年末挨拶 会社。 【挨拶メール】年末の挨拶の文例(6件)|コピペでOK!今すぐ使えるビジネスメールの例文集

年末のご挨拶メール(社外向け)のポイント!(例文あり)

年末挨拶 会社

はじめに 皆さんも年末になると、顧客や取引先など、社外の方に年末のご挨拶メールを送る機会があると思います。 また、実際に会って、年末のご挨拶をすることも多いと思いますが、お世話になった社外の方への年末のご挨拶メールは、ビジネスにおいては不可欠です。 そこで、今回は、社外の方に向けた「年末のご挨拶メール」のポイントについて説明します。 年末のご挨拶メール(社外向け)のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」を書く際のポイントは、大きくは以下の3点です。 ・メール件名 ・メール本文 ・メールを送るタイミング 次からそれぞれのポイントについて説明します。 年末のご挨拶メール「件名」のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の一つ目のポイントは「 メール件名」です。 年末のご挨拶メールにおける「件名」は、 シンプルで分かりやすい「件名」にすることがポイントとなります。 年末のご挨拶メール「本文」のポイント! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の二つ目のポイントは「 メール本文」です。 年末のご挨拶メールにおける「本文」は、年末で忙しく、かつ、数多くメールを受信するであろう相手を考慮し、 長文は避けて用件を簡潔に記載することがポイントとなります。 また、年末のご挨拶メールには、自分の会社の 年末年始の営業予定などを入れることもポイントとなります。 年末のご挨拶メールを送るタイミング! 社外向けの「年末のご挨拶メール」の三つ目のポイントは「 メールを送るタイミング」です。 年末のご挨拶メールを送るタイミングは、 年内最後の出社日より前に送ることがポイントとなります。 その理由は、年内最後の出社日は、相手側も何かと忙しいことと、ぎりぎりに送ってしまうと、せっかく送った年末のご挨拶メールを読んでもらえないという可能性もあるため、 遅くても年内最後の出社日の2日~3日前には送っておくことをおすすめします。 そういう意味では、クリスマス頃からメールを出し始めるのが良いです。 また、可能であれば、 事前に相手の方の年内最後の出社日を確認しておくことにより、確実に年末のご挨拶メールを送ることができます。 ちなみに、 2020年については、12月29日(火)前後が仕事納めという方がほとんどだと思いますが、年末のご挨拶メールの送受信としては12月25日~12月29日(特に12月28日)がピークになると思われます。 年末のご挨拶メールの「例文」! 上記で説明した年末のご挨拶メールのポイントを踏まえて、下記に社外向けの年末のご挨拶メールの例文を記載します。 本年は大変お世話になりました。 本年は佐藤様のご支援により、円滑にプロジェクトを進めることができ大変感謝しております。 また、格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 なお、弊社の年内の営業は12月29日までとなり、新年は1月4日から営業開始となります。 来年も本年同様のご愛顧をお願い申し上げます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 このように、シンプルで分かりやすい「件名」、長文を避けて用件を簡潔に記載した「本文」にすることがポイントです。 それは、年末のご挨拶メールは、同じような内容を色んな社外の方にまとめて送ることが多いと思います。 そのため、 宛先、件名、本文の内容を間違わないように!注意が必要です。 最後に 年末の後に、すぐに年始が始まりますが、あくまでも年末のご挨拶メールと年始のご挨拶メールは切り離して、重要な顧客や取引先、お世話になった社外の方には年末のご挨拶メールを出しておくことをおすすめします。

次の

取引先への年末年始の挨拶マナーとメール例文3つ

年末挨拶 会社

こんにちは、たけのこです。 今年もあと2か月になりました。 私の会社では年末が迫ると、カレンダーや手帳を取引先に配ります。 今回は年末挨拶で付いて回るカレンダーが無駄になっている話です。 カレンダーと手帳が無駄遣いされる時期が来た。 年末挨拶という名の悪習 年末挨拶と称してカレンダーが配られる理由 12月に入ると一斉に始まるのが、取引先への年末挨拶。 その時に必ず営業担当が持参するのが、翌年のカレンダーと手帳です。 カレンダーは自社オリジナルデザインで作成し、手帳は社員用に作成しているもをついでに配っていたりします。 なぜカレンダーなのか。 理由はいくつかあると思います。 使いづらいカレンダーは結局ゴミになってる カレンダーを配る一方で、逆に貰う立場にもなります。 私の会社の場合、取引先も多いことから毎年大量のカレンダーと手帳、そしてよくわからない粗品をもらいます。 また、個人でも付き合いのある会社からは、営業担当から直接カレンダーをもらったりするので、同じ会社のカレンダーや手帳が事務所にいくつもあったりします。 こうして貰ったカレンダーは集めると、すごい数になります。 でも、事務所にカレンダーを飾る場所もそんなにないですし、自社オリジナルカレンダーがあるので、他社からもらったカレンダーは基本飾りません。 では、余ったカレンダー達はどうなるか。 一応、社員にいるかいらないかの確認がありますが、持って帰る人は少なく処分されます。 需要が無いのにも理由がいくつかあります。 また、オリジナルの会社は、デザインに凝りすぎて書き込みスペースが少なかったり、視認性が悪いカレンダーも多い。 そんなカレンダーを家に持って帰っても、雰囲気が合わず結局使わずに捨てられたりします。 〇社名、ロゴがいらない。 こんな理由で、取引先からもらったカレンダーたちは余っていきます。 やがて時期が来るとカレンダーは全て廃棄処分。 ゴミになるのです。 全国で考えるととんでもない数量 ゴミになってしまうカレンダーたち、 その数は膨大です。 完璧に試算するのは難しいですが、うちの会社だけで少なくとも、数万冊単位でカレンダーが処分されているかと思います。 なんという無駄。 また、自社が配っているカレンダーも捨てられていることと思います。 そうやって考えると年末から翌1月にかけては、全国で大量のカレンダーが捨てられ紙資源が無駄になる、なんとも目も当てられない時期になります。 ある日、私はどうせ貰っても捨てることになるならカレンダーを貰わなきゃいいと思い、断ってみることにしました。 しかし、いざその場になるとなかなか断り切れない。 相手の営業さんも年末挨拶なのになぜか必死です。 そんな営業さんを前に 「貰ってもゴミになるから」 なんて私の口からはとても言えませんでした。 また、相手の営業さんの中にはカレンダーを3つ4つ渡してくる人もいて、断るのが大変なこともしばしば。 そんな私の想いとは裏腹に、カレンダーをもらった数がステータスと思っているのか、取引先に会うたびにカレンダーをいくつも確保してくる上司がいました。 自分でも使わないのに、なぜそんなに各社からカレンダーを巻き上げてくるのか私には理解しがたかったです。 そして廃棄物として捨てられるカレンダーたち… 情け容赦なく捨てる私。 まるでお金を燃やしているような感覚です。 でもどうすることもできません。 カレンダーや手帳を作っている会社にとってはこの時期儲けどころなのかもしれませんが、こうして処分される現実に何を思うのでしょうか。 みんながみんなカレンダーを配るのやめてほしい そんなこともあり、年末にカレンダーを配る会社が減ってほしいと願っています。 別の活用手段があればいいのですが、大量にもらうカレンダーは捨てるにしても、再利用するにしても手間がかかります。 貰えば貰うほどに無駄になっていくばかりか、処分するにもお金がかかるのです。 自分の会社にも同じことを言いたいですが、なんかこだわってるので無理でしょう。 営業もこのカレンダー無しに客先に行けない、と良く口にしてますし。 世の中が変わらないと自分から変わろうとしない、そんな社風を感じます。 カレンダーじゃなくて広告宣伝になり、無駄にならないもの無いですかね。 貰った カレンダーを捨てずに済む手段でもいいです。 1冊2冊じゃないですよ。 数万冊単位での再利用です。 これほどにカレンダーを捨てまくってる国も世界には少ないんじゃないかなと、常々年末になると思うのでした。

次の

取引先への年末年始の挨拶マナーとメール例文3つ

年末挨拶 会社

お世話になっている取引先の会社などに、年末年始になると手土産を持って、挨拶周りをすることも多くなります。 年末であれば、1年間お世話になり来年もよろしくという気持ちを込めてのご挨拶です。 また、年始なら、旧年中はお世話になった事への感謝の気持ちと今年もよろしくという気持ちを込めてのご挨拶ですね。 新入社員の場合は、新任の挨拶も含めてのご挨拶になりますね。 こういう場合の手土産って、どんなものがいいのか?のしにはどういう言葉を書くのか? そもそものしは必要?など、ここでは特に新入社員が会社への挨拶として手土産を持って行く場合に気になる喜ばれる手土産を紹介します! 会社へ挨拶なら手土産ののしはどうする? 年末であれば、1年間お世話になり来年もよろしくという気持ちを込めてのご挨拶です。 また、年始なら、旧年中はお世話になった事への感謝の気持ちと今年もよろしくという気持ちを込めてのご挨拶ですね。 新入社員の場合は、新任の挨拶も含めてのご挨拶になりますね。 挨拶というのは、社会人としての基本です。 ましてや、会社組織として挨拶に行く場合は、その会社の顔なんだという自覚を持つことが重要です。 手土産にのしを付けるのは、日本人が古くから相手への礼儀として行ってきたことです。 そこには、相手への感謝や尊敬の念も含まれます。 そうした気持ちを表したものなんですね。 のし紙をつける場合の表書きには 「ご挨拶」と書くことが一般的です。 ただ、必ずしも付けないと失礼にあたるという事ではありません。 挨拶で会社に手土産を持って行く場合は、ないよりはあった方が丁寧ということです。 もし「のし」を付けることができないという時でも、何より大事なことは気持ちです。 その時の相手に対する自分の気持ちや会社としてはどうするかで判断してもいいのではないでしょうか。 手土産の渡し方としては、 「つまらない物ですが」というのはNGです。 相手が言われることを考えると「つまらないものならいらない」と思われてもしかたないですよね。 一般的には「気持ちばかりですが」と言ってご挨拶の後に渡すのが好ましいでしょう。 年末の会社への挨拶にはどんな手土産がいい? 年末の場合で、会社への挨拶をする際の手土産ってどんなものがいいのでしょうか? 持って行って喜ばれそうな物とは何だろうと悩むところですね。 よく上げられる手土産としては、タオルやドリンク類、お菓子の詰め合わせなどですね。 タオルなどはそのまま会社の備品になります。 ドリンク類やお菓子の詰め合わせは、なかなかの人気です。 仕事の合間にちょっと摘まめる手軽さや、みんなで分けられるもの人気の理由です。 例えば、カステラやマカロン、焼き菓子などがおすすめです。 マカロンや焼き菓子などは特に女性受けはいいでしょう。 男性もなかなか食べる機会がないかもしれませんので逆に良いかもしれませんよ。 いずれにしても、気にしておいた方がいいのは、それをどのタイミングで差し上げた方々が食べたり飲んだりするかという事です。 仕事をしながら手軽に摘まめる物がいいか、それとも休憩時間にコーヒーでも飲みながら食べられるのがいいのかという事です。 やはり会社に持って行く手土産なので、年末であるならば年末年始で休暇を取る方もいるでしょう。 そういったことから、持って行き、すぐに一度にみんなで食べられる状況ならカステラやケーキのようなものでも良いでしょう。 また、それぞれが個々に仕事をしながら、摘まめるお菓子なら焼き菓子などの個包装のものが良いように思います。 これは私の見解ですが、後者の個包装の手軽さを優先した方が、喜ばれると思いますがいかがでしょう。 スポンサードリンク 年始挨拶で手土産を会社に持っていく時の注意点 年が明けて年始のご挨拶となると、年末の時よりももっと華やかな物を持って行きたいですね。 年始回りのご挨拶で注意しておいて欲しいのは、挨拶の時期です。 年明けから、仕事はじめの時期にもよりますが、1月7日までにご挨拶は済ませておきたいものです。 1月7日は「松の内」と言って、年が明けて門松やしめ飾りなどを飾っておく期間です。 この日までは年神様が、家や会社にもいらっしゃる期間という事で、一般的に1月7日までを松の内とされています。 地域により、特に関西、近畿地方以西では1月15日までならいいとされている場合もあります。 持ち物の手土産としては、やはり新年らしく日本の伝統工芸品ともいえる「和菓子」を手土産として持って行くと喜ばれそうですね。 仕事中に、お茶を点ててゆっくりと和菓子を食べるという訳にはいきません。 しかし、私の偏見としか言えませんが、和菓子をもって新人ならではの、奥ゆかしい和の心をもってよろしくお願いしますという気持ちを込めた物にしたいですよね。 洋菓子がどうということでは決して無く、今の時代だからこそ敢えて和菓子を選択すると「え?なに?出来る人?」と思われるかも知れませんよ。

次の