岩手 県 新型 コロナ。 【新型コロナ】岩手県、休業要請解除へ 31日まで緊急事態措置|Iwanichi Online 岩手日日新聞社

岩手県がコロナ検査拒否?感染者がいない理由や噂は本当?

岩手 県 新型 コロナ

沖縄は3月中に本土からの旅行者で今コロナ感染続出らしいですよ。 今、岩手に東京や流行地域の人が岩手に沢山流れたら確実に岩手も感染爆発します。 どうしても行きたいなら混んでる飲食店はさけて可能な限り岩手人との接触を避けるべきです。 ホテル等では従業員と無駄に喋らない。 食事も集団で食べる場面は避ける。 一応、政府見解だと30分以上の会話で感染すると言ってますが おそらくクシャミ、咳が、あなたの顔に飛べば即効感染するはずなので。 自分ならホテルで外で何か買ってきて部屋で食べる。 ドライブがメインで広々をした場所を散歩、空いてる店を短時間で利用する。 その程度の旅行内容なら行きますよ。 感染してても無症状な人が多いという事なんで、とにかく現地人と喋らない事です。 こんにちわーありがとうも、頭下げるだけでいいです。 簡単に言うと外出はしていいんですよ、密密になんなきゃ。 その密密にならない状況が東京じゃ困難なんで外出控えてと言ってるんです。 だからと言って地方のリゾート地で密密になるのも、もちろん駄目ですが。 あなたも岩手まで行ったのに密密なるのはやでしょ。 それを避けれる行動ができるならOKです。

次の

コロナ感染ゼロだけじゃない、岩手のすごさの秘密 スポーツに文壇に、岩手県出身者がこんなに活躍(1/4)

岩手 県 新型 コロナ

岩手県は新型コロナウイルスの感染がゼロなのか。 ご当地女性タレントのふじポンが現地をリポートした。 「ウイルスは飛んでいるんだけど、人がいないからくっつかない。 渋谷のスクランブル交差点の人が減ったというけど、盛岡なんて、いつもこんなもんです」と女性は語っている。 岩手県の人口は全国32位の122万人だが、面積は北海道に次いで全国2位と広く、人口密度も1平方キロメートルあたり80人で2番目に少ない。 「口数の少ない県民性で飛沫も少ない」「真面目な県民性。 やりましょうということに対して、岩手県民は『はい、わかりました』とやる人が多い」と、県民性を理由にあげる人もいた。 また、「納豆とか食べていて、健康に気を使っているから」「豆腐や納豆を食べるといいよとよく聞きます」と、納豆を挙げる人が多数いた。 雪が多い東北地方では、納豆は冬場の貴重なタンパク源。 盛岡市の納豆購入金額は、総務省の2018年の調査で全国1位なのだ。 「感染者1号のなりたくない」とみんなで予防 病院の連携体制や独自の外出自粛要請など、達増拓也知事の対応の早さを評価する声もあった。 古着店で働く男性は、「みんな、(県内の新型コロナ感染者の)1人目になりたくないという意識が強いのかもしれない。 それが(予防の)徹底につながっている」と話していた。 東邦大の小林寅喆教授「知事の初動が早く、県民もそれに従うということが成果に表れています」 キャスターの立川志らく「(感染者ゼロは)たまたではなく、いろんなことが積み重なっています。 真似るべきですね」 「感染ゼロ」がクローズアップされると、必ず岩手へ行こうというバカ者が出てくる。 さくらまつりを中止した岩手県北上市の住民は「『住民です』と嘘をついて入ってくる観光客で渋滞が起きてます。 控えてほしい」と訴える。 県内のある旅館は、平日でも予約の半分を関東の客が占めるようになり、安全のため休館にした。 髙橋知典(弁護士)「今は岩手に行かないことが大事です」.

次の

岩手県

岩手 県 新型 コロナ

重症化しやすい方(高齢者,糖尿病,心不全,呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や,透析を受けている方,免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方)で,発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある。 上記以外の方で,発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続いている(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。 また強い症状と思う場合には,すぐにご相談ください。 解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です)。 「盛岡市帰国者・接触者相談センター」 電話:019-603-8308 平日 月曜日から金曜日 午前9時から午後5時 休日・夜間の緊急連絡先 : 盛岡市役所代表 電話:019-651-4111 聴覚に障がいがある方をはじめ,電話でのご相談が難しい方は, ファクス(019-654-5665)をご利用ください。 相談により,新型コロナウイルス感染の疑いがあると判断された場合, 1.相談センターが「帰国者・接触者外来」を紹介します。 2.相談者はマスクを着用し,公共交通機関の利用を避けて,紹介された医療機関を受診してください。 予防方法や全般的な相談に対応する一般相談については,岩手県新型コロナウイルス感染症相談窓口(コールセンター)もご利用できます。 受付時間:9時~21時(土日・祝日を含む)• 電話:019-629-6085• ファクス:019-626-0837 妊婦の方へ 妊婦の方については,念のため,重症化しやすい方と同様に,早めに帰国者・接触者相談センター等にご相談ください。 お子様の保護者の方へ 小児については,小児科医による診察が望ましく,帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などでご相談ください。 岩手県内の帰国者・接触者相談センター 岩手県内の帰国者・接触者相談センターについては,岩手県のホームページ「新型コロナウイルス感染症に関する情報《岩手県》」をご覧ください。

次の