相鉄 線 運休。 相鉄グループ

埼京線と湘南新宿ライン 今週末は一部区間運休 渋谷駅工事でJR駅ホームの横並びが実現

相鉄 線 運休

5月29日~6月1日に埼京線ホームの移設工事 JR東日本(東日本旅客鉄道)東京支社は、渋谷駅の新しい埼京線ホームの供用開始に向けた工事を5月29日~6月1日にかけて実施すると発表した。 これに伴い、5月30日~31日に埼京線・湘南新宿ラインなどに運休が発生する。 渋谷駅では、2015年から駅南側の埼京線ホームを山手線と並列化する工事を進めており、埼京線の上り線路については2018年に切替工事を実施していたが、今回、下り線路の切替工事が行なわれ、埼京線の新ホームが利用可能となる。 これにより、埼京線ホームが北側に約350m移設され、山手線ホームと並列になり、乗換時の利便性が向上する。 工事の日程は、5月29日22時ごろ~6月1日4時ごろの約54時間の予定だが、荒天などで延期する可能性もあり、その場合は7月3日~6日の同時刻に実施される。 この工事に伴い、5月30日の初電から31日の終電にかけて運休や始発駅・終着駅の変更が発生する。 埼京線、湘南新宿ライン、相鉄線直通では、大崎駅~新宿駅間が運休となり、大崎駅・新宿駅での折り返し運転となる。 湘南新宿ラインの東海道線直通については、小田原駅~新宿駅間の全区間で運休となる。 りんかい線も埼京線との直通運転を中止し、大崎駅での折り返し運転となる。 特急「成田エクスプレス」は、東京駅・品川駅~新宿駅・池袋駅・大宮駅・高尾駅間が運休となる。 特急「踊り子」「サフィール踊り子」は、新宿駅・池袋駅発着の列車を東京駅発着に変更。 武蔵小杉駅には停車しない。 「ホリデー快速ビューやまなし号」は運休となる。 これらをカバーする形で山手線では通常運転を行ない、一部時間帯では増発も実施する。 また、東海道線では、小田原駅~品川駅間で増発を実施する。 なお、工事中は渋谷駅新南改札は営業休止となるほか、同駅周辺の旧大山街道(渋谷駅前交差点~宮益坂下交差点)が5月30日2時ごろ~8時ごろ、22時ごろ~31日7時ごろに通行止めとなる。 同駅では今後、山手線の線路切替工事を実施する予定。 この工事が完了すると、山手線ホームが広くなる。

次の

相鉄本線 運転見合わせに関するリアルタイム情報|ナウティス

相鉄 線 運休

5月29日~6月1日に埼京線ホームの移設工事 JR東日本(東日本旅客鉄道)東京支社は、渋谷駅の新しい埼京線ホームの供用開始に向けた工事を5月29日~6月1日にかけて実施すると発表した。 これに伴い、5月30日~31日に埼京線・湘南新宿ラインなどに運休が発生する。 渋谷駅では、2015年から駅南側の埼京線ホームを山手線と並列化する工事を進めており、埼京線の上り線路については2018年に切替工事を実施していたが、今回、下り線路の切替工事が行なわれ、埼京線の新ホームが利用可能となる。 これにより、埼京線ホームが北側に約350m移設され、山手線ホームと並列になり、乗換時の利便性が向上する。 工事の日程は、5月29日22時ごろ~6月1日4時ごろの約54時間の予定だが、荒天などで延期する可能性もあり、その場合は7月3日~6日の同時刻に実施される。 この工事に伴い、5月30日の初電から31日の終電にかけて運休や始発駅・終着駅の変更が発生する。 埼京線、湘南新宿ライン、相鉄線直通では、大崎駅~新宿駅間が運休となり、大崎駅・新宿駅での折り返し運転となる。 湘南新宿ラインの東海道線直通については、小田原駅~新宿駅間の全区間で運休となる。 りんかい線も埼京線との直通運転を中止し、大崎駅での折り返し運転となる。 特急「成田エクスプレス」は、東京駅・品川駅~新宿駅・池袋駅・大宮駅・高尾駅間が運休となる。 特急「踊り子」「サフィール踊り子」は、新宿駅・池袋駅発着の列車を東京駅発着に変更。 武蔵小杉駅には停車しない。 「ホリデー快速ビューやまなし号」は運休となる。 これらをカバーする形で山手線では通常運転を行ない、一部時間帯では増発も実施する。 また、東海道線では、小田原駅~品川駅間で増発を実施する。 なお、工事中は渋谷駅新南改札は営業休止となるほか、同駅周辺の旧大山街道(渋谷駅前交差点~宮益坂下交差点)が5月30日2時ごろ~8時ごろ、22時ごろ~31日7時ごろに通行止めとなる。 同駅では今後、山手線の線路切替工事を実施する予定。 この工事が完了すると、山手線ホームが広くなる。

次の

埼京線と湘南新宿ライン 今週末は一部区間運休 渋谷駅工事でJR駅ホームの横並びが実現

相鉄 線 運休

相鉄瀬谷駅で反対側のドアが開扉した件、ヒューマンエラーか機械的エラーかの議論は置いておいて、過去にはJRでもこういう事象が — はと Takumi115M40 最近の相鉄の新型車両は何かしらトラブルが起きる傾向がありますね…• 11000系…2008年10月には編成が落成も、誘導障害の問題やHID式のヘッドライトが踏切障害検知装置の誤作動を起こしてしまう問題が発覚。 問題を解決して、運転を開始するのは2009年6月まで待たなければなりませんでした。 20000系…2017年8月に第一編成が落成も、様々なトラブルがあり、デビューは2018年2月に。 12000系…ホームと反対側のドアが開扉、列車は運行を打ち切り。 過去にも似たような事例が… 実は相鉄がこのような事故を起こしたのは今回が初めてではなく、2年前にも似たような事例が起きています。 こういう事はよくありがちなことですが、 このあと後退措置を取らずにまさかのドア開け。 しかもそのドア付近にはお客さんが立っていて一歩間違えば転落していたかもしれない危険な状態でした。 さらに先月にはかしわ台駅の副駅長が泥酔して線路侵入し列車を止める事件も起きています。 相鉄線かしわ台駅(海老名市柏ケ谷)で4月、 副駅長が酒に酔って無断で線路内に立ち入り、別の副駅長が電車の遅延は「一般の駅利用客が原因」と虚偽の報告をし、2人で事実を隠蔽していたことがわかった。 相模鉄道が30日、神奈川新聞の取材に認めた。 同社は2人を停職の懲戒処分としたが、公表していない。 2人はともに、海老名管区の同駅に勤務する50代の男性副駅長。 同社によると、5日午後5時25分ごろ、酒に酔った副駅長が下りホームから線路に降りた。 ホーム下に座り込んだ後、線路内を歩いているのを駅員が発見。 非常停止ボタンを押し、構内に進入していた下り電車が緊急停止した。 副駅長は線路内に立ち入った約5分後、約60メートル先の階段から下りホームに戻り、運転士に保護された。 当時は夜勤明けの非番で、駅近くの飲食店で非番の同僚と飲酒後、同駅から帰宅するところだったという。 影響で、上下線が最大6分遅れた。 この日の業務を引き継いだ別の副駅長は翌6日、電車の遅延について「一般の利用客が線路内に立ち入った。 逃走し、人物を特定できなかった」と、虚偽の内容を本社に報告していた。 内部通報を受け、上長の管区長が9日に2人をただしたところ、虚偽報告と認めた。 (中略) 同社は隠蔽と判断し、27日に2人を停職の懲戒処分とした。 (後略) 引用:.

次の