のバランスがよいものを選ぶとよいです。 それを3〜4㎝幅に切ります。 続いて、できるだけ大きな鍋に米のとぎ汁を用意して、切った豚肉を入れて下準備の完了です。 米のとぎ汁で豚肉をゆでることで、肉の臭みが抑えられ、仕上がりがぐっと美味しくなります!• また、生姜と(好みで)ゆで玉子を用意しておきます。 これは下ゆで後に使うので、用意できるタイミングで切ったりゆでたりしておきましょう。 鍋を強火にかけ、沸いてきたら弱火にして、 蓋を少しずらした状態で30分間下ゆでします。 蓋をしたら弱火でも吹きやすいので、蓋をしてギリギリ吹きこぼれないくらいの水分量でやってみてください。 30分間下ゆでする間の中の状態は、弱火といってもとぎ汁が鍋の中で対流するくらいの火加減で行います。 30分後に火を止めて、蓋をきっちり閉め、30分蒸らします。 蒸らしが終えたら、強火にかけて沸いたら蓋を少しずらし、再び弱火で30分間ゆでます(鍋の水は取り替えずそのまま最後まで続けてゆでていきます)。 あとは同じように、時間がくれば蓋をして蒸らし、もう一度同じことを繰り返します(合計ゆで時間は1時間半、蒸らし時間も1時間半)。 少し肉が動きづらいので、ゆでるときに途中1回ほど肉の向きを変えるなどして全体に火を通し、脂が出やすくするとよいと思います。 ですので、まずは鍋を中火にかけて沸いたら火を少し弱めて30分煮ます。 もしゆで玉子を入れるのであれば、最後の2〜3分だけ一緒に煮ればOKなので、豚肉を端に寄せるか立ててスペースをあけ、玉子を入れます。 30分経ったら火を止め、少し煮汁が少なくなっているので、キッチンペーパーを上にかぶせ、そのまま冷まします。 当日でも美味しいですが、翌日に食べるのもしっかり味がしみるのでおすすめです。 冷めた鍋を弱火を少し強くしたくらいの火加減でじっくり温めます(完全に冷たいときは蓋をして蒸らしながら温めるとよいです)。 玉子があれば温まった段階で取り出して半分に切っておき、豚肉の芯まで温まれば、それぞれ器に盛り付け、練り辛子を添え、煮汁を全体にかけて完成です。 好みでゆでたオクラやチンゲン菜などを添えても美味しいです(角煮丼も美味しいですよね!)• 仕上がりの状態で煮汁から豚肉が顔を出しているので、 日持ちは冷蔵庫で3〜4日ほどを目安にするとよいと思います。 冷凍保存も可能(肉のみ)なので、せっかくならまとめて作っちゃいましょう!• 水でゆでた場合と、米のとぎ汁でゆでた場合、同時にやって比較して見ましたが、 米のとぎ汁で下ゆでしたほうが明らかに肉の臭みがなく、美味しいゆで上がりでした。 最後の煮汁で30分煮るのはちょうどよい加減だと思いますが、煮詰め加減は好みで味をみつつ調整してみるとよいと思います。

次の

角煮

豚の角煮

「ラフテー」とは、 「豚の角煮」に類似した の です。 付きの豚ばら肉を用い、 、 、醤油、 などを加えて煮込んだものが一般的で、 「豚の角煮」と比較して皮の部分がプルプルと柔らかく煮込まれているものが多いです。 盛りつけ時に、細かく千切りにした生姜が添えられることがあります。 なお、 「ラフテー」は、漢字で「羅火腿」と書きます。 「トンポーロウ」とは、 「豚の角煮」、 「ラフテー」に類似した です。 「ラフテー」同様、皮付きの豚ばら肉を用いたものが一般的で、一度揚げる、茹でる等の加熱調理をした上で酒、醤油、砂糖と、 や などの を加えて煮込んだものが一般的で、 「豚の角煮」や 「ラフテー」と比較して多量の砂糖で甘く味付けされたものが多いです。 煮崩れを防ぐためにたこ糸を十字に縛ることも多く、糸を外さず盛りつけられる場合もあります。 「トンポーロウ」は、 「豚の角煮」や 「ラフテー」、また、 の郷土料理「 とうばに 」の起源ともいわれています。 なお、 「トンポーロウ」は、漢字で「東坡肉」と書きます。 「豚の角煮」…豚ばら肉を酒、醤油、砂糖、みりんなどと煮込んだ料理 「ラフテー」…皮付き豚ばら肉を、鰹出汁、泡盛、醤油、黒砂糖などと煮込んだ沖縄料理 「トンポーロウ」…皮付き豚ばら肉を、酒、醤油、砂糖、八角などと煮込んだ中華料理 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 441.

次の

角煮

豚の角煮

概要 [ ] を角切りにして煮る料理は洋の東西を問わず存在し、中華料理の紅焼牛腩や柱侯牛腩などはの角煮と呼ばれることもある。 ただし同種の料理であっても洋風のもの、に起原を持つものに関しては角煮と呼ばれることは少なく、という呼称が一般的である。 畜肉以外では、やといった赤身の大型魚をで煮しめた角煮がよく知られる。 これらは上記の東坡肉に起源を持つ豚肉の角煮とは無関係な日本発祥の料理である。 豚肉の角煮 [ ] 下茹でしたの(三枚肉)肉を一口大に切り、やを加えて柔らかく煮て調理する。 地域や調理する人によって使用される香辛料や調味料は異なるが、醤油・・・・・、・などを用いた甘辛い味付けになることが多い。 下茹での際や食べる時に臭み取りとして・などの香味野菜が使われる。 肉を煮る前に・の工程を加える場合もある。 など他の材料を加えて同時に調理することもある。 柔らかく仕上げるためには長時間の煮込みが必要だが、今日ではを用いて調理されることも多い。 のとしてよく知られており、にはの「東坡煮(とうばに)」、骨付き肉を用いるの「」、皮付きの三枚肉を用いるの「」などがある。 東坡煮 [ ] の代表的なである。 豚肉をたれに漬け込んで煮込む前に、一度水煮することで余分な脂が取り除かれている。 詳細は「」を参照 にはの「」が存在する。 東坡肉は通常やなどの香辛料を加えて調理する。 本格的な東坡肉には甘く濃厚な中国醤油(老抽)が使用される。 東坡肉では肉を煮る他に揚げる・蒸す作業を加えることが多い。 東坡肉は(皮付きの)三枚肉だけを調理する。 東坡肉との呼び方は、中国の蘇東坡()の名による。 これは政争に巻き込まれて左遷された蘇東坡が、流刑先の黄州で安価な豚肉をたらふく食らい、悠々自適の生活を送る詩を吟じたことに由来するという。 豚肉以外の角煮 [ ]• マグロの角煮• カツオの角煮• 牛肉の角煮• 野菜の角煮 や、料理では、や、などを油で揚げたものを肉の代用として用いることがある。 脚注 [ ].

次の