怖い話 天使の像。 中国での体験

中国での体験

怖い話 天使の像

今仕事で中国に住んでいます。 ここで観た事や体験したことを書きます。 ・近所の天使像 住んでいるアパートから歩いて5分のボロ住居の前に、高さ60cmくらいの石膏製の天使像が置いてあった。 まあそこそこ見栄えのする像だったが、なんとそこの住人は汚いモップ干しとして使用w 上品な天使とその頭に掛けて干されている汚いモップが、なんともいえないコントラストをかもし出していた。 ところが、2,3年前から天使像に異変が発生。 両目から血の涙のような跡がつくようになった。 天使の膝元に子供がいるデザインなのだが、子供の両目からも血の涙を流した痕跡がある。 そして日増しにその量は増え続け、天使と子供の顔はもはや血まみれといった有様だった。 日本人なら目を覆いたくなるような状態の像だったが、そこは中国人w 何も気にしていないようだったが、モップ干しの張本人と思われる掃除のばあさんが突然発狂急死してから事態は急展開。 ボロ住居の主人が誰かに、こんな不吉な像は捨ててしまいなさいと忠告されたらしく、即日天使は首をたたき折られて近くの畑に廃棄された。 今でもその像は畑に捨てられたままだが、以前にも増して嫌な雰囲気を漂わせている。 ・自室のテレビ ある日、自室に置いてあったテレビがバチッと音を立てて画面が映らなくなった。 中国のテレビ番組は言葉がまったく判らないため、エロDVD鑑賞専用に使っていたものだw ところが、映らなくなった画面を改めて見てみると、ひとつの大きな手形がついていた。 しかも形が不自然と思ってよく見てみると、指の数が全部で八本あった。 そのときは驚き2chに投稿するも、自分でやったんだろwと誰にも信用されず。 手形を写真に撮影した後、雑巾でふき取ったが、何か油のようなものが凝り固まった後のような手形で、力を入れて苦労してふき取った。 自分の部屋にこんな妖怪みたいなのがいたなんて、自分でも信じたくないし。 まだあるけど、需要があれば書きます。 ・嫌な色のマンション 同じ中国在住の日本人同僚の知人がマンションを買ったと聞いた。 同僚曰く「安かったけど、でも何かすごく変な色のマンションなんだよね」 同僚は知らなかったが、実はそのマンションのことを俺は知っていた。 そのマンションは、昔中国の文革時代の処刑跡地に建てられた物件らしい。 当初はまともな色合いの物件だったが、その後マンション内のあちらこちらで幽霊騒動など怪事が相次ぎ挙句の果て、変死者や自殺が多発するようになって、風水師に相談したらしい。 その苦肉の策が、何とも言えない強烈かつ嫌な色でマンションを塗りつぶし、色の呪力で怨霊を抑えるというものだったらしい。 近所で野良犬の姿が見えなくなると、ああまたあの家か、てな感じだった。 ところが、そのボロ住居の住人は毎年春になると凶暴になる病気?にかかることが多く医者も原因がわからず、お手上げ状態だったようだ。 その住人の言うことによると、その住居には夜になると犬が入ってくるらしい。 しかもその犬はこの世のものではなく、右半身と左半身にきれいに切り分けられた半身の状態で入ってきてその住居の住人をじぃっと見ているそうだ。 そんなこんなで魔よけのつもりで置かれたのが、くだんの天使像だと聞いた。 霊能者を気取っちゃって「ここヤバイよ」なんてあれから本当に言えなくなったよ、それが例え冗談だとしてもね。 俺は18で都内のとある寿司屋で板前見習いとして上京した... 私にとって怖かった話を凄く簡単に。 ちなみに私は霊感あるようなないような感じ。 見える時はあるけど見えない時もある。 けど出来れば見たくないし怖い思いも絶対した... お化け屋敷の怖い話をします。 関係者全員が、あの出来事があってから、多少なりとも、人生が変わったのではないかと思います。 怪我をした、不幸になったという事は今の... 去年の夏の話なんですが、免許鳥立てのツレがいっちょまえに親のエスティマ乗り回してたんすよ。 ・・・で俺らの周りで車もってるやつっていてなかったし当然みんなでその... 小学3年の時、俺たち家族を乗せた車が事故に遭った。 中央線を無視して突っ込んで来た対向車を避けて崖に激突したのだ。 運転席の母はハンドルの上に頭を突っ伏していて... 正月休みに実家に帰ってる途中、スリップして事故った友達の話。 友達の話そのまま書くから、人称『俺』形式で書きます。 山の中で深夜、車も通らないし当時携帯も無いか... 私が生まれ育った町は静かでのどかな田舎町でした。 目立った遊び場などもない寂れた町だったのですが、一つだけとても目を引くものがありました。 町の外れ、たんぼが延... 33 ID:P9wCKHqV0 学生時代の話をひとつ ちょうど今くらいの時期だったかな? サークルで... カテゴリ• 103• 435• 153• 110• 236• 272• 4 オススメニュース記事.

次の

学校の七不思議 一覧 46種類|七不思議の最後のひとつを知ると?

怖い話 天使の像

海外掲示板から厳選した、9の現実的な恐怖体験談をご紹介。 一歩の差で 何年か前に故郷のダウンタウンで働いていた時のこと。 昼休みに私用をこなすことに集中してた。 歩いていると、駐車場から男が飛び降りて来た。 男は自分の目の前50センチ弱の位置に着地。 あと一歩踏み出してたら、自分の上に着地してたところだった。 少なく見積もっても6階分以上の落下だったよ。 本当にセメント袋が地面に衝突したかのような音だった。 未だに思い出してとても嫌な気持ちになるのは、彼が発し続けていた音だ。 衝撃で死んだものと思うようなところだが、違った。 回復するとは正直思えなかったが、自分が救急に電話を掛けている間ずっと、男は喋ろうとしているかのように声を出していた。 血も大量に溢れ出していたので、道路上に血溜まりが出来ていた。 その時自分もキーンを履いてた。 ただ、有り難いことに彼はうつ伏せに着地していたので、顔は見ずに済んだ。 その事には心から感謝してる。 翻訳元: reddit. com 2. 山火事 ガス欠になったトラックのボンネットに座り、山火事が丘を下って来るのを眺めていた。 それは自宅周辺を破壊し、これから隣町をも破壊しようと北へ向かっていた炎であり、88000人の住民に1ヶ月以上の避難を余儀なくさせ、そのうち10000人近くをホームレスにした炎だった。 私は座ってその炎がこっちへ向かってくるのを眺めてた。 熱で皮膚に水ぶくれができるのを感じ、どこにも逃れる場所はなく、私はここで死ぬのだと悟りながら。 生きたまま焼かれる寸前だった。 有り難いことに、見ず知らずの他人が車を止めて私を乗せて行ってくれた。 翻訳元: reddit. com 3. 目撃者 恐ろしい事態に遭遇することに関して言えば、ヤバめの人生を送ってきた俺。 親がめちゃくちゃひどかった、とかじゃなくて単に治安が悪いところで育ったっていう話だ。 5ブロック四方で白人の子供は俺ひとり。 白人一家は何家族かいたけど、10歳以下は自分だけだった。 うちの家から通りを渡ったところが、バスケットボールコートと遊び場のある小さなゲットー公園になってて、そのバスケットボールコートが多くのトラブルを引き寄せてた。 喧嘩、刃傷沙汰、発砲事件、etc… ある日の夕方、確かイトコと親友と一緒にポーチに座ってた。 そこから、ある1台の古いボロ車が公園の駐車場に停車するのが見えた。 ヘッドライトをつけたまま暫く停まっていて、車内に2人の人間がいるらしい事に俺たちは気がついた。 男と女が車から降りてきた。 女の方は泣いていた。 男が抱き締めに行ったが、女はそれを押しのけて男に背を向けた。 男は車のトランクを開け、ショットガンを取り出した。 そして銃口を向けながら近付いて行き、彼女が振り返ると頭頂部を吹き飛ばしやがった。 芝生の上いっぱいにモサモサした物体が散らかってたのを覚えてるが、それは彼女の髪だった。 俺たちが叫びながら家の中に入ろうとしている間に、男は車に乗って立ち去った。 うちの母ちゃんが父ちゃんに、既に通報を受けて警官が急行中って言ってたのを覚えてるから、警察に連絡した人が何人かいたんだろう。 イトコは叔父に電話するように母ちゃんに向かって叫び続け、親友と俺はショック状態で座ってた。 警察官が来て両親に質問した。 警官ではない親切な年配の女性も一人いて、その人が俺たちと一緒に座って話をした。 イトコが家に帰りたいと言って一向に黙らなかったので、俺たちとは別々にしないといけなくなった。 今だからわかる事だけど、俺たちに質問してたのはトラウマ体験をした子供の為のグリーフ(悲嘆)カウンセラーみたいな人で、友達は「前にうちの父ちゃんが誰かを殺したところを見た」とかいう話をしてしまった。 これがまた新たに厄介な状況を発生させた。 数日後、そいつは引っ越して行ったよ。 うちの両親はその1年後に破産を申請したが、おかげで何とかあの家と環境から逃れることが出来た。 数週間ホームレスをしてたこと、泊まってもいないホテルのコンチネンタル・ブレックファーストを食べに行ったことを覚えてる。 「そこに属しているように見せろ。 そうすれば誰にも何も言われず、疑われず、気付かれない」という教えを父ちゃんから授かったのはこの時だ。 これは高校時代によく活用させてもらった。 高校卒業後もそういった恐ろしい事を沢山目にしてきたが、子供の頃の体験があったせいでそのショックはかなり薄れた。 その後に起きた話がまだいくつかあるよ。 翻訳元: reddit. com この投稿へのコメントと投稿者返信 なんで友達はそんな事を言ったの? 密告者は痛い目に遭うのに 理由はよくわからない。 当時の俺たちは7歳くらいだった。 適切さを判断する感覚とか、発言する時の脳内フィルターなんてもんはまだ発達してなかったんじゃないかな。 彼も部屋から連れ出されて質問されてたんだ。 引っ越した事は、1週間後にうちの両親から聞かされた。 その後一度も会ってない。 何年か後にフェイスブックで彼を見つけた。 かなりの時間を刑務所で過ごしていて、典型的なギャングのメンバーのように全身タトゥーに覆われてた。 彼の家族は帰国だか強制送還だかでメキシコに戻ってた。 マジで悲しいよ。 特殊清掃 18になったちょうどその頃、鉄道人身事故の後に生物学的廃棄物を除去する清掃会社に就職した。 そこで働いているのは殆どが前科者で、俺は友達のコネでその仕事をゲットした。 給料は素晴らしかったが、その時間はサイアクだった。 俺の仕事は大抵、ベテランの人たちが掬えるだけ掬ったものを袋の中へ納めた後、電車をホースで洗い流すだけだった。 ある土曜日の深夜に電話があった。 応答したのが自分だけだったので、迎えに来てくれたボスと俺の2人しかいなかった。 自ら飛び込んだのか躓いたのかはわからないが、電車の前に飛び降りた少女の遺体の破片を医者だか検視官だかに渡す為、俺たちの手で集めないといけなくなったということだった。 金髪のついた肉塊がひとつあった。 髪は不自然なほど無傷で、血塗れの頭皮から生えていた。 次の日に辞めた。 18歳の時に時給50ドルってのは最高だったけど、それから何ヶ月もまともに食えなかった。 翻訳元: reddit. com 5. ヒーロー 「おじちゃん助けて」 弟の4歳の娘が裏のデッキから俺に呼びかけた。 コヨーテの成獣に追い詰められていた。 俺はスクリーンドアを突き破り、脅して追い払った。 それが人生で一番恐怖した体験であり、あの娘よりも俺のほうが激しく泣いてたと思う。 あと数ヶ月で30歳になる彼女、去年のクリスマスには旦那と一緒に生まれた息子を紹介してくれた。 俺に息子を抱かせる前に、「この人はいつもあなたを守ってくれるからね」と囁いていた。 翻訳元: reddit. com 6. ムンバイ同時多発テロ 走行中の列車内で爆弾が爆発した。 ムンバイで爆破事件が連続して起きた2006年のことで、自分はその列車のひとつに乗っていた。 隣の車両が吹き飛ばされ、その凄まじい爆発音でみんな1~2分の間耳が聞こえなくなった。 隣の車両の屋根はまるで本のページを捲ったかの如く開き、そこら中に手足や死体が散らばっていた。 ムンバイのローカル線は扉が閉まらないので多くの人が落下し、更に再び爆発するのではないかという恐れから自ら平行線路上に飛び降りた者もいたが、後方から来た電車に全員轢かれてしまった。 当時自分は9歳だったが、未だにその悪夢に時々うなされる。 翻訳元: reddit. com 7. ゴミ山 (レスするのが)遅すぎたかもしれないけど、別にいい。 ただ、生きるチャンスを与えられるべきだった子供たちの話を共有する必要性を感じただけだから。 子供の頃、とても貧しかったうちの一家はケニアの中では大きめの都市のひとつに住んでいた。 そこは街一番の巨大なゴミ山のすぐ隣にあるスラム街で、ゴミ山は文字通り何でも捨てていい場所だった。 乳幼児も含めてだ。 ケニア人は婚外子を産んだ者や、私生児として生まれた子供を村八分にするからね。 ごく普通の事だったんだ。 夜が更けると、うちの家近くの郊外を野犬やハイエナがうろつき回る。 時々、そいつらの遠吠えと赤ん坊の泣き声が聞こえてくることがあった。 遠吠えが近く大きくなると、泣き声はゆっくりと背景音の中に消えていき、ついには完全に止む…つまり、赤ん坊は既に動物に食べられてしまったということだ。 これは定期的に起こる普通のことだった。 朝に友達とその地域にゴミを漁りに行けば、前夜の赤ん坊の残骸を見る事になる。 食われている事もあれば、太陽の光で灼かれていた事もあったが、臭いは常に同じだった。 決して忘れられず、今でもつき纏って離れないのがあの臭いだ。 翻訳元: reddit. com 8. 乱気流 以前、乗っていた飛行機が乱気流に巻き込まれた。 すると前の席に座っていた3~4歳くらいの女の子が穏やかな調子で「ロンドン橋落ちた、落ちた…」と歌い出し、この飛行機は墜落するに違いないと思った。 翻訳元: reddit. com 9. 雪の上の足跡 暫く前に、兄貴とその友達のカートと一緒にハンティング・トリップに出かけた。 予定では山の中腹までハイキングしてキャンプを設置し、翌日にそこから狩りに行くことになっていた。 出発してすぐに、カートは自分のテントを忘れて来てしまった事に気がついた。 雪が予想される寒空だったので、俺たち兄弟はテントをシェアしようかって言ったんだけど、それを『ゲイ』っぽいと考えた彼は、持っていた防水シートでハンモックを作ることに決めた。 適切なキャンプ地を見つけ、就寝前にテント2つとハンモックを設置した。 案の定雪が降り始めた。 カートはそれでもハンモックで寝ると言い張り、あまりに疲れすぎていた俺たちは、やめるように説得するのを諦めた。 夜中にカートはうっすら目を覚ました。 何かがハンモックの底の部分に当たったように感じたせいだが、はっきりと目覚めていたわけではなく現実かどうかもわからなかったので、そのまま深く考えずにまた寝たという…朝になるまで。 自分が一番最初に目覚め、テントを出た。 地面には4センチ弱の雪が積り、笑えることにハンモックのカートも雪に覆われてた。 一晩中テントで過ごした俺のドライな状態と比べて、当てこすりでも言ってやろうと近づいて行ったその時、足跡に気がついた。 それは明らかなクーガーの足跡で、雪はその新鮮さから一晩中降り続けていたことがわかった。 おまけに、その足跡はカートの寝ていたハンモックの真下まで続いていた。 夜中に何かが当たったように感じたというあれは、クーガーが彼の臭いを嗅いでいたのだという結論に至った。 残りの日程でカートがテントをシェアして過ごしたのは、言うまでもない。 翻訳元: reddit. com 心霊系よりもある意味ずっと怖い、実話系恐怖体験談まとめ第二弾でした。 【関連記事】.

次の

世界の都市伝説まとめ一覧|世界に散らばる怖い話14選!

怖い話 天使の像

悲鳴 ある男性が外で散歩をしていた時の話。 遠くの方から突然「キャー!」という女性の悲鳴が聞こました。 驚いて駆けつけると、道路で女性が座りこんでいました。 その女性の目の前には、縦2m・横2m・暑さ50cm程の鉄板らしき物が落ちていたのです。 その女性はショックが大きく話をすることができない状態だったのですが、そこへ、作業服を着た人が来て事件の詳細を話してくれました。 どうやらビルの上で工事をしている時に鉄板を下に落下させてしまったそう。 幸い怪我人は出なく、女性は驚いて腰が抜けてしまっただけだったそうです。 それにしても赤いタイルの上に真っ黒の巨大な鉄板が落ちていてる光景は不気味で、ゾッとしました。 その後、その場を去ったのですが少し気になり、もう一度様子を見に行きました。 その鉄板らしき物はまだ残っていました。 とても重いのでどけるのに時間がかかるようです。 さっき見た女性もいたので、声をかけてみました。 「先ほどは驚かれたことでしょうね」 女性は「驚きました。 悲鳴を聞いたときは本当にビックリしました」と話してくれました。

次の