ホロ の アクション。 愛しのホロ【韓国ドラマ】キャスト・あらすじ・感想・評価・視聴率!

会社の「磨き上げ」に向けたアクション

ホロ の アクション

「愛しのホロ」あらすじ・キャスト・スタッフ あらすじ 最先端のAI人工知能技術を駆使して作られた、特殊なメガネをかけた人だけに見えるホログラム=ホロ。 幼い頃のある事件のトラウマから失顔症になってしまい、そのため人付き合いも苦手で孤独に生きてきたソヨンは、ひょんな事からホロのテストユーザーになる。 そのホロの開発者ナンドはホロと見た目はそっくりだが、中身は正反対の「愛を知らない男」。 放送: 2020年 スタッフ : 演出:イ・サンヨプ「ショッピング王ルイ」「知ってるワイフ」 脚本:リュ・ヨンジェ「交渉人~テロ対策特捜班」「犬とオオカミの時間」 原題:나 홀로 그대(ナ ホルロクデ)私一人のあなた キャスト• ホロ&ナンド役:ユン・ヒョンミン「」「愛の迷宮-トンネル-」• ソヨン役:コ・ソンヒ「マザー 無償の愛」「あなたが眠っている間に」• チェ・ヨジン:「ごめん、愛してる」「ラブリー・スター・ラブリー」• ファン・チャンソン(2PM)「キム秘書はいったい、なぜ?」「七日の王妃」 恋したのはホロか?それとも? ホロって、言ってみれば今もiOSに搭載されている Siriみたいなものですね。 もしくはアレクサ? Hey Siri!と声掛けて「おしゃべりしようよ」と話しかければ「もちろんです」と答えてくれるSiri。 (まぁ大したおしゃべり出来ないけど) これの超進化版。 失顔症のため孤独に生きてきたソヨンの前に現れたのは、そんなホロ。 メガネをかけて 「ホロや~」と声を掛ければその場にすっと現れて「どうしたの?僕はここにいるよ」とほほ笑むホロ。 本物の人間かと見紛うほどのリアルさで、メガネをかけたその人の瞳の中にだけ映るのです。 雨降る中しゃがみこむソヨンに、ホロがそっと手をかざしてくれる。 そして 「つらい時には僕に話して」。 もちろんホロの手をかざしたところで雨はしのげないのだけれど、その優しさこそが孤独に凍てついていたソヨンが求めていたものなんですよね。 幼い頃母に捨てられたという記憶から、愛に対して冷めていて人に心を開くことができない男。 (あー、やばい。 実はそのナンドにとっても 人工知能のホロだけが唯一の 心を許せる友なのです。 失顔症のため自分とホロの顔が一緒であることに気づけないソヨンを「面白いテストユーザーだ」と最初は利用しているつもりだったのですが、ホロを通じて彼女を知るにつれ、徐々にソヨンの事が気になってきます。 彼女を見張る!なんていう大義名分で、隣の部屋に越してきちゃうナンド。 彼女とホロを守るため、ホロの振りをして彼女のそばにいるナンド。 「」に出てたあの検事役だったとは!全然印象違う。 ソヨンがホロに恋心を抱き始め、ホロがその思いを受け止めようとし始めるところから、ちょっとストーリーが分かりにくくなってきます。 そこでのナンド達の反応が「まさか!」と驚いて プログラムを消去しようとする…。 いやいや、最先端AI開発者と会社の対応がこれー?! 原則を守らないホロを 「あの女のそばにいるせいだ!ホロがバグをおこしている」って。 記憶データのバックアップ取ってないの?!• プログラムだけ修正できないの?!• ハードそのものを手に入れないとホロの暴走を止められないってどういうこと?• このライバル社とのやりとりも稚拙!!悪役の描き方も適当すぎて安っぽかったかも。 更に!! ナンドが12歳の時に自殺と見せかけて自分の記録を抹消してしまったエピソード。 実は天才ハッカーであったナンド少年は、政府のコンピュータにアクセスしようとした犯罪を犯してしまったため、ホロの力を借りて自分自身の存在を消しているのですよね。 そのためナンドは現在は社会的には 存在しないはずの幽霊のような人物、という設定になっています。 これ必要だったかなー?何にも生かせてない気がしたのですが、気のせいじゃないですよね。 脚本が途中で変わったのでしょうか。 ちょっとここもツッコミどころ満載です。 でも父のいいなりからの一人立ちをする熱演、良かったです! チェ・ヨジンさん、結構ベテランですが私はあまりなじみのない女優さんでした。 個性的な雰囲気が 「ナンドの姉」という役柄にぴったりで、彼女の存在感がこのドラマのスタイリッシュな雰囲気の引き締め役になっていた気がします! まとめ感想 色々とケチつけましたが、それでも全体的にはナンドとソヨンの「最初はお互い悪印象なのに、どうしようもなく惹かれあう」っていうのがすごく胸キュンで、好きなドラマでした。 最初はホロに惹かれていたソヨンがいつしかナンドの事が気になってしょうがなくなる様子や、自分ではソヨンを幸せに出来ないと、ホロにソヨンの事を託すナンドなど、 恋愛のやりとりでは見どころが多くて、12話があっという間だったかも。 また、二人のラブストーリーだけでなく、ホロというAIの存在がとても温かみ溢れるキャラとして描かれていて、ホロとの友情物語も涙ほろりでした。 AIだけどナンドにとってはかけがえの無い親友であり、最終的にソヨンにとってもそうなったホロ。 最後は 「人間から恐れられる」ことも、また 「悪用されること」も望まないホロは、自ら消えることを選びます。

次の

Twoucan

ホロ の アクション

「愛しのホロ」あらすじ・キャスト・スタッフ あらすじ 最先端のAI人工知能技術を駆使して作られた、特殊なメガネをかけた人だけに見えるホログラム=ホロ。 幼い頃のある事件のトラウマから失顔症になってしまい、そのため人付き合いも苦手で孤独に生きてきたソヨンは、ひょんな事からホロのテストユーザーになる。 そのホロの開発者ナンドはホロと見た目はそっくりだが、中身は正反対の「愛を知らない男」。 放送: 2020年 スタッフ : 演出:イ・サンヨプ「ショッピング王ルイ」「知ってるワイフ」 脚本:リュ・ヨンジェ「交渉人~テロ対策特捜班」「犬とオオカミの時間」 原題:나 홀로 그대(ナ ホルロクデ)私一人のあなた キャスト• ホロ&ナンド役:ユン・ヒョンミン「」「愛の迷宮-トンネル-」• ソヨン役:コ・ソンヒ「マザー 無償の愛」「あなたが眠っている間に」• チェ・ヨジン:「ごめん、愛してる」「ラブリー・スター・ラブリー」• ファン・チャンソン(2PM)「キム秘書はいったい、なぜ?」「七日の王妃」 恋したのはホロか?それとも? ホロって、言ってみれば今もiOSに搭載されている Siriみたいなものですね。 もしくはアレクサ? Hey Siri!と声掛けて「おしゃべりしようよ」と話しかければ「もちろんです」と答えてくれるSiri。 (まぁ大したおしゃべり出来ないけど) これの超進化版。 失顔症のため孤独に生きてきたソヨンの前に現れたのは、そんなホロ。 メガネをかけて 「ホロや~」と声を掛ければその場にすっと現れて「どうしたの?僕はここにいるよ」とほほ笑むホロ。 本物の人間かと見紛うほどのリアルさで、メガネをかけたその人の瞳の中にだけ映るのです。 雨降る中しゃがみこむソヨンに、ホロがそっと手をかざしてくれる。 そして 「つらい時には僕に話して」。 もちろんホロの手をかざしたところで雨はしのげないのだけれど、その優しさこそが孤独に凍てついていたソヨンが求めていたものなんですよね。 幼い頃母に捨てられたという記憶から、愛に対して冷めていて人に心を開くことができない男。 (あー、やばい。 実はそのナンドにとっても 人工知能のホロだけが唯一の 心を許せる友なのです。 失顔症のため自分とホロの顔が一緒であることに気づけないソヨンを「面白いテストユーザーだ」と最初は利用しているつもりだったのですが、ホロを通じて彼女を知るにつれ、徐々にソヨンの事が気になってきます。 彼女を見張る!なんていう大義名分で、隣の部屋に越してきちゃうナンド。 彼女とホロを守るため、ホロの振りをして彼女のそばにいるナンド。 「」に出てたあの検事役だったとは!全然印象違う。 ソヨンがホロに恋心を抱き始め、ホロがその思いを受け止めようとし始めるところから、ちょっとストーリーが分かりにくくなってきます。 そこでのナンド達の反応が「まさか!」と驚いて プログラムを消去しようとする…。 いやいや、最先端AI開発者と会社の対応がこれー?! 原則を守らないホロを 「あの女のそばにいるせいだ!ホロがバグをおこしている」って。 記憶データのバックアップ取ってないの?!• プログラムだけ修正できないの?!• ハードそのものを手に入れないとホロの暴走を止められないってどういうこと?• このライバル社とのやりとりも稚拙!!悪役の描き方も適当すぎて安っぽかったかも。 更に!! ナンドが12歳の時に自殺と見せかけて自分の記録を抹消してしまったエピソード。 実は天才ハッカーであったナンド少年は、政府のコンピュータにアクセスしようとした犯罪を犯してしまったため、ホロの力を借りて自分自身の存在を消しているのですよね。 そのためナンドは現在は社会的には 存在しないはずの幽霊のような人物、という設定になっています。 これ必要だったかなー?何にも生かせてない気がしたのですが、気のせいじゃないですよね。 脚本が途中で変わったのでしょうか。 ちょっとここもツッコミどころ満載です。 でも父のいいなりからの一人立ちをする熱演、良かったです! チェ・ヨジンさん、結構ベテランですが私はあまりなじみのない女優さんでした。 個性的な雰囲気が 「ナンドの姉」という役柄にぴったりで、彼女の存在感がこのドラマのスタイリッシュな雰囲気の引き締め役になっていた気がします! まとめ感想 色々とケチつけましたが、それでも全体的にはナンドとソヨンの「最初はお互い悪印象なのに、どうしようもなく惹かれあう」っていうのがすごく胸キュンで、好きなドラマでした。 最初はホロに惹かれていたソヨンがいつしかナンドの事が気になってしょうがなくなる様子や、自分ではソヨンを幸せに出来ないと、ホロにソヨンの事を託すナンドなど、 恋愛のやりとりでは見どころが多くて、12話があっという間だったかも。 また、二人のラブストーリーだけでなく、ホロというAIの存在がとても温かみ溢れるキャラとして描かれていて、ホロとの友情物語も涙ほろりでした。 AIだけどナンドにとってはかけがえの無い親友であり、最終的にソヨンにとってもそうなったホロ。 最後は 「人間から恐れられる」ことも、また 「悪用されること」も望まないホロは、自ら消えることを選びます。

次の

会社の「磨き上げ」に向けたアクション

ホロ の アクション

新規作成した後に他のアクションを確認するなどをした場合 アクションを作成した後、他のアクションを確認するなどをした場合、手順が少し複雑になります。 他のアクションを確認した場合、作成したアクションには自動で参照が追加されてしまいます。 以下のように「2」のマークが付き、参照が追加された状態になっています。 この状態でアクションを削除するため、「アクションのリンク削除」ボタンを押してみます。 すると「ドープシート」上での参照は切れましたが、「0」マークは付かず、該当アクションは残り続けてしまいます。 これは「ドープシート」上で切り替えなどが行われた場合、自動的に「アニメーションエディター」の「保留アクション」にアクションの参照が保持されるためです。 該当アクションを選択して「Deleteキー」で削除します。 アクションが削除されたら「ドープシート」に戻ります。 アクションを確認すると「0」マークが付き、全ての参照が切られた状態になったことが分かります。 これは「ドープシート」上で別アクションを選ぶと、その時点で参照が切れてしまうため、意図しないアクションの削除が発生してしまう事の対処のようです。 この対処により、ユーザはアクションの保存について、参照を意識する必要がありません。 一方で、削除の際はどこが参照を持っているか分からず、困惑することになります。 「ドープシート」はあくまでアクションの一時的な編集を行う箇所であり、アクションそのものの管理は「アニメーションエディター」で行われることを覚えておきましょう。

次の