ポケモン 剣 盾 ガオガエン。 【ソードシールド】ガオガエンの育成論!高い汎用性のサブアタッカー!【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】「ガオガエン」の型ってどんなのが強いんだ? すてゼリフ覚えたしスカーフ型も強いよな?

ポケモン 剣 盾 ガオガエン

場に出たときに相手の攻撃の能力ランクを1段階下降させる。 「いかく」のおかげで多くの物理ポケモン相手に後出しできるため、いわゆるクッションと呼ばれる役割を持つことができ、パーティの潤滑油的働きをしてくれます。 優秀なタイプ 現環境覇権タイプであるゴーストを半減で受けられる悪タイプと、悪タイプの弱点であるフェアリーに耐性を持つ炎タイプの複合です。 これのおかげで ミミッキュや物理型のドラパルトといった環境上位のゴーストタイプに後出しが可能となっています。 短所 「ステルスロック」の定数ダメージが大きい 場に出た回数だけ得をする特性「いかく」とそれを活かす交代技を駆使して戦うポケモンにも関わらず、場にでるたびにダメージを与える「ステルスロック」を通常の2倍ダメージで受けてしまいます。 そのため、 相手に「ステルスロック」を撒かれた途端に得意の戦法を押し付けることが難しくなります。 戦法がゲームシステムと相性が悪い ガオガエンに受けを一任し、後続の低耐久高火力アタッカーに被弾させずに行動するというのが基本の戦法(いわゆる『後攻とんボル』)となります。 しかし、今作から登場したダイマックスというゲームシステムがすべてのポケモンに超高耐久となれる可能性を与えているため 縛り関係が曖昧となり、攻撃を1体のポケモンに託す戦術は不安定なものとなってしまいました。 ・相手の攻撃を受けつつ後攻「すてゼリフ」で後続のアタッカーを安全に繰り出す 努力値調整 HP:振り切り B:繰り出し回数をできる限り増やしたいので特化 D:端数 役割 クッション 解説 物理アタッカーに繰り出し、 後攻「すてゼリフ」で相手の攻撃力を削ぎつつ交代することで後続のアタッカーを無傷で場に出すことができます。 トゲキッスなどの特殊アタッカーの「ダイジェット」を止める手段は持ち合わせていないので、絶対に対面しないよう 「すてゼリフ」や「とんぼがえり」といった交代技を駆使し極力場に残らないよう立ち回る必要があります。 参考パーティ 使用者:塩麴() 使用者:ゆかい() ガオガエンと相性が良いポケモン 高火力低耐久ポケモン• ガオガエンでサポートするアタッカー役です。 攻撃はガオガエンが引き受けてくれるため耐久値を気にする必要はなく、 行動したときに得られるアドバンテージが大きいこれらのポケモンと組み合わされることが多いです。 ミミッキュに強い受けポケモン• 何かしらの物理ポケモン+剣舞ミミッキュでガオガエンに役割集中を仕掛けてくる場合が多々あるため、これに対して切り返せるようミミッキュに強い受けポケモンを同時に採用することが望ましいです。 また、上記の2体は相手の特殊水ポケモンにも強いためガオガエンが苦手とする範囲をカバーする役割をもこなすことができます。 ガオガエンの対策 技「ステルスロック」• 前述の通り、ガオガエンの得意とするサイクル戦を封じることができます。 ただし、いくら「ステルスロック」を撒いたとしても相手のエースポケモンに3タテされては意味が無いので、後続のアタッカーに対してサイクル戦を仕掛けられる準備が必要です。 高火力特殊水ポケモン• これらのポケモンはガオガエンへの安定が安定し、かつガオガエンとの対面が作れた場合にかけられる負担が大きいです。 上記の「ステルスロック」と組み合わせ、水ポケモンの圧力で交代技を強要し「ステルスロック」による定数ダメージを与えるとより効果的な対策となります。

次の

【ソードシールド】ガオガエンの種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ガオガエン

5倍になる。 第8世代からは、特性『きもったま』『せいしんりょく』『どんかん』『マイペース』の相手には無効。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手のポケモンを強制的に交代させる。 野生のポケモンの場合は戦闘を終了する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダイマックスしている相手には無効。 野生のポケモンの場合、相手が自分のレベルより高い場合は失敗する。 第6世代は命中率:90 Lv. 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 必ず後攻になる 優先度:-4。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 第6世代は威力:20、PP:15 レコ. 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 変化技を使えなくする レコ. 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる 第6世代以降。 ダイマックスしている相手には無効。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分が『こおり』状態の時でも使う事ができ、使うと『こおり』状態が治る。 また、威力が150になる。 相手の『ぼうぎょ』ランクを1段階下げる。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 ダブルバトル用。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 [『ガオガエンZ』を持たせると『DDラリアット』がZワザになる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると、威力が2倍になる。

次の

【ダブル】ガオガエンの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ポケモン 剣 盾 ガオガエン

場に出たときに相手の攻撃の能力ランクを1段階下降させる。 「いかく」のおかげで多くの物理ポケモン相手に後出しできるため、いわゆるクッションと呼ばれる役割を持つことができ、パーティの潤滑油的働きをしてくれます。 優秀なタイプ 現環境覇権タイプであるゴーストを半減で受けられる悪タイプと、悪タイプの弱点であるフェアリーに耐性を持つ炎タイプの複合です。 これのおかげで ミミッキュや物理型のドラパルトといった環境上位のゴーストタイプに後出しが可能となっています。 短所 「ステルスロック」の定数ダメージが大きい 場に出た回数だけ得をする特性「いかく」とそれを活かす交代技を駆使して戦うポケモンにも関わらず、場にでるたびにダメージを与える「ステルスロック」を通常の2倍ダメージで受けてしまいます。 そのため、 相手に「ステルスロック」を撒かれた途端に得意の戦法を押し付けることが難しくなります。 戦法がゲームシステムと相性が悪い ガオガエンに受けを一任し、後続の低耐久高火力アタッカーに被弾させずに行動するというのが基本の戦法(いわゆる『後攻とんボル』)となります。 しかし、今作から登場したダイマックスというゲームシステムがすべてのポケモンに超高耐久となれる可能性を与えているため 縛り関係が曖昧となり、攻撃を1体のポケモンに託す戦術は不安定なものとなってしまいました。 ・相手の攻撃を受けつつ後攻「すてゼリフ」で後続のアタッカーを安全に繰り出す 努力値調整 HP:振り切り B:繰り出し回数をできる限り増やしたいので特化 D:端数 役割 クッション 解説 物理アタッカーに繰り出し、 後攻「すてゼリフ」で相手の攻撃力を削ぎつつ交代することで後続のアタッカーを無傷で場に出すことができます。 トゲキッスなどの特殊アタッカーの「ダイジェット」を止める手段は持ち合わせていないので、絶対に対面しないよう 「すてゼリフ」や「とんぼがえり」といった交代技を駆使し極力場に残らないよう立ち回る必要があります。 参考パーティ 使用者:塩麴() 使用者:ゆかい() ガオガエンと相性が良いポケモン 高火力低耐久ポケモン• ガオガエンでサポートするアタッカー役です。 攻撃はガオガエンが引き受けてくれるため耐久値を気にする必要はなく、 行動したときに得られるアドバンテージが大きいこれらのポケモンと組み合わされることが多いです。 ミミッキュに強い受けポケモン• 何かしらの物理ポケモン+剣舞ミミッキュでガオガエンに役割集中を仕掛けてくる場合が多々あるため、これに対して切り返せるようミミッキュに強い受けポケモンを同時に採用することが望ましいです。 また、上記の2体は相手の特殊水ポケモンにも強いためガオガエンが苦手とする範囲をカバーする役割をもこなすことができます。 ガオガエンの対策 技「ステルスロック」• 前述の通り、ガオガエンの得意とするサイクル戦を封じることができます。 ただし、いくら「ステルスロック」を撒いたとしても相手のエースポケモンに3タテされては意味が無いので、後続のアタッカーに対してサイクル戦を仕掛けられる準備が必要です。 高火力特殊水ポケモン• これらのポケモンはガオガエンへの安定が安定し、かつガオガエンとの対面が作れた場合にかけられる負担が大きいです。 上記の「ステルスロック」と組み合わせ、水ポケモンの圧力で交代技を強要し「ステルスロック」による定数ダメージを与えるとより効果的な対策となります。

次の