とうもろこし 栽培 失敗。 トウモロコシ栽培☆アワノメイガ対策

とうもろこしを栽培するなら!5つのポイントを知ろう☆

とうもろこし 栽培 失敗

トウモロコシを育てる為の前準備 トウモロコシの体への効用 エネルギー:92kcal(可食部100gあたり) トウモロコシはエネルギーが高く、糖質、ビタミンB(エネルギーの代謝に必要)、カリウム(高血圧の予防)などの栄養素が豊富です。 また、食物繊維が多いので腸の働きを活発にして便秘改善に効果があります。 トウモロコシの基本栽培情報 難易度:普通 野菜の分類:イネ科 日当たり:日なたが良い プランターの深さ:土が20cm以上入る深型が適しています 栽培に適した時期:4~8月 タネまき:4~5月(初心者の方でもタネから簡単に育てられます。 ) 苗の植付け時期:4~6月 収穫時期:7~8月 収穫量:1~2個 連作障害:特にありませんが、同じ土では1年休んだ方がよい 人工授粉:必要。 苗の本数が少ない時は茎の先端の穂(花粉)を実のひげ(雌しべ)にこすりつけてください 注意事項:確実に授粉できるように苗を2本以上育ててください 用意する主な資材 トウモロコシのタネや苗:ゴールドラッシュ、ゆめのコーンという品種がおすすめです プランター:深底タイプのプランター 培養土:元肥入りで団粒構造になっているもの 肥料:肥料の表面がコーティングされている被覆肥料や速効性の液体肥料が使いやすいです 支柱:特に要りません まず初めは、タネをまいたり苗を植え付ける前の準備として、野菜作りに適したプランターと土を用意します。 こちらを参考にしてください。 タネや苗を用意します 自分でタネまきをして苗を育てるか、ホームセンターの園芸売り場やインターネットの通信販売などで苗を購入します。 トウモロコシはタネから簡単に育てられるので、タネから育ててみてはいかがでしょうか? タネから苗を育てる場合はプランターへ直まき(点まき)します。 発芽温度が高いので暖かくなってきてた4月下旬頃からタネまきするといいです。 また、苗を1本だけ育ててはトウモロコシの受粉ができないので、タネの発芽後は間引いて苗を数本育ててください。 新しい培養土で育てる時はそのままタネをまいて大丈夫ですが、1回野菜を育てた土を使う時は、トウモロコシは酸性土を好みませんので苦土石灰を土に混ぜ込んで土のを中和し、とする肥料を土と混ぜ合わせて野菜が育ちやすい状態にしてからタネまきをしてください。 は土の表面が薄ら白くなる程度、肥料はやをスプーン2杯くらいを目安とします。 トウモロコシは肥料をたくさん消費するので土の中の余分な栄養を吸収してくれ、また、アルカリ性の土を緩和する働きもします。 土をきれいにしたい時にトウモロコシを育てるのもおすすめです。 タネを発芽させて育苗しようと考えている方は、こちらを参考にして育ててください。 苗を購入する場合は、こちらを参考にして良い苗を選んでください。 水やりは朝や昼が適していますが、特に時間帯を気にしなくても大丈夫です。 土の表面が乾いている事に気が付いたら、その都度水を与えてください。 日当たりの関係がありますが、 春は朝、昼に、 夏は朝、昼、夕方に、水やりをしなければ野菜がしおれてしまうと思います。 特に、穂(雄花)が伸びだす頃は水が多く必要なので、土を乾燥させないようにしましょう。 苗をプランターへ植えつけます プランターへタネを直まきした方は、苗を植えつける作業はありませんので、次の項(4. 支柱を立てて誘引)に進んでください。 暖かくなった5月上旬頃に苗をプランターへ植えつけます。 (植えつけに適した苗は、本葉が4~5枚くらいになったものです。 ) 苗の植え付け間隔は20cmくらいとして、植え付け直後はたっぷりと水を与えましょう。 プランターへの植えつけ方法は、こちらに詳しく書いてありますので参考にしてください。 支柱を立てて誘引します トウモロコシの栽培は、特に支柱を立てて誘引する必要はありませんが、台風などの強い風が吹くと倒れる時があります。 もし、支柱を立てたい時は支柱を土に1本突き差してください。 誘引する時は柔らかいひもで8の字に支柱と茎に結びつけます。 (誘引とは苗が倒れないようにする作業のことです。 ) 5. 追肥します 苗を植えつけた後1週間後から定期的(1~2週間に1回)に肥料を与えます。 トウモロコシは肥料食いといわれていて、肥料をたくさん好む野菜なので多めに与えてください。 追肥に適した肥料としては、肥料の効果に速効性がある液体肥料を水やりの代わりとして与えるか、又は緩効性の化成肥料をスプーン2~3杯くらいが目安です。 私の経験では、トウモロコシの追肥の量はミニトマトを基準にすると約3倍以上の肥料が必要です。 追肥をする方法は、こちらを参考にしてください。 肥料が効きすぎているかの判断は、こちらを参考にしてください。 穂がでてきます タネが発芽してから1カ月くらい経過すると茎の先端から穂がでてきます。 穂は雄花(おばな)なので、穂が枯れ出したら花粉が飛びだしますが、トウモロコシは雌雄同株(しゆうどうしゅ)という性質をもっているので、穂(雄花)と実(雌花)は別々にできます。 トウモロコシを育てていて誰もがどこに実ができるんだという疑問を持つと思いますが、先端の穂(雄花)が伸びて咲いた後に遅れて株の真ん中くらいにわき芽(雌花)が伸びるという性質があるので、雄花と雌花は時間的に1週間くらいずれて咲くということを覚えておいてください。 わき芽がでてきます 穂が枯れ出したら茎と葉っぱのつけ根からわき芽が伸びてきます。 トウモロコシは雌雄異熟(しゆういじゅく)という性質を持っているので、穂が枯れ出さないとわき芽は伸びてきませんので気長に待ってください。 穂が枯れ出すとわき芽がたくさん出てくるようになるので、茎の下の方のわき芽は粒の着きが悪いので早めに切り取って、茎の上の方のわき芽を1本だけ伸ばしてください、茎の下の方の早取りしたわき芽はヤングコーンとして食べると美味しいです。 穂が枯れてもわき芽が全く出てこない場合は、タネまきや苗を植え付けた時期が遅かったり、肥料が少なかったり、日当たりが悪いなどの原因が考えられます。 わき芽は雌花(めばな)なので、伸びていくと最終的にトウモロコシの実になります。 わき芽が出てこないと収穫ができないので確実にわき芽が伸びるように肥料切れにならないように育てましょう。 ヤングコーンって何? ヤングコーンとは、わき芽が生長して間もない状態のトウモロコシのことです。 トウモロコシは1つの苗に1本しかわき芽は大きく育ちませんので、必要ないわき芽はひげが伸び出したら早めにもぎ取ってヤングコーンとして食べてください。 ヤングコーンには実はまだついていませんが、葉をはがしてこのまま全部食べれます。 甘くて美味しくカロリーも少ないのでサラダに使うと最適で、ダイエットにも有効です。 授粉させます トウモロコシは、穂とわき芽は同時に伸びないので、わき芽が花粉を欲しがる状態になっても1本のトウモロコシの苗では自然の流れに任せても受粉が成立しませんし、数本のトウモロコシの苗でも受粉は難しいです。 では、トウモロコシの苗の本数が少ない家庭菜園で確実に受粉させるにはどうしたらいいのかというと、穂から花粉が飛びだしたら、穂を切って実の先端のひげ(糸状のもの)に穂をこすりつけて花粉を移動させる作業を行うことです。 実の先端のひげはいったい何なのかというとトウモロコシの実になる雌しべ(絹糸といいます)なんです。 わき芽のひげは実の粒の1つ1つから伸びていて、ひげに花粉が付着すると粒が受粉する仕組みとなっているので、すべてのひげに花粉をまんべんなくこすりつけることで実着きがよくなります。 受粉で気を付けること トウモロコシは、穂が伸びて花粉が飛びだしてから、トウモロコシの実になるわき芽が伸びだし、花粉が飛び終わる頃にわき芽からひげが伸びだす傾向があります。 ですので、トウモロコシの苗を1本だけ育てようと考えている方は受粉が難しいというか受粉できないので気をつけてください。 トウモロコシの本数が1~2本などの少ない時に受粉させる方法としては、花粉が飛び出した頃の穂を切り取って、冷蔵庫や冷凍庫で保管してください。 ひげが伸びだしたら保管してあった穂を使って受粉させるのですが確実には授粉できません。 トウモロコシ栽培を成功させるコツの1つとしては、たくさんの苗を育てたくさんの穂を作り、ひげが受粉できる確率を高くすることです。 受粉に失敗するとどうなるの? トウモロコシは、受粉に失敗すると所々粒が着かないので、下の写真のように粒がぎっしり着いていないトウモロコシしか収穫できません。 1ヶ所にかためて10本くらいのトウモロコシの苗を育てていれば人工授粉させなくても少しは粒は着きますが、確実に花粉が雌しべのひげにつくようにする為にはトウモロコシの苗は1週間くらいずつずらしながら3本以上育ててください。 たくさんの本数の苗を育てた方が受粉しやすくなるので歯抜けのトウモロコシはできにくくなります。 トウモロコシの害虫対策 トウモロコシは、茎の芯や実を食べるアワノメイガやオオタバコガという蛾の幼虫による食害やカメムシによる実の汁を吸う被害が頻繁に発生します。 葉っぱにふんが落ちていたり、茎のどこかに穴が開いていたらどこかに害虫が潜んでいるので一度苗全体を確認してください。 そのままにしておくと実まで食べられてしまうので、補殺が難しい時は薬剤を散布して害虫対策をした方がいいです。 おすすめの薬剤についてはこちらを参考にしてください。 収穫できなくなるのでこうならないようにしてください。 収穫します 受粉が成功してからおよそ3週間くらいで収穫できる大きさになり、実のひげが茶色くなって枯れたら収穫のタイミングを迎えます。 トウモロコシの収穫適期の判断は難しいので、同時に何本も栽培している方は試しに1本もぎとってみるのがいいです。 収穫が早いと粒がまだ小さく生長段階で、収穫が遅いと粒の水分が少なく硬くなっています。 また、収穫が遅れるとあま味も落ちるので気をつけましょう。 収穫適期に収穫することができれば、市販されているものよりも甘くておいしいトウモロコシが収穫できます。 実もの野菜を収穫する時は、実の熟度(どのくらい熟したのか)が大切です。 実の粒が膨らんでいたら採れたてを生のまま食べても美味しいです。 また、収穫したてが一番鮮度がよく美味しく食べられる時で、時間の経過と共に糖度・鮮度はすぐ落ちてしまうので収穫したらその日のうちにゆでたり焼いたりして食べ切るのが理想です。 下の写真は粒が膨れ上がって収穫適期のトウモロコシですが、先端の方は受粉できなかったので実はついていません。 こちらの写真は収穫が遅れて水分が少なくなったトウモロコシです。 この状態になると味は美味しくないので採り遅れのないようにしましょう。

次の

トウモロコシの栽培レポ(失敗)

とうもろこし 栽培 失敗

スポンサーリンク 春先に庭の畑にトウモロコシを植えました。 トウモロコシの栽培は上級者向け。 特に受粉が難しいらしい。 家庭菜園2年目ていますの初心者なので苗からの挑戦してみました(失敗も想定しています) 近所のホームセンターで買ったトウモロコシの苗 種類はキャンベラ。 苗の植え付け(15センチの苗) 株間30センチ畝幅40センチくらいに2列で植えてみた。 受粉しやすいように密集させるほうが良い。 はたして素人にも出来るのか? トウモロコシ栽培の注意点• 人工受粉• 病害虫が多い 5月11日。 結構大きくなってきた(30センチほど) 土に栄養が足りないのか背丈は伸びてきたけれど茎が細いので支柱を立てて支えました。 5月25日。 遂に雄花が出始めた。 植え付けから50日目。 なかなか花を付けないので心配していましたがある日、一晩でぐっと出てくるので驚きました。 5月31日。 雄花が完全に開いて花粉が飛びまくっていますが、雌株がまだ出ていません。 花粉が全部なくなってしまいそうで、心配でなりません。 早く雌株が出てほしい。 もう雌株が茎の中でパンパンになっているようです。 未だに雌株は出ていません。 このころからトウモロコシ栽培は失敗かなと思い始めます。 景気付けにスーパーでトウモロコシを買ってBBQをしました 最高だった焼きトウモロコシ。 自分で育てたトウモロコシでまたBBQしたい。 6月3日(雨)遂にパンパンに膨れ上がった茎の上から何かが出てきました。 植え付けから 55日目。 遂に雌株が出てきました! しかし今日の雨で雄花の葉粉が完全になくなっていると思います。 果たして雌株は成長して受粉して立派な実を付けるのか。 もう我が家の子どもたちは口を開けて待っています。 人工受粉と害虫被害の鬼門を潜り抜けて成功となるか。 気軽にフォロー。 ご意見をください。 後半へ続く。 Posted in Post navigation.

次の

トウモロコシ(スイートコーン)の育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

とうもろこし 栽培 失敗

トウモロコシは、夏を感じさせる野菜の1つです。 しかし、トウモロコシというのは非常に食べどきが難しい野菜でもあります。 例えば、トウモロコシは独特の甘みが美味しいところですが、 この甘味である糖分は1日立つだけでも、呼吸による消耗と、 でんぷんとなってしまうため、甘さが2割も3割も落ちてしまうのです。 みずみずしさの点から見ても1日で大きく変わるものなので、 食べ時を見極めてください。 逆を返せば、家庭菜園で収穫出来た採れたてのトウモロコシこそ、 1番美味しい時とも言えますので、是非、味わってみてくださいね。 トウモロコシは高温を好む野菜なので、関東南部から西のち方では、 種まきを5月のゴールデンウィーク以降に行なっていきます。 フィルムマルチをして1箇所につき3粒、育つにつれて間引きを行い、 20センチほどの高さになったところで、1本立ちにします。 スポンサーリンク 実入りの良いトウモロコシをつくるには、しっかりと花粉が受粉されるよう 育てて行かなければなりません。 そのため、1列に植えるよりも、 複数植えていくほうが、粒がしっかりと付きます。 スペースの関係上、少ない株数で育てているという場合は、 開花した雄穂の下を手の平でポンポンと軽く叩き落とすようにして、 花粉を雌穂に散らすようにしてください。 また、光合成を充分行わせるために、下の方から出た脇芽は 取らずに、葉の枚数を多くすることをポイントとして育てます。 この時、雌穂は上の方にある1番大きいものだけを残すようにし、 小さいものは取り除くようにしてください。 追肥は2回行います。 1回目は、高さ40センチ? 50センチの時。 2回目は、先端の雄穂が出はじめた頃です。 追肥には化成肥料を用いますが、2回目の追肥の後は、 土寄せの作業も忘れずに行い、風で倒れてしまうのを予防します。 収穫は、雌穂の毛の先端が黒っぽくなってきた頃です。 握ってみて先端まで充分に膨らんでいる時が収穫の目安となります。 また、トウモロコシを育てる場合は1箇所に付き1品種までとしてください。 これは、キセニア現象を避けるためです。

次の