ルフィ うるティ。 【ワンピース983話ネタバレ】ルフィとうるティの対決が始まりモモの助は運命はいかに?|ワンピースネタバレ漫画考察

ワンピース最新話983話ネタバレ感想考察!ルフィとうるティの激闘!雷鳴と共に登場したヤマトは味方になるか!?

ルフィ うるティ

ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【名シーン】ジャンプ史上最高の『敵同士の対決』ってなんだと思う?• ワンピースの「斬撃」とかいう薄皮一枚削るだけの無能技wwwwww• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• 【名言】昔のルフィって船長の貫禄メチャクチャあったよな。。。 【ワンピース】• 【ハンターハンター】ネテロVS王の名バトルを再現した15万円フィギュアのクオリティwwwwww• ワンピースの尾田先生「背景を手抜きするのは漫画家として失格」 ブリーチ「・・・」• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 【朗報】神と人間を13vs13で戦わせる漫画「終末のワルキューレ」、ガチで人気が出てしまうwww 関連記事.

次の

【第982話】詳細感想 ルフィとうるティが対面し……!?

ルフィ うるティ

Contents• うるティとルフィの無礼者同士が遭遇! 『ワンピース』982話で遭遇してしまったルフィとうるティ! 今回のタイトルが「無礼者meets無礼者」となっているのですが、もう明らかにルフィとうるティのことですよね! 本当にルフィとうるティは似ているところが沢山あります! 相手がどこの誰だろうと自分の信条を大切に、思ったことはズバズバ言いますし、時にわがまま、時に理不尽! まぁどちらかというとルフィよりもうるティの方が上記についてはエスカレート気味な気もしますね。 特に大大大好きなぺーたんには…。 ということで、完全に似た者同士が出会ってしまった!という意味合いを込めてのタイトルなのではと思われますね! スポンサードリンク うるティとページワンとルフィは戦う? 可能性としてやはり考えられるのは、うるティとページワンの二人と、ルフィが戦うというケースでしょう。 さすがに飛び六胞ということで敵のルフィの顔や背格好などは認識しているはずですから、あいつ誰だ?なんてことにはならないはず。 少なくともページワンに関してはしっかりしていそうですから、ちゃんと把握しているでしょう。 うるティはまぁ…結構ずさんな気もするのですけども。 且つ、ルフィも、これまでに会ったことのない奴で頭に角が生えていてカイドウの兵士に似ている、と理解できれば、目の前にいる二人が敵なのはさすがにわかるでしょう。 そのため、やはりこの三人が戦うというのが一番スマートな展開なのではないかなと思いますね。 【追記!】 『ワンピース』982話でうるティ、誰だテメーってルフィに言ってますね! ってことは敵の顔知らんのかいな!ってことになっちゃいますね! うるティはどうも見た目上ペローナに似ている感じがしなくもないなとは思ったのですが、ただペローナはちゃんと敵の情報を理解したりと正当な戦い方などをしていました。 うるティ、完全にページワン任せじゃないですか…。 スポンサードリンク ルフィがブルーノ戦のように新技で勝つ再来か? アプーに対しては、普通に戦っていては全く防御しようのない「音による攻撃」で、こういうトリッキーな攻撃にはルフィはめっぽう弱いので相当苦労していました。 一度「爆(ドーン)」にはまともに喰らってしまって白目をむいたくらいですからね。 ただ、今度出会ったうるティとページワンに関しては、ページワンが悪魔の実の古代種リュウリュウの実なので、おそらくはうるティも悪魔の実古代種でゾオン系なのではと予想しています。 名前に「ティ」があることからやはりティラノサウルスなのでは…と。 ページワンのスピノサウルスを超える存在で、姉であるうるティはそうあるべきですから、恐竜の王としてルフィに挑んでくるのでは? しかし、サンジ(おそばマスク)戦でのページワンを見る限りは、遠距離攻撃などではなく完全に肉体を使った攻撃でしたから、そういう相手に対してはルフィはめちゃめちゃ強いですよね! さらにはカイドウに敗れてからヒョウ五郎の指導の下、内部から破壊する覇気を修得するまでになりました! となると、今のルフィに飛び六胞が敵うというのはさすがに考えにくいので、おそらくは修業で修得した新技を披露するのではないでしょうか?? エニエスロビーでのブルーノ戦でのように、ギア2を初めて使用してファンの数々を熱狂させたときのように、新しいギアの形態や、新技を魅せて一気に飛び六胞の二人を倒すかもしれません! スポンサードリンク うるティとページワンがルフィの仲間・味方になる? 展開によってはうるティとページワンがカイドウ側からルフィ側へと寝返るという可能性も、無きにしも非ずではないかなと。 相当ルフィが強いことが分かれば、カイドウ側にいる理由がねェ!とうるティが判断してページワンごと味方になりえるかもしれません。 まぁそれは相当可能性としては低いですけどね。 結構ルフィ側の戦力も増えてきていますし、『ワンピース』981話でマルコ、ネコマムシ、そしてイゾウらしき人物の参戦もほぼ確実となった段階。 これ以上に戦力が増えるということはないでしょうが…。 ただ、カイドウの力が思った以上に強くて、それこそ『ワンピース スタンピード』のときのバレットのように共闘しなければ勝つことができないくらいであれば…まだわかりませんね。 さらに『ワンピース』982話のタイトル「無礼者meets無礼者」って、言葉の雰囲気からして「BOY MEETS GIRL」なんていう雰囲気ありませんか? タイトルは何かこだわりがなければ、例えば「無礼者同士」などでもいいと思うんです。 敢えてこの「無礼者meets無礼者」というタイトルにしているということは、何か他に裏の意味もあるのでは…と考えた時、上記のフレーズに似せたのであれば、このフレーズは実は「恋の始まり」を表すのですよ! もしかしたらまたルフィの求心力によって、うるティがルフィに惚れ込んでしまう、なんて展開もあり得なくもないですね…。 ハンコックのライバルが現れるということなのでしょうか!? 「恋はいつでもハリケーン」でありんす! スポンサードリンク うるティがルフィをあのキャラだと勘違いする? そしてもう一つ、考えられる展開として、未だ登場していない新キャラ「ヤマト」がもしルフィと似ているキャラだとしたら、という話の場合です。 現在飛び六胞はヤマトを捜索中。 ヤマトを見つけることができれば、宴会もスムーズに進みカイドウが行おうとしている重大発表も実行できますし、何より飛び六胞にとっては大看板への昇格チャンスの切符を手にすることができます。 フーズ・フーが一番乗り気な気がしますが、他の飛び六胞も少しはやる気はあるでしょうから、うるティやページワンもヤマト捜索で動いているはずです。 そして、今回でルフィとうるティが出会った際、ルフィは、コイツなんだ!?というような不思議な表情をしているのですが、対するうるティもルフィに対して何かに気づいたような感じなんですよね。 これが素直に、標的の麦わらのルフィだ、ということなのか、あるいはもしルフィがヤマトに似ていたとしたら、ヤマトを見つけた!ということにはならないでしょうか。 ならないかな…結構意味深な出会いだし、まさかルフィとうるティが出会うとは予想できなかった所なので、もしかしたらこんな展開も起こるのではないかなと期待しています! スポンサードリンク 最終的にうるティはサンジ戦とナミ戦?? また、もう一つ予想できるのは、ここでうるティがルフィによってやられなかった場合の展開です。 可愛がっている弟を傷つけたサンジに対して、姉のうるティが復讐を企てる可能性もあり得そう。 だけど悪魔の実の能力で(おそらく恐竜に)変身してしまえば、男か女かなんて関係なくなるとは思うのですが。 大将ルフィとうるティ、そして完全に影が薄くなっていますがページワンもいます。 この3人が何をしでかすのか?? 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

ワンピース983話ネタバレ確定!ヤマトがルフィを救出!その行動の意味/真相とは!?

ルフィ うるティ

第982話詳細感想「パート2」 ルフィとうるティが対面し……!? ネコマムシ到着の情報がタニシを通じ錦えもん達に届いた。 しかしマルコとイゾウの話は持ち出さなかったのでそれは今後のお楽しみということらしい。 イゾウに気付いた時の各自の反応は確かに楽しみだ。 ただ普通の船では海流のせいで裏から島に着くことは出来ずネコマムシ達は侍達と同じく正面から向かうしかないようなので、つまり再会までは時間が少し掛かりそうである。 ということは戦闘が激化している状況で合流した場合長年積もる話どころじゃないだろうから一体どうなるのかその辺は意外と未知数である。 そしてマルコがネコマムシに託していた伝言の中身が判明。 「遅れるが必ず行く」というシンプルなものであった。 ということは、 以前のネコマムシとマルコの ちょっとややこしい会話にあった 「ワノ国へ行くって?」というのはマルコではなくやっぱりネコマムシの台詞だったのだろう。 (アニメではどうなのか知らない) 当初自分はそう解釈したのだが 周りに流されて途中から逆で捉えた記憶がある。 しかし何だかんだで結局マルコがワノ国に来ることになるのはほとんど確信していたので今回ネコマムシがメモを捨てたようにまあ会話の件はもうどうでもいいことである。 あとはウィーブルの一件がどうなったのであるが、一体ワノ国の戦いとどう繋がって来るのか謎である。 ササキと遭遇したが"狂死郎"の正体を知らないので怪しまれずお忍びで来たと思われている。 油断しているところを突いてカイドウの息子捜索で外に出ていると話すササキをあっという間に鎖で身動き取れない状態に。 カイドウの息子についての傳ジロー反応も見たかったがこれもお預け。 混乱しているササキに「ワノ国の歴史を知ってるか?」と問い背中の光月家の紋章を見せる傳ジロー。 どうでもいいことだが 僧帽筋が凄いと思った。 ちなみにワノ国編に入り最近ちょっと混乱していたが"ササキ"という名前でも別にワノ国出身とは限らないので実際ササキはほとんど何も知らないかもしれない。 そしてチョッパーと出会いビッグマムは記憶喪失だった時の気持ちを思い出した………なんてことはなく普通に船長の首を出せとチョッパーを追っていた。 前回のあれはなんて 思わせぶりな演出だったのだ…… 一方ナミ達はプロメテウスと遭遇しこっちはこっちで大変なことに。 その代わり錦えもん達の存在は一切気付かれていないのでここまでの侵入は順調である。 そして場面は変わりペーたんと 萌えキャラと化しているうるティ。 姉弟コントが繰り広げられている時にルフィがやって来る。 今回のタイトルにもなっている 無礼者同士の遭遇は一体何を引き起こすのか? 互いにガンを飛ばし合いイチャモンを付け合ったところで次回へつづくのであった。 ルフィとうるティの衝突はこれぽっちも予想していなかったので個人的にはかなり驚きのラストだった。 これは面白い。 ミス・バレンタインをぶっ飛ばしたこともあるルフィなので相手が女でも敵ならその辺躊躇はしないだろう。 ただそうとはいえうるティと力勝負が起きるとはとても想像できないので、本当にこれはどうなるのか。

次の