レットイットビー コード ピアノ。 ビートルズ 名曲 Let it be(レットイットビー)♪歌詞はこちら♪

ピアノコードの簡単な覚え方と練習法【解説画像・動画付き】

レットイットビー コード ピアノ

おはようございます! 音楽家の湯川和幸です。 こちらの記事はメールマガジンのバックナンバーです。 The Beatles - Let It Be レットイットビーの秘密と言っても 歌の中からお化けの声が聞こえるとか 逆回転で聞けば別の歌に聞こえるとか そんなのではありません(笑)。 あと、私はビートルズマニアでは ありません。 単純にあまり詳しくないんです。 すみません(笑)。 ですが、レットイットビーは もちろん知ってました。 適当に伴奏して、と言われたら、 それなりにできるくらいの つもりだったんです。 ですが、昨日、ちゃんとレットイットビーを 聞いてめちゃめちゃ驚いたんです。 「ふーん」ていう感じですよね(笑)。 僕は、編曲をする際に1番、2番と アレンジをどんどん変更していくのが 好きなタイプです。 多分、その辺りは、かなり変更して いきたい方の人間だと思います。 さすがビートルズという以外に 言葉がありません。 素晴らしいと感じる以上のものを 個人的には昨日、感じました。 ちょっとAメロだけ解説しますね。 最初のAメロはピアノだけで始まります。 (16秒くらいから) みなさんがレットイットビーといえば 思い出すところですね。 微妙に教会の鐘のような音が ときどき聞こえるのがミソですね!! 2番のAメロから、ドラムが入ります。 (55秒くらいから) ハイハットが「チ、チ、チ」って 刻みますが、ディレイという機械を 使って「チチチチチ」みたいな変な パターンにしてます(笑)。 そして途中からベースも入ってきますね。 3番めは、ギターソロのパートが 同じコード進行の箇所になります。 (2分2秒くらいから) ここでは、もちろんギターソロなんで 違うんですが、ピアノは、たぶん8部音符で 刻んでいます。 ドラムやベースなんかも しっかり弾いてる感じですよね。 そしてすごいのが4番め。 ピアノが刻まないで静かな感じに なるんですが、ここからリンゴの 変なドラムパターンが始まります(笑)。 これぞリンゴ!みたいなパターン。 かっこいいのとかっこ悪いギリギリの リンゴらしいパターンです。 そして、シェイカーが大きく 入ってるのも大きな変化ですよね。 エレキギターの合いの手が入るのも ここが初めてです。 そして最後のサビの繰り返しに 流れていく構成です。 どうでしょうか? Aメロだけでもこの変更ぶりです。 音楽を作る側からすると、 これだけの変更は 正直、めっちゃ面倒くさいんですよ(笑)。 しかも相当、怖いです。 勇気がいるんです。 リンゴスターのドラムのはね具合を オッケーするだけでも相当怖いです(笑)。 ということで ちょっとピアノをコピーするだけの つもりが、いろんなところで驚いた レットイットビーのことを 自分なりに書かせてきただきました。 それでは今日も ゆったり腹式呼吸でいきましょうね! 今日も最後まで読んでくださって ありがとうございました 湯川和幸でした! P. 同じ曲でも一つの楽器だけに 注目して聞くとまた音楽の新たな 魅力を発見できますよ!!.

次の

楽譜がまったく読めなくてもピアノで「レット・イット・ビー」が弾ける本

レットイットビー コード ピアノ

ありのままに、ただ、あるがままに There will be an answer, let it be きっと答えはあるはずさ、なすがままに Let it be, let it be, let it be, let it be なすがままに、なすがままに。 ありのままに、ただ、あるがままに There will be an answer, let it be 答えはきっとあるはずさ、なすがままに Let it be, let it be, let it be, yeah, let it be なすがままに、なすがままに。 ビートルズ最後のシングル ちなみにジョンも、同じ頃に母親を亡くしています Let It Be レットイットビー は直訳で 「なすがままに、流れに任せて」といった意味。 自分や周りのことに対して何とかしようとするのではなく、そのままあるがままに任せるという感じですね。 曲全体としては 「たとえ大変な状況にあっても、流れに任せよう。 きっと希望はある」ということを歌っています。 歌詞全体としてはとても抽象的ですが、当時のビートルズの背景を知ると歌詞の内容がより伝わってきます。 ビートルズは間違いなく世界一のバンドでしたが、解散直前の状況はそれはもう酷いものでした。 公演活動の終了• ブライアン・エプスタインの死• 設立した「アップル・コア」の経営不振• ポールと他メンバーの対立• ジョンレノン脱退宣言 詳しくはを読んでもらえるとわかりやすいです。 もうガッタガタですね。 特にポールはこの頃ヒット連発でビートルズ内での発言力が強く、ほぼリーダー。 そのためブライアン・エプスタイン ビートルズの立役者 の死後、なんとかみんなをまとめようとするものの、その独りよがり感にメンバー反発。 挙句の果てにはジョンがビートルズ離脱宣言。 ポール、スコットランドの農場に引きこもっちゃうという有様です。 歌詞のMother Maryは聖母マリアではなく、ポールの母メアリーだったんですね。 そのメッセージを受けて、分裂しつつあるビートルズに宛てて ? ポールが作った曲が Let It Beというわけです。 もう自分たちはどうにもならない、でもなすがままにまかせよう、きっと希望はある。 そんなポールの想いが感じられます。 特に、 For though they may be parted,there is still a chance that they will see たとえ離れ離れになったとしても、いつかまた出会える日はきっとくるから There will be an answer, let it be 答えはきっとあるはずさ、なすがままに という部分はまさにポールのストレートな気持ちが詰まっていますね。 目頭が熱くなってしまう… 大切で守りたいものだからこそ、ただあるがままにゆだねるしかない。 そんな葛藤と希望がLet It Beには込められています。 再びみんながひとつになることなのか、各々が自分の道を見つけることなのか、それは明らかになってません。 Let It Be レットイットビー を聴けるサービス スマホに曲をダウンロードすることもできます! 基本的に、ほとんどの音楽ストリーミングサービスでビートルズの楽曲は聞くことができます。 個人的には がオススメ。 他のサービスは音楽だけですけど、 は• お急ぎ便無料• プライムビデオ• タイムセール(会員のみ先行販売)• プライムフォト(写真保存し放題)• kindle端末割引• 毎月kindle本1冊無料 などなどのAmazonのサービスも使えちゃうからなんです!僕も使ってますが、超おトクだし便利。 料金は 年額3,900円(税込)。 月額にすると325円なので、他のサービスよりずっと安いです。 聴ける音楽は他のサービスのほうが豊富ですけど、 も十分曲数多い 4,000万曲 です。 ビートルズは結構曲あるし。 CDとか持ってないけどレットイットビー聴きたい!って方、ぜひ を利用してみて下さい。

次の

カノン進行/王道進行/小室進行/レットイットビー進行: Sakura Days

レットイットビー コード ピアノ

・Yesterday ・Hey Jude ・Let It Be 他にもたくさん代表曲はありますが、この3曲は外せませんよね。 その中でも今回は Let It Beについて。 この曲を聞くならどのアルバムを手に取ればいいのでしょうか。 ん?アルバム『Let It Be』じゃないの? と、思ってしまいがちですが、実はオリジナルアルバムの『Let It Be』に収録されているのは、普段我々がよく耳にするLet It Be とはバージョンが違うんです。 マニアにしか分からない違いではなく、普通に聞いても分かるくらいの違いがるんです。 好みが分かれますので注意が必要です。 そのあたりに注意しつつ収録アルバムを紹介します。 早速ですが、Let It Be が収録されているのは、• ビートルズ 活動期間の最後のシングル Let It Be 1970年3月にリリースされました。 作者はポールマッカートニーです。 イギリスではなぜかチャートで1位を飾れませんでしたが、アメリカでは堂々の1位。 日本で非常に人気が高く、 日本国内ではビートルズの作品の中で最も売り上げた作品です。 こういう事実があるもんだから、この曲を好きなのって日本人だけ?と思った時期がありました。 でも、近年のポールのコンサート映像をみると、グローバルな観客が大喜びしていたので、やっぱり世界中で人気があるようです。 当たり前か・・・。 歌詞は、解散を目前に分裂状態にあったビートルズへの想いを歌ったもの。 Let It Be(あるがまま)のとおり。 「解散も仕方なし」と諦めの入った内容です。 それまでポールはビートルズ維持の方向で尽力していたのですが、精根尽き果てたのかもしれません。 かつて私は、 すげーいい曲じゃん!ビートルズ最高! 的なノリで聞いていた曲なんですが、実はビートルズの解散物語にかかわる悲しい曲だったのです。 いまやもう、涙なしでは聞けません。 この曲をリリース後、ビートルズはその活動に終止符をうちます。 かみしめながら聞いてみてください。 といったところで、収録アルバムの紹介です。 普段よく聞くレットイットビーを聞くならこのアルバム ここでは通常バージョンのレットイットビーと呼ぶことにします。 おそらく最も聞いたことがあるであろうバージョンです。 通常バージョンが聞けるのは 『パスとマスターズ Vol. ご察しの通り、シングル集の『パストマスターズ Vol. 2』とベスト盤にしか通常バージョンは収録されていません。 オリジナルアルバムには収録されていないのです。 ご注意ください。 じゃあ、この3枚のうち、どのアルバムを手に取って聞くべきか?レットイットビーだけ聞くなら、どのアルバムでも構いません。 むしろその場合、青盤か『ビートルズ1』を選ぶのが無難です。 ただ、ビートルズを全部そろえたい!と思っている方には、断然『パスとマスターズ Vol. 2』です。 中期の名曲Rainやインド感たっぷりのThe Inner Lightなど、ベスト盤には入っていない曲も収録されているためです。 オリジナルの『レットイットビー』のレットイットビーってどうなの? オリジナルアルバムバージョンのレットイットビーも、これはこれでいい曲だと思います。 ただ、私は通常版のほうが叙情的かなと思っています。 通常バージョンとの違いは、ラストの繰り返し部分が1回多い点とギターがフィーチャーされている点、あとコーラスも違います。 もともと同じテイクから作られていますが、プロデューサーが違います。 通常バージョンが、まいどおなじみのジョージマーティンで、オリジナルアルバムバージョンがフィルスペクターです。 一度、聞き比べてみるのもいいかもしれません。 バージョン違いを楽しめるようになったら、ビートルズファンとしての第一歩を踏み出したも同然です。 ネイキッドとアンソロジー3のレットイットビーはどうなの? 『レットイットビー... ネイキッド(Let It Be... Naked)』は、もともとのアルバム制作時のコンセプトを現代の技術で取り戻そうとした作品です。 コンセプトとは、過剰な音の装飾を取っ払って「原点回帰」すること。 ゲットバックです。 オリジナルの『レットイットビー』は、志なかばでゲットバックな作品にならなかったので、30年の時空を超えて制作が企画されました。 その出来は、なんといいましょうか…、アンソロジーシリーズに近いものがあります。 アウトテイクバージョンと捉えておくのが良いと思います。 アウトテイクバージョンといえば、なんといってもアンソロジーです。 ここで聞けるLet It Beは素晴らしいです。 Let It Beだけに限らず、他の曲からも終わりゆくビートルズが感じられます。 そう思って聞くと、なかなか悲しいアルバムです。 レットイットビー1曲をとってみてもいろいろと楽しめるのがビートルズのすごいところ。 いろんなバージョンがあるので好みのバージョンを探して聞いてみるのはいかがでしょうか。 全オリジナルアルバムの聞きどころを紹介。 詳しいアルバムガイドです。 購入に迷っている方は読んでください。 もう少しビートルズを詳しく知りたい方は、歴史を押さえておきましょう。 3分で分かるバージョンと10分バージョンを用意しております。 手っ取り早くビートルズの最高傑作を知りたい方は、ロックの専門誌「ローリングストーン」誌が選出したオールタイムベストアルバムの記事を読んでください。 ロックを含むポピュラー音楽史の中で評価の高いアルバムをランキング形式で紹介しています。 youtube. リアルタイム世代ではございませんが、ビートルズが大好きです。 昼はまじめなサラリーマン。 現在2児の父。 ビートルズを一緒に聞いて楽しんでいます。 ビートルズのマメ知識、新しい聞き方、新しい楽しみ方を日々探しておりますので、皆様の知ってるビートルズを教えていただければ幸いです。 発信する情報はたまに間違っていることもありますが、大目に見てください。 よろしくお願いいたします。 Jai guru deva om.

次の