ゆっくり ムービー メーカー 4。 ゆっくりムービーメーカーが2019年11月16日にバージョンアップ(v3.9.9.78 α78)│初心者ブログから成功へ

【2020年最新版】ゆっくりムービーメーカー4《ダウンロード・導入・初期設定》初心者必見!【ゆっくり解説】

ゆっくり ムービー メーカー 4

ゆっくりムービーメーカー4の使い方【全2ステップ】 ゆっくりムービーメーカー4はインターフェースがシンプルなので、覚えることもすくないです。 なのでたったの2ステップくらいで、結構つかえるようになります。 はじめにやったほうがよいこととかも解説してます。 それはキャラクター設定ファイルのバックアップとキャラクター設定の変更。 いろいろ画像とかつかって解説してます。 exoファイルを出力する方法と動画を出力する方法を解説してます。 とくにこの記事をみなくても直感でできるとは思いますが、少し注意点があったりするのでみておくとよいかも。 あとゆっくりムービーメーカー4ではゆっくり3とちがって動画出力もできるようになりました。 ゆっくりムービーメーカー3では動画出力機能をもっていなかったので、別の動画編集ソフト『Aviutl』が必須でした。 でも今は『Aviutl』は必須ではなくなりました。 では、なんのために『Aviutl』が必要なのか、それは高度な動画編集をするためです。 ゆっくりムービーメーカーには、基本的な動画編集機能はありますが、高度な動画編集機能はもっていないんですね。 なので必須ではないんだけども、高度な編集がしたくなったら. exoファイルとしてAviutl互換のファイルを出力する必要があります。 さきほどものべましたが、ゆっくりムービーメーカー3はAviutlが必須です。 ゆっくりムービーメーカー4では必須ではなくなったというお話です。 大事なことなので2回書きました。 そのほか『ゆっくりムービーメーカー4』を使う上でしっておくとよいこと ゆっくりムービーメーカー4が綺麗にアンインストールできない 記事タイトル: ゆっくりムービーメーカー4は普通にアンインストールしても関連したファイルまでは消えてくれません。 なので再インストールしてまた、ゆっくりムービーメーカー4を起動すると、なぜかキャラクターの設定情報が引き継がれた状態になります。 別にこれはこれでよいのですが、デフォルトのキャラクター設定にもどしたくなったときに困ってしまうことになります。 そのあたりの情報を詳しく解説してますので、もし同じような問題を抱えている方がいたらみていただきたいと思います。 ゆっくりムービーメーカー4の音質を改善したい 記事タイトル: この記事では『ゆっくりムービーメーカー4で音質(声質)は改善できるのか?』というテーマについて書いています。 結論から述べると音質をかえることはできません。 ゆっくりボイスはどうしても音質がこもった感じになります。 音程とかはやさで調整可能かもしれませんが音質をかえることはできません。 しかし 、ゆっくりムービーメーカー4であらたにくわわった音声合成エンジンである『AquesTalk10』を使うことができます。 『AquesTalk10』の音質はめちゃくちゃクリアでもはやゆっくりボイスじゃない感じ。 そのあたり詳しく書いてます。 ゆっくりムービーメーカー4を使って便利だった機能 記事タイトル: ゆっくりムービーメーカー4を使って便利だった機能というテーマで記事を書いてます。 とりあえずこの記事みればYMM4ってこんなのがあるのか・・・、というのがわかると思います。 おまけでWindowsにフォントをインストールする方法を書いてますのでよろしければ。

次の

nicotalk&キャラ素材配布所

ゆっくり ムービー メーカー 4

立ち絵の素材をダウンロードする 立ち絵素材を提供しているサイトが多くあります。 以下はいくつか紹介します。 oxmikanxo. Nゆっくり素材• getuploader. ご注意、• Type. Nゆっくり素材をダウンロードするにはパスワードが必要になります。 sub. uunyan. html• hatenablog. blogspot. html 好きなを素材をダウンロードした後、そのzipファイルを解凍して、出てきたフォルダをどこか保存しましょう。 ご注意、• 素材の利用規約に従って使用してください。 事前準備を完了したら、ゆっくりムービーメーカー4を使って立ち絵を作ってみましょう。 しかし、動く立ち絵なら、失敗したことが多いですね。 次は、ゆっくりムービーメーカー4で動く立ち絵を上手くできない場合の対処法を紹介したいです。 解決策1:立ち絵の名称を変更する 立ち絵の名称を変更しないと、「動く立ち絵」にしても、立ち絵の口や目が動かないことがあります。 動く立ち絵の作り方の通りに、立ち絵の名称を「デフォルト」「デフォルト. 0」「デフォルト. 1」「デフォルト. 2」「デフォルト. 3」「デフォルト. 4」に変更しましょう。 もちろん、デフォルトを他の文字に変更してもいいです。 例えば、「あれ」「あれ. 0」「あれ. 1」「あれ. 2」「あれ. 3」「あれ. 4」など。 ご注意: 開いているのから閉じるまで名称を変更してください。 解決策2:他のゆっくりムービーメーカー4バージョンを使用する ゆっくりムービーメーカー4の不明なエラーで立ち絵の名称を変更しても動かない場合があります。 その場合、他のゆっくりムービーメーカー4バージョンをインストールしてみてください。

次の

【AviUtl】ゆっくりムービーメーカーの導入方法と使い方(2/2)【解説実況】

ゆっくり ムービー メーカー 4

動画作成において、今人気を出しているソフトにゆっくり ムービーメーカーというものがあります。 これは動画を編集する際に入れるナレーションなどをゆっくり設定できるようにしてくれるので、動画作成における負担を格段に減らす事が出来ます。 Part1. ゆっくりムービーメーカーの使い方(ダウンロード・素材・出力) そんな魅力的なソフトであるゆっくりムービーメーカーの使い方ですが、まずソフトを専用サイトからダウンロードします。 検索欄にゆっくりムービーメーカーと入れるだけで、専用のサイトに飛ぶ事ができるので、そこからソフトをダウンロードします。 そして、 専用サイトよりゆっくり ムービーメーカーをダウンロードして、インストールをしていくだけで完了になります。 またこのゆっくりムービーメーカーのサイトにはキャラ等の素材が無料で配布されている物が更新されているので気に入った物があればダウンロードしましょう。 そしてゆっくりムービーメーカーには立ち絵もあるので、上手く活用する事で本格的な物を作成する事が出来ます。 ソフトとしてはゆっくり ムービーメーカー2とゆっくり ムービーメーカー3があるので使い方をしっかりマスターしましょう。 YMMとされているゆっくりムービーメーカーはこのように魅力のあるソフトとして人気を出しています。 ゆっくりムービーメーカーに使用する素材は自分で作成してもいいですし、無料の配布サイトを別に探してソフトに格納するという方法もあります。 自分だけのオリジナル素材を探して、魅力的な動画にしていきましょう。 また、ゆっくりムービーメーカーの出力に関しても、作成後に保存用の出力ファイルを選んで対応するだけで可能なので、簡単に出力できます。 特に出力に関しては多数のファイルの拡張子を対応しているので、実際に出力する際に迷うことなく、出力する事が出来ます。 しかし、Aviutlのゆっくりムービーメーカーでは使いづらいと考えている方は、を使用する事をお勧めします。 Part2. ゆっくりムービーメーカーの代わりのムービー作成ソフト「Filmora(旧名:動画編集プロ)」の紹介 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」は本格的な機能が多数搭載されており、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」を使用するだけで、ゆっくりムービーメーカーをMP4として出力するより簡単に対応できます。 「Filmora(旧名:動画編集プロ)」はファイルを読み込んで編集をするだけで対応可能なので、ゆっくり ムービーメーカーより扱いやすくなっています。 特に編集に関してはコマ単位で設定できるので、ゆっくりムービーメーカーより細かい設定が可能です。 特にゆっくりムービーメーカーで対応できる字幕を、「Filmora(旧名:動画編集プロ)」では映画のように本格的に対応できるので、作成できる動画も品質が高くなります。 またゆっくりムービーメーカー3の立ち絵に比べて、はより細かい部分まで設定できるようになっています。

次の