シベリア タイガー。 店舗情報・チラシ|スーパー生鮮館TAIGA

これじゃあただの大デブ猫。獰猛なシベリアトラの面影はいずこへ?(中国)

シベリア タイガー

スミロドンの生息域 スミロドンが生息していたのは、およそ250万年前から1万年前。 恐竜たちが生きていた中生代の後、新生代の中でも比較的最近の時代です。 北アメリカ大陸を中心に生息していましたが、大陸変動により両アメリカ大陸が陸続きになった後、南アメリカ大陸へも進出したとされています。 その時代には、人類もすでに生まれており、私たちホモ・サピエンスも1万5000年前にはアメリカ大陸に進出していたと考えられています。 人類がアフリカ大陸に生息していた頃は、サーベルタイガーの仲間に獲物として狙われていたため、サーベルタイガーの牙の跡が残る人類の頭蓋骨が遺跡などからいくつも発見されています。 それと同様に、アメリカ大陸でも人類は、スミロドンの獲物として、狩りの対象になっていたと思われます。 スミロドンの生態 スミロドンの体長はおよそ2メートル前後。 南北両方のアメリカ大陸に生息していましたが、北米の個体よりも、南米で見つかった化石のほうがより巨大化していたといいます。 一番の特徴は、サーベルタイガーという名前の由来にもなっている、上あごの巨大な2本の犬歯で、その長さは20センチーメートル以上もあり、獲物を狩る時にはこの牙を最大限に使っていたと思われます。 その際、下あごは120度まで開くことが出来たため、口を大きく開けて、巨大な牙を勢い良く獲物に突き立て、狩りをしていたと考えられています。 この牙は、骨を噛み砕けるような強度さはありませんでしたが、腹部の柔らかい部位や、のど元の急所などを狙って、大量出血や神経を切断させて、効率的に獲物を仕留めていたと言われています。 また前足と肩は非常に発達していたので、獲物を押さえ込んで牙を刺す際には、非常に役立ったと考えられます。 現生しているトラやヒョウなどのネコ科動物と比べて、後ろ足が短く、四肢のバランスなどを考えると、走る速度はかなり遅かったと考えられるため、動きの遅いマンモスのような大型の草食動物を襲ったり、怪我をしたマクラウケニアやその子供を狙って奇襲をかけたり、他には死肉なども食べていたという説があります。 また狩りが出来ないと思われるほどの大怪我をしたスミロドンが、その後も長く生きていた痕跡が見つかっており、そのことから単体ではなくライオンのように群れで生活していたことが推測されるため、怪我をしても仲間から食べ物をもらって生き続けることが可能だったと考えられています。 南アメリカ進出と宿敵ティラコスミルス 北アメリカ大陸から南アメリカ大陸へ渡ったスミロドンは、宿敵とも言える大型肉食哺乳類と対峙したと考えられています。 南米の生態系の頂点にいた、サーベルタイガーの仲間・ティラコスミルスです。 南アメリカ大陸はオーストラリア大陸と同じく孤立した状態が長く続き、主に有袋類が多く繁栄していました。 その頂点にいたのが、肉食有袋類のティラコスミルスです。 全く違う場所で進化した両者ですが、多少の違いはあるものの収斂進化の結果、非常によく似た外見・生態を持っていました。 体長は1.5メートル前後。 上あごにはスミロドンと同じような鋭い犬歯を持ち、またこの牙は無根歯で一生伸び続けるため、万が一牙が折れたとしても再生し、狩りを行えなくなることは無かったということです。 ティラコスミルスとスミロドンの外見の違いは下あごでした。 ティラコスミルスの下あごは、あご先が下方に伸び、牙を保護するためのさやのようなものが存在していました。 ティラコスミルスはスミロドンと同様、素早く走ることは出来なかったため、動きの遅い大型草食動物を狙って、狩りをしていたと言われています。 有胎盤類と有袋類であることを除けばとても似通っていた両者ですが、南北の大陸が陸続きとなり、スミロドンが南アメリカに生息域を広げた後、まもなくするとティラコスミルスは絶滅しました。 その理由のひとつとして、脳の大きさがあげられています。 有袋類は長い期間、胎児をお腹の中にとどめておくことが出来ません。 そのためかなり小さい時に赤ちゃんを産み落とし、その後は有袋類特有の袋の中で子供を育てます。 その際、子供は常に袋の中にある母親の乳首をくわえて母乳を吸っているため、頭蓋骨は脳が成長する前に固くなり、脳の巨大化が制限されてしまいます。 有胎盤類は脳が大きくなってから、頭蓋骨が固くなるので、脳の成長を妨げることはありません。 そのため有袋類は、同等の体格を持つ有胎盤類に比べ、成長した際の脳の比率が小さくなるという結果になってしまいます。 また、有胎盤類が反映していた大陸は、北アメリカを始め、アジア・ヨーロッパ・アフリカととても広範囲に及び、その分、敵や競争相手も多く、激しい生存競争を繰り広げてきました。 そしてその度に脳を使い、様々な困難を乗り越えてきたと考えられます。 そのため南下してきた有胎盤類のスミロドンのほうが頭も良く、狩りの成功率が高かったと考えられるので、同じ獲物を食料とするティラコスミルスは生存競争に負け、滅びてしまったと思われます。 気候の寒冷化に伴い、スミロドンの獲物となる大型の草食動物が次々と絶滅していったからです。 また、スミロドンの持つ大きな上あごの2本の犬歯、力強く発達した前足は獲物を捕らえるための強力な武器でしたが、同時にここまで特殊化した体は、少しでも環境が変化すると対応することが出来なくなってしまいます。 寒冷化による獲物の減少に加え、スミロドンと同じ生息域に、高い殺傷能力と機敏な動き・俊足を兼ね備えた新たな肉食哺乳類が次々と誕生すると、スミロドンは獲物を奪われ、生きる糧を失い、絶滅へと向かっていきました。 discoverlosangeles. 4万5000年前からタールが湧き出ているこの場所で、数多くの化石が発見されています。 タールピットは、水とタールが一緒に湧き出ているため、表面は水におおわれて一見普通の池に見えることから、様々な動物たちが水を求めて近づき、池の底にある粘着質のタールに足を取られて溺れしまい、そのままタールに沈んだたくさんの動物たちが化石になりました。 そしてスミロドンも、水辺に集まっていた獲物を狙って足を踏み入れ、そのまま溺れてしまったものが、タールに閉じ込められていたのです。 今までに2000体以上の化石が、他の動物たちのものと共にこのタールピットから発見されています。 アフリカにいると噂されるサーベルタイガーの生き残り 約1万年前に絶滅したと言われているスミロドンですが、よく似た特徴を持つ動物が現生しているのではないかと噂されています。 19世紀以降、アフリカの山岳地帯で大きな2本の牙を持つ動物が何度か目撃されています。 目撃したのは現地の先住民たちなどであるため、写真や映像など物的証拠がなく、ライオンなどの見間違いなどではないかとも言われていますが、もし本当にスミロドンの生き残りだとしたらすごいことですよね。

次の

これじゃあただの大デブ猫。獰猛なシベリアトラの面影はいずこへ?(中国)

シベリア タイガー

【図】ロシア極東ビキン川中上流域に位置するクラスニヤール村(資料提供:) 隣国でありながら、つながりを実感しにくい、「近くて遠い国」ロシア。 しかし、日本海を挟んで日本列島のすぐ対岸を流れるアムール川の支流・ビキン川流域には、針葉樹と広葉樹が混交する「ウスリータイガ」と呼ばれる貴重な原生の森が広がり、後述するように日本とも関係があるという。 さらに、この森の恵みはビキン川からアムール川へ流れ、アムール川はオホーツク海に注ぎ、親潮の生産性にも深く関係することが、近年明らかになってきた。 つまり三陸沖の漁場の豊かさとも、タイガの森はつながっているのだ。 その森は、絶滅危惧種アムールトラを頂点とした生物多様性の宝庫であると同時に、自然の恵みを巧みに利用してきたウデへら、少数先住民族たちの生活の場でもある。 今なお伝統的な狩猟採集生活を営むという、「森の民」ウデへ最大の集落・クラスニヤール(Krasny Yar)村を訪れた。 クラスニヤール村にあるものとないもの 【写真3】バースデーパーティーのようす ある日、ホームステイ先のお母さんが朝からお洒落に着飾っていた。 辞書片手に理由を尋ねると、今日はお母さんの誕生日らしい。 ハンターのお父さんが獲ったアカシカが解体され、肉が団子やスープに変わっていく。 今日はご馳走だ。 その様子を犬が物欲しそうに眺めていた。 日が落ちる頃、村中から親戚や友人たちが、村では手に入らないであろう酒片手にぞくぞくと集まった。 ウォッカやシャンパンで乾杯し、ご馳走を囲み、お母さんは皆にハグされながら祝福されていく。 最後は、灯篭に火をつけて、空へ飛ばす風習があるようだ。 満天の星空も祝福しているような、そんな幸せに満ちた時間がゆっくりと流れていた。 【写真4】街のあちこちで遭遇するゴミの山 一方で、急激な近代化に伴い発生する公害問題が、この村でも例外なく起こっていた。 プラスチックやビニールゴミが急増したが、人々は生ゴミを捨てていた昔と同じ感覚で無造作に廃棄するため、村のあちこちでゴミの山に遭遇した。 バーニャでそのまま垂れ流すシャンプーや洗剤も、自然の自浄作用を超える量ではないかと懸念された。 また、「伝統的な狩猟採集生活を営む少数先住民族」と聞いて勝手に抱いていたイメージとは裏腹に、テレビや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品の普及も想像以上に進んでいた。 自称「ゲーマー」でプレステを所有するというハンターの子どもにも出会った。 近代化によって、少数先住民族と自然との関係性は、希薄化してはいないのだろうか。 もしそうならば、この貴重な森も、いずれは消えてしまうのではなかろうか。 実は個人的にそんな疑いを持ちながら、ハンターたちと一緒に、ハンティングテリトリー内のタイガへ入ったのである。 ハンターたちと一緒にタイガの森へ 【写真6】ハンティングテリトリーのウリマ山をハンターの案内で歩く タイガをハンターの案内で歩いた。 この森で獲れるクロテンなどの毛皮獣は、今なお村の主力産品だ。 クロテンを傷つけずに捕るための伝統的な罠猟をいくつか教えてもらった。 獣に勘付かれぬよう罠を仕掛けた丸太橋に苔を生やすなど、他にも様々な工夫があるそうで、技術のバラエティ豊かさに伝統の重みを感じる。 16世紀、ロシア人が広大なシベリアへの領土拡張を始めた大きな誘因となったのは、当時、ロシアの貴重な外貨獲得手段であったクロテンなど高級毛皮の獲得だった。 狩りの技術に優れていた先住民族ウデへの人々にとっては、このクロテンの毛皮がお金にもなり、税金にもなり、供物にもなった。 ソ連時代は、国営狩猟組合へ毛皮を売って生活した。 そして社会主義体制崩壊後の今、旧ソ連時代は国家によって確保されていた販売ルートが閉ざされ、自力販売が求められるようになっている。 【写真8】猟師小屋でアカシカを調理するウデへの人 このほかアカシカやイノシシは食用に、チョウセンニンジンやエゾウコギは薬剤原料になる。 ヌタ場や水場に来るアカシカを待ち伏せする猟や、森に生える薬草の効能など、森の民・ウデへのハンターから次々と森と生きる術が披露された。 若手ハンターのワーニャさん(29)は、11歳の頃、たった一人で200kg級のシカを仕留め、一人前のハンターになったそうだ。 「タイガの森とは、あなたにとって何か」、そう尋ねると、「タイガは肉と魚を与えてくれ、いずれは自分の子どもも食わせてくれる。 崇拝する対象だ」。 いつも冗談ばかり言うワーニャさんが、この時だけは、そう真顔で語った。 タイガがなくなることは、私たちがなくなること。 ロシアでは土地や森林は国のものであり、地方政府が大手企業に長期伐採権を供与するケースが、ここビキン川流域でも毎年のように起こっている。 そのたびにこの村の人々は立ち上がり、伐採業者らと戦い続けてきた。 一方、旧ソ連崩壊で生活が苦しくなる中、やむを得ず、森林伐採を受け入れた先住民族のケースも少なくない。 【写真9】元村長のアレクセイ・ウザさん=村役場の前で この村の生活が楽というわけでもないようだ。 元村長のアレクセイ・ウザさんは、「道路が舗装されていないせいで、輸送コストが余計にかかる。 だから品物は何でも高い。 けれども道路を舗装するお金がない」と嘆く。 隣町からの送電用ケーブルも整備したいし、ゴミ処理場や下水処理場もつくりたい。 「お金さえあれば、問題は解決できるのに」と、ウザさんは繰り返す。 「お金を稼ぐ最も手っ取り早い方法は、木の伐採だ。 木を切らないので、村にはお金がない」。 そう語るウザさんに、ではそもそも木を切らないのはなぜか、と敢えて尋ねた。 するとウザさんは「タイガがなくなることは、私たちがなくなること。 1950年代、タイガを伐採したウデへは、森もウデへもなくなった」と答えた。 ウデへの人々はいま、タイガの森をなくさないために、世界遺産登録を目指して活動を進めている。 2020. 23 2020. 10 2019. 13 2019. 25 2019.

次の

FoE Japan

シベリア タイガー

asyura2. 下の地図は旧ソビエトの森林分布(被覆)を表したものですが、これらの森林の大きな部分が、タイガとよばれる森林だ、と考えていいでしょう。 この地図をご覧いただくと、カラマツ(Larch)やエゾマツ(Spruce)から成る森林森林が、日本の国土の数十倍に匹敵するほどの面積の地表を覆っていることがイメージしていただけるかと思います。 この区分に従うなら、タイガの最も多い地方は、この森林分布図にも見られるように東西シベリア地域と極東地域であると言えます。 タイガという森は一見して広大な森林であると考えていただいて結構です。 (・・・しかし、その広大な森林でさえも、人間の利用の仕方次第ではやっぱり壊れていく、というのが私達が現地の実態を見て得た実感です。 日本の森林の場合、現在は4割までもが人間が木を植え世話をして作った森となっていますが、これとくらべるとロシアの事情は全く異なります。 残りは全て天然林で、大部分がカラマツやエゾマツなどの針葉樹を主体とする森、タイガです。 そしてタイガのかなりの部分が、いまなお "原生林"と呼べる状態にあります。 北方林と呼ばれる森林の共通している特徴は、寒冷な気候に適応した針葉樹(カラマツ、アカマツ、エゾマツ、トドマツ、チョウセンゴヨウなど)が主体となっていることです。 この "北方林"という言葉は、ほとんどの人にとってまだ聞きなれない言葉であるかもしれませんが、これから徐々に新聞やテレビで目にするようになるかもしれない言葉です。 というのも、これまでは一般に「森林破壊の問題、イコール熱帯林の破壊」と考えられてきましたが、近年では熱帯雨林の破壊だけでなく、北方林の破壊も深刻であることが明らかになり始めたからです。 では、北方林の破壊が進むことがなぜ問題なのでしょうか?その理由としては次のようなことが言われています。 北方林は、水や大気を浄化する働き、気候を安定させる働きなどを持っており、非常に広い範囲に渡って安全な環境を作り出し、維持している(たとえば、日本の気候風土にとってロシアのタイガの営みから受けている恩恵、影響は、ともにかなり大きい) 2. 北方林には、森で獣を狩り、川でサケやマスを獲って暮らす様々な少数民族の定住している場所がある。 アマゾンやボルネオのジャングルの場合同様、北方林においても森林の破壊によって少数民族の暮らしや文化が壊滅的な打撃を受けることがある 3. 北方林は、様々な動植物から成る生態系の基盤となっている(生息する生物種の数は熱帯雨林より少ないが、北方林の生態系は熱帯雨林の生態系とは異なる独特の繁栄を見せている) 4. 永久凍土の上に生育している北方林の破壊は、地球温暖化の進行につながる。 (永久凍土は、強力な温室効果ガスとして働くメタンガスを閉じ込めているため、永久凍土上の森林が破壊されると直射日光が永久凍土を溶かし、大気中に大量のメタンガスが放出される。 メタンガスは同量の二酸化炭素の20倍の温室効果をもつといわれる) 以上、タイガは「熱帯雨林と並んで重要な"北方林"の、一形態である」と考えてください。 これもタイガの立派さです。 そして、タイガはいま二十一世紀の森林資源として注目されている。 だが・・」 タイガは、木材の供給源としての一面も持っています。 タイガで伐り出された木材はソ連時代から重要な輸出商品として位置づけられ、東シベリアや極東ロシアのタイガで伐り出された木材が日本などに輸出されてきました。 さて、世界中で森林破壊や森林資源の破壊が問題となっている今日、北方林、とくにタイガの木々を二十一世紀の木材資源と見なして注目している人々がいます。 一口に木材といっても、種類によってそれぞれ用途が異なります。 熱帯産の木は合板の材料となり、温帯産の広葉樹は紙やパルプの材料となっていますが、太くて真っ直ぐな寒帯産の針葉樹には、住宅建築の材料などとして圧倒的に大きな需要があります。 そのため、真っ直ぐなマツの木の仲間が広い面積に渡って立ち並ぶタイガを、二十一世紀の森林資源と呼んで期待をかける人々がいるわけです。 そしてそれらの人々の中には、「熱帯雨林から木材を伐り出すと環境破壊が起こるが、ロシアの森林では伐採を行っても環境破壊は起こらない。 ロシア産の木材は"地球に優しい"エコロジカルな商品だ」と言っている人々もいます。 詳しくは後で述べますが(「破壊の実態」)、ここではまず、タイガがロシアの国有林として政府機関の管理の下に置かれているということを覚えておいて下さい。 しかしタイガは日本にとっても世界にとっても木材供給源である以外にいくつもの重要な機能を持っています。 次項では、「私達にとってのタイガとは何か」ということに目を向けてみましょう。

次の