ハッピーメール ログイン ボーナス。 ハッピーメールはアプリ版とweb版はどちらが良い?ハッピーメールを徹底比較!

ハッピーメールでログインボーナスがもらえない原因3つ

ハッピーメール ログイン ボーナス

「ハッピーメールって実際どれくらいかかるの?」と気になっていますね。 ハッピーメールの基本料金は、 プロフィール閲覧は無料、メッセージ送信1通=50円です。 女の子のLINEをゲットするまでに、プロフィールを閲覧して、メッセージを最低でも5通は送る必要があるので、 女の子1人あたり250円かかる計算になります。 実際に、筆者が3,000円を課金した場合だとこんなイメージです! ただ、この数字はあくまでも目安なので注意してくださいね。 地域によって、『 若い女の子が少ない…』『 サクラ・業者だらけ』ということがあるからです。 なので、ハッピーメールを使ってみたいと思っている人は、 1,200円分の無料ポイントを使って、好みの女性がいるかどうか試してみてくださいね! 目次• 0.1200円分の無料ポイントでLINEはゲットできるか? 先ほどもお伝えしましたが、は地域によってコスパが異なります。 まずは無料の120ポイントを使って、どこまで使えるのかを確認しましょう。 1,200円分の無料ポイントの内訳はこんな感じです! 無料ポイントは限られているので、コスパよく素人の女の子にアプローチしていく必要があります。 そのために、各ステップで注意すべきポイントについて解説していきますね。 そのために、プロフィール検索に条件をつけましょう。 設定する条件は次の3つです。 関連記事 ハッピーメールには業者が多くいますが、目利きを鍛えれば、どれが業者でどれが一般女性かすぐに分かるようになります。 目利きの力を鍛えたい方は、ぜひ次のページもご覧ください。 最低でも100人以上の女の子のプロフィールを見てください。 1通目のメッセージを送るのは、自分がつけた足跡から自分のプロフィールへ足跡を付け返してくれた女の子だけにしましょう。 自分に少しでも興味のある女の子の方が、LINE交換までに無駄なポイントを消費しなくて済みます。 どれだけタイプの女の子だったとしても、足跡が返ってこない女の子にはメッセージを送らないようにしてください。 メッセージ例: めっちゃタイプです。 インナーカラーめっちゃ綺麗。 センス良すぎ。 このパターンは自分の好意を相手に伝えながら、向こうの反応(食いつき)が見やすいです。 こんなメッセージが返ってきたらバッチリ。 2通目のメッセージを送りましょう! 「ありがと〜」「嬉しいですー」だけのメッセージは脈なしなので、ポイントを無駄遣いしないためにも損切りです。 ただし、焦りを見せるのは禁物。 2通目でLINE交換の打診は絶対にNGです。 予算を考えて、合計5通でLINEを交換していく流れに持っていきましょう。 2通目は、「 〇〇って呼んでください!これからよろしく!」と自己紹介をして警戒心を解いていきます。 このメッセージでも女の子の食いつきをテストできるので、「はーい」「おっけー」などの短文が返ってきた場合は損切りしましょう。 3通目に送るのは「 ところで〇〇さんって、彼氏っているんですか?」です。 この質問に対して、考えられる返答は2パターンあります。 この後、5通目にLINEのIDを入れてメッセージを送れば無事LINE交換の完了です! 電話前提のLINE交換なので、交換後に電話をしてどんどん口説いてデートのアポイントをとっていきましょう。 逆に、 このノリでLINEが交換できなければ、脈なしとして損切りすることが大切です。 じっくりとメッセージをやりとりしたい人は、月額制のアプリの方が向いているかもしれません。 ハッピーメールはメッセージごとにポイントを消費するので、サクッとLINE交換できないとコスパがどんどん悪くなります。 コスパよく、最短でLINEを交換できるのがハッピーメールの魅力なので、このポイントは覚えておいてください。 無料ポイントを使い終わったらどうする? 1,200円分の無料ポイントでLINEを1人でもGETできたなら、十分にコスパ良いので引き続きハッピーメールを使っていくべきです。 プロフィール選定やLINEをゲットするためのメッセージが上手くなれば、さらにコスパ良く出会えるようになっていくでしょう! ただ、 「1,200円の無料ポイントを使って、何もできなかった..。 」という人は、他の出会い系アプリも使ってみるべきです。 他の出会い系アプリでも、最初に無料ポイントがついてきます。 (以下のアプリなら無料登録しても迷惑メールなど来なくて、安心して使える業者です。 ) 無料で使える出会い系アプリ3選 ハッピーメールの無料ポイントを使い終わったら、ぜひとも他の出会い系アプリにもチャレンジしてみてください。 1.最短解決!ハッピーメールの料金に関する4つの疑問 ここでは、に関して気になる4つの疑問をまとめてみました。 疑問は次の4つです。 Q1.無料で使えるの? Q2.実際どれくらいかかるの? Q3.料金プランはどれを選べばいいの? Q4.お得にポイントを手に入れるにはどうすればいいの? それぞれを知っておくだけで、ハッピーメールを使う上で必要な料金が丸わかりになります。 安心してハッピーメールを使っていくためにも、ぜひチェックしてください。 Q1.無料で使えるの? 無料では使えません。 登録は無料でできますが、 ポイントを購入しないと女性とは出会えない仕組みになっています。 具体的にポイントが必要になるのは、次のような場面です。 女性にメッセージを送信する• 掲示板に投稿する• 掲示板を見る• いいね• タイプ さらに詳しい解説は、本記事の『』を見てください。 Q3.料金プランはどれを選べばいいの? 料金プランは目的に合わせて選びましょう。 料金プランは金額別に8つあり、それぞれで金額が違います。 そのため、自分の目的に合わせて選ばなければ「もう使っていないのにたくさんポイントが余っている…」「始めから多めに買っておいたら良かった…」などと後悔することになります。 まずはを利用する目的を考え、必要な期間を考えてから契約するようにしてください。 ちなみに、私がおすすめしているのは 2,000円プラン or 3,000円プランです。 なぜなら、女性と出会うために多すぎず、少なすぎないくらいの丁度いいポイント数だからです。 一見、高額プランの方が安くなるのでお得に見えますが、ポイントがあまりすぎて無駄になってしまうかもしれません。 成果においても、少なすぎず、多すぎない2,000円 or 3,000円プランで集中する方が良い成果を出すことができるのでおすすめです。 クレジットカード払いで契約する方法については、記事後半の『』で解説しています。 1.ハッピーメールの料金プランをわかりやすく解説 ここからは、の料金プランについて詳しく解説していきます。 「ハッピーメールってどういう仕組みで料金がかかるの?」 「無料会員と有料会員の違いって何?」 など、 料金がかかる仕組みや 無料会員と有料会員の違いについて知りたい人はチェックしてください。 それでは、早速見ていきましょう。 ポイントの料金は次の通りです。 値段別に8つのプランがあり、高額プランで購入する方が安くなる仕組みになっています。 無料会員と有料会員の違い 無料会員と有料会員の大きな違いは、「メッセージを送信できるか」という点です。 メッセージを送信できないと連絡すら取れないので、結局のところポイントを購入する必要があります。 無料会員でできること 無料会員のままできることは、次の5つです。 女性のプロフィールをチェック• メッセージを受信する• 女性の検索• 日記を書く 無料会員でもプロフィールをチェックしたり、メッセージを受信することは可能です。 ただし、そこから出会いに繋げるためのメッセージ交換やいいねなどが送れません。 結局のところ、無料会員のままでは、女性と出会えない仕組みになっています。 ポイントを購入しないとできないこと ポイントを購入すると、次の3つの機能を中心とした全ての機能が使えるようになります。 メッセージの送信• 掲示板の投稿を見る• 掲示板に投稿する これら3つの機能を使いこなすと、女性と出会える確率がアップしますよ! 3つの機能をうまく使いこなす方法は、を参考にしてくださいね! 2.絶対に失敗しない!料金プランの選び方 有料会員になる時に、多くの人が迷うことがあります。 それは、 料金プランの選択です。 「どれが1番いいんだろう…」「損しないプランはどれかな?」などたくさんの人が迷われるでしょう。 そんな人のために、ここからは「絶対に失敗しない!料金プランの選び方」をお伝えしていきたいと思います。 それぞれの期間別におすすめの人を紹介していきますので、参考にしてください。 2,000円 or 3,000円プランが一番おすすめ! Meetechマッチングアプリ研究所では、2,000円 or 3,000円プランを一番おすすめしています。 なぜなら、短期的に一番結果が出せる料金プランだからです。 2,000円 or 3,000円のプランなら、少なすぎることも多すぎることもないでしょう。 1人の女性と連絡先を交換するのに10回メッセージを送信する仮定でも、5人〜8人の女性にアプローチすることができますよ! 500円 or 1,000円プランは少しだけポイントが欲しい時におすすめ! 500円 or 1,000円プランは、あと少しポイントが欲しいという時に使いましょう。 なぜなら、他のプランよりも手軽に買いやすい値段だからです。 女性とメッセージのやりとりをしている最中に、「後少しだけポイントが足りない!」とういう様なときに使いましょう。 そうすることで、無駄な出費を防ぐことができます。 なので、500円 or 1,000円プランは、あと少しポイントが欲しいという時に使いましょう。 たくさん使いたい人は5,000円以上のプランがおすすめ! 5,000円以上のプランは、をたくさん使いたい人におすすめです。 なぜなら大量のポイントをお得に手に入れることができるからです。 ・長期的にハッピーメールを使いたい人 ・たくさんの女性にアピールしたい人 この様な人は、5,000円以上の高額プランを購入するのがおすすめです。 3.お得にポイントを手に入れる方法 ポイントをお得に手に入れる方法は4つあります。 クレジットカードで決済する• プロフィールを全て記入して初回特典ポイントをもらう• 友達を紹介する• ログインボーナスをもらう 順番に解説していきますね! クレジットカードで決済する 1つ目は、クレジットカードで決済する方法です。 iPhoneユーザーもAndroidユーザーもクレジットカード払いで決済した方がポイントを安く購入できます。 次の表を見てください。 通常通りにAppstoreもしくは、Googleplayで3,000円分ポイントを購入すると320ポイントになります。 しかし、クレジットカード払いにすれば400ポイント。 なんと100ポイント=1,000円分お得になります。 ポイントが高額になる程、iPhoneユーザーもAndroidユーザーも、必ずクレジットカード払いで決済するようにしましょう。 クレジットカード払いで決済する方法 クレジットカード払いで決済するには、ブラウザを利用します。 アプリからでも、ホームの上にあるバナーをタップすればブラウザ版にログインすることができます。 ブラウザ版にログインしたら、ポイント購入フォームから「クレジットカードで」を選択して、決済に進みましょう。 プロフィールを記入して初回お試しポイントをもらう 2つ目は、プロフィールを記入して初回お試しポイントをもらう方法です。 プロフィールを埋めることで、最大120ポイント無料でもらえます。 なので、登録したらまずはプロフィール充実度を上げましょう。 効果的なプロフィールの作り方は、を参考にしてくださいね! 友達を紹介する 3つ目は、友達にハッピーメールを紹介する方法です。 友達にハッピーメールを紹介して、登録してくれたら300ポイント手に入れることができます。 ポイント追加のページの「友達紹介で300ポイントゲット!」から友達紹介することができます。 メールやQRコードで登録フォームを送信できるので、気軽に紹介できます。 ぜひ、友達にハッピーメールを紹介してお得に300ポイントGETしてくださいね! ログインボーナスをもらう 最後に、アプリ版ハッピーメールにログインして、ログインボーナスをもらいましょう。 アプリ版でログインすると、1日1回1ポイントもらうことができます。 毎日コツコツログインして、ポイントをため得れば「後少しポイントが欲しい、、、!」という場面で役に立つでしょう。 なので、アプリ版ハッピーメールにこまめにログインすることをおすすめします! 5.最もお得に成果を出すテクニック 最後に、「できるだけお得に使いたい」という人のために、 最もお得に成果を出すテクニックをご紹介したいと思います。 で最もお得に成果を出すには、次の2つが重要です。 ポイントをお得に手に入れる• 足跡を効率的に使う なぜこれらが重要なのか、そして実際にどのようにすればよいのか説明していきます。 技1.ポイントをお得に手に入れる 1つ目の「ポイントをお得に手に入れる」がなぜ重要なのかというと、では、お得にポイントを手に入れる方法があるからです。 上でお伝えしたように、ハッピーメールを利用するにはポイントが必要です。 お得に成果を出すために、まずはなるべく安くポイントを手に入れることが大事になります。 具体的な方法としては、4つあります。 詳しくは、本記事のを参考にしてくださいね! 技2.足跡を効率的に使う そして2つ目の「足跡を効率的に使う」が重要なのは、自分に興味のある女性を絞り込めるからです。 方法は簡単で、たくさんの女性のプロフィールを訪問して、足跡を残しましょう。 相手が自分に興味を持ってくれたら、必ず足跡は返ってくるはずです。 ここですぐメッセージを送ってはいけません。 足跡を何往復かさせましょう。 本当にあなたに関心があるなら、足跡を返してくれるはずです。 自分に関心のある女性を選別できれば、ポイントを無駄にすることもないでしょう。 ぜひ、お得にを使って成果をあげたいという人は実践してみてくださいね。 まとめ で女性と出会うには、ポイントが必要です。 なので、ハッピーメールでは最初に、ポイントをお得に手に入れることが大事になります。 より多くの女性と出会いたいなら、月額3,000円くらいを目安と考えると良いでしょう。 セフレを探している人• 後腐れのない割り切った関係を求めている人• サクラや業者に騙されにくい人 私はハッピーメールで10人の女性と出会いましたが、 10人のうち8人の女性が「Hの相手が欲しい」「寂しさを紛らわせたい」と思って使っている人でした。 ハッピーメールは出会い系アプリの中で唯一、 顔写真を登録する必要がないため、このような女性が気軽に使っているようです。 また、ハッピーメールはガッツリ使おうとするとお金がかかるアプリなのですが、 今ならプロフィールを入力するだけで 1200円分無料で使えます。 なので、まずはこの無料でもらえる1,200円分だけ使い、自分に合うか試してみるのがおすすめです!.

次の

コピック チャオ キャラクターセレクト ベースカラー クールカラー ラブリーカラー ハッピーカラー イラスト アート コアデ [02] 〔メール便 送料無料〕 :8021U372:スクールサプライ

ハッピーメール ログイン ボーナス

【ログボ】ハッピーメールのログインボーナス ハッピーメールにおけるログインボーナスは1日1回、1ポイント(P)がもらえるシステムです。 1ヶ月が31日あれば31ポイント、28日までなら28ポイントなので、月によってもらえるポイント数にブレがありますが、 ログボだけで平均30ポイント(P)近く手に入るのは大きいです。 サービスポイントはまさにボーナス 1ポイント(P)を円換算すると、1Pにつき5. 9円~10円にもなり、最大ひと月に300円もタダで貰っている計算になります。 サービスポイントであるログボは、課金しているしていないにかかわらず、条件を満たしている人なら誰でももらえるボーナスです。 ログボ以外のサービスポイント(P) ログインボーナス以外にもサービスでもらえるポイントはあります。 新規会員登録:50P• メールアドレス登録:20P• 年齢認証:50P• 友達登録:300P(1人に付き) 合計にすると 420Pも無料で手に入るポイントがあります。 サービスでもらえるポイント(P)の有効期限 サービスでもらえるポイント購入したポイントと同じく有効期限があるということを覚えておきましょう。 ポイントは購入など、保有ポイントに移行してから 180日までの保有期限があるので、期限内に使うように気をつけてためましょう。 ポイント期限はマイページで確認することができます! 全てのサービスポイント(P)を手に入れるといくら? 全てのサービスポイント(P)を余すことなく手に入れた場合、ひと月いくらになるか計算すると… もらえるポイント 1ヶ月合計 備考 ログインボーナス 1P 31P 31日計算 友達に紹介 300P 1500P 5人紹介の場合 新規会員登録 50P 50P 1回限り メールアドレス登録 20P 20P 1回限り 年齢認証 50P 50P 1回限り 全合計 1651P 一ヶ月で1651P、友人紹介しない場合151P、次月からは最大31P+友人紹介料が手に入ることになります。 サービスチケットについて 先述した、ログボのようにサービスでもらえるチケット「サービスチケット」について説明します。 掲示板での返信• プライベート返信 サービスチケットは上記の内容でチケットを所持していると自動的に使用することができます。 通常はポイントの消費ですが、サービスチケットを持っている場合はサービスチケットが優先的に消費される仕組みになっています。 この点は サービスポイントとおなじ消費の仕組みになっています。 サービスチケット付きメール サービスチケットはサービスチケット付きメールに受け取り用のURLが添付されて来ます。 このサービスチケット付きメールは全員に向けての配信ではなく抽選の配信になっています 毎回、会員全員に向けての配信ではないので最低限メールの受信設定を確認して置くことをおすすめします。 exports? module. document? b a,! 1;return! a "object"! type a a. nodeType n. isWindow a return! call a. constructor. prototype,"isPrototypeOf" return! ownFirst for b in a return k. i[j. eval. replace p,"ms-". nodeName. call v. childNodes ,v. childNodes ,E[v. childNodes. length]. length? apply a,I. a 1! ownerDocument b:v! getElementById f return d;if j. apply d,b. getElementsByClassName return H. apply d,b. nodeName. getAttribute "id"? test k? apply d,w. parentNode. length;while e-- d. nodeName. nodeName. ownerDocument a. documentElement;return!! ownerDocument a:v;return g! documentElement? top! addEventListener? addEventListener "unload",da,! 1 :e. attachEvent "onunload",da ,c. appendChild n. createComment "" ,! test n. getElementsByClassName ,c. appendChild a. getElementsByName! getElementsByName u. getById? find. getElementById a ;return c? filter. find. ID,d. filter. find. getElementsByTagName? getElementsByTagName? getElementsByTagName a :c. qsa? find. test n. appendChild a. querySelectorAll "[selected]". length q. length q. querySelectorAll ":checked". length q. push ":checked" ,a. length q. push ". createElement "input" ;b. setAttribute "type","hidden" ,a. appendChild b. setAttribute "name","D" ,a. querySelectorAll ":enabled". length q. push ":enabled",":disabled" ,a. push ",. matches o. webkitMatchesSelector o. mozMatchesSelector o. oMatchesSelector o. call a,"div" ,s. call a,"[s! push "! test o. test o. contains? nodeType? d 1! nodeType! contains? contains d :a. 0;return! compareDocumentPosition-! ownerDocument b? 1:k? 1:e? -1:f? 1:k? parentNode g. parentNode h. ownerDocument a! call a,b ;if d c. disconnectedMatch a. document. ownerDocument a! ownerDocument a! attrHandle[b. call d. attrHandle,b. toLowerCase? e a,b,! p :void 0;return void 0! f:c. attributes! specified? slice 0 ,a. push f ;while e-- a. textContent return a. slice 0,3? a[3] ea. CHILD. test a[0]? null: a[3]? indexOf " ",c. length-b -c. slice 0,b ,a. replace ba,ca. nodeName. className void 0! slice -c. slice 0,c. nodeName. nodeName. nodeType return! firstChild:q. uniqueID] l[m. uniqueID] l[m. pop if h? nodeName. uniqueID] l[m. pseudos[a] d. setFilters[a. toLowerCase ] ea. e b :e. setFilters. hasOwnProperty a. toLowerCase? textContent b. innerText e b. test a "" ea. replace ba,ca. lang:b. getAttribute "xml:lang" b. nodeType ;return! location. hasFocus n. type a. nodeName. parentNode. selectedIndex,! nextSibling if a. nodeType? slice 0,i-1. type? find. 1:Math. random. push f :e. slice 0 ,j. relative[j[1]. find. ID k. matches[0]. slice j. shift. value. needsContext. test a? 0:j. matches[0]. test j[0]. splice i,1 ,! p,e,! split "". sort B. l,m ,c. compareDocumentPosition n. firstChild. c return a. toLowerCase? firstChild. firstChild. nodeName. toLowerCase return a. c return! specified? selectors,n. expr. pseudos,n. uniqueSort,n. getText,n. isXML,n. is c break;d. expr. match. isFunction b return n. call a,d,a! nodeType return n. test b return n. nodeType? find. matchesSelector d,a? [d]:[]:n. find. matches a,n. length;if "string"! pushStack n a. unique c :c ,c. selector? this. pushStack z this,a [],! pushStack z this,a [],! test a? n a :a [],! charAt a. [null,a,null]:B. exec a! b b. jquery? b c. find a :this. constructor b. b[0]:b,n. merge this,n. nodeType? ownerDocument b:d,! 0 ,x. isPlainObject b for e in b n. isFunction this[e]? this[e] b[e] :this. find a ;this. nodeType? this. isFunction a? void 0! ready? ready a :a n : void 0! selector,this. context ,n. :parents prev? 0,contents:! 0,next:! 0,prev:! length;return this. find. pushStack f. inArray this[0],n a :n. inArray a. jquery? parentNode? this. first. prevAll. pushStack n. uniqueSort n. merge this. this. prevObject:this. prevObject. nodeType? nodeName a,"iframe"? contentDocument a. contentWindow. document:n. merge [],a. map this,b,c ;return"Until"! filter d,e ,this. uniqueSort e ,C. reverse ,this. each a. G a :n. 0;g. splice c,1 ,c-1:f. 0,c j. slice? slice :c],g. Callbacks "once memory" ,"resolved"],["reject","fail",n. Callbacks "once memory" ,"rejected"],["notify","progress",n. done arguments. isFunction a. promise? promise. progress c. notify. done c. resolve. fail c. promise :this,g? then,n. disable,b[2][2]. isFunction a. promise? a:n. notifyWith b,c :--f g. resolveWith d,[n] ,n. triggerHandler "ready" ,n d. addEventListener? removeEventListener "DOMContentLoaded",J ,a. removeEventListener "load",J : d. detachEvent "onreadystatechange",J ,a. event. ready. readyState "loading"! documentElement. doScroll a. setTimeout n. ready ;else if d. addEventListener d. addEventListener "DOMContentLoaded",J ,a. attachEvent "onreadystatechange",J ,a. ready. promise ;var K;for K in n l break;l. createElement "div" ,e. style. appendChild e. appendChild b ,void 0! style. style. style. createElement "div" ;l. noData[ a. test c? 1;return! data void 0! pop n. extend j[k],b :j[k]. extend j[k]. data g. data ,void 0! a[n. expando]:n. g[h]:g[h]. isArray b? concat n. map b,n. camelCase :b in d? [b]:b. length;while e-- delete d[b[e]];if c?! P d :! cleanData [a],! 0 :l. deleteExpando g! window? 0,"embed ":! nodeType? cache[a[n. expando]]:a[n. camelCase d. slice 5 ,O f,d,e[d] ;n. this. this. O f,a,n. d n. isArray c? makeArray c :d. unshift "inprogress" ,delete f. stop,e. call a,g,f ,! empty. Callbacks "once memory". length.

次の

ハッピーメールのログインボーナスの仕様が変更。無課金勢は辛い状況に

ハッピーメール ログイン ボーナス

ハッピーメールを楽しく利用するならWEB版。 会える確率が高いのもWEB版です。 この記事では、 ハッピーメールのアプリのどこがダメなのか、なぜWEB版の方が会える確率が高いのかについて解説していきますね。 マッチングアプリの機能 本題に入る前に、まずはマッチングアプリの基礎知識を簡単に復習しておきましょう。 これまでに他のマッチングアプリを利用したことのある人ならすでにご存じかもしれませんが、 初めての人には意外と知られていないお話をしていきます。 マッチングアプリとは、その名の通りスマホで使える出会い系アプリのこと。 ハッピーメールもマッチングアプリのひとつですね。 他にもワクワクメール、PCMAX、ペアーズ、with、Tinder、タップル誕生、CROSS ME、Omiai、イヴイヴ、ゼクシィ恋結び、Dine、東カレデート、マリッシュ、YYCなど挙げれば切りがないほどたくさんのアプリがリリースされています。 多くの企業がマッチングアプリを運営していて種類もたくさんあるのですが、 どのアプリも基本的な機能に大差はありません。 アプリを提供している GoogleやAppleが規約で搭載できる機能を制限しているため、差別化するのが難しいんですよ。 異性を検索して、メッセージを送る。 基本的にはそれだけ。 アプリはシンプルで分かりやすい反面、飽きやすいデメリットがあります。 WEB版では日記が書けるので、恋愛話や時事ネタなどみんな思い思いに好きなことを書いています。 日常生活では誰にも話せないことを日記に書いてストレスを発散している人もいますよ(笑) プロフィールを読んでも分からないその人の人間性が日記には出るんですよね。 人柄が感じられるので、外見だけではなく内面も知ってから会いたいタイプの人には日記がすごく役に立ちます。 また 日記のコメント欄に書き込みをすることで出会いのきっかけにもなります。 いきなりメッセージを送るよりも、コメント欄から徐々に仲良くなった方が真面目な出会いにつながりやすいです。 ハッピーメールアプリの問題点 マッチングアプリや出会い系サイトに付き物なのが「業者」。 援デリ業者、アドレス回収業者、誘導業者、副業勧誘業者など、組織的に詐欺行為をしている人たちです。 ツイッターやインスタグラムにもたくさんいますよね。 残念ながらハッピーメールにもいます。 ハッピーメールのWEB版なら業者を見分けやすいんですけど、 アプリは業者を見分けにくいんですよ。 長年ハッピーメールを使っている私も、アプリだと業者なのか一般人なのか迷うことがあります。 危険性が高いんですよね。 業者に騙されるのは嫌だね… その原因は アプリではプロフィールの一部が表示されない仕様になっているため。 アプリでは以下のステータスを見ることができません。 興味あることのアダルト項目• 交際ステータス• 3サイズとカップ数• エッチ度とセクシー度・S度・M度• 投稿画像・投稿動画• 自己紹介欄にアダルト系の単語の書き込みがあると、自己紹介が非表示になる• アバター• 日記 これらの項目を見れば業者のアカウントを簡単に判別することができるのですが、アプリでは非表示になってしまいます。 つまり、 アプリを使うのは危険ということ。 WEB版ならすべての機能が使えるし、業者に騙されることもなくなります。 私もアプリをインストールはしていますがまったく使っていません。 男性は注意! アプリで課金すると損をする ハッピーメールの料金は女性は完全無料、男性は有料です。 そのため以下のお話は女性には関係ないのですが、男性には注意して欲しい内容です。 WEB版はお財布に優しい ハッピーメールではWEB版からもアプリ版からもポイントの購入が可能ですが、 WEB版から購入した方が安いです。 たとえば、 WEB版でクレジットカードから5000円課金すると650ポイント購入できますが、アプリから課金すると550ポイントしか購入できません。 1ポイントが約10円の計算なので、 5000円の課金で1000円分も差が出るんですよ。 めちゃくちゃ大きな差ですよね。 どうしてこんな差があるのかというと、 アプリはストアの利用料や仲介手数料をグーグルやアップルなどに支払っているため、その分のコストが価格に反映されるからです。 運営側の事情は理解できますが、 利用者の私たちとしてはわざわざ高いアプリを使う理由がないですよね。 WEB版なら無駄なマージンを上乗せされることはありません。 アプリの唯一のメリットはログインボーナス ここまでアプリのことをさんざんディスってきましたが(笑)、ひとつだけWEB版にはないメリットがあります。 それは ログインすると1日1ポイントもらえること。 1年間毎日ログインすれば3650円分のポイントになるので、そこそこ嬉しいサービスですよね。 まあアプリの良いところはこれだけなんですけど(笑) <2019. 16追記> ログインボーナスは課金したことがある人のみに付与される仕様に変更されました。 また退会すると課金実績が消去されるので注意しましょう。 ログインボーナスはアプリの唯一のメリットだったんですけど、残念ですね。 課金するまでログインボーナスがもらえないので、新規登録したばかりの人は無料ポイントをゲットできなくなってしまいました。 結論: ハッピーメールはアプリよりWEB版を使おう ハッピーメールに登録したら、WEB版だけを使いましょう。 WEB版の方がすべての面で優秀です。 安全性、機能、出会いやすさ、料金、すべてWEB版の勝ち。 アプリでは大人の掲示板 (その他の掲示板)、アンケート、ソーシャルゲーム、ハッピーメールニュースなど多くの機能も利用できません。 アプリはスマホでしか使えませんが、WEB版はブラウザで利用できるので、スマホ、ガラケー、PC、タブレットなど、どんな端末からでもログインできます。 ユビキタス性もWEB版の方が高いです。 アプリを使うならログインボーナス狙いだけにしておきましょう。

次の