身に覚えのないあざ 痛くない。 白血病でできるあざ。そのあざには何か特徴がある?

痛く ない あざ

身に覚えのないあざ 痛くない

ふくらはぎに身に覚えの無い内出血が!原因は?これって病気? どこかにぶつけた、転んだなどことが原因の内出血 いえ、そんな事、記憶に無い。 とは言っても、知らないうちに足をぶつけていることなんて結構あります。 脚に限らず、その時は、少し「痛い」と思った程度で、すぐに記憶から消えてしまうのですが、数時間、もしくは数日後に痣となって浮き出てくる事があります。 そうすると、覚えていないだけで、ぶつけたことが原因の痣ができあがります。 この痣は、押すと痛みがありますが、長くても一週間程度で薄くなって消えてしまい、広がることや増える事、大きくなることはほぼありません。 このように、増える事無く時間が経てば消えてしまう痣は、心配の無い痣です。 足のむくみ 足のむくみが原因で、内出血が起こることがあります。 むくみとは、血液の循環がうまくいかずに老廃物が溜まってしまっている状態です。 足に痛みやだるさを感じ、じっとしているのが辛いという場合もあります。 内出血を起こしますので、押すと痣に痛みはありますが、それよりも足のだるさが気になってしまうかもしれません。 立ち仕事であったり、ハイヒールや先のとがった靴を履くことでもむくみを悪化させることになります。 また、下半身を締め付けるような強力なガードルなどもあまり良くありません。 食生活の乱れが、むくみに繋がることもあります。 解消法は、ゆっくりとお風呂に入り、足をマッサージすることで血行を良くすれば、むくみを解消することができます。 足を高くしたり、足湯やレッグウォーマーなどで足を温めてあげるのも効果的です。 ただし、マッサージは優しく行ってください。 むくんでいる足は大変刺激に弱いので、強めに刺激してしまうとまた内出血をおこしてしまう恐れがあります。 着圧ソックスなどは、長時間利用するとかえって血流を悪くしてしまう可能性もありますのでほどほどにしましょう。 youtube. 上記の方法で効果が得られない場合は、医師に相談するのも良いと思います。 以下の病気が、むくみを起こす可能性があるものです。 肝硬変など肝臓の疾患• 心不全などの心臓の疾患• ネフローゼ症候群など腎臓の疾患• クッシング症候群• 下肢静脈瘤• 甲状腺機能低下症 などです。 他にも全身の倦怠感など、自覚症状が認められるものも多いので、あまりにむくみが続く場合は医師に相談しましょう。 白血病 初期症状として、足に痣ができやすくなる、という症状があります。 これらは、どこかにぶつけた覚えが無い、と言うのが特徴です。 膝の後ろや、太ももの内側、などにできやすいと言われていますが、他にもどこかにできる可能性はあります。 白血病が原因の痣は、押しても痛みを感じないことが特徴です。 他にも、風邪症状が続く、全身に発疹が出る、女性の場合経血量の増加や不正出血なども症状として上げられますが、血液には結びつかず、自覚症状としては難しいと思います。 ので、覚えの無い痣が増え続ける、という症状が出ましたら、念の為病院へ行くのも良いと思います。 どちらにせよ、血が止まりにくくなっている可能性もありますので、血液内科を受診するのが良いでしょう。

次の

身に覚えのないアザ

身に覚えのないあざ 痛くない

内出血の可能性 高齢で血管が弱くなる 手や腕を中心にあざができるというご相談ですが、症状から推察して、かかりつけの医師のいうとおり、内出血を起こしているのではないかと思われます。 内出血というものは様々な原因で起きるものですが、ご高齢の方に一番多いのは、日常の生活の中で、気付かない程度に腕などをぶつけてあざができるというものです。 高齢になると血管が弱くなり、少しぶつけただけでも血管が傷ついて、そこから少しだけ血液が洩れてしまい、あざになることがあるのです。 とくに脳梗塞や心筋梗塞などの治療をされている場合、血液をサラサラにする薬を飲んでいる方も多いかと思います。 そういった薬は、血小板など血液を固まらせる機能を抑えるものなのですが、その一方で出血が止まりにくくなる副作用もあり、内出血によるあざができやすいということがあります。 ですが、あざの数がどんどん増えていくようなことでない限りは、それほど気にする必要は無いかと思います。 皮膚や血液の病気ではと心配されていますが、まず、皮膚病の場合は体やお腹、背中、場合によっては顔など、そういった所に出てくることが多いです。 たとえば薬の副作用で湿疹が出る場合にも、手だけに出るということはほとんど無く、むしろ体に出ますので、今回のようなケースの場合、皮膚の病気ということは少し考えにくいです。 一方、血液の病気ということでは、可能性は否定できません。 血液の病気の中でも、とくに血小板に関わる病気ですと、血小板の数が減ってしまって、内出血しやすくなることがあります。 たとえば白血病や、少し難しい病気ですが特発性血小板減少性紫斑病や白血病の類似疾患の骨髄異形成症候群というものもあります。 念のため一度血液検査をして、血小板の数や凝固機能などをチェックされることをおすすめいたします。 この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

次の

身に覚えがない『あざ』ができる原因は6大病気の警告サインかも!?

身に覚えのないあざ 痛くない

内出血の可能性 高齢で血管が弱くなる 手や腕を中心にあざができるというご相談ですが、症状から推察して、かかりつけの医師のいうとおり、内出血を起こしているのではないかと思われます。 内出血というものは様々な原因で起きるものですが、ご高齢の方に一番多いのは、日常の生活の中で、気付かない程度に腕などをぶつけてあざができるというものです。 高齢になると血管が弱くなり、少しぶつけただけでも血管が傷ついて、そこから少しだけ血液が洩れてしまい、あざになることがあるのです。 とくに脳梗塞や心筋梗塞などの治療をされている場合、血液をサラサラにする薬を飲んでいる方も多いかと思います。 そういった薬は、血小板など血液を固まらせる機能を抑えるものなのですが、その一方で出血が止まりにくくなる副作用もあり、内出血によるあざができやすいということがあります。 ですが、あざの数がどんどん増えていくようなことでない限りは、それほど気にする必要は無いかと思います。 皮膚や血液の病気ではと心配されていますが、まず、皮膚病の場合は体やお腹、背中、場合によっては顔など、そういった所に出てくることが多いです。 たとえば薬の副作用で湿疹が出る場合にも、手だけに出るということはほとんど無く、むしろ体に出ますので、今回のようなケースの場合、皮膚の病気ということは少し考えにくいです。 一方、血液の病気ということでは、可能性は否定できません。 血液の病気の中でも、とくに血小板に関わる病気ですと、血小板の数が減ってしまって、内出血しやすくなることがあります。 たとえば白血病や、少し難しい病気ですが特発性血小板減少性紫斑病や白血病の類似疾患の骨髄異形成症候群というものもあります。 念のため一度血液検査をして、血小板の数や凝固機能などをチェックされることをおすすめいたします。 この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

次の