介護 サービス 情報 公開 システム。 介護サービス情報の公表制度 |厚生労働省

介護サービス情報の公表

介護 サービス 情報 公開 システム

公表情報を閲覧できます。 介護保険制度は、利用者が介護サービスや事業者を適切に選択し、事業者と契約を結んでサービスの提供を受けるしくみです。 介護サービス利用者が事業所・施設を比較・検討して適切に選ぶことができるよう、その支援を目的として「介護サービス情報の公表」制度があります。 原則として全ての介護サービス事業所・施設にサービス内容や運営状況など利用者の選択に資する情報を公開することが義務付けられています。 平成30年4月1日から、現在県が公表している「介護サービス情報」のうち、さいたま市に所在する事業所についてはさいたま市が公表することになります。 さいたま市内の事業所の方におかれましては、サービス情報公表に係る各届出の提出先、及び問合せ先はさいたま市になりますのでご注意ください。 (さいたま市福祉部介護保険課 電話048-829-1265 )• (平成24年度集団指導資料より) 埼玉県では、次の計画及び指針に基づき、「介護サービス情報の公表」制度に関する業務を実施しています。 公表された情報はインターネット回線()により閲覧できます。 閲覧できます• 書面調査(新規に事業所を開設する場合) 情報公表システムで運営情報を入力する際の参考にしてください。 (書面調査時には不要です。 埼玉県では、介護保険法第115条の42の規定に基づき、情報公表センターを指定し業務を委託しています。 介護サービス情報の公表及び各システムの操作方法等につきましては、指定情報公表センターまでお問合せください。 <埼玉県指定情報公表センター>• 指定先:NPO法人ケアマネージメントサポートセンター• 電話:048-612-3150 月~金(祝日除く)9時~17時• Fax:048-840-1921• e-mail:• 平成28年8月19日更新• (国税庁法人番号公表サイト(外部サイト)が開きます。 法人番号がご不明な場合には、こちらのホームページでお調べいただけます。 指導監査や福祉サービス第三者評価との違いは次のとおりです。 指導監査(実地指導) 福祉サービス第三者評価 介護サービス情報の公表 目的 指定基準の順守状況を確認します。 利用者と事業者という当事者以外の第三者が評価基準に基づき質の達成度合を評価します。 利用者の事業所選択に資する情報を公表する。 実施主体 都道府県知事 都道府県が認証した評価機関 都道府県(指定情報公表センター) 義務又は任意 義務 任意 義務 情報開示 無し 任意 義務 特徴 事業者の義務として行政による強制力をもって行われます。 査察的観点で問題点を探します。 事業者が評価機関を選択できます。 評価機関が定めた評価基準に基づいて評価し格付けを行います。 内容の評価や指導等は行いません。 利用者自身による評価を支援する仕組です。 必要に応じ調査員(県職員)が事実確認のため訪問調査を実施します。

次の

介護サービス情報の公表 |とうきょう福祉ナビゲーション

介護 サービス 情報 公開 システム

公表情報を閲覧できます。 介護保険制度は、利用者が介護サービスや事業者を適切に選択し、事業者と契約を結んでサービスの提供を受けるしくみです。 介護サービス利用者が事業所・施設を比較・検討して適切に選ぶことができるよう、その支援を目的として「介護サービス情報の公表」制度があります。 原則として全ての介護サービス事業所・施設にサービス内容や運営状況など利用者の選択に資する情報を公開することが義務付けられています。 平成30年4月1日から、現在県が公表している「介護サービス情報」のうち、さいたま市に所在する事業所についてはさいたま市が公表することになります。 さいたま市内の事業所の方におかれましては、サービス情報公表に係る各届出の提出先、及び問合せ先はさいたま市になりますのでご注意ください。 (さいたま市福祉部介護保険課 電話048-829-1265 )• (平成24年度集団指導資料より) 埼玉県では、次の計画及び指針に基づき、「介護サービス情報の公表」制度に関する業務を実施しています。 公表された情報はインターネット回線()により閲覧できます。 閲覧できます• 書面調査(新規に事業所を開設する場合) 情報公表システムで運営情報を入力する際の参考にしてください。 (書面調査時には不要です。 埼玉県では、介護保険法第115条の42の規定に基づき、情報公表センターを指定し業務を委託しています。 介護サービス情報の公表及び各システムの操作方法等につきましては、指定情報公表センターまでお問合せください。 <埼玉県指定情報公表センター>• 指定先:NPO法人ケアマネージメントサポートセンター• 電話:048-612-3150 月~金(祝日除く)9時~17時• Fax:048-840-1921• e-mail:• 平成28年8月19日更新• (国税庁法人番号公表サイト(外部サイト)が開きます。 法人番号がご不明な場合には、こちらのホームページでお調べいただけます。 指導監査や福祉サービス第三者評価との違いは次のとおりです。 指導監査(実地指導) 福祉サービス第三者評価 介護サービス情報の公表 目的 指定基準の順守状況を確認します。 利用者と事業者という当事者以外の第三者が評価基準に基づき質の達成度合を評価します。 利用者の事業所選択に資する情報を公表する。 実施主体 都道府県知事 都道府県が認証した評価機関 都道府県(指定情報公表センター) 義務又は任意 義務 任意 義務 情報開示 無し 任意 義務 特徴 事業者の義務として行政による強制力をもって行われます。 査察的観点で問題点を探します。 事業者が評価機関を選択できます。 評価機関が定めた評価基準に基づいて評価し格付けを行います。 内容の評価や指導等は行いません。 利用者自身による評価を支援する仕組です。 必要に応じ調査員(県職員)が事実確認のため訪問調査を実施します。

次の

介護サービス情報の公表

介護 サービス 情報 公開 システム

(令和2年4月10日更新) 介護サービス情報公表システムのシステムメンテナンスの実施及び新機能追加のお知らせ 日頃は介護サービス情報公表システムをご利用いただき、誠にありがとうございます。 令和2年3月29日より追加いたしました新たな機能の詳細につきましては、以下のURLにて情報提供しておりますのでご確認ください。 今回追加される機能は、 ・(1)介護職員等特定処遇改善加算における「見える化要件」への対応 ・(2)認知症に関する相談窓口に係る情報の公表について となっております。 (令和2年2月3日更新) 介護サービス情報公表システムのシステムメンテナンスの実施及び常時SSL化(https化)のお知らせ 日頃は介護サービス情報公表システムをご利用いただき、誠にありがとうございます。 先日のシステムメンテナンスにおいて、より安全に当サイトをご利用いただけるよう、当サイトの常時SSL化(https化)を行いました。 これに伴い、URLが以下のとおり変更となりますのでお知らせいたします。 なお、新URLへの移行期間としまして、2020年3月末(予定)までの間は、旧URLもご利用いただけます。 ただし、移行期間終了後は、新URLへのリダイレクト(自動遷移)となります。 また、スマートフォンアプリ「介護事業所ナビ」はURL変更に伴い更新が必要ですので、今回のシステムメンテンナンス完了後に公開されるアプリ更新版の適用をお願いいたします。 (令和元年5月13日掲載) 介護サービス情報公表システムのパンフレットについて 平成30年度に実施した主なシステム改修の内容について、パンフレットを作成しましたのでご活用ください。 (平成30年7月9日掲載) 介護サービス情報公表システムのポスターについて 介護サービス情報公表システムを周知するため、ポスターを作成しましたのでこれまでのパンフレット(平成29年4月版)と併せてご活用ください。 (平成28年5月10日掲載) 介護サービス情報公表システムのパンフレット(平成27年10月版)について 平成27年10月1日のシステム改修を反映したパンフレットを作成しましたのでご活用ください。 停止後は、地域包括支援センター・生活支援等サービス・在宅医療の項目が新設されます。 (平成27年1月30日掲載) 介護サービス情報公表システムのパンフレット(平成26年10月版)について 10月1日のシステム改修を反映したパンフレットを作成しましたのでご活用ください。 (平成26年10月1日掲載) 介護サービス情報公表システムのリニューアル(機能充実)のお知らせ 介護サービス情報公表システムの機能につきまして、利用者の閲覧性の向上を図る観点から、事業所の比較機能や検索機能の充実、公表画面の見やすさ等の改善に向けたシステム改修を実施し、10月1日より運用開始致しました。 システム改修による機能充実の内容については下記のとおりです。 (平成26年9月1日掲載) 全国介護保険担当課長会議資料の掲載のお知らせ 厚生労働省において、「全国介護保険担当課長会議」が開催されました。 資料は以下のリンクに掲載されています。 (平成26年2月28日掲載) 全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議資料の掲載のお知らせ 厚生労働省において、「全国介護保険・高齢者保健福祉担当課長会議」が開催されました。 資料は以下のリンクに掲載されています。 (平成24年10月23日掲載) WAMNETからアクセスいただいた方へ 介護サービス情報公表システムと旧WAMNETは別制度の事業であるため、提供機能や公表対象事業所などの内容が異なっています。 以下にその例をお示しします。

次の