モツ 下 処理。 【みんなが作ってる】 モツ 下処理のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

もつ鍋の生モツ(生ホルモン)の臭みや汚れを取る下処理方法のご紹介

モツ 下 処理

そもそも白モツとは!? あなたが行くスーパーには、「白モツ」って売っていませんか?白モツとは豚の大腸や小腸のことで、スーパーで売っているのはそれを茹でたものです。 牛の腸も「白モツ」と言うことがありますが、基本的に「白モツ」というと豚の腸を指します。 大量に安く売っていますが、いまいち使い方が分からない…なんてことはありませんか?白モツは下処理をきちんとしないと臭みが残ってしまいます。 でも、使いこなせば美味しくて安くて栄養も豊富、節約の強い味方なのです。 使いこなして節約上手の素敵な奥様になっちゃいましょう! 白モツの下処理 基本的に、スーパーで売っている白モツは一度茹でたものが売られています。 色は不透明なベージュ色です。 もしベージュ色ではなく透明感があるピンク色の白モツをいただいたり買ったりしたときは、やらなければならないことが少し増えます。 手順としてはまず、そのまま茹でてください。 茹でれば不透明のベージュ色になります。 次に、モツの腸以外の部分を取り除いて適当な長さに切り、腸を開いてヒダの内側を丁寧に洗います。 腸の内側ですから、ゴミが残っていることがあります。 洗い終われば、お店で売っているのと同じ状態になります。 もしもこれを冷凍保存したい場合は、水気をキッチンペーパーなどでしっかり拭きとってください。 これでスーパーで売っている白モツと同じ状態になります。 基本の煮こぼし 白モツを調理する上で、やっぱり一番の難関になるのが、その臭みだと思います。 お料理の本などには「白モツの臭みを取るには、長ネギの青い部分、お酒、生姜で30分ほど煮たら、ザルに中身をあけてその煮汁を全て捨てましょう。 これを何回か繰り返します」とあります。 この行程を「煮こぼし」と言います。 白モツの臭みを取る最も一般的な方法なのですが、これで上手くいくときといかないときがあります。 なお、この行程を行っているときは台所の換気をしっかりしてください。 でないと、モツの臭みが家中にこもってしまいます。 独特の匂いですので、駄目な人はちょっと辛いかもしれませんね。 圧力鍋を使ってみよう 臭みを取るのに、圧力鍋を使うという人も居ます。 圧力鍋の場合は煮こぼしは1度で大丈夫です。 使うものは普通の煮こぼしと同じで、長ネギの青い部分、お酒、生姜です。 全て圧力鍋に入れて加圧状態にし、5分ほど弱火で煮込みます。 その後圧力が下がるまで放置しておきましょう。 それでも臭みが気になる人は… 煮こぼしをしても、やっぱりモツの臭みが気になる…上手く臭み抜き出来なかった…という方は、面倒ですが煮こぼした白モツを1つずつ洗ってみましょう。 このとき、小麦粉を付けて洗うとなお良いです。 流水でやる必要はありません。 ボールに水を張って、その中で一つ一つヒダの内側を洗ってみてください。 このとき、ヒダの内側に白いものが沢山こびりついているのが分かると思います。 これは脂肪です。 洗うときについでにこれも落としておくと、カロリーの軽減になります。 ちなみに、白モツのカロリーは100gあたり177kcalです。 豚のロースの赤みの部分が150kcal、脂身付きの部分が263kcalですから、豚の中ではヘルシーな部位ということになります。 脂肪を落とせば、更にヘルシーな料理を作ることが出来るでしょう。 白モツは冷凍保存可能? 白モツは安く大量に売られていることが多いです。 この大量に売られているというのも、モツが敬遠されがちな原因の一つかと思います。 つまり、使いきれるかどうか…なんですよね。 使う分だけを使って、残りは冷凍保存しちゃいましょう。 冷凍保存をするためには臭み抜きをきっちりしてからキッチンペーパーで水分を拭きとり、フリーザーパックやタッパに入れてください。 スーパーで買ってきた状態で冷凍してしまうと、臭みが抜けにくくなってしまうのです。 そして、冷凍保存でも1ヶ月を目安に使いきってください。 白モツはあしの早い食材ですから、冷凍するつもりで購入したらすぐに臭みを抜いて冷凍処理を行いましょう。 基本のモツ煮込み こうして臭みを抜いたモツですが、やはり基本はモツ煮込み、もしくはモツ鍋です。 モツ煮込みを作るときは、大根や人参など、根菜と一緒に煮込むのが合いますね。 味付けは味噌や醤油が一般的です。 味噌での味付けの場合は、味噌を入れてからは沸騰させないように気をつけましょう。 これはモツに限った話ではありませんね。 圧力鍋で臭み撮りをされた方は、そのまま圧力鍋で煮こむのがオススメです。 モツ鍋では、キャベツや韮などを入れるのが主流ですが、白菜なども合います。 ただし、キャベツや白菜は水が出る食材ですので、味付けを少し濃い目にすると良いでしょう。 今は沢山のレシピサイトがありますので、そちらでいろいろなレシピを探してみるのも良いと思います。 終わりに 豚の白モツは、ちょっと扱いづらい食材ではありますが、しっかりと臭みを抜けば他には無い旨味と食感があります。 是非チャレンジしてみてくださいね。 PV数ランキング• 247pv ご飯は炊きたてが一番美味しい、これは当り前ですね。 ですが、時間が経つと冷たくなって固くなって…とても食べられたものではなくなってしまいます。 レンジでチンしても炊... 185pv 白モツってとっても美味しいし、節約にもなりますよね。 でも一番困るのがやはり「臭い」です。 ここでは白モツの調理方法や臭いの取り方をしっかりとお伝えします!• 137pv 皆さんは、缶や瓶のビールが余っちゃった…もう飲めない…なんて経験はありませんか? 筆者の旦那様は毎日缶ビールを2本飲むのですが、たま~に1本半で止めてしま... 132pv 毎朝顔を拭いたり、お風呂上がりに体を拭くタオル。 やっぱりふわふわな方が良いですよね。 でもタオルって、使い始めはふわふわでもずっと使っているとカチカチにな... 127pv 餃子の皮っていろいろな料理に使えるんです。 スープに入れたりラーメンに入れたり。 ここでは餃子の皮が余った時のレシピを紹介いたします。 119pv あなたの旦那様は、晩酌をする人ですか?今回の記事は、「うちの旦那は、お酒もタバコもしないの」という奥様には全く関係ない内容になります。 ちなみに、筆者の主人は毎晩... 115pv あなたは家計簿をつけていますか? 収入と支出を書き出して、我が家の家計を把握することは、毎月、収入の範囲内で生活するために重要なことです。 特に、最... 103pv ある日のことです。 妊娠していた私は、勤めていたパートを辞めることになりました。 身重だし、外で働くことが出来ないのなら、せめて「在宅ワーク」で何か、ちょこっと... 103pv デフレで牛丼が280円なんて、ものすごく安いですよね!では自炊と牛丼をくらべるとどうなるか・・・。 ちょっと気になるところであります。 ここでは、いろいろな家族構成... 90pv カビの生えやすい季節になってきました。 こんな季節に私達主婦をもっとも悩ませるのは、カビではないでしょうか。 特にタイルの目地はカビが生えやすく落ちにくいので、本当...

次の

もつ鍋の生モツ(生ホルモン)の臭みや汚れを取る下処理方法のご紹介

モツ 下 処理

「モツ」は炙ればうまくなる モツ鍋はお店で食べるもの、というイメージが強いのはなぜか。 新鮮なモツを買ってきて、スープに入れればいい。 簡単である。 しかし、お店で食べるような味にはならない。 だから外で食べる。 もちろん専門店で食べるモツ鍋はとてもおいしい。 しかし、 ある簡単な方法で、自宅でも最高にうまいモツ鍋を作ることができるのだ。 これはイメージです 家で食べるモツ鍋が魅力的でない原因は2つある。 まず、スープのクオリティーが違うこと。 老舗のモツ鍋専門店の味にはかなうべくもないが、これは市販のスープを買ってくればある程度は解決できる。 もうひとつは、モツそのものの違い。 専門店のモツは、市場から届いた新鮮なものを使用しているため、プリプリ度が全然違う。 スーパーで買ってきたモツと比べたら、その違いは一目瞭然だ。 つまり、新鮮なモツが手に入るかどうかによる。 私が住む品川区の西小山・武蔵小山周辺は、区内に食肉市場があることから、新鮮な肉や内臓を扱っているお店が多い。 家の近所にある、ごく普通の肉屋さんで買ったモツ(小腸)を使って、最高のモツ鍋が作れたらうれしい。 かねがねそう思ってきた。 そして、私は気がついた。 ある方法を使えば、自宅でも簡単においしいモツ鍋が作れることに。 どこで食べたって、それなりにおいしい。 おいしいモツ鍋屋さんがあるんだ、と聞いて足を運ベば、予想以上のうまさにびっくりする。 私たちが思っている以上に有名店のモツ鍋はおいしい。 モツは私たちの想像力を簡単に上回る。 だが、会計を見てさらにびっくりする。 意外と安くない。 で食べるモツ鍋は、高級とは言わないまでも、安い料理の部類には入らないだろう。 だから、私はおいしいモツ鍋が家で簡単に作れるという記事を書こうと思う。 この手法を知ってから、私は3キロは太った。 週に2回はモツ鍋を食べたからだ。 恐るべしモツ鍋。 だが、後悔はしてない。 510円だった。 モツは下処理が欠かせない。 まずモツが持つ(シャレである)臭みを消すため、 ゆでこぼしと呼ばれる作業が必須だ。 沸騰させた湯でモツに熱を通し、それによって臭みを消す。 この際、青ネギの青い部分や、生姜などの薬味を入れるとさらに効果が高まる。 今回は生姜のみを入れる。 この段階でそこまで神経質にならないでもいい。 その理由は後ほどわかる。 「小麦粉でモツを洗うと汚れがよく取れる」という説があるが、「小麦粉と一緒にうま味が逃げてしまうので厳禁」という、まったく異なった見解もある。 モツの下処理は難しいのだ。 私ごときが悩んでも仕方ない。 あまり考えすぎないようにしよう、人生は短いのだから。 そしていよいよ魔法の道具が登場。 ガスバーナーである。 回転寿司に行くと、よく職人さんがサーモンを炙っている、あれである。 ガスボンベの上についているのが、着脱できるトーチバーナーと呼ばれる道具で、Amazonなどで1,000円ほどで購入できる。 あったら便利だろうけど、おそらく買わない道具の代表格である。 だが私はこのモツ鍋のために購入した。 察しのいい読者の方はもうおわかりだろうが、これを使ってモツを炙るのだ。 1,000円あれば、あの憧れの「炙り」が家庭で再現できるのだ。 決して高くない(言い聞かせている)。 魚焼き網に水をしいてから火を当てるのがベストだろう。 だが、問題がある。 網の目が大きすぎて、焼いているうちにモツがこぼれ落ちてしまう危険があるのだ。 もちろん、細かい目の網を用意すれば問題ないだろうが今回は別の方法を模索する。 これを使おう。 いい塩梅だ。 さあ始めよう。 初めて使うトーチはちょっと怖かったが、慣れてきたら恐怖感はすぐになくなる。 勢いに乗って、バーナーの火力を最大にする。 炎を直接モツにぶつけると、油の焦げるいい香りがしてきた。 ちょっと楽しい。 じゃんじゃん炙ろう。 モツの油に熱が入り、全体的に温まったようで、とうとうモツに火がついた。 焼肉屋さんでよく見るあれである。 だがバーナーの炎を消したら自然と消火した。 焼肉屋さんの網の上で肉が燃え上がるのは、恒常的な熱源(炭など)があるからだとよくわかる。 バーナーの火を消せば、モツも静かになる。 火加減に注意しながら、何度かひっくり返して炙り続ける。 やがて、モツはこんがり色に変身を遂げる。 さっきまでの奥ゆかしい色白なモツと比べると、小麦色に輝くモツの方が断然魅力的だ。 新入社員だったら「生意気だが何かをやりそうだ」と上司から目をかけられるに違いない。 すでにおいしそう モツの周囲は軽く焦げている。 ちょっと寂しいが、おいしく食べるための犠牲だと思えば、我慢できる。 余計な油をそぎ落としたとも言えるだろう。 そして、強火で炙ったことで臭みははとんど消えている。 この工程を経ることで、味わいはぐっと変わる。 余計な油と臭みが落ち、うま味が凝縮される。 そう、 この「炙り」こそ、モツを自宅でもおいしく食べる秘訣(ひけつ)なのだ。 まずはキャベツを煮る。 材料は以下のとおり。 モツ 300g• 水 600ml• キャベツ 適当• にら 適当• 鶏ガラスープの素 大1(味覇 小1)(顆粒だし 小1)• みりん 大1• 砂糖 大1• 5分ほど煮たらおしまい。 砂糖の量はお好みで調整したい。 キャベツをたくさん入れると、水分は多くなる。 味が薄くなった場合は、味覇などで味を調整する。 醤油の代わりに塩で作ってもさっぱりとしておいしい。 もう、わかっている、絶対においしいって。 モツが持つ(ダジャレです)油の甘みがスープに溶け出して、ちょっと例えは悪いが、ラーメンのスープを飲んでいるかのような錯覚に陥る。 鍋の締めは絶対にラーメンがいい。 甘い匂いに誘われたのはカブトムシだったが、モツ鍋の香りに誘惑されたのは4月から小学校に入ったばかりの6歳児だった。 将来有望である。 そういえば、モツを炙っている時から、息子たちはそわそわしていた。 なぜ人は炙りに引きつけられるのか 味はもちろん、その匂いとダブルで楽しめるからだ。 サーモン、エンガワ、に加えて、モツだって炙ったらうまい。 いや、小声だって伝わるに違いない。 炙ってうまくならないものはない。 トーチバーナーを買うし、もう炙らないなんて言わないよ絶対。 そんなフレーズが頭を駆け巡った春の夜であった。

次の

モツの下処理!モツの臭みを取る方法とは?保存方法とは?下処理で更にカロリーオフに!

モツ 下 処理

モツのプリプリとした食感、口の中でとろけるような独特の味わいには、ファンも多い。 博多名物のモツ鍋や、名古屋名物のどて煮など、全国各地の郷土料理としても愛される食材である。 居酒屋に行った際には、お酒のあてに必ずモツ料理を頼むという人もいるのではないだろうか。 ただ、モツを調理するとなると、話は別。 下処理をする前のモツは、臭みが強く残った状態で、お世辞にも食欲をそそるものとはいえない。 モツには多くの脂肪や汚れが付着しているため、これが原因となって強い臭気を放つ。 美味しくいただくためには、念入りな下処理が必要となるのである。 さて、一般家庭でモツ料理を作るとなると、まずスーパーの肉売り場に向かうことになるだろう。 地域や店舗によってモツの取扱数にも差はあるが、おそらく目に付くものの多くはラベルに「ボイル済み」と書かれているはずだ。 つまり、これは既に下処理が済んでいるということ。 よく見ると、モツが全体的に縮んでいたり、白くなったりしているはずだ。 ただし、"ボイル済みだからといって下処理が全く必要ない"という意味ではない。 国産の新鮮なモツであれば、それほど臭みが気にならないということもあるが、それでもしっかりと下処理をしなくては、調理したときの風味が悪くなってしまうこともある。 もちろん、ボイル済みのモツの方が、生モツに比べると下処理が軽くて済むものの、丁寧に臭み取りをすることをおすすめしたい。

次の