知ら なく て いい こと キスシーン。 「知らなくていいコト」“首もげキス”など沼続出の尾高さん(柄本佑)名シーン一挙振り返り

「知らなくていいコト」“首もげキス”など沼続出の尾高さん(柄本佑)名シーン一挙振り返り

知ら なく て いい こと キスシーン

ドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第6話が12日に放送され、ラストで描かれた柄本佑と吉高由里子のキスシーンに大反響の声が寄せられた。 第6話では、吉高演じるケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)と女優の吉澤文香(佐津川愛美)の不倫ネタを追うことに。 連日の張り込みの末、ついに2人の密会現場を抑えることに成功。 2人の不倫報道は世間で大きな話題となる。 スクープを飛ばしたケイトだったが、なぜか心は晴れない。 それは自分の心の中にも妻子ある元カレの尾高(柄本)への募る思いがあったからだった。 そんなケイトは尾高の仕事場を訪れる。 すっきりしない気持ちを話したケイトに尾高は「俺と不倫みたいなことしてるから?」と問いかける。 「やっぱり不倫なんだ私たち」とつぶやくケイトに対し「違うよ」と否定する尾高。 「けど問題が1個ある」と続ける尾高はケイトの隣へ腰掛け、「俺の心の中にいつもケイトがいる」と告白。 「家族には不満はないよ。 大事にも思ってる。 けど…ケイトを思わない日がない」と正直な気持ちを吐露する。 しかし、「踏みとどまろう」と言う尾高にうなずくケイト。 が、次の瞬間、尾高はケイトを唐突に力強く抱き寄せキス。 ケイトもそれを受け入れ、2人は熱い口づけを交わす…。 「尾高さん!!! ヤバぁぁぁぁ!!」「"踏み止まろう"からのキス〜〜〜!!!」「素敵なキスシーン」「この突然のキスは反則すぎる」など興奮の声が殺到した。

次の

柄本佑の「踏みとどまろう」からの“一線越えキス”にTL騒然…「知らなくていいコト」6話

知ら なく て いい こと キスシーン

ドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第6話が12日に放送され、ラストで描かれた柄本佑と吉高由里子のキスシーンに大反響の声が寄せられた。 第6話では、吉高演じるケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)と女優の吉澤文香(佐津川愛美)の不倫ネタを追うことに。 連日の張り込みの末、ついに2人の密会現場を抑えることに成功。 2人の不倫報道は世間で大きな話題となる。 スクープを飛ばしたケイトだったが、なぜか心は晴れない。 それは自分の心の中にも妻子ある元カレの尾高(柄本)への募る思いがあったからだった。 そんなケイトは尾高の仕事場を訪れる。 すっきりしない気持ちを話したケイトに尾高は「俺と不倫みたいなことしてるから?」と問いかける。 「やっぱり不倫なんだ私たち」とつぶやくケイトに対し「違うよ」と否定する尾高。 「けど問題が1個ある」と続ける尾高はケイトの隣へ腰掛け、「俺の心の中にいつもケイトがいる」と告白。 「家族には不満はないよ。 大事にも思ってる。 けど…ケイトを思わない日がない」と正直な気持ちを吐露する。 しかし、「踏みとどまろう」と言う尾高にうなずくケイト。 が、次の瞬間、尾高はケイトを唐突に力強く抱き寄せキス。 ケイトもそれを受け入れ、2人は熱い口づけを交わす…。 「尾高さん!!! ヤバぁぁぁぁ!!」「"踏み止まろう"からのキス〜〜〜!!!」「素敵なキスシーン」「この突然のキスは反則すぎる」など興奮の声が殺到した。

次の

柄本佑の「踏みとどまろう」からの“一線越えキス”にTL騒然…「知らなくていいコト」6話

知ら なく て いい こと キスシーン

吉高由里子主演、柄本佑、重岡大毅らが出演する「知らなくていいコト」の6話が2月12日放送。 吉高さん演じる週刊誌記者の真壁ケイトは、母の死をきっかけに自分の父が30年前に逮捕された無差別殺人犯・乃十阿徹であることを知る。 交際相手で同僚の春樹からプロポーズを撤回され、元カレで妻帯者となっている尾高と再び近づき始める…というのがこれまでの展開。 ケイトが所属する「週刊イースト」編集長の岩谷進に佐々木蔵之介。 ケイトの父・乃十阿徹に小林薫。 春樹と付き合うことになった同僚の編集部員・小泉愛花に関水渚といったキャスト。 ご注意ください。 乃十阿に自分が娘であることを告げたケイトだが、乃十阿からホースで水をかけられる。 そんな中、ケイトは実力派人気棋士・桜庭洋介(田村健太郎)の妻・和美(三倉茉奈)から、夫が女優の吉澤文香(佐津川愛美)と不倫しているとタレコミを受け、編集部では桜庭と吉澤の行動を追いかける。 2人は将棋の棋譜を使った暗号でやり取りをしていて、ケイトは高校時代に将棋部主将だった春樹に棋譜の解読を頼む…というのが今回の展開。 2人の不倫を暴くもモヤモヤした想いを抱いたままのケイトは、尾高のスタジオへ。 そこで尾高から「俺の心の中にいつもケイトがいる。 ケイトも付き合っていた頃の感じが今も続いている気がすると答えるが、尾高は「踏みとどまろう」とそれに返す。 《笠緒》.

次の