アーマッド ティー デカフェ。 アーマッドティーの紅茶は英国発?

カフェインレスの紅茶 アーマッドティのアールグレイを100袋買ってみたよ

アーマッド ティー デカフェ

アーマッドティーはイギリスの会社なのかな?パッケージはロンドンと書いてありますが、会社の母体がどこかよくわかりませんした。 1953年創業と古い会社。 そのアーマッドティーの数ある商品の中のデカフェ。 デカフェは文字通りカフェインレスのことです。 紅茶はコーヒーよりカフェインが多く含まれているとのことなので、まゆゆんはカフェインレスを選択しました。 カフェイン量は紅茶100mlあたり1mg以下、96%以上除去とごくわずかなようです。 紅茶の産地は下記のとおりです。 いろいろブレンドしているんですね。 インド• スリランカ• ケニア• インドネシア• マラウィ• 1袋で約13円です。 カフェインレスの紅茶ってなかなか売っていないのでいいかも。 紅茶100袋は圧巻(笑) アーマッドティーのデカフェ アールグレイのパッケージはカッコいいですね。 でも、届いたものを見て、まゆゆん笑ってしまいました。 この大きさ。 いや、これではわからないですね。 とにかく箱が大きくて・・・。 こんなに紅茶がはいっているんです。 そりゃ100袋も入っているんですもの。 紅茶のティーバッグを100袋もみたのは初めてだよ。 原材料をみると、紅茶だけでなく香料を足してますね。 ベルガモット香料という柑橘系の香料を足しているようです。 それはいらないかも。 カフェインレスの紅茶アールグレイを飲んでみるよ それではさっそくカフェインレスの紅茶を飲んでみるよ。 アールグレイだからノーマルな紅茶のはずです。 ティーバッグはふつうな感じ。 マグカップにセットしてっと。 お湯をそそいで完成です。 いい香りがしてきましたよー。 味はふつうの紅茶です。 うん、ふつう。 でもカフェインが入っていないのでより安心です。 紅茶って落ち着くよねー。 コーヒーも好きだけど、紅茶もやはり捨てがたい。 ふー、甘いものがあったらもっといいのに(笑) アーマッドティーのアールグレイ カフェインレス のまとめ• アーマッドティーはイギリス紅茶ブランド• カフェインレスの紅茶をチョイス• 100袋の紅茶は圧巻• アールグレイは普通においしい 以上、アーマッドティのデカフェ アールグレイ カフェインレス でした。 100袋もあるのでしばらくこのカフェインレス紅茶でまったりできそうです。

次の

デカフェ フルーツ 紅茶 ノンカフェイン ハーブティー 20包 ティーバッグ アーマッドティー メール便 送料無料 :noncafe

アーマッド ティー デカフェ

用法・用量 : 本製品はコールド専門品です。 保管及び取扱上の注意 : 開栓後は冷蔵庫に保管し、お早めにお飲みください。 また、時間の経過により液色が濃くなる場合がありますが、品質には問題ありません。 アーマッドティー デカフェ アールグレイ ティー PET 500mlは医薬品です。 下記の当てはまる項目をチェックしてください。 ご質問やご不明な点がございましたら、下記までお問い合わせください。 1.本商品について、登録販売者に問い合わせフォームから相談する。 2.本商品について、登録販売者に電話で相談する。 受付時間:9:00~18:00 電話番号:0276-58-0005 携帯電話・PHSからもご利用頂けます。 3.その他の、申込手続きに関するお問い合わせ:• 4.医薬品につきましては適正使用の観点から、予めご申込制限個数を設定しております。 一定期間にご申込制限個数以上のご注文の場合は、弊社登録販売者より 使用目的を確認させていただくために、メールもしくは、お電話をさせていただく場合がございます。 予めご了承ください。

次の

アーマッドティーのデカフェアールグレイ紅茶

アーマッド ティー デカフェ

デカフェアールグレイ ティーバッグ 20袋 特殊な製法でカフェインを取り除いたカフェインフリーの紅茶。 ほのかに香るベルガモットはリラックスタイムにぴったりです。 ~カフェイン除去方法について~ 「超臨界二酸化炭素抽出法」を採用しております。 この方法は溶媒として薬剤ではなく二酸化炭素を使用しており、カフェイン抽出方法の中でも安全で、風味や香りが損なわれにくいという特徴があります。 ご飲用される際のカフェイン量は紅茶100mlあたり1㎎以下(標準値30mgと比較し96%以上除去)とごくわずかです。 デカフェアールグレイ ティーバッグ 100袋 特殊な製法でカフェインを取り除いたカフェインフリーの紅茶。 ほのかに香るベルガモットはリラックスタイムにぴったりです。 ~カフェイン除去方法について~ 「超臨界二酸化炭素抽出法」を採用しております。 この方法は溶媒として薬剤ではなく二酸化炭素を使用しており、カフェイン抽出方法の中でも安全で、風味や香りが損なわれにくいという特徴があります。 ご飲用される際のカフェイン量は紅茶100mlあたり1㎎以下(標準値30mgと比較し96%以上除去)とごくわずかです。

次の