東急 ビル メンテナンス 株式 会社。 沿革 │ 会社案内 │ 東急不動産ホールディングス株式会社

株式会社東急コミュニティーの新卒採用・企業情報|リクナビ2021

東急 ビル メンテナンス 株式 会社

「」も参照 創業家であるが確立した旧や、一族が経営に深く関わっているなど、同じ電鉄系のほかの企業集団とは異なりとはしておらず、東急グループの五島家一族は創業家ではなく、資本的な(株式)支配も希薄で純粋な『経営者』に徹した。 このことから、世襲の弊害を意識して実力主義を貫き、多角化が順調に進んだ。 安定的な収益を生む鉄道を中核に、交通・不動産・・レジャー・サービス・リゾート/ホテル等の各分野が一丸となっているのが強みである。 また、東急の始祖はというであり、伝統的に不動産に強くは東急グループの重要な第二の稼ぎ手となっている。 グループ規模に対して、トップシェアとなる分野がないことから、「御公家集団」と評されることもある。 これは、グループ総帥・の「全国展開、あるいはナショナルブランド化は安易に進めてはならない。 まず、偉大なローカルブランドとなることが出発点だ」という方針によるとされている。 五島昇亡き後 [ ] (平成元年)に五島昇を失った影響は大きかった。 五島亡き後、を中心とする集団指導体制に移行したが、グループ各社のトップも年齢的に退く時期になり、やや求心力を欠いた経営をやっているように思われた。 その後の2000年代以降はグループの再編を徹底的なまでにおこなうこととなっている。 だが、「東急グループ」の厳格なマネジメントは存在しておらず、拡大や成長とともに各社の自由な裁量で、グループ加盟会社毎に事業拡大・肥大化した。 グループ各社で事業部門が重複し無秩序に増えていった結果、最大で500社を数えるまでに膨張。 後の縮小経済下では、そのスケールの巨大さはデメリットに転じ、1999年(平成11年)3月末の有利子負債はグループ全体で3兆円以上を抱えるなど業績不振に陥った。 さらに、グローバル基準である重視の流れやの導入などを受けて、グループ大再編に踏み切った。 1990年代後半以降 [ ] (平成10年)、東急グループ代表・の下 、主要加盟社に対し「自立なき者は共創の輪に加わる事ができない」旨 を通告したのを皮切りに、リストラを大胆に加速。 磐石である『電鉄』に依存するのみで、「価値を創出していない」と判断された数百社をグループから離脱・独立させた。 そして、無秩序な全国拡張路線を改め、原則的に東急沿線や都市部に経営資源を集中させ、「東急の価値を共に高める総合力」が東急グループであると定義した。 重要なコア事業を担う子会社等は、本体(旧東京急行電鉄)にとっての企業として監視を強める体制にした。 加盟社数は大きく減少したが、業績は逆に好転し回復傾向にある。 主なグループ会社・法人 [ ] 中核 [ ]• 交通事業関連 [ ]• 北海道• 北海道• 網走交通• 遠軽通運• 東和運輸• 北海鋪道• 東北圏• 関東圏• 中部圏• 伊豆急東海タクシー• 流通事業関連 [ ]• - 東急百貨店、ビル(、、)、直営食品売場(、FOOD PATIO レ・シ・ピ町田)• バンコク東急百貨店• - 食肉類の加工・販売、冷凍食品の製造、輸入、販売等• 東急タイム - 時計、貴金属、宝石の販売• - 不動産管理・賃貸業、写真業・画像情報業等• - ながの東急百貨店• 北長野ショッピングセンター- ながの東急ライフ• - とうきゅう、フレル、東急ストア、プレッセ、東急ストアフードステーション• 東光食品- 豆腐、揚物、蒟蒻、麺、納豆、米飯、和菓子、ゼリーの製造ならびに仕入販売• 東光食糧 - 米穀のとう精、卸売業、食品仕入れ、販売業• 東光フローラ - 生花・観葉植物等の仕入、販売、花の専門店「とうきゅうフローラ」、「FLEUR KAREN」の経営• - 都市型(東急ハンズ、ハンズ・ビー)、専門店(アウトパーツ)、ショップ(ボックスアウトレット)の運営および地方都市の既存商業施設等の中に期間限定で出店(トラックマーケット)• - 東急各線の駅構内売店「」や店の、等を運営• ティーアール・フーズ - フランチャイズで「」、「」の運営• - 東急スクエア(、、、、)をはじめ、、、等を運営• SHIBUYA109エンタテイメント - (渋谷、、、香港)、109MEN'S(渋谷、、)を運営• 伊豆急物産 - 食堂、売店の経営・賃貸業、駅構内・車内における物品販売、水産物の加工・販売業務、和洋菓子・漬物類の製造・販売等 ホテル・リゾート事業関連 [ ]• 東急系• - ザ・キャピトルホテル東急、東急ホテル、エクセルホテル東急、東急REIホテル、東急イン、東急リゾート、ホテル東急ビズフォート、パン パシフィック 横浜ベイホテル東急• - タイムシェア型会員制リゾートホテル「東急バケーションズ」の運営• 東急不動産系• - アパートメントホテル「東急ステイ」の経営、経営受託等• - 別荘、土地、マンション、会員制リゾートホテル()の販売管理、ゴルフ会員権等、商品の売買仲介業と受託販売業• - 会員制リゾートホテル()、リゾートホテル「ホテルハーヴェスト」、ゴルフ場、スキー場、別荘の運営受託、コンサルティング• 伊豆急ホールディングス系• 伊豆観光ホテル - ホテル伊豆急• ルネッサ - ホテル・コテージの経営および経営受託、スポーツ施設の運営、料理飲食店の運営、研修セミナーなどの企画および運営• 上田交通系• 上田ステイ - アパートメントホテル 総合不動産・不動産事業関連 [ ]• - 輸入住宅販売、住宅リフォーム• - 東急ホームズの設計・施工物件の定期診断• - 不動産管理• - 設備管理• - マンション管理、設備管理• 東急リバブル札幌 - 不動産仲介• 東急リバブル東北 - 不動産仲介• 東急リバブル名古屋 - 不動産仲介• 東急リバブル九州 - 不動産仲介• リバブルアセットマネジメント - 不動産賃貸• - サブリース事業• - 住宅の賃貸、管理、仲介• - 設備管理、人材派遣• - 設備管理• - 売買仲介、販売代理、駐車場事業、賃貸事業• - 分譲住宅販売、マンション販売、ビル賃貸• 伊豆急ハウジング• - 瓦斯器具の設備工事、住宅リフォーム• - 住宅リフォーム• (旧東急車輛製造) 建設事業関連 [ ] 渋谷セルリアンタワー• - 総合建設業• - 土木建築用資機材の製造加工、販売、整備および土木建築工事の設計・施工請負• - 建物の増改築、改修に関する受託調査、企画、設計、監理、施工、家具の販売並びに施工• チョウカンチャン・トウキュウ コンストラクション• トウキュウ・コンストラクション・インドネシア• - 道路建設、スポーツレジャー施設、環境開発・整備事業• 新世紀工業• エス・ティ・サービス• エスティ建材• 水戸プロパティー• 中外エンジニアリング• やまびこ工業• みちのく工業• - 環境技術、緑地管理、造園• 石勝グリーンメンテナンス• - ゴルフ場・造園・土木の企画・設計・監理・施工• - 企画開発、建築設計、土木設計およびコンサルタント• - 建設用資材販売• - 建築、土木、造園、リフォーム 製造・整備事業関連 [ ]• - 東急の鉄道・バス車両の車体更新工事および他社譲渡車両(・)の改造など(旧・東横車輌電設)• - 車両整備、等の一部駅業務・駐輪場管理業務• - 軌道の保守管理 レジャー事業関連 [ ]• - 、()、映画配給、場、「AXIA」、フットボールコミュニティー、等を運営• 広島東急レクリエーション• 熊本東急レクリエーション• 東急レジャー - 加山雄三ミュージアム等の運営• 堂ヶ島マリン - 遊覧船• ( 東急不動産出資) - フィットネスクラブ「東急スポーツオアシス」• 東急スポーツシステム( 東急出資) - フィットネスクラブ「アトリオあざみ野、アトリオドゥーエ碑文谷・二子玉川・武蔵小山・たまプラーザ・青葉台」、田園テニス倶楽部、東急あざみ野テニスガーデン、東急あざみ野ゴルフガーデン、スイング碑文谷、東急、フットサルパーク渋谷・池袋・川崎・あざみ野・たまプラーザ・横浜金沢、J-フロンテッジフットボールスクール等を運営 サービス事業関連 [ ]• 東急エージェンシープロミックス• 東急スペース開発 - 広告代理店• イメージスタジオ109 - 広告制作、貸しスタジオ• 東急メディア・コミュニケーションズ - 広告代理店• 東急ディマンドアイ - 広告代理店• キューフロント -• ティーエープロモーションネット - 広告制作• - 、(旧「東急ケーブルテレビジョン」)• - ケーブルテレビ、インターネットサービスプロバイダ• - ケーブルテレビ、インターネットサービスプロバイダ• 東光サービス - 警備• 北海道東急ビルマネジメント - 警備、設備管理、人材派遣(2010年9月まで「じょうてつサービス」)• 東急リビングサービス - トランクルーム、健康食品販売、ハウスクリーニング• TCフォーラム - ホール・レンタルスペース会議室等の管理運営• 東急百貨店サービス - 人材派遣、ビル管理• コミュニティスタッフ - 人材派遣• エルスタッフ - 人材派遣• 桜サービス - 不動産賃貸派遣• 東急リバブルスタッフ - 人材派遣• 東急エージェンシービジネスサービス - 人材派遣• キッズベースキャンプ - 民間学童保育事業の経営• 東急ウィル - に基づく。 障害者を積極的に雇用し鉄道施設の清掃などを行っている• 伊豆急コミュニティ - 寮・保養所の運営管理受託事業等• イーウェル - 福利厚生関連事業• 東急イーライフデザイン ( 東急不動産出資)- 高齢者住宅・・の経営・運営・運営受託• 東急ウェルネス( 東急出資)- 高齢者住宅・・・の経営・運営・運営受託• じょうてつケアサービス - 、、等• 東急グルメフロント - 直営店で、しぶそば、カフェ・キュート、フランチャイズで、、、、、、、、等の飲食店、フードモールの運営• 東急フードサービス - フランチャイズで、、の「満龍」等の運営• 東急サービス - 飲食店経営• インターナショナルレストランサービス - 飲食店経営• - (いわゆる「新電力」) 文化事業関連 [ ]• - (旧、)、、、、、、東急自動車整備学校・• 亜細亜学園 - 、• 東急文化村 - (、、、ザ・ミュージアム、ギャラリー、スタジオ)• (旧とうきゅう環境財団、とうきゅう留学生奨学財団、五島記念文化財団) サポート部門関連 [ ]• - の効率化、業務の集約化、計算の合理化、改善の推進を目的とし、(平成9年)に設立。 通称TFA。 - システムの開発・設計・運用管理。 通称TCS。 - 保険代理店、来店型店舗「東急ほけんのコンシェルジュ」運営。 通称TIC。 - 不動産ファンドの運用• - 不動産ローン保障• - 東急沿線住民、東急グループ社員のために設立された。 東急の組織の一つで、経営統括室に属する。 - 金融商品取引業(投資運用業)• - 流通コンサルティング、マーケティング調査• - 不動産、住生活、都市開発、リゾート、各種サービス事業に関するマーケティング 廃止された主な事業など [ ]• 伸縮型のメニューとして掲載。 右にある[表示]をクリックすると一覧表示される。 御所ノ入り駐車場から撮影 以下に、かつて(過去)のグループ会社、過去に資本関係があった企業、および事業を列挙する。 - (16年)7月、当時のに基づき、と、未成に終わりペーパー会社となっていた京浜地下鉄道とともに、(現・)として統合された。 現在のの前身の一つ。 戦時体制で「」を形成した企業。 (昭和23年)に分離。 (旧社名:京王電気軌道) - 戦後、は免れたが、旧小田急従業員を中心とする独立運動が高まり社内が分裂し、またされたの判断もあり会社分割が決定。 東急の第2会社となる。 東急が京王帝都電鉄と命名し分離。 事業譲渡価格は5,115万2800円。 (10年)に現社名に変更。 - 戦後、過度経済力集中排除法は免れたが、東急の第3会社となる。 東急が小田急電鉄と命名し分離。 事業譲渡価格は6,635万1000円。 - 小田急電鉄分離時に譲渡。 (旧社名:小田原電気鉄道) - 小田急電鉄分離時に譲渡。 (旧社名:) - 戦後、は免れたが、東急の第4会社となる。 東急が京浜急行電鉄と命名し分離。 事業譲渡価格は1億45万3,100円。 (旧社名:) - (昭和22年)6月に分離。 現社名に変更。 また、東急に運営委託時にの設立を機に、路線の一部を国有化(現在のJR)。 (旧社名:江ノ島電気鉄道)- 1947年(昭和22年)に離脱。 のち前述の小田急系に帰属。 - 1947年(昭和22年)に離脱。 なお、現在でも筆頭株主は東急である。 - (昭和39年)に離脱。 に移ったが、のちに地元自治体出資のに。 - (昭和41年)に離脱。 のちに創業家であるが主導権を掌握。 NSTの設立・開局に関与。 - (平成13年)に離脱。 - 2001年(平成13年)4月12日に発足した、従業員出資の株式会社群馬バスにバス事業を移管後、10月1日に上毛施設株式会社に社名変更して離脱、2005年(平成17年)1月11日に解散。 - (平成14年)3月31日営業終了、に解散後、へ。 - (平成15年)にからの資本受入により離脱。 の各項も参照。 - (平成17年)に離脱。 - 現在は傘下。 現:の前身• - 現:• - 現:• - 現:京王バス東• - 現:• - 現:• - 現:京王バス東• - 現:京王バス中央• - 戦時統合によりいくつかのバス会社を合併し神奈川中央乗合自動車と改名、現:神奈川中央交通• - (昭和22年)に離脱。 ただし、TOKYUポイント・東急駅での構内営業など、営業上の関係は継続している。 - (昭和50年)3月31日に営業終了、に解散。 東急鯱タクシー - (平成15年)にに売却。 現:鯱第一交通。 - (平成21年)10月1日に離脱。 - 2009年(平成21年)10月1日に離脱。 - 2009年(平成21年)10月1日に離脱。 - 2009年(平成21年)10月1日に離脱。 東急鯱バス - 2009年(平成21年)10月1日に離脱。 上電バス - 2009年(平成21年)10月1日に離脱。 上田電鉄タクシー - 2009年(平成21年)10月1日に離脱。 - 2009年(平成21年)10月1日に離脱。 - 2009年(平成21年)10月1日に離脱。 本体は(3代目)として存続。 - (昭和45年)3月に全株式をへ売却。 (旧:相鉄配送) - 2003年(平成15年)に離脱。 現:傘下。 - (平成16年)12月の主導によるにより離脱。 日本貨物急送 - (平成17年)離脱。 現:SBS傘下。 (旧:相鉄運輸・東急ロジスティック) - 2005年(平成17年)6月に離脱。 現:SBS傘下(上記も参照)。 横浜東部運送 - 現・東部ネットワーク。 - 現・()傘下。 大阪製造所(旧) - 2003年(平成15年)8月に撤退、跡地には(平成20年)3月に(系)開業。 - 2004年(平成16年)3月に離脱。 東急観光 - 2004年(平成16年)3月に離脱、2006年(平成18年)1月にトップツアーへ社名変更。 2013年(平成25年)8月にが子会社化 し、2015年(平成27年)4月に東武トラベルと合併して、となる。 札幌東急ストア - 現:。 2009年(平成21年)10月末に離脱。 が、同社の全株式を東急および関係会社(東急ストア)から取得して子会社化。 東急フーズ• ベーカリー事業部 - (6年)に分社化され、株式会社となり、2002年(平成14年)より JT 傘下。 レストラン事業部 - 分社化され、株式会社レストラン・モンテローザとなり、2003年(平成15年)より現:レストランマネジメント。 ミート事業部 - 現:。 - 旧:東横映画。 東急ベースボール倶楽部 - 球団・の運営会社(以降は、東映子会社の東映興業に移管した)。 (昭和48年)2月にへ売却されたが、同年に譲渡・現:北海道日本ハムファイターズ。 - (昭和45年)、ほかに売却、東急グループを離脱。 東急工建(1985年に東急プレハブより商号変更) - 東急建設の子会社としてプレキャストコンクリート工法専業では大成プレハブに次ぐ第二位であり、住宅・都市整備公団やデベロッパー物件を多く建築したが、受注低迷、一時発行した外債等の有利子負債増加により、東急グループ方針の関係上(平成12年)に清算・解散。 東急設備(旧 東急環境プラント) - 受注低迷により、2000年(平成12年)に清算・解散。 ファンハウス - に買収・合併。 元専属関係者だったやらが設立に関与。 - 2000年(平成12年)に離脱。 「ざぶん」 - 東急不動産が2009年(平成21年)2月、に売却。 - (昭和49年)に離脱、グループ入り。 その後(平成10年)に経営破綻、に営業譲渡。 買収当時、東急グループのOB会社に該当する国際興業は交通のほか地銀・建設・等、多角展開を推し進めていた。 レールファン東急 - (元のキーボード奏者・により設立した個人事務所)• - ・の製造・販売。 2011年2月より傘下となる。 - 自動車部品の製造・販売。 2011年4月より筆頭株主がとなる。 2016年4月にの完全子会社化。 九州シロキ - 自動車部品の製造・販売• シロキ・ブローゼ - 自動車部品の開発・製造販売• シロキ精機 - 金型類・工作機械等の製造・販売• シロキ商事 - 鋼材・合成樹脂材・工作機械の販売• シロキ ノースアメリカ - 自動車部品の製造・販売• シロキ GA LLC - 自動車部品の製造・販売• 広州白木汽車零部件有限公司 - 自動車部品の製造・販売• シロキタイランド - 自動車部品の製造・販売• シロキ GT LLC - 自動車部品の製造・販売• サンサークル - 鉄道車輌シートの製造・販売• シロキクリエイトサービス - 人材派遣、警備• シロキU. - 人材派遣• - 近年の需要減少と競争の激化により抜本的な対策が必要になったとして、2012年4月1日付で以下の3事業に会社分割を行い、同年4月2日にそれぞれ(JR東日本)とに株式譲渡された。 2014年に横浜金沢プロパティーズに社名変更、2016年に東京急行電鉄に吸収合併。 鉄道車両事業 - JR東日本に株式譲渡され、へ社名を変更。 立体駐車装置事業 - 新明和工業に株式譲渡され、東京エンジニアリングシステムズへ社名を変更。 特装自動車事業 - 新明和工業に株式譲渡され、東邦車両サービスへ社名を変更。 東急パーキングシステムズ - 2012年4月2日、新明和工業に株式譲渡され東急グループを離脱。 同日に東京パーキングシステムズへ社名を変更。 東急車輛特装 - 2012年4月2日、新明和工業に株式譲渡され東急グループを離脱。 同日に東邦車両へ社名を変更。 東急車輛サービス - 2012年4月2日、新明和工業に株式譲渡され東急グループを離脱。 同日に東邦車両サービスへ社名を変更。 東急車輛エンジニアリング - 2012年4月2日、総合車両製作所の子会社となり東急グループを離脱。 同日にJ-TREC デザインサービスに社名を変更。 京浜鋼板工業 - 2012年4月2日、総合車両製作所の子会社となり東急グループを離脱。 - 等。 2012年11月1日、日本スキー場開発に株式譲渡され東急グループを離脱。 コミュニティー白馬 - 白馬岩岳スキー場の運営、人材派遣等• 栂池ゴンドラリフト• 岩岳リゾート• 信越索道メンテナンス• - よりタイヤ事業を含む一部事業を分離、当時の東急により設立。 のちに1961年10月に株式上場()を果たすも、業績不振が続き、当時の三菱化成工業(現・)に株式譲渡され、東急グループを離脱。 その後はタイヤ以外の事業(建材・景観材・車両部品・産資他)に経営資源を集中。 - 1980年解散• 提供番組 [ ] 2020年現在• () 過去• (NET)• (・) - ローカルセールスの番組で、この2局はスポンサードネットだった。 また、随所に東急電車・バスの車両や東急百貨店のデパート・包装紙などが使われ、全面的なバックアップもなされていた。 [ ]• (TBS) - 2013年頃まで9時台に関東ローカルで放映されていた。 [ ]• 渋谷ローケーションプロジェクト [ ] 脚注・出典 [ ] [].

次の

東洋ビルメンテナンス株式会社

東急 ビル メンテナンス 株式 会社

不動産業界のトップシェアを誇る東急不動産ホールディングス株式会社ってどんな会社? ~みなさんは東急不動産ホールディングス株式会社(以下、東急不動産ホールディングス)という会社をご存知ですか?東急不動産ホールディングスは、東急不動産・東急コミュニティー・東急リバブル・東急ハンズ・東急住宅リースの五つの子会社の経営管理を行っています。 都市開発から戸建ての住宅の開発、分譲をはじめとした都市住宅事業を行なっています。 その他、リゾート施設やシニア住宅の運営、不動産の仲介・販売事業や、一番わたしたちに馴染みがあるのがハンドメイド素材などの小売りを行っている東急ハンズも東急不動産ホールディングスのグループ企業なんです。 そんな東急不動産ホールディングスについて調べてみました!~ 1922年 田園都市(株)(1918年設立)が、我が国初の「田園都市」計画に基づく洗足住宅地、多摩川台住宅地(現、田園調布)販売開始 1928年 東京急行電鉄(株)の前身となる目黒蒲田電鉄(株)が田園都市(株)を合併 1953年 東京急行電鉄(株)の不動産部門を分離独立、「東急不動産(株)」を設立 1956年 東急不動産(株) 東京証券取引所市場第二部に株式上場(1961年一部に指定替え) 1969年 「東急ホームサービス(株)」(後に「(株)東急アメニックス」に社名変更)設立 1970年 「(株)東急コミュニティー」設立 1972年 「(株)エリアサービス」設立 1973年 東急不動産(株) 設計監理部を分離、「(株)東急設計コンサルタント」譲渡 1976年 「(株)東急ハンズ」設立 1978年 「東急リゾート(株)」設立 (株)エリアサービスが、「東急不動産地域サービス(株)」に商号変更 1980年 「東急ビルメンテナンス(株)」設立 1982年 「東急ホーム(株)」 現「(株)東急ホームズ」 設立 1984年 「東急不動産ローン保証(株)」設立 「(株)東急住生活研究所」設立 1985年 「東急リロケーション(株)」設立 会員制スポーツクラブ事業「(株)東急スポーツオアシス」設立 1988年 東急不動産地域サービス(株)が「東急リバブル(株)」へ社名変更 1990年 東急不動産(株)より住宅販売業務を「東急リバブル(株)」へ全面移管 1995年 「関西東急ビルメンテナンス(株)」設立 1998年 「(株)東急コミュニティー」東京証券取引所市場第二部に株式上場(2000年同第一部に指定替え) 1999年 「東急リバブル(株)」東京証券取引所市場第二部に株式上場(2001年同第一部に指定替え) 2000年 (株)東急コミュニティーが「(株)大阪会館」(2007年「(株)TCフォーラム」に商号変更)の株式を取得 「(株)イーウェル」設立 2001年 「東急リアル・エステート・インベストメント・マネジメント(株)」設立(東京急行電鉄と東急不動産の合弁) 「(株)東急リゾートサービス」設立 2002年 「東急保険コンサルティング(株)」(東急グループ各社との合弁)設立 2003年 「(株)イーライフデザイン」設立(現「(株)東急イーライフデザイン」) 「東急リアル・エステート投資法人」、東京証券取引所へ上場 2007年 「東急不動産キャピタル・マネジメント(株)」設立 「東急不動産諮詢(上海)有限公司」設立 2008年 (株)東急コミュニティーが「用賀熱供給(株)」の株式を取得 東急ホーム(株)と(株)東急アメニックスが経営統合し、商号を「(株)東急ホームズ」に変更 2009年 「東急不動産SCマネジメント(株)」設立 2010年 (株)東急コミュニティーが「第一ビルサービス(株)」の株式を取得 「コンフォリア・レジデンシャル投資法人」設立 2011年 「アクティビア・プロパティーズ投資法人」設立 2012年 「東急麗邦投資諮詢 上海 有限公司」設立 「アクティビア・プロパティーズ投資法人」、東京証券取引所へ上場 2013年 「コンフォリア・レジデンシャル投資法人」、東京証券取引所へ上場 (株)東急コミュニティーが「ユナイテッドコミュニティーズ(株)」の株式を取得 東急不動産(株)、(株)東急コミュニティー、東急リバブル(株)の3社による持株会社「東急不動産ホールディングス(株)」設立 東京証券取引所第一部に株式上場(3社上場廃止) 2014年 「東急住宅リース(株)」設立 「(株)東急ハンズ」を完全子会社化 2015年 東急リロケーション(株)が、「東急ステイ(株)」へ商号変更 関西東急ビルメンテナンス(株)が「東急ビルメンテナンス(株)」に吸収合併 TK南青山ビルへ本社機能移転 沿革だけでは少々わかりにくいのでまとめていきます。 東急不動産ホールディングスの歴史は古く、今から約100年前に遡ります。 東急不動産ホールディングスは、創業当時、田園都市(株)の名で現在の田園調布の住宅の売買を開始しました。 その後、田園都市(株)は東京急行電鉄の前身となる目黒蒲田電鉄に合併され、東京急行電鉄の不動産部門を専門とした事業を行うため独立し、「東急不動産(株)」に名を変えます。 1970年には「(株)東急コミュニティー」を設立、1972年には東急リバブルの前身にあたる「(株)エリアサービス」を設立しました。 そして40年以上それぞれの専門の分野で事業を展開し、2013年に現在の東急不動産ホールディングスが3社の経営管理の立場になります。 2014年には東急住宅リースを設立し、東急ハンズを完全子会社化し、東急不動産ホールディングスは現在の体制へとなりました。 【都市】オフィスビル・商業施設・住宅などの賃貸等 当事業におきましては、東急不動産(株)等がオフィスビル、商業施設等の開発、賃貸、運営業務を行い、東急住宅リース(株)が賃貸住宅等の運営及び転貸業務を行っております。 また、東急不動産キャピタル・マネジメント(株)が不動産私募ファンド等の組成・運用業務を、東急不動産コンフォリア投信(株)及び東急不動産アクティビア投信(株)が不動産投資信託の資産運用業務を行っております。 当事業では、優良な賃貸資産の取得・開発・運営を推進するとともに、アセットマネジメントやプロパティマネジメント等のフィービジネスの拡大にも取り組んでおります。 【管理】マンション・ビル等の総合管理業務、改修工事等 当事業におきましては、(株)東急コミュニティー等がマンション、ビル等の総合管理業務、改修工事業を行っております。 【仲介】不動産の仲介、販売代理、買取再販事業等 当事業におきましては、東急リバブル(株)等が不動産の仲介、販売代理、買取再販事業等を行っております。 東急リバブル(株)では、1972年に創業して以来、お客様のライフスタイルや社会ニーズの変化に応じて、不動産に関する様々な情報とサービスをご提供し、いつの時代も『お客様第一主義』を基本姿勢にお客様のあらゆる不動産ニーズにお応えし、「No. 1信頼営業の総合不動産流通業」を目指しております。 【ウェルネス】会員制リゾートホテル、ゴルフ場、スキー場、フィットネスクラブ、シニア住宅、中長期滞在型ホテルの運営等 当事業におきましては、東急不動産(株)等が会員制リゾートホテル等の分譲を行い、主に東急リゾート(株)が販売代理を行っております。 また、東急不動産(株)が会員制リゾートホテル、ゴルフ場、スキー場等のリゾート施設の経営を行い、(株)東急リゾートサービスに運営を委託しております。 同様に、東急不動産(株)がシニア住宅の経営を行い、(株)東急イーライフデザインに運営を委託、(株)東急スポーツオアシスが会員制スポーツクラブの経営、東急ステイ(株)が中長期滞在型ホテルの経営、(株)イーウェルが企業福利厚生の受託事業を行っております。 【ハンズ】住生活と手作りに関する素材及び製品等の小売 当事業におきましては、(株)東急ハンズが、住生活と手作りに関する素材及び商品等の小売りを行っております。 当事業では、「東急ハンズ」に始まり、ナチュラルコスメやステーショナリーを中心に個性を表現できるモノを集めた「ハンズビー」、「パーソナルフィット」をコンセプトにバッグ&トラベルをテーマとした「アウトパーツ」、ヘルシーライフクリエーターをコンセプトに、ビューティケア用品・ボディケア用品・ヘルスケア用品・フィットネス用品を扱う「ナチュラボ」を展開し、一人ひとりの生活を豊かに創造するための素材を幅広く取り揃え、お客様とモノとの出会いの場を提供し、お客様の生活文化の創造をお手伝いすることを目指しております。 【次世代・関連事業】海外事業、注文住宅等の建設請負・リフォーム等、造園建設事業等 当事業におきましては、東急不動産(株)等が海外事業等を行っているほか、(株)東急ホームズが、注文住宅等の建設請負業務や増改築等のリフォーム業務を、(株)石勝エクステリアが造園工事業を行っております。

次の

東急百貨店

東急 ビル メンテナンス 株式 会社

会社名 東急ファシリティサービス株式会社 本社所在地 〒158-8539 東京都世田谷区用賀4-10-2 世田谷ビジネススクエア・ヒルズ1(3階・4階) TEL:03(6372)0109(代表) 資本金 1億円 設立年月日 昭和36年10月11日 代表者 取締役社長 木原恒雄 営業収益 20,956百万円(平成31年3月期実績) 従業員数 1,756名(平成31年3月31日現在) 営業種目• ビル・建造物および付属設備の総合管理• 省エネルギー・環境対策に関連する物品および電気製品類・福祉介護用品類等の販売、斡旋およびコンサルティング• 受付案内等• 常駐警備・機械警備・巡回警備その他警備業法に基づく警備業• 警備用機械機器・ホームオートメーション機器・電話機器・その他通信、情報、オフィスオートメーション機器等の販売• 建築・設備の設計・施工・監理の請負• 駐車場の経営• 土地建物の管理・売買・賃貸および仲介斡旋 主な加盟団体• 公益社団法人 東京ビルメンテナンス協会• 一般社団法人 不動産流通経営協会• 一般社団法人 日本人材派遣協会• 公益社団法人 日本給食サービス協会• 東京商工会議所• 一般社団法人 神奈川県ビルメンテナンス協会• 一般社団法人 東京都警備業協会 主な許認可登録と認定• 建築物環境衛生総合管理業• 警備業• 労働者派遣事業• 宅地建物取引業• 特定建設業• 一般建設業•

次の