妊娠 糖尿病 おやつ。 妊娠糖尿病中のおやつは糖質に注意!コンビニが優秀すぎるその理由とは?!|まいにちスマイル

妊娠糖尿病でも安心して食べられるおやつは?私のオススメ5選|永遠の20才です。

妊娠 糖尿病 おやつ

妊娠中の気がかり(体重・食事・病気・体調など) Q. 妊娠7か月、妊娠糖尿病の一歩手前といわれました。 食事をどうすればいいのかわかりません。 2016. (妊娠週数・月齢)妊娠7か月 24〜27週 現在妊娠7か月、35歳です。 50gのブドウ糖服用で1時間後に測るという血糖値の検査をしたところ、血糖値は142mg、妊娠糖尿病の一歩手前と言われました。 2週間後に75gブドウ糖服用で1時間後2時間後の採血検査を受ける予定です。 父方は糖尿病の人が多い家系です。 食事内容を見直し、宅配弁当を頼むことにしました。 一食240kcal、塩分2. 0g、糖質30gなのですが、私にはカロリーが少なすぎますよね? これにごはんを入れても足りないと思うのですが、何をプラスしたらよいですか? おやつは、どれも糖質が入っていますので、何を食べたらよいのかよくわかりません。 回答者: 太田百合子先生 妊娠糖尿病は、妊娠をきっかけとした糖代謝異常なので、多くの場合は一時的なものであり、出産後、正常に戻ります。 食事療法は、血糖コントロールが基本です。 1日のエネルギー量は、年齢、性別、身長、体重、運動量、妊娠の時期により算出されるので、病院でめやすを聞いてください。 食事量は、母親と胎児がともに健全に妊娠を維持できること、食後の高血糖を起こさないこと、空腹時のケトン体産生を亢進させないことが必要です。 極端に食べ過ぎても空腹になり過ぎてもいけないということです。 血糖値に影響を及ぼす栄養素は、主に糖質です。 食物繊維は、血糖上昇を抑える働きがあるので、糖質の少ない野菜などは、毎食食べましょう。 食べ方は、食べ過ぎると高血糖になるので毎食ごとに量は守る、血糖値が上がりすぎないようにゆっくり食べる、よく噛んで食べる、野菜を先に食べるなどを心がけてください。 「分割食」といい、1日の食事量を間食(おやつ)にも分割することで高血糖を防ぐこともできます。 宅配弁当のエネルギー量は、おかずのみで240 kcalなら、ご飯240 kcal(150g)を組み合わせると合計480 kcalになります。 不足が考えられるなら良質のたんぱく質や汁物、野菜などが中心の副菜を加えます。 常備菜として、野菜(キャベツ、ブロッコリー、にんじん、オクラ、青菜など)をまとめてゆでておくと楽に増やせます。 1日1食のみを宅配弁当にするなら、それ以外の食事の主菜(たんぱく質)は、違う料理にするとバランスが良くなります。 弁当が肉料理なら他の食事では卵、魚、大豆製品とします。 おやつは、果物や乳製品にすると無理がありません。 1日にりんご75gとみかん100gが食べられます。 これにホットミルク180mlを添えると十分おなかは満たされると思います。 果物缶、干し果物、嗜好飲料、アイスクリーム、ジャム、菓子パン、菓子類は血糖値が高くなりやすいので好ましくありません。 食生活を見直すことは、今後の子育てにも活かされます。 今回のことをきっかけとして、良い食習慣を身につけましょう。 妊娠・子育て相談室•

次の

糖尿病患者でも80kcalまでのおやつなら体重と血糖値はセーフ!?

妊娠 糖尿病 おやつ

妊娠中は、胎盤から出る「HPL」というホルモンなどが血糖値を下げるインスリンの働きを抑えるため、血糖値が高めになります。 その程度が大きい人が、妊娠糖尿病と診断されます。 妊娠中期にスクリーニング検査をして、妊娠糖尿病の疑いがある人にはさらに詳しい検査をします。 ブドウ糖入りのジュースを飲んだ前後の血糖値を測り、基準値を超えた場合は妊娠糖尿病と診断されます。 妊婦の約1割が、妊娠糖尿病になると言われています。 生活習慣が主な原因となる2型糖尿病は、妊娠糖尿病よりも診断基準の血糖値が高く、区別されます。 妊娠糖尿病は、必要なカロリーを糖質や脂質、たんぱく質でバランスよく食べる食事療法によって、血糖値の上昇を抑えられる人が多いです。 ただ、食事だけでは血糖値をコントロールできず、インスリン注射が必要になる人もいます。 血糖値が高すぎる状態が続くと、流産や早産のほか、胎児が大きくなりすぎることで難産になることがあります。 出産後に、赤ちゃんが低血糖になることももあります。 妊娠糖尿病と診断されると妊娠高血圧症にもなりやすく、将来糖尿病になる確率も高いと言われています。 妊娠糖尿病と診断された女性の中には、おなかの子どものために血糖値を正常に戻そうと思って、糖質を抜こうとする人がいますが、絶対にやめましょう。 糖質が不足すると、体内の脂肪を分解することで発生するケトン体がたくさん出て、入院する人もいます。 必要な量の糖質を食べながら、血糖値を上げにくくする食べ方を紹介します。 食事は、野菜、肉や魚などのおかず、ご飯などの糖質の順に食べるとよいでしょう。 野菜に多く含まれる食物繊維は、糖の吸収を穏やかにしてくれます。 おかずに含まれる脂質やたんぱく質は、糖質に比べて消化と吸収が緩やかに行われるため、食後の血糖値を急激に上昇させないという利点があります。 また、よくかむことで食事の満足感が得られ、食べ過ぎを防げます。 妊娠糖尿病の人がバランスのよい食事をしても血糖値が高い状態が続く場合、1回あたりの食事量を減らし、1日5~6回の分割食にすることでも血糖値は安定しやすくなります。 妊娠糖尿病に限らず、ダイエットのための「糖質制限」も長期的にはおすすめできません。 体を維持するにはエネルギーが必要なので、糖質を減らした分、どうしても肉や魚などのおかずが増えがちです。 脂質が増えて脂質異常症になったり、塩分が増えて高血圧症になったりする可能性があります。 赤ちゃんが成長するためには、糖質が必要です。 食べる糖質の量を極端に減らすと、ケトン体などが出て、おなかの子の成長に影響が出ます。 医師や管理栄養士から必要と言われた量の食事を食べることが大切です。 女性は年齢が上がるほど、妊娠糖尿病になりやすくなります。 肥満の人や、家族に2型糖尿病の患者がいる人、過去に妊娠糖尿病などの糖代謝異常があった人もなりやすいです。 血糖値の上昇を抑えるには、運動も有効です。 ただ、息切れするような運動ではなく、ヨガやストレッチなどがおすすめです。 だれかと一緒に談笑しながらウォーキングをするのも良いです。 妊娠中の検査で測る項目のひとつに「尿糖」があります。 血糖値が高いほど、尿糖も「陽性」の結果が出やすくなるため、糖尿病などの病気を見つける目安になります。 ただ、尿糖で「陽性」の結果が出ても、病気であるとは限りません。 食事した2~3時間後は尿糖が陽性になりやすいなど、結果が影響されやすいからです。 <アピタル:患者を生きる・食べる> (聞き手・).

次の

妊婦のおやつ~妊娠中におすすめの5品。手作りする時間がない方へ

妊娠 糖尿病 おやつ

アスクドクターズ監修医師 この記事の目安時間は3分です 妊娠糖尿病の治療 糖質制限の効果とは? 妊娠糖尿病は胎児に異常をきたすだけでなく、早産、流産、妊娠高血圧症候群などの原因にもなるので正しい食事の知識をもって、食べてはいけないものと食べてよいものを認識し血糖値を上げないようにすることが大切です。 三大栄養素(炭水化物、脂質、タンパク質)のうち、血糖値の上昇に関与するのは炭水化物(糖質)のみです。 しかし、それ以外の栄養素は血糖値にほとんど影響しません。 このため、 糖尿病に対する食事療法では、主食(炭水化物)を減らす糖質制限食が行われており、これは妊娠糖尿病の治療にも有効です。 妊娠糖尿病、肉や糖分の多いものはダメ 具体的には、牛、羊、豚などの赤身肉、特に脂身の多い肉、またベーコンやソーセージなどの加工肉を使った食事を多く摂ると妊娠糖尿病になりやすく、また悪化させると考えられています。 チョコレートやアイス、クッキーなど糖分を多く含んだものも食べてはいけません。 前述のように糖質制限にも意味があります。 血糖値を上げる原因となる食べ物には糖質が多く含まれていると言われており、私たちが主食としているご飯やパンなどの炭水化物にも含まれているので、食べすぎには注意が必要です。 野菜や植物性たんぱく質がオススメ 妊娠糖尿病になった際にも食べていいものは野菜や植物性タンパク質などです。 具体的にはほうれん草や小松菜、ナッツ類、大豆類、きのこ類、海藻類などです。 食物繊維が多く含まれている食材は腹持ちも良いですし、血糖値を上げにくいと考えられています。 また腸内環境も整うので妊娠中の便秘などにも効果があります。 他にも焼き魚や酢の物、おひたしのような和食中心の食事は、妊娠糖尿病の時でも食べても良いです。 洋食は油分が多いので妊娠糖尿病の時には良くありません。 おやつや外食はダメか? おやつや外食、間食などはできれば控えた方が良いですが、全てを禁止されてしまうのは辛いものです。 最近では血糖値が上がりにくいおやつも多くあるので、それらをとるようにすると良いです。 例えば大豆粉をベースにしているお菓子は、小麦粉をベースにしているものより血糖値を上げにくいです。 チョコレートに関しては、ブラックチョコレートやカカオ成分が多めのものであれば少しだけ摂るのならば良いでしょう。 どうしてもおやつを食べたい時は、ゼロカロリーのゼリーや水羊羹、低糖質と記載されているプリン、カロリーオフのアイスなどをうまく取り入れるようにしてみてください。 外食は糖質だけでなく、油分、塩分を多く含むことが多いので妊娠糖尿病の時には良くないですが、家族での集まりなどで仕方のない時だけは楽しんでもいいかもしれません。 くれぐれも食べすぎには注意してください。 妊娠糖尿病にならないための食事とは? 妊娠中は母親だけでなく、胎児の成長のために十分な栄養が必要なので無理なダイエットは良くありません。 胎児の成長を妨げずに、母親が糖尿病にならないような適正なカロリーの食事を摂ることが大事です。 そのため妊娠週数によって必要とするカロリーは変わります。 食事は時間を決めて1日に必要なカロリーを3回に分けて摂るようにしましょう。 脂身の少ない肉類や魚類、卵、大豆食品、食物繊維の多い野菜や海草類などをバランス良く摂るように心がけましょう。 また、油の多い洋食よりも素材を生かした和食を進んで摂るようにすると良いです。 間食はなるべく避けた方が良いですが、どうしてもとりたい場合には少量のフルーツやカロリーを抑えた市販のおやつを食べるようにしてみてください。 妊娠糖尿病は様々な合併症を起こすので、バランスの良い食事を摂って発症予防を心がけたいものです。 【妊娠糖尿病関連の他の記事】• 妊娠糖尿病について食事との関係をご紹介しました。 もしかして妊娠糖尿病かもしれないと不安に感じている方や、この病気に関する疑問が解決されない場合は、医師に気軽に相談してみませんか?「病院に行くまでもない」と考えるような、ささいなことでも結構ですので、ご活用ください。

次の