しょう き ラーメン。 東京都内の本当に美味しいあっさり系ラーメンの名店おすすめ15選 | VOKKA [ヴォッカ]

長岡ラーメン店を年間60店舗食べた僕が、超おすすめ店ランキング

しょう き ラーメン

東京メトロ東西線『早稲田駅』から徒歩10分、JR『高田馬場駅』から徒歩15分の早稲田通り沿いにお店を構える『やまぐち』は人気店出身の人物が店主を務めるあっさり系のラーメン好きの人ならば必ず押さえておきたい名店。 やまぐちのラーメンは会津地鶏を使用した鶏100%のスープが特徴、黄金色のスープは鶏の風味がしっかりと聞いていて醤油ダレとの相性は良く口の中に味わいが広がっていきます。 お店の中はカウンター席のみ、テーブルは木目調の物を使用していてお店の雰囲気はまるで高級料亭の様。 学生から男女そして社会人の方まで客の年代は幅広く、客層を選ばない味と雰囲気が人気の秘訣なのでしょう。 蔦はラーメン店としては初のミシュラン掲載のお店で、トリュフを使用した上品なラーメンが特徴。 蔦の淡麗代表『塩Soba』は厳選された塩に加え海産物から出汁を取り、それに白トリュフという妥協なしの材料で作られています。 薄味ながらも香ばしい香りやしっかりとした味付けは麺とも良く合う贅沢な一杯。 連日行列は必至で、11:00の開店にも関わらず整理券は7:00から配布されるという人気の高さ。 ミシュラン一つ星を獲得したまさに日本が世界に誇るJapanese noodleは一度食べて見る価値があります。 穀雨の名物はワンタン麺で鶏・豚骨・魚介の3種類の出汁をとった王道のあっさり系。 こだわりのスープと細ストレート麺との相性はよく食べやすい一杯。 その上に乗った生姜の効いたワンタンはいわゆるプリモチで単品でも料理になりるクオリティです。 店内はカウンター席のみで厨房を席から見ているのも待っている時間が楽しくなりますよ、雰囲気としては王道のラーメン屋といった感じ。 渋谷の比較的落ち着いている場所にあるのでゆっくりとラーメンを楽しみたい方にお勧め。 晴の二枚看板はこってり系の『煮干しそば』とあっさり系の『中華そば』で今回はあっさり系の看板『中華そば』のご紹介。 晴の中華そばは上品な味わいが特徴的です。 4種類の煮干しから炊き出されたスープは煮干しの風味が強く感じられますがやり過ぎではなく低加水ストレート中細麺との相性は抜群で、それらが上品な味わいに仕上げています。 トッピングの完成度が高いのも美味しさの秘訣で、トッピング豊富な特製中華そばもおすすめ。 鶏と豚の動物系・イワシと鰹節の魚介から出汁をとった透き通った味わいのスープが特徴の『手揉み中華蕎麦(醤油)』はほん田の看板メニュー。 こだわりのスープと平打ちのウェーブした麺はよく絡みスープの味を余すことなく味わうことができます。 ほん田はご飯時になると連日行列が絶えないので、訪問する時間帯としてはご飯時を外すのがいいでしょう。 こちらのあっさり系『そば(塩)』は2種類の塩に加えて野菜や乾物など数種類の食材からなるタレを使用し、出汁を豚骨清湯・和風ダシ・蛤からとったスープは透き通った見た目ながらも旨味が凝縮された逸品。 加えて白トリュフオイルも使用されているので上品な仕上がりです。 常に行列の絶えないこのお店は目立たない路地裏にあるので、道に迷うことに注意しましょう。 来店するならば行列が比較的収まっている20:30頃がおすすめ。 人気の『醤油らぁ麺』は群馬県産と和歌山県産の醤油を仕入れていて諸味感や香りが残るようにお店で温度を調節しながら火入れをして仕上げられたタレ・鶏ガラや昆布、秋刀魚節から出汁から仕上げられたスープはうま味が閉じ込められていて絶品。 そのスープと自家製のストレート中細麺の相性は抜群で全体的にバランスの取れた一杯。 外観は「維新」という文字が大きく描かれた外観が目立ち見つけやすく、店内は落ち着いた内装でいわゆるラーメン店のようなガヤガヤ感はないのでゆったりと時間を過ごすことが出来ますよ。 あっさり系が食べたい人向けのおすすめは『香彩鶏だし塩ラーメン』です。 麺屋翔の塩ラーメンの特徴は様々な種類の塩をブレンドしたタレと鶏のうま味を極限まで詰め込んだスープの組み合わせ。 スッキリとした優しい塩味ですが深みのある味わいが人気の秘訣です。 チャーシューにも鶏チャーシューを使用しており「鶏」を存分に味わいたいという人には本当にお勧めしたいお店。 2kmの道のりを歩いたところにある『町田汁場しおらーめん進化』は塩ラーメン好きの店主が立ち上げたお店。 その名前の通り看板メニューは『塩ラーメン』で、透き通ったキレイな色のスープが特徴で、鶏ガラと魚のアゴをふんだんに使った何層にも広がる味わいが美味。 塩はなんと高知県産の完全天日塩、ベトナム産の天日塩、全部で5種類をブレンドしていて店主の塩ラーメンへのこだわりを垣間見ることができます。 お店の外観・内観ともに王道のラーメン店という雰囲気、塩ラーメンの進化ひいてはあっさり系ラーメンの進化を味わいたいのならいくしかありません。 元々池袋にお店を構えていましたが、2007年から新宿にお店を移転して現在に至ります。 なんといっても海神のウリは先にも述べました通り毎日変わる魚のアラから出汁を取ったスープです。 他店の塩ラーメンと異なり和食風のテイストに仕上がっていて淡麗のスープにはうま味が凝縮され、奥深い味わい。 トッピングも海の幸を使用したつみれが乗っていてそれも絶品、追加のトッピングで三陸わかめや鶏つくねを乗せることができるのも嬉しいです。 看板の醤油ラーメンは自然素材のみが使用され、化学調味料無添加であることが特徴。 鶏ガラベースのスープと天然本鋳造醤油が使用されたタレの組み合わせは自家製の太ストレート麺との絡みは抜群。 店主のこだわりが詰まった一杯は優しい味わいのラーメンは一度味わってみる価値があります。 ここのあっさり系ラーメンで随一の人気を誇るのは『煮干しラーメン』です。 この煮干しラーメンは煮干しの風味が豊かで雑味が全くない洗練されたスープが美味しく、醤油ダレが煮干しを支えているという印象でバランスのいい一杯。 細いストレート麺はそのスープと良く絡み、トッピングはレアチャーシューを使用していてこれもまた上品な味わいです。 あっさり系のラーメンを紹介しましたがコッテリ系も美味しいお店なので、再訪した際にそちらも召し上がってみてはいかがでしょうか。 麺尊RAGEのラーメンは総じてあっさり系ですが、その中でも特におすすめなのが『軍鶏そば』です。 軍鶏そばは軍鶏ガラ・東京しゃもの丸鶏・金華ハムを使用したスープと生醤油を数種類ブレンドした醤油ダレの深いうま味が口の中に広がる逸品。 この麺尊RAGEは月曜に限定ラーメンを提供していて、その限定ラーメンも人気。 ランチタイム限定なので軍鶏そばを味わったら限定ラーメンも味わいたいところ。 くろ喜のあっさり系の人気メニューは『塩そば』です。 この塩そばは鶏と魚介系を合わせたスープが特徴で塩辛さはなく全粒粉のもちもちした麺と絡み、麺をすすると素材のうま味が鼻から抜けいていく様。 少々値段が張るくろ喜のラーメンですが全ての素材にこだわったラーメンとラーメン店とは思えないほどのおもてなしはくろ喜だけの特別な空間です。 連日行列必至の人気店ですが行列に並ぶ価値は十分にあるでしょう。 三歩一のおすすめは『鶏そば』で、植物性の飼料のみで育てられた「あべ鶏」を使用したスープはあっさりであるにも関わらずパンチの効いた味。 自家製の麺は低加水の細麺でややちぢれ気味で麺と良く絡みトッピングである鶏チャーシューの援護射撃が最後まで一杯を飽きさせません。 卓上の調味料は掛けると違った味わいが楽しめますよ。

次の

しょうしょう (昇昇)

しょう き ラーメン

東京メトロ東西線『早稲田駅』から徒歩10分、JR『高田馬場駅』から徒歩15分の早稲田通り沿いにお店を構える『やまぐち』は人気店出身の人物が店主を務めるあっさり系のラーメン好きの人ならば必ず押さえておきたい名店。 やまぐちのラーメンは会津地鶏を使用した鶏100%のスープが特徴、黄金色のスープは鶏の風味がしっかりと聞いていて醤油ダレとの相性は良く口の中に味わいが広がっていきます。 お店の中はカウンター席のみ、テーブルは木目調の物を使用していてお店の雰囲気はまるで高級料亭の様。 学生から男女そして社会人の方まで客の年代は幅広く、客層を選ばない味と雰囲気が人気の秘訣なのでしょう。 蔦はラーメン店としては初のミシュラン掲載のお店で、トリュフを使用した上品なラーメンが特徴。 蔦の淡麗代表『塩Soba』は厳選された塩に加え海産物から出汁を取り、それに白トリュフという妥協なしの材料で作られています。 薄味ながらも香ばしい香りやしっかりとした味付けは麺とも良く合う贅沢な一杯。 連日行列は必至で、11:00の開店にも関わらず整理券は7:00から配布されるという人気の高さ。 ミシュラン一つ星を獲得したまさに日本が世界に誇るJapanese noodleは一度食べて見る価値があります。 穀雨の名物はワンタン麺で鶏・豚骨・魚介の3種類の出汁をとった王道のあっさり系。 こだわりのスープと細ストレート麺との相性はよく食べやすい一杯。 その上に乗った生姜の効いたワンタンはいわゆるプリモチで単品でも料理になりるクオリティです。 店内はカウンター席のみで厨房を席から見ているのも待っている時間が楽しくなりますよ、雰囲気としては王道のラーメン屋といった感じ。 渋谷の比較的落ち着いている場所にあるのでゆっくりとラーメンを楽しみたい方にお勧め。 晴の二枚看板はこってり系の『煮干しそば』とあっさり系の『中華そば』で今回はあっさり系の看板『中華そば』のご紹介。 晴の中華そばは上品な味わいが特徴的です。 4種類の煮干しから炊き出されたスープは煮干しの風味が強く感じられますがやり過ぎではなく低加水ストレート中細麺との相性は抜群で、それらが上品な味わいに仕上げています。 トッピングの完成度が高いのも美味しさの秘訣で、トッピング豊富な特製中華そばもおすすめ。 鶏と豚の動物系・イワシと鰹節の魚介から出汁をとった透き通った味わいのスープが特徴の『手揉み中華蕎麦(醤油)』はほん田の看板メニュー。 こだわりのスープと平打ちのウェーブした麺はよく絡みスープの味を余すことなく味わうことができます。 ほん田はご飯時になると連日行列が絶えないので、訪問する時間帯としてはご飯時を外すのがいいでしょう。 こちらのあっさり系『そば(塩)』は2種類の塩に加えて野菜や乾物など数種類の食材からなるタレを使用し、出汁を豚骨清湯・和風ダシ・蛤からとったスープは透き通った見た目ながらも旨味が凝縮された逸品。 加えて白トリュフオイルも使用されているので上品な仕上がりです。 常に行列の絶えないこのお店は目立たない路地裏にあるので、道に迷うことに注意しましょう。 来店するならば行列が比較的収まっている20:30頃がおすすめ。 人気の『醤油らぁ麺』は群馬県産と和歌山県産の醤油を仕入れていて諸味感や香りが残るようにお店で温度を調節しながら火入れをして仕上げられたタレ・鶏ガラや昆布、秋刀魚節から出汁から仕上げられたスープはうま味が閉じ込められていて絶品。 そのスープと自家製のストレート中細麺の相性は抜群で全体的にバランスの取れた一杯。 外観は「維新」という文字が大きく描かれた外観が目立ち見つけやすく、店内は落ち着いた内装でいわゆるラーメン店のようなガヤガヤ感はないのでゆったりと時間を過ごすことが出来ますよ。 あっさり系が食べたい人向けのおすすめは『香彩鶏だし塩ラーメン』です。 麺屋翔の塩ラーメンの特徴は様々な種類の塩をブレンドしたタレと鶏のうま味を極限まで詰め込んだスープの組み合わせ。 スッキリとした優しい塩味ですが深みのある味わいが人気の秘訣です。 チャーシューにも鶏チャーシューを使用しており「鶏」を存分に味わいたいという人には本当にお勧めしたいお店。 2kmの道のりを歩いたところにある『町田汁場しおらーめん進化』は塩ラーメン好きの店主が立ち上げたお店。 その名前の通り看板メニューは『塩ラーメン』で、透き通ったキレイな色のスープが特徴で、鶏ガラと魚のアゴをふんだんに使った何層にも広がる味わいが美味。 塩はなんと高知県産の完全天日塩、ベトナム産の天日塩、全部で5種類をブレンドしていて店主の塩ラーメンへのこだわりを垣間見ることができます。 お店の外観・内観ともに王道のラーメン店という雰囲気、塩ラーメンの進化ひいてはあっさり系ラーメンの進化を味わいたいのならいくしかありません。 元々池袋にお店を構えていましたが、2007年から新宿にお店を移転して現在に至ります。 なんといっても海神のウリは先にも述べました通り毎日変わる魚のアラから出汁を取ったスープです。 他店の塩ラーメンと異なり和食風のテイストに仕上がっていて淡麗のスープにはうま味が凝縮され、奥深い味わい。 トッピングも海の幸を使用したつみれが乗っていてそれも絶品、追加のトッピングで三陸わかめや鶏つくねを乗せることができるのも嬉しいです。 看板の醤油ラーメンは自然素材のみが使用され、化学調味料無添加であることが特徴。 鶏ガラベースのスープと天然本鋳造醤油が使用されたタレの組み合わせは自家製の太ストレート麺との絡みは抜群。 店主のこだわりが詰まった一杯は優しい味わいのラーメンは一度味わってみる価値があります。 ここのあっさり系ラーメンで随一の人気を誇るのは『煮干しラーメン』です。 この煮干しラーメンは煮干しの風味が豊かで雑味が全くない洗練されたスープが美味しく、醤油ダレが煮干しを支えているという印象でバランスのいい一杯。 細いストレート麺はそのスープと良く絡み、トッピングはレアチャーシューを使用していてこれもまた上品な味わいです。 あっさり系のラーメンを紹介しましたがコッテリ系も美味しいお店なので、再訪した際にそちらも召し上がってみてはいかがでしょうか。 麺尊RAGEのラーメンは総じてあっさり系ですが、その中でも特におすすめなのが『軍鶏そば』です。 軍鶏そばは軍鶏ガラ・東京しゃもの丸鶏・金華ハムを使用したスープと生醤油を数種類ブレンドした醤油ダレの深いうま味が口の中に広がる逸品。 この麺尊RAGEは月曜に限定ラーメンを提供していて、その限定ラーメンも人気。 ランチタイム限定なので軍鶏そばを味わったら限定ラーメンも味わいたいところ。 くろ喜のあっさり系の人気メニューは『塩そば』です。 この塩そばは鶏と魚介系を合わせたスープが特徴で塩辛さはなく全粒粉のもちもちした麺と絡み、麺をすすると素材のうま味が鼻から抜けいていく様。 少々値段が張るくろ喜のラーメンですが全ての素材にこだわったラーメンとラーメン店とは思えないほどのおもてなしはくろ喜だけの特別な空間です。 連日行列必至の人気店ですが行列に並ぶ価値は十分にあるでしょう。 三歩一のおすすめは『鶏そば』で、植物性の飼料のみで育てられた「あべ鶏」を使用したスープはあっさりであるにも関わらずパンチの効いた味。 自家製の麺は低加水の細麺でややちぢれ気味で麺と良く絡みトッピングである鶏チャーシューの援護射撃が最後まで一杯を飽きさせません。 卓上の調味料は掛けると違った味わいが楽しめますよ。

次の

2020年2月10日オープン 麺家しょうりん (京都ラーメン新店、上賀茂)

しょう き ラーメン

『喜楽(きらく)』、『ラーメン大至(だいし)』、『光来(こうらい)』、『ラーメン 巌哲(がんてつ)』、『青島食堂(あおしましょくどう)』秋葉原店、『カドヤ食堂』、『彩色ラーメン きんせい夢風』などの人気店・有名店が登場します。 それぞれのお店の醤油ラーメン・中華そばの「麺」や「スープ」についても詳細にレポートしていますよ。 日本人の心と言えば、昆布や鰹節を中心とした「出汁の旨味」と、それに合わせる「醤油」ですよね。 醤油はまさに日本人の魔法のソースと言っても過言ではないでしょう。 好きなラーメンの味は?と聞かれたら「醤油ラーメン」や「中華そば」と答える方が多いのではないでしょうか?そのくらい「醤油ラーメン」は、日本人にとっての王道の味といってもいいと思います。 今回のまとめ記事では、メシコレで過去紹介してきた美味しい「醤油ラーメン」や「中華そば」の記事をたっぷりとセレクト。 東京や京都、大阪といった都市圏のラーメンはもちろん、関東の醤油ラーメンを代表する佐野ラーメンなどもご紹介しております。 ぜひ、王道の味をお楽しみください。 8.【横浜】個性派ぞろい!ラーメンの生誕地で愛されるお店たち ラーメン発祥の地と言われる横浜。 その地で根強い人気を誇る店を、ラーメン研究家・ 石山勇人さんが教えてくれました。 こちらの記事では、美味しい醤油ラーメンを出すお店が3軒紹介されています。 『らあめん 夢』では、ラーメンとは別に注射器に入った煮干油がトッピングとして出されるという驚きの演出があるとのこと。 また、『ラーメン 星印』のラーメンは、生醤油を使用したすっきりかつ奥深い味わいが特徴だそうです。 さらに、『麺処 秋もと』は鮮烈なスープから匂い立つカツオの鮮烈な香りがたまらないのだとか。 家系だけじゃない!横浜で根強い人気を誇る淡麗系ラーメン5軒.

次の