梶原 みずほ。 報ステのコメンテーター交代 後藤謙次氏から共同通信・太田昌克氏と朝日の梶原みずほ氏に/芸能/デイリースポーツ online

梶原みずほ(朝日新聞記者) のプロフィールや評判は?結婚や学歴も!|Tips報道局

梶原 みずほ

名前:梶原 みずほ かじわら みずほ• 出身:東京都出身• 職業:朝日新聞記者• 経歴: エジプトのカイロアメリカン大学政治学部を卒業。 1994年:朝日新聞入社。 神戸、金沢の各支局、大阪本社社会部を歴任。 2000年:東京本社政治部。 首相官邸や自民党、外務省などを担当。 be編集グループを経て、2009年4月からGLOBE記者。 5月25日付の朝日新聞GLOBE「水が足りない」特集のメーンライターとして、シンガポールを取材した。 2011年:ロンドン大学キングスカレッジ社会科学公共政策学部客員研究員。 2014年:フルブライトフェロー 日米両政府からの拠出金により運営される日米教育委員会のプログラム に選ばれ、朝日新聞を休職して2年間、ハワイ大学日本研究センター客員研究員。 一般社団法人日本オマーン協会理事。 笹川平和財団の日米豪印による「インド洋地域の安全保障」政策提言プロジェクトメンバー。 慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート客員所員。 本著は国防総省のクリアランスを得て執筆した。 主な出演番組 報道ステーションコメンテーター(水、木) 梶原みずほさんの経歴ですが、エジプトの大学を卒業するなど国際色豊かな方ですね! 日本のコメンテーターで、中東の大学を卒業したという方なんて聞いたことありませんから、それだけでも現地情報やコネクションなど価値があります!(小池百合子都知事も通った大学のようです) 政治学が専門という事で、アメリカ軍や日本との同盟関係に関する著書も出版しております。 米国防総省の中で見た日米同盟のリアル!! というキャッチで、評価も高い注目の本になっております。 リンク 梶原みずほ 朝日新聞記者 の評判は? 梶原みずほさんの評判について調べてみました! コメンテーターとしては、4月から報道ステーションデビューですので、これから評判が固まってきてから記載します。 過去に出版した著書についてのレビューについて確認しました。 本書は、著者の精力的な取材によって、知られざる「世界最強の集団」の内実に迫ったリポート。 占領期を含め、73年以上も「平和」を享受してきた日本にとって、いかに重要な役割を果たしてきた集団なのかを伝えている。 先ほど紹介したアメリカ軍についての著書について、精力的な取材など、かなり高評価となっておりました。 (この手の本には珍しく、4人のレビュアーのうち3人が満点評価となっていました。 ) 国際経験豊富な方ですので、海外からの視点を交えた解説が楽しみです。 報ステ解説に朝日新聞・梶原みずほ記者 4月から水・木 梶原記者は1994年、朝日新聞入社。 政治部などを経て、現在は国際報道部。 専門は外交安保や日米関係で、主な著書に「アメリカ太平洋軍」(講談社)などがある。 — 朝日新聞デジタル編集部 asahicom ただ、結婚についての情報はありませんでした。 非公表なだけかもしれませんが、かなり海外を飛び回っているキャリアですので、結婚が後回しになっている可能性もあります。 情報入り次第追記していきます。 梶原みずほ 朝日新聞記者 の学歴は? 梶原みずほさんの学歴ですが、 エジプトのカイロアメリカン大学政治学部を卒業しております。 1919年に設立された伝統ある学校で、小池百合子都知事も過去に通っていたそうです。 また、卒業生を見ていると、ヨルダンの女王であるRania al Abdullahさんの名前があるなど、日本でいう学習院のような高校なのかもしれません。 それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

報ステ解説に朝日新聞・梶原みずほ記者 4月から水・木:朝日新聞デジタル

梶原 みずほ

梶原みずほ記者 朝日新聞 は結婚して旦那や子供いる? 梶原みずほ朝日新聞記者が報道ステーションの解説者に決定したことに関して朝日新聞デジタルはこのように報じております。 テレビ朝日は13日、ニュース番組「報道ステーション」水・木曜日コメンテーターとして、4月期から朝日新聞の梶原みずほ記者が出演すると発表した。 月~木曜日のコメンテーターを務めているジャーナリストの後藤謙次氏にかわり、出演する。 梶原記者は、テレビ朝日を通じ、「私が暮らしたハワイには『言葉には命があり、闇がある』という先住民に伝わる格言があります。 言葉のもつ計り知れない力を意味しています。 世界でいま起きている複雑な事象の背景を、丁寧な言葉で紡いでいきたいと思います」とのコメントを寄せた。 出典:朝日新聞デジタル 世界各国で起きている問題の背景をわかりやすく解説してくれるそうです。 そんな梶原みずほ記者は結婚して旦那と子供はいるのでしょうか。 梶原みずほ記者は現在48歳ということですが結婚して旦那がいるかどうかに関しては資料には何も書いてありませんでした。 40代後半ということで結婚して夫 旦那 がいたり子供が存在していてもおかしくない年齢ですがプライバシー保護の観点から家族情報は何も出ておりませんでした。 1972年に東京で生まれますが大学はエジプトのカイロアメリカン大学政治学部を卒業しております。 カイロアメリカン大学は中東の名門大学だそうですがこれが卒業大学、学歴となります。 経歴は1994年に朝日新聞社に入社し神戸市局や金沢支局などで勤務し2000年に東京本社の政治部に配属となります。 2014年にはフルブライトフェローに選ばれました。 朝日新聞社を2年休み、ハワイ大学日本研究センター客員研究員歳て過ごします。 2015年以降も各研究員などで知見を広めていったようです。 2015年1月~2016年8月、ハワイにあるアメリカ国防総省ダニエル・K・イノウエ・アジア太平洋安全保障研究センター客員研究員。 一般社団法人日本オマーン協会理事。 公益財団法人笹川平和財団の日米豪印による「インド洋地域の安全保障」政策提言プロジェクトメンバー。 慶應義塾大学グローバルリサーチインスティテュート客員所員 素晴らしい学歴と経歴で複雑な現代の問題をわかりやすく解説してくれることを期待したいものです。

次の

【報道ステーション】朝日新聞記者の梶原みずほが何言ってるかわからないとTwitter炎上!理由・時系列まとめ〈4月9日放送〉

梶原 みずほ

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• テレビ朝日は13日、ニュース番組「報道ステーション」水・木曜日コメンテーターとして、4月期から朝日新聞の梶原みずほ記者が出演すると発表した。 初回放送日は4月1日の予定。 月~木曜日のコメンテーターを務めているジャーナリストの後藤謙次氏にかわり、出演する。 梶原記者は1994年、朝日新聞入社。 政治部などを経て、現在は国際報道部。 専門は外交安保や日米関係で、主な著書に「アメリカ太平洋軍」(講談社)などがある。 ロンドン大学キングスカレッジ、アジア太平洋安全保障研究センター(米・ハワイ)などで客員研究員を務めた。 梶原記者は、テレビ朝日を通じ、「私が暮らしたハワイには『言葉には命があり、闇がある』という先住民に伝わる格言があります。 言葉のもつ計り知れない力を意味しています。 世界でいま起きている複雑な事象の背景を、丁寧な言葉で紡いでいきたいと思います」とのコメントを寄せた。 ほかのコメンテーターは、月・火曜日を、太田昌克・共同通信編集委員が担当し、金曜日は、これまで通り野村修也・中央大法科大学院教授が務める。

次の