アズレン 海域 最強。 【最新】『アズールレーン』リセマラのやり方は?リセマラ方法&最強当たりキャラまとめ!【アズレン】

【アズレン】最強武器以外ゴミさん来ちゃったか・・・

アズレン 海域 最強

左 中心 旗艦 右 主力 前衛 工作艦で弾薬を増やす 高難易度海域はボス出現まで6体の雑魚を倒す必要がある。 工作艦を編成するとマップでの弾薬が5から6に増えるので、全ての雑魚をスムーズに倒すことができる。 工作艦は回復もできる 工作艦は マップでの回復ができるため、道中が安定する。 戦闘中も回復スキルが使えるため、連戦に強くなれる。 回復できる空母で前衛を回復 高難易度での連戦はダメージが大きく、特に前衛は耐久値が減りやすい。 工作艦とは別に 更に回復できるキャラを編成することで、連戦が安定する。 前衛の自由度は高め 重要になるのは主力艦隊の編成なので、前衛の自由度は高め。 最強ランキングなどを見つつ、 自分の手持ちから強力なキャラを選べばOKだ。 入れ替え候補 ティルピッツと入れ替え候補 ステータスが高く、高い主砲ダメージがだせる。 手数を増やせる弾幕スキルも優秀。 ティルピッツと入れ替え候補 スキル「グロリー・オブ・ロイヤル」による瞬間火力と味方空母の装填をアップ出来るのが強み。 主砲は攻速重視で装備しよう。 祥鳳改と入れ替え候補 祥鳳と同じ役割ができる軽空母。 祥鳳より高ステータスで対空も得意だが、火力面はやや祥鳳に分がある。 燃費もユニコーンのほうが少し悪い。 祥鳳改と入れ替え候補 前衛にシールドを付与できる空母。 被ダメージを減らせるので、回復スキルと似た感覚で使える。 重装甲で耐久値も高いので、軽空母に比べて倒されにくい。 明石と入れ替え候補 数少ない工作艦キャラのひとり。 基本は明石と同じ役割をこなせるが、回復スキルは明石のほうが使いやすい。 ヘレナのスキルで速攻撃破!ボス用編成 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 ヘレナのスキルを活かした編成 ヘレナのスキル「レーダー探知」の、敵被ダメージ大幅アップの効果を活かした編成。 魚雷や戦艦の攻撃は元々のダメージが大きいため、ヘレナのスキルの恩恵を効果的に受けられる。 Point 長門&加賀赤城などの大ダメージを狙える主力艦隊とも相性抜群です。 ヘレナのスキル発動タイミングを調整 ヘレナのスキル発動タイミングは20秒毎。 ヘレナのスキル発動の少し前にボスが出現するよう、画面右上の戦闘時間を見て道中の突破タイミングを調整しよう。 Point デューク・オブ・ヨークの特殊弾幕スキルも20秒毎の発動。 スキルの発動時間を意識して戦えると他の編成でも役に立ちます。 ただし、スキル発動のタイミングを調整するためなら多少使ってしまっても問題ない。 移動速度ダウンで攻撃が命中しやすい アーク・ロイヤルは、スキルで敵の移動速度ダウンが可能。 移動速度ダウンさせることで、魚雷や戦艦の攻撃が命中しやすくなる。 そのため、魚雷や戦艦の主砲攻撃を行う前に、アーク・ロイヤルの航空攻撃を行っておこう。 一部高難易度用対空編成 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 12章や一部のイベント海域などを想定 ノーマル海域12章や一部イベント海域など、敵の航空攻撃が激しい海域を想定した編成。 対空に優れるキャラをメインに編成している。 戦闘機数が多い空母を編成 戦闘機を装備できる空母は、敵の航空攻撃に合わせて自動で戦闘機が発艦し、対空を行ってくれる。 中でもイラストリアスなど、戦闘機数が多いキャラの対空が優秀だ。 Point 戦闘機も爆弾を積んでいない、対空特化の戦闘機にしてみるのもおすすめ。 工作艦の編成もおすすめ 回復効果が目立つ工作艦だが、対空能力も非常に高い。 道中用の編成などであれば、無理なく編成することができるだろう。 ボス用にはダメージがだせないためやや不向き。 おすすめの工作艦はこちら 状況を見て調整しよう 対空砲の強化具合などによって、対空ができるかどうかは大きく変化する。 実際に戦闘してみて対空能力が足りていないと感じたら、空母を多めに編成する、より対空値の高いキャラを編成するなどして調整しよう。 Point 対空値アップできる設備などで補うのもおすすめです。 エディンバラと入れ替え候補 スキル「大物狩り」と「火力全開」でとても高い攻撃力を持つ。 ボスが重巡の場合に起用するのがオススメ。 同性能のキャラにが存在する。 同時編成することで、より攻撃的な編成にすることも可能。 エディンバラと入れ替え候補 エディンバラから装甲を落とす代わりに、より艦隊火力を高めたい場合はこちらを編成する。 アーク・ロイヤルと入れ替え候補 攻撃力は控えめだが、スキル「装甲空母」による前衛へのバリアが強い。 ヘルキャットなどの 爆弾を持った戦闘機を装備させて少しでも火力を伸ばそう。 アーク・ロイヤルと入れ替え候補 スキル「BIG SEVEN」による特殊弾幕が強み。 自爆ボートやボス前の雑魚敵処理などに非常に強力だ。 同じ性能を持ったキャラに、がいる。 フッドがいない場合、ネルソンとロドニーの同時起用しても強い。 アーク・ロイヤルと入れ替え候補 特殊弾幕や主砲砲撃が命中した際の付属効果が優秀。 砲撃自体の火力も高くダメージ稼ぎにも貢献してくれる。 Point! 演習でおなじみのロイヤル艦隊、もちろん海域でもすごく強いです!敵に合わせて編成をあれこれ変えてみるのも楽しくていいですよ。 そのため、ボスまでの 道中戦の被害を抑えながら進むことが出来る。 そのため、主力艦の攻撃が無い時でも安定してダメージを与えて敵を倒しやすい。 安定した自爆ボートの処理が可能 ティルピッツのスキル「磁性魚雷」と前衛の副砲を合わせることで、 自爆ボートの処理がかなり楽にできる。 道中連戦する際には重要視したいポイントになる。 攻撃機は「汎用型」を使おう 道中の敵は駆逐艦や巡洋艦が出てくることが多く、敵が動いてるので魚雷のタイプが「汎用型」の攻撃機を使用しよう。 理想はバラクーダT3だが、持っていないのであればバラクーダT2やTBFアベンジャーT3でOK。 入れ替え候補 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 フレッチャー級の駆逐艦を3隻編成する フレッチャー艦隊とは、前衛艦隊に無凸のフレッチャーとフレッチャー級のノーマル駆逐艦を2隻編成した低燃費周回用の艦隊。 フレッチャーのスキルで前衛を強化できるため、 ある程度までの海域の道中戦を1回あたり消費燃料4で行える。 後衛は海域に合わせて変更 後衛は攻撃力と燃費を優先するのであれば無凸のレンジャーを、前衛艦隊の耐久維持が難しければ 回復スキル持ちのユニコーンや祥鳳を使用する。 ハーミーズなどの同時編成もオススメ。 入れ替え候補 一番燃費がいい編成はレンジャーだが、育成状況や海域に合わせて主力艦隊を入れ替えたり、これらの中から複数編成するのがオススメ。 特に回復がかなり欲しい海域では ユニコーンと祥鳳の同時起用もあり得る。 レンジャーと入れ替え候補 回復スキルが必要な場合に編成する。 同じ回復持ちの祥鳳と比べると、 装填速度を上げるスキルを持っている点が優秀。 レンジャーと入れ替え候補 回復スキルが必要な場面で編成したい。 ユニコーンと比較すると、艦載機の装備スロットが攻撃寄り。 主力の追加候補 ノーマル艦なので消費燃料が低く、スキル「強襲空母」で高い火力を出すことも出来る。 Point! 無凸フレッチャー編成は、敵のレベルが上がってくると周回が苦しくなってきます。 その場合は、完凸したフェニックスを単艦で運用したり、主力に軽空母を3隻入れて火力を上げるなどして対応しましょう。 後半の海域で使うことを意識するなら、 応急修理装置など装備の強化をしっかりとしていきたいです。 第2艦隊編成例:ボス用艦隊 クリーブランドと入れ替え候補 支援はできないが、クリーブランドより単体での火力が高い。 手に入れたら積極的に運用していこう。 クリーブランドと入れ替え候補 クリーブランドより火力で劣るが、スキル「真紅の不死鳥」で耐久値を回復できる。 RキャラなのでSRキャラより少しだけ燃費が良い。 速力が遅く、回転率の遅い重巡主砲なので小回りはきかないが、それを補って余るステータスの高さ。 R重巡艦と同じ消費燃料なので、低燃費キャラとしても優秀。 フッドと入れ替え候補 スキル「磁性魚雷」と副砲をあわせた自爆ボート処理能力が魅力。 主砲砲撃の火力も高い。 フッドと入れ替え候補 自爆ボートの攻撃が激しくない海域の場合、エンタープライズも候補に入る。 空母なので耐久が若干低いが、スキル「LuckyE」が発動した時は一撃でボスを撃破することもある。 フッドと入れ替え候補 ボス艦隊の動きが遅い場合は攻撃に特化した空母であるアークロイヤルも選択肢に。 攻撃機を2スロット装備できるので、「重桜型」の攻撃機を使ってボスを一気に仕留めよう。 フッドと入れ替え候補 高い主砲火力を持つ戦艦。 特殊弾幕を持つので手数もあり使い勝手が良い。 Point! 強力なキャラが揃ってない場合、配布でもらえるインディアナポリスとポートランドの組み合わせなどもオススメ。 道中だけ低燃費にしてボスは一番強い艦隊を用意しよう。 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 一航戦を使った速攻編成 赤城と加賀はスキル「先手必勝!」を持っており、 1回目の航空攻撃を早く繰り出すことが出来る。 また、赤城と加賀の同時出撃でスキル「一航戦」が発動し、高い航空能力を持つので強力な攻撃が出来るのが特徴。 攻撃機は「重桜型」を使おう 演習では敵主力艦隊が動かないので、敵に魚雷が一直線に進む流星T3や天山T3と言った「重桜型」の攻撃機を装備させたい。 Point! 逆に敵前衛艦隊を意識したいなら、当てやすい「汎用型」の魚雷でもOK。 敵の編成に応じて装備を変更しよう! 入れ替え候補 赤城と加賀がメインになるため、それをサポートするキャラを入れ替えて編成する形になる。 特殊弾幕でダメージもだせる。 長門と入れ替え候補 スキルによって主砲火力が高い。 耐久ステータスもトップクラス。 長門と入れ替え候補 特殊弾幕によって手数が多く、移動速度もダウンできる。 ステータスも優秀。 長門と入れ替え候補 スキル「LuckyE」が発動すれば敵を一気に殲滅出来る。 強化レベル15まで育成すれば、序盤の魚雷ダメージがトップクラスに。 耐久面も優秀で、主砲でもダメージを出せる。 神通と変更しても問題ない。 防御スキルによって自身の耐久面も優秀。 敵前衛が軽装甲だった場合、開幕から大ダメージを狙える。 全弾発射の魚雷も強力。 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 長門一航戦編成を仮想敵に設定 演習で上位に上がるほど遭遇率が上がる長門一航戦編成への対処を考慮した編成で、ユニオンと重桜の決戦は史実を彷彿とさせる。 高速かつ強烈な空襲に耐え切って特殊弾幕や浸水による反撃を加え、 粘り勝ちを目指して行く。 ワシントンとサウスダコタが主軸 ワシントンにはサウスダコタとシナジーがあり、サウスダコタの耐久が減少することをトリガーとして自身のダメージを強化し、サウスダコタのダメージを一定時間無効化する。 これによって 激しい空襲により耐久が一気に奪われる事があっても、旗艦の損失を一度は免れることが可能。 Point サウスダコタについて多少無理が効くことから、長門など強力な弾幕を受けがちな旗艦を引き受けてもらっています。 徹底的な対空強化 本編成は 対空の高いキャラの中でも強力なスキルを保有するキャラを選抜している。 サンディエゴ改のスキルで更に対空が強化された際の迎撃率は高く、ジュノーを先頭に配置することで全体回復スキルを誘発し、削れてきた艦隊の耐久を仕切り直すことも出来る。 ユニオン編成の自由度の高さ ユニオンにおいては編成の縛りが緩い艦が多く、目的に沿って編成を組み替えることで、 比較的自由に艦隊の方針を変えることが出来るのが利点だ。 入れ替え候補にはそれらを挙げて行くので参考にしてほしい。 Point! 例えば今回の例はユニオン編成を活かす為に、ユニオン艦が多ければ強化されるエセックスや、仮想敵を長門一航戦とした為に駆逐艦対策でオーロラを編成しています! 入れ替え候補 ワシントンとサウスダコタのシナジー、対空と反撃という考え方を基礎にエセックスとオーロラの枠を入れ替え対象として細かい方針を決定していく。 エセックスと入れ替え候補 より対空に偏重するための候補。 ついでにエセックスのスキルが一つ発動しないモヤモヤも解消する。 オーロラと入れ替え候補 より広い範囲の対処を考慮。 編成される前衛が全て軽巡なので、モントピリアの命中と火力、被ダメ軽減のスキル効果が前衛全員に掛かる。 ただし発動が20秒間隔なので、長門一航戦の開幕初擊には間に合わない。 オーロラと入れ替え候補 主力保護に偏重する候補。 スキルによって旗艦のダメージを大きく軽減可能な為、激しい攻撃にさらされる事がほぼ確定しているサウスダコタをピンポイントで守ることが出来る。 オーロラと入れ替え候補 前衛保護に偏重する候補。 被弾をトリガーに前衛全体のダメージを一定時間無効化する為、前衛を長時間生かすことで全体の安定化を図る。 ただしスキル解禁まで20秒掛かるので、初擊の速い長門一航戦を相手取るには向かない。 左 中心 旗艦 右 主力 前衛 フォーチュン改で主力艦隊を守る フォーチュン改のスキルで主力艦隊の被ダメージを軽減できるため、 主力艦隊による安定した継続火力をだすことが可能。 前衛艦隊はフォーチュン改を守るために、回避スキル持ちなどの耐久を重視した編成にしよう。 ジュノーには真珠の涙を持たせよう ジュノーはスキル「戦争の悲劇」によって、 戦闘不能時に味方の耐久を回復することが可能。 同様のスキルを持つ設備「真珠の涙」を装備させることで、かなりの耐久値を回復することが出来る。 Point! ジュノーという艦は2隻いるので、間違えないように。 演習で使うのは ユニオンのジュノーです!ジュノーは対空補正も高いので、エンタープライズや一航戦に対しても強かったりします。 編成例2:煙幕回避ロイヤル.

次の

【アズレン】重桜陣営:神通改 性能・スキル考察【アズールレーン】

アズレン 海域 最強

このブログを書き始めたのが、開発艦2期が来る直前でした。 1年ちょっと前ですね。 一応、順位付けしてみようと思います。 攻めを重視しますが、同程度の強さの場合は防衛が強いほうを上のランクにします。 あとは運要素が少なく、安定する編成のほうが評価が高いです。 1位:天狸帝 今一番熱い編成といえばこれかなと思います。 虹砲2本が必須級なので敷居は高いですが、の確率発動に左右されにくく、安定して強いと思います。 主力の配置に縛りがないため、柔軟に対応できます。 ジュノーのジャイロ装備に違和感があるかもしれませんが、誤植ではないです。 通常だと改良型缶ですが、天狸帝の台頭もあり、ジュノーが落ちないリスクを下げたほうが環境に合っているかなと判断しています。 ジュノーの調整方法はいくつかあるので後半部分に記載しておきます。 2位:天帝門 演習最強の陣営といえば重桜ですね。 優秀なキャラが重桜に偏っているので、命中・装填・火力を底上げする陣営スキルはやっぱり強いです。 吾妻は命中バフをもらえるので火力盛りにしています。 の挨拶が気まぐれなところがたまにキズ。 3位:天狸門 2位の天帝門のFDGをウォスパに置き換えた編成ですね。 この編成もとても強いです。 ただ防衛の観点で天帝門のほうが優れていると感じたので3位にしました。 攻めでは大差ない印象です。 FDGは竜骨編纂で強化が決定しているので、攻めでも差が付くかもしれません。 4位:天帝卿 UR艦並みの性能を持つを入れたグッドスタッフ編成。 天龍門よりわずかに強いという印象。 ほとんど変わらないかも。 サンルイを入れ込もうと試してみたが、ゆでいいやとなりました。。 FDGのところは、がハマれば強くなるかもしれませんね。 5位:天龍門 演習編成の代名詞。 抜群のがある。 最後まで目を離してはいけないというトラウマを多くの指揮官に植え付けてきたことでしょう。 今となっては飛龍のパワーのなさが目立つも、まだまだ強い編成だと思います。 装備は、相手の前衛を素早く倒して、飛龍を生かす方向に調整しておくのが無難だと思います。 番外編:空母ヘレナ編成 ネタ編成です。 空母でなんとか頑張りたい稀有な人向け。 セントー旗艦なのは、重装甲を上下に配置してウォスパ耐性を上げるためです。 的な楽しさがある。 ジュノーの耐久調整について ジュノーの落ちるタイミングを調整するために、耐久を変更したい場合があります。 耐久を落とすのに考えられる方法は以下のようなものがあります。 EX勢は未強化の真珠の涙を持っているかもしれませんが、それ以外のほとんどの人は強化してしまっているでしょう。。 強化レベルを変更できたらいいのになと思うことがたまにあります。 原理的にできる最大を追求する場合、ここまで考慮できたらいいですね。 配置について 相手の配置に合わせて、自分の配置をどのように並べるのが良いか迷いますよね。 天狸帝のようなグッドスタッフ編成は配置に縛りがないので、特に迷います。 以下の2点を考慮して配置すると良いと感じています。 火力の高いウォスパとFDGは、天城より優先して生き残したいです。 天城をガチガチに固めているのでデコイのように使えますが、ウォスパだけは天城で受けるのは荷が重い印象です。 逆に、相手のウォスパは優先的に狙って早く落としたいです。 防衛編成について 防衛編成を強くしたい場合、前衛の位置が相手寄りになることを考慮して調整します。 防衛はこれを生かすことができます。 特に天狸帝を防衛に置く場合に有効です。 バフがないため前衛に対するダメージが減り、ジュノーを事故らせる確率が高くなります。 例えばウォスパを旗艦にして、ウォスパとFDGの火力を分散させる狙いも十分有効だと感じています。 攻め側のジュノーは落ちにくいので、ウォスパと天城だけでも主力を落としやすいです。 天城を旗艦に置かないことで、天城のが前衛に当たりにくくなるため、これによってもジュノーが落ちにくくなります。 この配置は防衛ウォスパが相手のウォスパから狙われないメリットがあります。 計画艦3期について ドレイクが唯一のDR艦で期待できますね。 今の演習トレンドは戦艦4隻+ジュノーだと感じているので、ドレイクが吾妻のように戦艦並みのスペックであれば、戦艦5隻+ジュノーになってくるのかなと考えています。 はとても強いのですが、たまにすぐ落ちることがあるので、この点が解消されるだけでもドレイクを入れてみたいなと思います。 uniheraction1618 ジャンヌが非常に面白いキャラだと感じたので、これについて書いていこうと思います。 海域攻略で使いやすいし、演習でも一航戦をメタれる点で面白いと感じます。 ただ一航戦に刺さるとはいえ、すでにいないも同然なので主な運用は海域攻略になるかなと思います。 特に13-4ボス編成がより安定するようになった点は個人的に大きいです。 《神聖なる祈り》 このスキルがジャンヌのすべて 耐久の6%分のバリアを前衛全員に張ることができ、バリアの耐久値を超えた分は無敵状態に入ることにより無効化できます。 おそらくこの編成でS勝利を逃すことはない気がします 安全海域の話。 ジャンヌのタイムテーブルが空母と良く合うため、想像以上に前衛が生き残るようになりました。 空母は約20秒間隔で発艦します。 航空攻撃中は敵がいなくなるため、前衛はほとんどダメージを受けません。 ジャンヌのスキルは10秒後、30秒後、50秒後のように、航空攻撃の間を埋めて前衛を保護してくれます。 <参考動画> 13-4 withジャンヌ — Nardin Nardin1618 ジャンヌのおかげで、先頭キャラが落ちてS勝利を逃すパターンをなくせるのがいいですね。 なおウォスパの装填を上げておくと、が生き残ったパターンのーが速いメリットがあります。 手動ならバリアの無敵時間を生かして魚雷接射も行えます。 ジャンヌは某海域ティア表の評価がT2ですが、個人的にT0です。 最近のイベントで配布されるポイント交換キャラはどれも強い気がします。 おまけ(リシュ姉の話) 同時に実装されたですが、演習環境を変えるほどではないかなと感じました。 一番の理由はバフを生かせるキャラがいないからです。 唯一の候補はサンルイですが、それでも吾妻でいいかなと思いました。 前衛は吾妻・ジュノー・が完成されています。 はスキル的に旗艦運用となるため、グッスタ編成に組み込まれます。 は非常に高い性能がありますが、それでもFDGとウォスパの演習適正を超える域にはないと判断しています。 その次にくるぐらいには強いのですが。 演習において虹砲を扱えるかは重要なファクターです。 強化ではなく強化であればもっと強かったかもしれません。 には「破甲効果」があるため、虹砲を複数積む価値があります。 また、は開幕ガチャが仕掛けられるため、これを重要視するなら組み込む理由になります。 個人的にはガチャを仕掛けないといけない時点で負けなので、この点の評価は低いです。 (上振れ編成はその魅力があるので、好きな人は使うと思います) 計画艦3期でのバフを生かせるキャラが来たらワンちゃんあるかなぐらいに感じています。 でもが有効な海域では無双しそうです。 どちらの火力期待値が高いのか?という疑問です。 結論を言うと、バフなしならどっちもどっち、バフありなら134mmが良いかなと思います。 ただし、ジャイロを1つ積むのが前提です。 ジャイロを積まないのであればSTAAGのほうが火力が出ます。 以下、詳しく見ていきます。 演習で当たることの多い、吾妻とについて調べています。 吾妻は回避低めで、は回避高めであるため、両方を調べておけば他の艦船はだいたいがその間になります。 024 165 93 75. 吾妻の設備は金舵+ジャイロです。 最も一般的な装備だと思います。 これにSTAAGと134mmの載せて火力期待値を比較しています。 一番上が対空なし、2番目がSTAAG、3番目が134mmを載せたときの結果です。 吾妻は砲弾の飛行距離でも威力が変わるので確認するときは注意 吾妻の回避が低いためか、134mmのほうが期待値は高くなりました。 024 206 203 55. 回避の高いが相手の場合、STAAGのほうが期待値は高くなります。 この時点でどちらが良さそうでしょうか 吾妻相手には134mm、にはSTAAGが良いので優越つけ難いですね 先頭の吾妻に攻撃が当たりやすいから134mm、を削るのが重要だからSTAAGだ、などいろいろ意見が割れそうです。 分岐点は相手の回避が155です。 これ以上回避が高い相手にはSTAAGが有利になります。 また、20秒後の確率発動スキル「ミズホの直感」を考慮すると134mm優勢かもしれませんね。 ちなみに、ジャイロを積まない場合は吾妻相手でもSTAAGのほうが期待値が高いことを注意書きしておきます。 バフ がいる編成では命中が20%アップします。 これにより134mm優位に働くと予想されるため、バフありで確認します。 対吾妻はもとから134mmのほうが期待値が高いため省略します。 024 206 203 60. これは並みの数値です。 バフがある場合、に対してSTAAGと134mmでほぼ有意差はないと判断しています。 そのため、回避がより低い編成相手 吾妻・ジュノー・など であれば、吾妻は134mmのほうが良いと思います。 なので天門系に組み込む吾妻は134mmが良さそうです。 024 206 203 60. ジャイロ2積みの場合は、134mmのほうが期待値は高いです。 これはバフなしでも、ジャイロ2積みの場合は134mmのほうが良いという結果です。 演習編成 演習編成は全体の最適化が求められます。 全体の総火力が最も高くなるように設計する必要があります。 少なくともがいない編成では吾妻をSTAAGにし、134mmは他のキャラの火力上げに使うのが良いと思います。 最後にオススメの天狸帝構成を載せておきます。 とりあえず調べるならココ。 企業のが死んでいる中、最も活用されているサイト。 有志に感謝。 演習における強編成を紹介している。 装備も抜かりがない。 相手探しに苦労してそう。 虹砲2積みの相手に期待。 安全海域とは言え、オートでS勝利を安定させるのはかなり難しいと思います。 ここでは可能な限りS勝利を安定させることに注力しました。 ボス編成 陣形は輪形陣です。 S勝利を逃すほとんどの原因は前衛が落ちてしまうことです。 そのため前衛で最も落ちにくい中華メンバーを採用するのが良いと思います。 ユニコやで前衛を保護することも考えられますが、120秒以内にクリアすることが難しくなります。 安定して120秒以内にクリアするために、主力は火力に寄せました。 戦艦2だと航空攻撃がかなり痛くなります。 装備について 前衛は耐久重視で全員が金舵+応急です。 主砲は対空を上げる目的で、シアトル砲 Mk17 にしました。 ウォスパの自動装填は必須で、これがあることで120秒前に主砲を撃つことが出来ます。 VF-17中隊 は発艦後8秒間対空が上がるため、航空攻撃後に対空が手薄になる時間を守る目的でセントーより発艦の遅いエンプラに載せました。 は通常の500lb爆弾より攻撃力が高いため、バフがのるエンプラというのも合っていると思います。 もしなければ烈風で代用できます。 対空砲に関しては、オートであれば範囲の広いルンバが安定すると思います。 13-4 S勝利 オート編成 — Nardin Nardin1618 潜水艦なしで安定してSが取れると思います。 下記の1編成でボス含めて全艦撃破 星3 が可能です。 道中編成 ボスも撃破可能 FDGとが完成して、より強い編成が組めるようになったと思います。 のスキルは耐久の割合が一番低いキャラを回復するため、全員がダメージを受けた状態になることが多く、明石の全体回復と良く合います。 ユニコをに変えたことで、《装填指揮・前衛》が被ってムダになっていた点も解消されました。 回復で守られた中華姉妹は硬すぎます。。 旗艦はFDGにしていますが、割と誰でも良いと思います。 もし弾切れ後も考えるなら、火力が高い艦船が良いと思います。 この編成で道中~ボスまで戦った結果を載せておきます。 弾切れ状態から大型航空艦隊と6戦 オート しました。 結果 まだまだ余裕があります。 明石の緊急補修は使っていません。 この後、弾薬を取ればもオートで倒せます。 (さすがに弾切れでボスは倒せませんでした。。 ) ボスS勝利にするには潜水艦が必要です。 道中編成も詰めればここまで行けるんだなと思いました。 ボスS勝利にこだわらなければ1編成だけで全艦撃破大丈夫でした。 さすがに無理かなと思ったけど、全然余裕でびっくり 13章も1編成で全艦撃破できる時代。。 FDGのおかげ感はありますが さらに安定させたいなら、サンディエゴを入れて対空を上げると良かったです。 弾切れで大型航空艦隊と戦っても、ほとんど削られません。 現在、最も強い海域編成を上げるならコレかなと思います。 の主力を回復できる点が圧倒的な安定感に繋がっています。 回復キャラは 1位 2位 明石 3位 ユニコ の順番で重要だと思います。 13-4の1編成全艦撃破は&明石以外では厳しい気がします。 続き uniheraction1618.

次の

アズールレーン(アズレン)攻略 Wiki

アズレン 海域 最強

また1戦に1度だけ瀕死時に耐久を少量自己回復できるので、多少の連戦能力も有する。 最新改造実装キャラ ヘレナ、初霜ともに攻撃面に尖った性能だったが、 改造内容は防御面を広く強化するものとなった。 高難易度帯では対空面も重要視されることから、今回の改造でそれらの弱点を克服できたのは大きい。 元々強力だった既存スキルも強化され、SGレーダーの有無により発動タイミングを調整できるようになっている。 魚雷でダメージをだすこともでき、海域攻略から演習まで幅広く活躍できる。 スキル効果によって雪風と組む事で雷装値が更に高まり、そのおかげもあって攻撃能力においても綾波改などと比較して遜色ないレベルに達している。 反対に敵の魚雷ダメージは軽減可能など、全スキルの強化は必須だが、 完成の暁には攻撃面・防御面・連携力ともに優秀な軽巡へ成長する。 雷装値の高い駆逐艦と同時編成するだけで活躍を見込める。 制空・対空が重要で 空母を多用したい後半海域で真価を発揮し、1・2回目の戦闘では空母のダメージ軽減効果も発揮できるので、主力の被弾が免れない後半海域のボス用艦隊としても重宝する。 また、軽巡としてはトップクラスの対潜値を持つ点も覚えておけば役に立つだろう。 主砲ダメージ強化スキルと優秀な全弾発射も持ち、火力面も申し分ない。 ステータスも優秀で、全体的に隙のない性能を持つ。 艦隊の先頭か否かでダメージ軽減か対空アップかを選べるが、どちらの効果もかなり高いので、 「攻撃に耐える・強力な主砲で反撃する」という副砲型重巡に要求される基本要素を高いレベルで実現できている。 全弾発射も強力で、ダメージも十分だすことができる。 魚雷の枠も削れておらず、潜水艦としての仕事もソコソコこなす万能キャラだが、水上機の運用において防空艦には注意を払いたい。 また、到着時の戦艦強化も地味だが強力。 味方潜水艦の被ダメも下げるので事故防止としても強く、通商破壊など潜水艦の被弾が多いステージが安定する。 因みにアルバコアが同行した場合の強化は浮上離脱時の弾幕に対してのみなので、無理に同時編成してなくてもOK。 ただし潜航値が下がるデメリットが辛いので、 スキル強化でデメリットを軽減して運用することが前提となる。 手動照準による確定クリティカルが強力な他、特殊弾幕の炎上効果は同時実装されたアルジェリーと相性が良い。 更に対装甲補正に優れた特殊弾を備え、装甲を問わず安定したダメージを保証。 ティルピッツとは戦艦同士のため同時編成すると本人のスキル効果は失われるが、それ以上の強化付与が可能で問題にならない。 【運用上の注意】 軽巡副砲の射程が伸びる代わりに砲門数が少なく 接近戦を苦手としている。 演習等においては鉄血前衛艦の粘り強さを活かして相手を近づけない立ち回りを行いたい。 既存スキルにもメスが入り、開幕発動が10秒に短縮された上、威力も上がった。 対潜機が搭載可能になった利点は今後の対潜水艦任務の動向で評価が左右されるだろう。 加えて、特殊弾幕スキルと高いステータスを持つ優秀なキャラ。 戦艦だがスキルで魚雷を発射することもでき、ステータスも高い。 更に 移動速度ダウンスキルを持ち自爆ボート迎撃も得意と、戦艦でトップクラスの性能を持つ。 しかし、育成にはかなりの時間がかかる。 装填値をアップする効果もついており、攻撃とサポートを同時にこなせる。 さながら長門などの旗艦キャラのような恩恵があるが、 1つを除いて配置を選ばず陣営に関係なく効果を発揮するので、あらゆる編成を検討できる。 初回の航空攻撃を行うまでの時間を短縮するスキルを持つので、先手をとることが重要な演習で強力なキャラ。 加賀とほぼ同性能だが、装備補正に若干の違いがある。 加えて特殊航空攻撃を獲得しており攻撃力自体は増しているので、 速攻力を若干下げて攻撃力を上げた赤城といえる。 魚雷でダメージを稼くこともでき、ロイヤル陣営なのでクイーンエリザベスのスキル対象にもなる。 装填値を大幅アップできるスキルも所持しており、総じて主砲での攻撃に特化した性能を持つキャラ。 自身に追従する特殊兵器が発射する弾には減速効果があり、鈍足化した敵艦の耐久を僚艦と共に確実に削り取っていく。 【注意点】 砲撃能力とは対象的に、雷撃は不得意。 「情報レポート・北極要塞」など駆逐艦でも大きく火力値を上げられる設備が同時実装されているので、雷撃は補助と割り切り、長所を更に伸ばす設備構成を行うのも悪くない。 高いクリティカル率を誇り通常の運用でも十分強力だが、駆逐艦に対して特に高い命中力と火力を発揮し、スキルで弾速の増した主砲は、 高速で動く駆逐艦を正確に射抜ける。 【注意点】 欠点らしい欠点はないが、素の回避値が少し低いので、回避系の設備で補うと高めの耐久値を更に活かせる。 砲撃能力に優れ、開幕30秒は回避と雷撃値も上昇している。 開幕強化は時間経過で徐々に薄れるが、 敵撃破や砲撃命中を重ねることで自身や味方駆逐艦を強化可能。 素早い殲滅と正確な射撃を要求する為、強力な駆逐艦だが本領は手動操作において発揮される。 この航空攻撃は空母の航空攻撃同様に弾消しが可能で、力技で敵艦の攻撃を回避できる回数が増える。 爆撃ダメージはそれなりだが、特殊航空攻撃は雷装値を参照するので、フブキの高い雷装値を活かせる点が嬉しい。 一方で、 前衛が1隻でも落ちると効果が解除される点は注意が必要。 自身が炎上している限り火力・雷装・対空・回避値が2割増しする点も強力で、攻守ともに頼りになるが、軽巡にしては速力が遅い。 主砲の選択次第で性能が大きく変化するが、今まで通りの役割を期待するなら重桜製主砲の採用を推奨。 特に 高いクリティカル率や相手の回避を下げるスキルは相手にとって驚異となり得るが、対空においてはスキル頼みであり、敵機の迎撃が安定しない場面もある。 空母の命中を上げられる点で他にないメリットを持つが、自身の強化においては条件が少々厳しい。 また同型のダイドー級を強化可能で、自身の強化効果も豊富に揃っている。 エリザベスを編成した場合はそちらのスキル効果も当然乗るので、 条件が揃った場合の強化幅は相当な数値。 改造で追加されるスキルも同様に、駆逐艦と出撃した際に攻撃能力を上昇させるものなので、よりその傾向が強まっている。 逸仙と同時編成で回避率が大きくアップし、非常に高い生存力を持つようになる。 ノーマル海域は重桜陣営の敵が多いので活躍しやすい。 編成が完成さえすれば、高難易度の連戦を楽々こなせるように。 巡洋艦は強力なキャラが多いのでスキルが活かしやすい。 旗艦の被ダメージを軽減できるスキルを持ち、主力艦隊への攻撃が多い高難易度海域で活躍しやすい。 特に高難易度の低燃費周回に適性があり、攻略時も十分活躍できる性能。 スキル構成も全艦与ダメージアップと対空値アップで無駄がない性能。 消えたデメリット分と対装甲補正が安定する特殊弾薬の採用で、砲撃性能は更に期待が持てるようになっており、副砲型の長所を活かせる調整といえる。 砲撃や特殊弾幕で敵艦を炎上させることでもダメージ強化を得られ、自己強化と合わると大幅に火力が上昇する。 また、 手動操作時に速力が上がる珍しい特徴を持ち、速力上昇時は軽巡並の速度を発揮可能。 主砲を徹甲弾に固定するので砲性能のみで主砲を選べる上、通常の徹甲弾より倍率が高めに設定されている。 また、ユニオンに限定されるが 空母の航空値に貢献できる重巡は希少で、編成の幅を広げてくれる。 また、 瀕死時に自己修理が出来るキャラなので、彼女に先頭を任せると安定感が増すだろう。 主砲で安定したダメージをだしつつ魚雷でのダメージも期待できるため、攻撃性能が非常に高い。 追加スキルも得意な主砲攻撃を強化する類で、自身も活躍しつつ砲術指揮で前衛を支援する器用な艦に仕上がった。 育成すると開幕から魚雷を2個ストックでき、演習では戦闘開始直後から敵に大ダメージを与えられる。 ステータスも高水準。 基本性能がとにかく優秀なので、スキルに頼らず活躍できるのが魅力。 入手も比較的容易で重巡を育てる際、もし手元にいれば最初に育てておけば末永く活躍してくれる。 重巡の弱点である回避値も補完され、スキルによって榴弾に耐性を持てる為、 攻守両面において重巡としての活躍が期待できる。 全弾発射自体も扱いやすい弾幕を形成するため、 全弾発射の連発を期待して軽巡主砲を装備したい。 火力と装填を強化するスキルの条件も緩く、中装甲だがスキル効果で貫通弾にも強いため、弱点らしい弱点の見当たらない優秀な重巡。 開幕からの立ち上がりが劇的に速くなっており、演習などでも副砲型の多い対戦相手なら出鼻を挫くことができる。 実はポラリスで元と比べて最も強化されたキャラかもしれない。 他者を強化する能力こそ無いが、優秀な装填と雷装を有している為、 高いダメージ上昇効果と合わせてメインアタッカーとして活躍する。 自身も優秀な装填・雷装値を確保しており強力だが、鉄血潜水艦全体の課題として潜航力が低い為、改良型シュノーケルなどで補いたい。 別働艦隊を支援できるスキルも新しい。 特殊弾幕も所持しており一定以上の攻撃力も有しているが、弾幕の威力は最高クラスの物と比べると若干控えめとなっている。 主要ステータスのほとんどを強化できるうえ、常時発動するため非常に強力。 自身の戦力は高くないが、ロイヤルの主軸となるスキルを持つため、 陣営で固める場合に彼女がいないと落ち着かないという指揮官もいるだろう。 画面全体を覆うような弾幕のため、敵を一掃することが可能。 魚雷弾幕は開幕10秒で放たれるため先制奪取に強く、後追いで主砲弾幕も襲う為攻撃において隙がない。 また、 赤城の「一航戦」の対象になっている為、空母二隻以外の編成も視野に入った。 与ダメージを倍にするスキルを持っており、このスキルがシンプルながら非常に強力。 軽装甲にはやや弱いが、ダメージUPスキルが使いやすく、自身のステータスも高水準。 クリティカル率アップに加えて威力高めの特殊弾幕を備えるなど 攻撃力に関しては申し分なく、キズナアイの編成がスキルの発動条件に含まれていない為、編成に係わらず戦力として期待できる。 更に、対空値が戦艦中では高いので、戦闘回数が多く航空機が多数飛来する 後半の海域で真価を発揮する。 逆に撃破数の稼げない演習では立ち上がりが遅くなりがち。 しかし弾幕性能自体は強力で、 前衛を魚雷から保護するスキルもあり無二の役割を持てる。 演習の開幕魚雷などは脅威度が高い為、保護スキルが特に活躍する。 ステータスも高く、キャラ単体で与えるダメージは空母でトップクラス。 スキルの発動で一定時間の無敵化までおこなうので、演習では彼女一人だけ生き残っていることもしばしばある。 また、特殊攻撃には戦艦系の装甲破壊効果も付与されているので、相性がよければ演習やボス戦でも活躍できる。 【注意点】 「恐れなきFighting I」は緊急時以外は効果を発揮できず、緊急回避用のスキルとしては効果が若干物足りない。 また、「ツイン・ドライ」も安定した戦場では実質的に攻撃強化回しか活きない。 重装甲で耐久値も高く、打たれ強いのも魅力。 爆撃機での範囲攻撃とスキルでの単体攻撃を両立しており、非常に優秀なキャラ。 効果の程は「役」という不確定要素が混ざるが、通常の航空攻撃とタイミングをずらせるので、絶え間なく航空機を飛ばしていける。 瀕死時に長時間無敵化するスキルは、特に演習で役立つだろう。 しかし、この ズレは絶え間ない航空攻撃を行う上で重要であり、海域においては航空攻撃のタイミングを細かく刻めることで戦果が安定する。 この事から長時間戦闘になり観測機が活きる 高難易度海域への適正が高い。 戦艦編成の旗艦として起用する場合の恩恵も大きいが、配置の関係上戦艦の特殊弾幕などが効果を発揮しづらい事には留意したい。 自身の攻撃は勿論、他の艦の高火力攻撃と手動で合わせる事で、それらの命中力を飛躍的に上げられる。 その他にも浸水付与や戦闘機枠に爆撃機を使用できるなど、見るべき点の多い空母。 支援寄りの空母という色が強いが自身も特殊航空攻撃を備え、スキルを強化すれば確定で発動するようになるため、 手を掛ければ火力面も決して低くないバランスの良いキャラになる。

次の