進撃の巨人 ネタバレ 109。 【進撃の巨人 最新109話 ネタバレ感想】 ハンジが崩壊寸前….。それぞれを『導く者』と、嵐の前の静けさ。。

進撃の巨人 108考察 感想「正論」ヒストリアの結婚相手は?エレンの真意とライナーの決意 ネタバレ有レビュー

進撃の巨人 ネタバレ 109

名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月07日 16:12 58 私のことかな?なら違うよ。 リヴァイのせい、というかリヴァイがそうさせた、かな。 注射の最終決定権はリヴァイにあった。 でもアルミンを選んだのが正しかったかどうなんて分からない。 だとしても、ハンジを団長にさせたのはリヴァイ。 そこに最終決定権を担った責任はあれど、「リヴァイのせい」になるわけでもない。 そして、根っからの研究者気質の彼女がなんのサポートもなく、組織のトップに立つのは難しい。 しかし人員不足が故に死んだモブリットに変わる副官的なポジションに当てる人間もいない。 それと何よりも、憲兵は相変わらず腐っている。 自分たちは何もせずぐーたらして、全て調査兵団になすりつける。 だから、国民の怒りは調査兵にのしかかる。 要するに、組織を大改革しないといけない、と私は思ってるよ。 あとあそこでエルヴィンを選びからが生き残ったとしても、最終的にハンジが団長になったと思うしね。 135. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月07日 19:59 今回は一方通行の会話がメインなんだな。 ハンジとフロック、カヤとガビ。 でも、なかなか見ごたえある回だった。 特にカヤのちゃんと答えて!ってのが切なかった。 カビは特に自分の世界観がまったく通じない人達に初めて会うんだな。 あちらではツーカーな理屈をきちんと話してるはずなのに、まったく通じない。 ちゃんと話してるのになんで?って思っていそう。 でも、それは結局、他人が看板に書いたことを自分の物のように掲げてるからで、遺族個人に返せる言葉をまだ持っていない。 そろそろ自分の言葉で話始めた方がいいな。 友達が死んで悲しかった、両親に喜んでもらいたい。 同じ気持ちを持つ人間と戦ってるって理解出来るといいな。 193. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月07日 22:19 181 ガビと全然違うだろ パラディは何度も死滅作戦で虐殺されて一人残らず殺すと言われて戦うしかなかった 追い詰めたのはあくまでマーレ側の責任 民間人がーというが、マーレは民間人レベルでパラディ虐殺を支援・幇助しまくったし、彼らの死の責任は他国に理不尽な虐殺しまくり反撃せざるえない状況に追い込んだマーレ政府にある ウドたちはパラディに何もしてないってそれこそ本気か? パラディ蹂躙を支持し、異国蹂躙に参戦しまくり、当然パラディ人も殺す気満々だった連中だぞ 専守防衛と侵略虐殺じゃ根本からして次元が違うってこった• 218. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月07日 22:46 幼少期から洗脳教育を受けてた12歳のガキなんてあんなもの 自力で生きられない子供は周囲の大人達の言う事を鵜呑みにするしか生きる選択肢がない 教育においては自明の理ですわ ゆえに個人の自由意思というのは尊重されなきゃならん ま、ガビの素行を見る限り洗脳されたまま人生終わるようなタマじゃないだろうから近いうちに転換期が来るでしょう 洗脳教育は対象が広いゆえに普通の人間相手を想定して行われるもの リヴァイとかエレンとかガビみたく普通じゃない奴は洗脳による上意下達に違和感を憶える 標準の枠に収まらない人間には通用しない• 280. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月08日 01:29 277 法治国家というけれど、内閣制でも大統領制でもない。 憲法もない。 時代背景が近代になりつつある割に、政治が中世かそれ以前。 四年前まで拷問とか平気でやってたし、エルヴィンの処刑を見世物にしようとしてた訳だから、そう簡単に四年で変わると思えん。 私も女にしか見えんが、未だにピーピー言ってる人がいるんだよこれが…笑 サネスの呪いが実際に死ぬわけでなく役目だけ、と言ってる人が多い。 私もそうであって欲しいけど、あの作者のことだから拷問なら処刑なりやり兼ねないな…と思って、最悪のシチュエーションを考えてみただけ。 多分無いと思うw• 312. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月08日 08:21 294 もともとアルミンは話し合いで解決したいタイプじゃん。 何かを捨ててもスイッチが入れば迷いはないけど、今回は他の選択肢の可能性を思うからこそ、巨人の力を持つものとしての責任とのジレンマで悩んでいる。 普通にアルミンらしいと思うけど。 ミカサも今、エレンに対するジレンマを抱えている。 ジャン、コニーにしても、エレンの真意がわからないまま後に引けない戦争を余儀なくされて信念を持てないのは当然だし、ハンジさんとて、民衆に説明すらできないのは本意じゃないだろうに、どうしようもない。 フロックや新兵たちと違って、本当に地獄を見てきたからだと思う。 この辺の旧勢力の疑惑や迷いと対照的に、進撃し続けるエレン、イェレナ達の新勢力、フロックたち妄信者を巡る新旧の関係性やこれからの展開に普通にワクワクする。 349. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月08日 11:03 342 たぶん、お互いに作品に対して思うことはほぼ同じなんだと思う ほんの数パーセント、何を重視するかだけで 342は過去の進撃の凄さにまだ敬意を保ってる 自分は、作者がその成功にあぐらをかいているように感じている あれだけ面白い物語をかける人が、なぜグリシャ回想以降、またあらたに読者を惹きつけてやまない世界観やキャラクターをなぜ生み出せていないのか 長く連載を続ける中でそこをうまくかける作品もある中で、残念な気持ちが強い 特に作者のブログで情熱が保てないという愚痴を見た時から、応援する気持ちが何か変わってしまったなあ まあ今後も追いかけるんだけどね• 433. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月08日 21:42 整合性ってのは「キャラがその世界でどう考えるか、どう行動するか」が焦点だろ? 整合性がない漫画の例を挙げるなら進撃の女型捕獲時。 壁外に出る前に確認されていた敵は「超大型」「鎧」だけだったのに まるで女型が追ってくることが解っていたかのような罠で捕獲する。 これは作者の「このあと女型を出して捕まえさせるぞ」という思いが先行しすぎた結果だな。 物語の中のキャラの立場でストーリーを作れていないご都合主義漫画。 鎧にアンカーが刺さってるから槍も刺さるとかいう意見あるが、あれはアンカーをひっかけてるだけ、じゃなきゃ謎の新兵器、雷槍いらないじゃん。 前回のに挙がってたけど これについても最新話とともに考えるべきだね• 503. 名無しのお前らが進撃してくる!• 512. 名無しのお前らが進撃してくる!• 517. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月09日 08:06 487 私はむしろ逆だと思うけどな。 ガビはもちろん最初から頭おかしいんだろうが、それは生まれた時からの洗脳教育の賜物。 ガビを「おかしい」って思うのは俯瞰的な立場にいる読者だからで、ガビが生まれ育ったマーレではむしろ模範生扱いなわけでしょ。 エレンは少なくとも束の間の安寧の真っ只中にいた壁内において異端児だったはず。 しかも母親からこれ以上ない健全な愛を注がれていたにもかかわらず。 相手の強さとか自分の限度を鑑みずつっかかってくアブナイ奴だし、ミカサのことを助けたかったからって包丁片手にあそこまで暴走できるのはやっぱり異常。 ガビが壁内に生まれてたら多分普通の子で、エレンはマーレに生まれてても「マーレの奴隷だ!」「まるで家畜じゃないか!」とかいって暴れてるんじゃないかな• 537. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月09日 10:05 527 私も、今月見てミカサはあの時エレンに恐怖も感じてたって描写かなと思った。 でももしそうなら、今更そう言われてもな… って感じでモヤモヤする。 戦闘中一度は死を覚悟したけどエレンを思い出して「ごめんなさい、エレン」て戦う気持ち取り戻したとこや「マフラーありがとう」で感動してたから、ミカサのエレンへの想いの裏に実は恐怖心も隠されてたってなると、なんかなあ…。 それを今までは、死ぬ間際にも思い出さなかったって事だし。 エレンから離れる予定らしいけど、エレンの事大切だけど性格についてけなくなるとかなら分かるけど、過去のそういった事も含まれるとなったら、取ってつけたようで何だかイヤだ。 …まだ恐怖感あったと決まったわけじゃないのに、つらつら書いてしまった。 561. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月09日 13:12 コメント遠くて番号覚えてないけど、私も群像劇が好きだから、アクションシーンよりも、謎解きの話よりも、今の、世界が急展開してキャラが葛藤してる話が一番面白い。 マジョリティーなつもりはないけど、そういう人もいる。 終わったあと後付みたいに話が出てくるのは嫌いだし、単純に終わると寂しいから連載中にじっくり書いてくれたら嬉しいなあ。 エレンも、サシャの最後の言葉を聞いての笑みの描写的に何か葛藤があるはずなんだよね。 ハンジさんに煽られてめっちゃキレてるし。 行動に迷いはないけどね。 ちょっとずつそれが明らかになっていくのが楽しみ。 ミカサもマーレ編挟んでエレンに対する感情が変化してきたわけだけど、フラッシュバックしたエレンの描写にはびっくりした。 ミカサフィルターが外れたのか?巨人化エレンにキズ物にされちゃったこととか忘れてたけど、そのうち伏線回収ってなるのかな。 598. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月09日 15:35 ルイーゼの敬礼でミカサの頭痛が発症したのは2回目 今回はルイーゼの敬礼を見てから顔に汗を浮かべて頭痛へと繋がる ミカサの頭痛って、エレンや家族の死の連想が原因という説が相当初期からあるけど、今回は全く違うよな それと、「もう大丈夫だ…安心しろ…」と言っているエレンの表情が第6話と第109話で全然違うんだが 第6話のエレンは涙を浮かべているような普通の目だけど、第109話のほうの瞳が始祖発動時のレイスの様な感じ まだ始祖の継承前だから、始祖ではない別の何か 横たわるミカサの驚愕の表情も、凄惨な光景のショックというより、エレンの瞳に対するものじゃないのかな ミカサの頭痛は何かエレン絡みの記憶の封印が解除されそうになるときに発症するんじゃないかと感じた• 635. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月09日 20:39 エレンが知性受け継ぐ前から道に関係した夢を見てるのは進撃を受け継ぐ運命が決まってたからかな 進撃の巨人になったクルーガー、グリシャ、エレンに共通してるのは敵に対する憎悪だがクルーガー、グリシャはまだ理性があり狂気の域には達っせなかった、エレンは理性の壁を越え狂人の域に達した『進撃』の器に最適な人間、もしくは初代『進撃』さんの生まれ変わりだとしたら初代『進撃』さんは狂人だった可能性、だから始祖がコントロール出来なかったと仮定 アニ戦でハッスルし過ぎて白眼剥いて語彙がカタコトになっちゃってたがエレンの敵は自分自身の狂気かもな• 838. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月12日 15:41 832 今の進撃が面白く感じられないなら、少し離れて暫くしてコミックスで一気に読むとかの方が合ってるかもよ 嫌なら読むなって言ってるんではなくて、832のコメ読む限り全く面白く感じてないしストレスになってるみたいだから 面白く感じられないのは個人の感性の違いだからしょうがないもの あと832の考え方が悪いとは全く思わない 自分は今も面白いというか興味津々で読んでて、今作者が描いてるこれをしっかり読者に伝えないと最終回が酷いものになるんじゃないかと思ってる 先にサクサク進んでさっさと終わりにするのが良いことだとは自分は思わない たぶん引き伸ばして金儲けに走るような作品でもないだろうし、必要な部分だから描いてるんじゃないかな• 871. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月13日 11:48 クルーガーが「ミカサやアルミン、みんなを救いたいなら」って口走ってたので、進撃オンリーでも道を通して過去や未来の誰かの記憶が流れてくるのは描かれてる事実なんだよね ミカサやアルミンを知らないクルーガーにも流れて来たんだったら、それだけ強い記憶なんだろう グリシャも同じこと言ったけど、あれも超大型と鎧が襲撃して来たあの時のことではなく、もっと先の、まさにエレンのこれからの記憶なんじゃないかな? だったらエレンはみんなを救いたくて行動してるはずだと思う それともどこかで選択を間違って救えなかった未来があるんだろうか• 875. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月13日 14:05 9体ある知性巨人、元々は一つだったのを9つに分けたんだよね。 だから「始祖」よ呼ばれる巨人であっても、オリジナルとは程遠い存在。 エレンは最終的には9体すべての巨人を取り込み、いわゆる完全体になろうとしてるんだよ(ナルトみたいだw)。 んで、完全体になって何をするかと言えば、「大地の悪魔」に巨人の力を返還して契約解除。 これで世界から巨人は消えてなくなります。 そして、エレンが完全体としての能力を得たとき、ユミルフリッツの記憶を垣間見ることで、世界のあらゆる真実が明かされるでしょう ……すまん。 たぶんこうはならない• 882. 名無しのお前らが進撃してくる!• 885. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月13日 18:46 青鬼=エレン 若しくはジークとエレン 赤鬼=パラディ中心のエルディア人 村の人間=世界の人々 じゃないかな パラディの住民と巨人化するエルディア人が怖くない人たちで、世界の為に戦ったり守ったりしてくれる人 味方 なんだと気付いてもらえればパラディは滅ぼされなくて済む その為にはとんでもない悪役が必要でそれがエレン エレンはこれをやろうとしてるんじゃないかな その為にはマーレの祭事場で派手に暴れて、エレンの名を世界に知らしめる必要があったと考えると、最初からタイバーと繋がってるようにも思える 今エレンがパラディ内で拘束されている事実も重要だね エレンが自分勝手に暴走してマーレを襲撃し、パラディは本当は止めたかったし、だからこそ牢獄に拘束したって流れはかなり重要 それをマーレで捕虜とされたマーレ人が証言する... って感じかな そうなるとエレンたちは地鳴らしの時、派手に何かやろうとしてるのかも• 909. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月13日 21:13 キヨミがやろうとしてる事は、ミカサを擁立してのパラディ島の乗っ取り(=将軍家再興?)。 50年の歳月をかけてパラディ島を乗っ取る手筈を整え、次々と自分の一族やら他の一族やらを住まわせ(米軍が沖縄に駐留するが如く)、巨人兵力の乗っ取りやパラディ島民への成り代わりを実行に移す。 軍備増強とはこの計画の建て前。 そうして行けば、キヨミは地ならしを阻止出来、さらにヒィズル国の巨人兵力を隠す事も出来る。 エレンの目的が完全体になる事にあるとするなら、エレンの所有する進撃の巨人は例えるならネクサスの状態。 進撃が完全体になればノアになれるという事(マーレ軍元帥の言っていた「羽の生えた巨人」に該当するか?) つまり、もう1体の知性巨人がいる。 それはヒィズル国に存在する。 キヨミはその存在を隠す為に、パラディを訪れた?そして、地ならしが失敗するのを分かっていて、失敗すればほくそ笑んで安心するだろうね。 何故ここでタイバー家、アズマビト家が登場してきたか?レイスやタイバー同様、アズマビトも巨人兵力を持っていると僕は睨んだ。 923. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月13日 22:15 グリシャが見せたかった地下室は、自宅の地下室の他にあった(レイス家の地下室、そして....。 )? 坑夫が地下を掘り進めていった先にあったのは結晶化されたエレン自身。 グリシャは何かに呼ばれるように、坑夫が掘った穴を掘り、壁の秘密へ。 そして、地下最奥部には結晶化されたエレンが眠っていた。 100年前に壁を築き上げ、人々の記憶を改竄したのはエレン(戦鎚の能力を使って巨人体を作れば良い)。 この世界は何度も作り変えられ、その度にエレンが地下で眠りにつく。 それが地下室の正体。 そして、地下室に辿り着いたエレンは眠ったエレンを捕食し、結晶化して眠るのでは? 壁巨人たちもエレンによって造られたのなら、エレンと同化しているか?壁巨人の目覚めがその証拠であるなら。 939. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月13日 22:50 進撃自体、13年の寿命では無い。 その代わりとして、酷使すれば鼻血を出したりする。 クルーガーがグリシャを壁に行かせたのは、道の力で壁の地下最奥部にエレンが眠っているのを知ったから。 そしてグリシャなら、それを成し得るだろうとも。 そして、クルーガーの「13年発言」で分かったのは、今ある9つの巨人は助からないという事(だからこそ、進撃がその助けにならなければならない事も示している)。 マーレが開発した巨人であるというのと、巨人には老朽化プログラムが組み込まれている。 それにより完全な忠誠を誓わせ、反乱を無くす事が可能となる。 955. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月14日 00:03 今月の幼少エレンを見て思ったんだけど、ミカサ外伝って前からループやら道やら座標に関わってる云々考察あったろ。 ミカサ外伝だけじゃなくて、悔いなきやぬばたまもそういうのに関わってたりして。 悔いなき…(無理矢理深読みすると)特にアニメ版の後編、例のリヴァイ発狂シーン。 原作2巻の犯人めった刺し発狂エレンと雰囲気がよく似ているように見える。 』今度っていつ?• 980. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月14日 05:40 幼なじみは考え方の違いで対立していくらしいから、結局は「新生エルディア帝国」か「エルディア国」かの違いじゃないかな。 常に自由を求めて外へ向かうエレンはあと数年防御に徹した後に継がれて終わるより、今すぐ敵を支配で黙らせる帝国のが自分の理想に近く、そこをイェレナに上手いこと刺激されたのかと。 パラディが世界と共存や対話していく「エルディア国」になれる可能性の芽をあのテロで先に潰して、「戦えと示した」 byフロック んだと思う。 もちろんエレンにそこまでさせたとしたら、それはジークのコントロール。 ジークはパラディに世界からの敵意を向けた後マーレの戦士の手によって滅びてもらいたいから、まずはどうしてもパラディに祭事を襲ってもらわなきゃならなかった、と。 現実的な方向で考えてみたけど、 今まで描かれてた内容から大きく外れたり、セリフと矛盾はしてないよね• 1021. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月14日 15:19 1016 まず根本からの考え方が違うんだよ 感動的な自己犠牲だなんて少なくとも自分は思っていないもの だって最終的に大勢の犠牲者が出るんだよ? そこ踏まえればエレンが正義のヒーローでないことは明らかでしょ それでもエレンはアルミンたちの事を考えて行動してると思う 物事や人物には色んな側面があるんだし エレン青鬼説が甘いとか現実味がないとか確実性がないとか言ってるけど、そりゃそうだよ この説自体ハッキリしてないんだし でもこの説が当たったとしたら今後説得を持たせる描写が来るんじゃないの? この説が絶対に正しい!なんて主張してる人は一人もいないことを強調しとく でも反対派の意見も弱いんだよね いくらでも反論できちゃうから• 1022. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月14日 15:24 共通の敵がいれば人間は団結するって言葉を、あくびが出ると言ったのはエレン本人だからなあ。 実際のところ世界はパラディの資源も欲しがってるわけで、例え元凶が責任背負って死んだとしても、そんなの関係なくちょうどいいから排除しようという国も出てくるかもしれないわけで。 全ての国々が思い通りに動くよう、一人の人間が考えるのは無理があるから青鬼といわれてもピンと来ない。 なら少しずつでも、そこまでパラディに敵対しない国々に接触し続けるという選択肢は襲撃前ならあったかもしれない。 けど、その可能性さえもあのテロでなくなってしまったから、ジークに利用されてるか、ジークの作戦にちょうど良いから乗ってるのかとも思う。 1045. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月14日 17:32 結局エレンが敵だと思うか、もしくは大きな視点で考えて行動してると思った人は、結果が出るまで考え変わらないと思う。 だからそれまで思い思いのこと書けばいいと思う。 自分はエレンはそこまで考えてない派。 もちろんパラディは好きだから、出来れば滅びの道は回避してほしいと思うけど、それを導くのはエレンとは思ってない。 ここ4年の彼の言動があっちゃこっちゃいきすぎるから。 パラディを世界が悪魔と思ってるのは誤解じゃない。 だから時間を稼ぐために手出しできないようにした方がいい。 と言っていたのに、次は地ならしに頼るのは危険と言ったり仲間が大切と言ったり、でも結局は何も言わずにジークの策にのって世界を攻撃して、他に方法あるのかって逆切れしたり、深い考えがあるにしても落ち着きがなさ過ぎると思う。 これじゃみんなが不信に思うのはしかたがない。 もちろんジークが死んだらヒストリアや仲間を犠牲にするしかないから、それまでに…と考えたかもしれないけれど、一旦蹴った考えなのに、イェレナとそう話ただけで行動したのだとしたら、主導権は結局ジーク達なんだよなぁ。 1081. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月15日 06:59 上の方で、「今のエレンが知性巨人を集めてないと思う根拠」を聞かれたので書いておきます。 後で答えようと放置してたらコメント増えて探すの大変になったので、レス番つけずごめん 25巻、戦鎚戦のセリフより ミカサ「そんなハズはない。 うなじを完全に吹き飛ばした」 エレン「おれもうなじを念入りに潰した。 =赤子ガチャになっても良いと思っている エレン「いくらうなじを潰しても死なないわけだ。 ミカサ、注意を引いてくれ。 以上です• 1096. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月15日 12:12 エレンが変わったことによく注目されているけど、アルミンも相当変わったように思う。 というのも、以前に「相手を凌ぐためなら人間性さえ捨てる。 それをできる者が勝つ。 」みたいな発言をしていて、現在のエレンはまさにそれをやっているのにアルミンはよく思っていないみたいだから。 だとしたら、きっかけは間違いなく超大型を継承したことかなぁ。 何がアルミンを変えたのかは分からないけど。 あまりこういう言い方はよくないけど、以前のアルミンは発言からして、やや右寄りなのかなぁと思っていたけど、現在のアルミンはちょっと左っぽい。 そこらへん含めて、エレンやジーク、イェレナの動向以上に状況はアルミンに委ねられてると思う。 1100. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月15日 12:55 1099 「人間」と仲良くしたい「赤鬼」のために、「青鬼」が人間に悪さをして 演技 、 それを退治した赤鬼が、晴れて人間から仲間と認められるって童話からきてるんだよ。 青鬼さんは本当は良い奴なんだけど、赤鬼のために悪者を演じたという。 ジーク達は、 世界 人間 に認められるために、 パラディ 青鬼 が祭事を襲撃する悪さを無理矢理させて、 マーレの戦士 赤鬼 がパラディ 青鬼 を倒すことで世界 人間 から認めてもらおう しかもパラディの資源も手に入る という案を立ててたけど、 エレンもそれと同じで、 自分が「青鬼」になって世界に対して非道の限りを尽くした後に、 パラディに自分を退治させて「赤鬼」にさせ、 世界と仲直りさせようとしてるんじゃないかと、一部の人は予想してる。 「エレンが祭事テロにパラディを巻き込んて世界の脅威にさせた」という大きな矛盾があるから個人的にはうーん…って気がするけど• 1101. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月15日 12:58 話はガラッと変わるけど、巨人化するときに使う薬って、パラディでは作れないんだよね。 容器から出すと急速に気化しちゃうんだっけ? これからの50年計画にしても、マーレから持ち込んだ薬を使うことが前提だし。 でも、そんな謎で扱いの難しい薬を、マーレは山のように持っているわけだ。 楽園送りと称して大量のエルディア人を巨人にしてしまっているし。 てことは、マーレは薬を作れる。 やっぱり巨人をこの世に生み出したのは、実はマーレでしょ。 エルディア人は実験台にされただけかもしれないね。 で、制御不能で大変なことになってしまったので、事実を隠蔽し、歴史を改竄してすべてをエルディアのせいにして、彼らを悪魔と呼んだ。 巨人学会云々は隠れ蓑であり、実は巨人を生み出した母体なんだろうね。 と、考えてみました• 1120. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月15日 17:22 ここのコメント見てて面白いなと思うのは、皆のエレンというキャラに対するイメージがわりと極端っぽいこと。 青鬼説もこっちから発生してると思う。 自分はどっちかというと前者のイメージで読んでたけど、今後の展開で後者だと分かれば自分のイメージが間違ってたんだなと思う。 ただ、たまに自分のイメージしてたキャラと行動が違くなった時に、「作者が投げやりに描いてキャラを崩壊させた」と言い出す人がいるから、今回はそういうのが無いといいなと思う。 1124. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月15日 19:41 鬼鬼言ってるとこ全然関係なくて申し訳ないけどw巨人の大元はまだふわっとしてるから気にならないんだけど、今の時間軸なら骨髄液抽出くらいのテクノロジーはまぁあっても不思議はないんだけど そもそも「知性巨人持ちの人を食う」じゃなくて、「食うそのものじゃなくて髄液摂取」で継承って理解するまで相当の試行回数必要そうだし、継承されないとランダム発生とかも知識として理解するのも年月かかるし そもそも、最初の無垢巨人自体がどこから涌いたんだろうか。 古代エルディアンの頃から髄液抽出とかしてたんだろうか。 古代はまた別の方法だったかもだけど、無垢の作り方がわからんないんだよね。 たまにこれが気になって夜しか眠れない。 1127. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月15日 20:21 ユミル・フリッツが自然死か他殺された後に、弔いの儀式で遺体を食ったとする。 ユミルの三人娘だけに巨人化能力が現れ、人々はびっくりする。 ユミル様の力は引き継げるのか! 感動 三人娘の子孫に次々巨人化能力者が現れるが、どうやら最初に遺体を分けた数だけしか現れないらしいと気がつく。 欲にまみれた人々は巨人化能力者をもっと増やしたい。 最初みたいに食えば引き継げるんじゃないか?!と思いつく。 ので、能力者を食ってみた。 普通に消化してしまった。 赤子ガチャ発生に気がつくポイント? なんでやねん!と悔しがる人々。 当時の風習で血液にも力が宿ると信じられていた。 一人が思いついて、血を体内におさめればいい!と言った。 口からじゃダメだ、傷口から注げ! 協力的なユミルの子孫 巨人化能力者ではない 1名と、ただの奴隷で実験。 奴隷は普通に失血死。 子孫の方も死。 血じゃダメだ、内臓か?!心臓か?! 色々試してビンゴは脊髄液だった。 しかし変化が現れるのはユミルの血を引く子孫だけで、それも意思の無い巨大な化け物になるだけだった。 これが無知性巨人の記念すべき誕生かな?長くなってすみません• 1136. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月15日 23:09 地下最奥部に眠っているのは結晶化された人類。 全人類が滅亡した際、結晶化して眠っている大地の悪魔(=ユミルを創造した神)によって、人類が創造されるようになる(それが世界の始まり)。 まるで某ゲームマスターのコンティニュー機能みたいな感じかな?何度でもやり直しがきいてしまう的な。 大地の悪魔は元々世界の平和を目指していたか?それで地下にて人類を造り、眠らせて結晶化し、地上にも同じ人類を造っておく。 エレンはあの木の所で「長い夢」から目覚め、普通の生活に戻った。 ならばエレンは、地上にも地下にも存在する事になる(グリシャの言う地下室とは、イェーガー家の地下室やレイス家礼拝堂地下、そして坑夫が掘った地下では無いか?)。 僕はグリシャ生存説を信じている。 グリシャこそが坑夫の正体であるのは間違い無い。 そして物語の黒幕。 クルーガーは壁に向かわせる事で、始祖奪還をさせると共に、大地の悪魔に返そうと画策していた?道によって、悪魔がグリシャであるという事を突き止めていた? カルラはユミル・フリッツ。 あの風刺画は大地の悪魔に力を授かる場面では無く、大地の悪魔の為に子供を産み、悪魔と共に喜んでいる姿。 あの林檎は赤子を表現したもの。 つまり、ユミルは巨人化能力を手に入れてはおらず、悪魔の替え玉にされてしまい、人々から差別される事となる。 1145. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月16日 07:12 1127 巨人の寿命は13年。 でも、純血エルディア巨人(尖耳巨人)の寿命は13年よりも長い。 ライナーはマーレ人とエルディア人の血を引いている(巨人にはなれるものの、寿命は短い)。 混血巨人(丸耳巨人)の寿命は13年。 この中でそれなのがライナー、アニ、ベルトルト、ポルコ、ピーク、ヴィリー妹、フリーダ。 尖耳巨人に当てはまるのがエレン、グリシャ、エレン・クルーガー、ダイナ、ジーク、ソバカスのユミル、大地の悪魔、ユミル・フリッツ。 フリーダはガビに似ているというのもあり、ライナーとガビは親戚同士だから、同種族。 1156. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月16日 12:30 ミカサ一家襲撃時の場面が出てきたので、久しぶりに最初の頃の話を読み返してみた。 マーレから来たグリシャは東洋のヒィズル国も巨人科学の副産物アッカーマンも知っている。 クルーガーには「ミカサやアルミン・・・みんなを救いたいなら」と言われている。 そのグリシャが、ミカサという娘を持つアッカーマンと東洋の夫婦を発見すれば驚愕するだろう。 ミカサの両親の遺体を調べたグリシャは「駄目だ…2人とも死亡してから時間が経っている」と大きめのフォントで強調している。 死亡直後なら何かできたのか?遺体内に生き残っている何かを採取するとか? ミカサの腕の紋様はグリシャが訪問する当日に与えられている。 ミカサ父が刺されたら即座に躊躇なくミカサ母が逆襲してミカサを逃がそうとしている。 まるで心構えができていたように。 グリシャとミカサ両親の間でミカサに関する重大な秘密を理解し共有していたのかもしれない。 当時は疑問にも思わなかった描写が重要な伏線だったかと思えるところが進撃の面白さだな。 アニメ31話の時も思ったが、アニメと漫画の進行をうまく連動させている。 1193. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月16日 23:54 エレンが祭事を襲撃したことによる影響は、 パラディが全世界のターゲットになったこと。 事前に話せばアルミン達が賛成するわけはないよな。 一方でジーク達マーレ側にとってはオイシイ結果になってる。 「タイバー計画を完成させてくれてありがとうエレン!」ってとこだろうね。 ジークがエレンにやらせた可能性は高そう。 じゃあエレンにとっては今の状況の何が魅力なんだろうと考えると、これでパラディは始祖を使って戦い続けるしかなくなったこと? 残り僅かの寿命が終わる前に、敵を駆逐するまで進み続けたかったとか、そんな理由でも自分はあんま驚かないよ。 ライナーにそれっぽいこと言ってたし• 1320. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月17日 11:19 キーポイントは、エレンは何度も単独行動とる必要があった…ということだね。 イェレナと接触した時から、エレンは既に単独行動すると決めていたようだ。 イェレナに何か言われたのを人に話そうとはしなかった…ということ イェレナと接触後に、誰にも知られず悟られず自ら動いて兵団の動向を探りつつ、こっそりマーレに行く準備を進めていたのかな?で、イェレナとマーレに行ったと。 イェレナは「ジークが君と直接会って話したいと言っている。 とても重要なことだそうだ。 しかし島に連れて来られた後では二人で話す機会はまず設けられないだろう。 つまり、ジークと二人で話すチャンスは今しかない」 こんなこと言われたらエレンも動くんじゃないかな。 単独行動の理由になる 出立前イェレナからフロック一味に、ヒストリア女王に伝言を任していたかも。 伝言役はルイーゼとか?「エレンがジークを連れて来たら恐らくあなたはすぐに巨人化を迫られるだろう。 ジークも死ぬことになる。 ジークが生きていなければこの島は助からない。 理由は彼が来てからわかるだろう」 思わせ振りに言われたら気になるだろしもしも事実なら無視できない案件。 で、ヒストリアは昔から知っている最近好感度upの青年を見てある策を思いつく……みたいな?• 1472. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月18日 05:50 1427 ネタなのか分からないのだけど突っ込ませてほしい エレンとヒストリアの子どもって王家の血筋を引いただけの子どもだよな? それから始祖の巨人持つものと王家の血を引くものが接触している状態なら座標は発動できるんだよな。 それなら始祖持ちと王家の血筋がそれぞれきちんと受け継がれていれば問題ないわけで、一つに集約(エレンとヒストリアの間の子ども)にする必要はどこにもなくないか? まあ始祖の力がレイス家じゃないと正しく使えない可能性があるならまとめたほうがいいかもしれんが、アニメでも「不戦の契りがあったら人類は救えないからエレンのお父さんが奪ったのは正しかった」ってヒストリアにいわせてるからなあ。 それからこれは下世話な話だけど、仮にエレンとヒストリアが子作りしたとしたら記憶バチバチなって大変そうだ…• 1497. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月19日 22:12 1491 薄めた展開の原因はエレンがこうなったのは何が原因かだけで三ヶ月も引っ張ってるんだよ この三ヶ月間全部毎回エレンがどうしてこうなったかのでしょうか?エレンが何考えてるかわかりません+サブキャラのサブエピソードで構成されてる エレンは新情報ないうえに引っ張りすぎだし見る限りたいしてドラマチックな理由でもなさそう サブキャラのサブエピソードも読者がとりたてて興味がなく感情移入できない人殺しのガビと唐突なヒストリアの妊娠をこれみよがしに押し出している 作者が盛り上げようとしてるのはわかるけど押し付けがましい• 1502. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月20日 13:40 自分で読む気がしないと思ったら読まなくなるのも読者の権利だし、それでいいとも思うけれど。 自分も他の漫画楽しみながら進撃もそのひとつとして読でるよ。 長年読んでて気持ちがおとなしくなることもあるでしょう。 「話」というのも結局キャラがどう動くかだと思うし、アニメも見ながらだし、この子達が将来こうなるんだよなあ、と親みたいな目線と言うか、1巻からの思いを馳せながら自分見てるので、あまり参考にならんかも。 自分はエレンは物語を動かすキーマンとしか見てないので、理由は気になるけど一番盛り上がるところで披露されるのかな〜。 くらいで。 サブキャラのエピソードも好きなので会話だけでも話として楽しく見てるよ。 カヤの言葉は戦争と関係ない田舎で過ごした被害者、というあの子じゃないとぶつけられないのであ〜こ〜来たか〜と思ったし、カヤとルイーゼの始まりが同じで違う道を歩んでるのも寂しいけど面白かった。 あとはフロックどうなるのかなとか、ヒストリアは幸せななれるかなとか、つらつら考えながら先を楽しみにしてるよ。 誰にも感情移入できないのなら、感情移入できる漫画で楽しんだら良いのでは。 1507. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月21日 02:30 1503 >それともサブキャラのエピソード自体不要なの? 成長したカヤとルイーゼ(とガビファルの絡みとか)はむしろ番外編エピソード、スピンオフ、もしくは最終話の後日談としてやればいいと思った。 正直、うわーこんな伏線回収見本市みたいなのがこれから次々とダラダラと本編にからんでくるのかというのが率直な感想 ていうかこういうサイドストーリー的な話までをメインに持ってくるくらいなら、なぜアニやミカサのロストガールズとか悔い無き選択こそ本編でやらんかったのかが疑問である。 登場人物には執着ないが、どうしても優先順位がぐちゃぐちゃになってて意図的というより気まぐれにしか感じない• 1522. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月22日 05:33 サイドストーリーかどうかはわかんないよな。 作者はエレンが主人公たる漫画が描きたいわけじゃなさそうに思う。 よく脇が固められてるドラマ/映画は名作になると言うが、主人公以外の人物をうまく魅せることって大事だよね。 もしかしたら「巨人」を通して人々の錯綜する模様が描きたいのかもしれない。 ガビの改心する過程こそ重きを置いて描きたいのかもしれない。 蛇足かどうかは最後までわからない。 だから主人公やメインの話の流れ以外をサイドストーリーと切り捨てるのはどうかと思うな。 ただその「魅せ方」がいまいちに感じるっていうのはそれぞれの真っ当な感想だ• 1524. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月22日 09:40 1522 サイドストーリーが不要と言う人はいないんじゃない? 長すぎるとか面白くないという意見がほとんどかと 個人的にはケニーの過去ストーリーはとても面白かったけど、あのストーリーがあそこまでページを割くほど重要かずっとわからなかった ところが、今期アニメがケニー含む全てのストーリーを「人が悪いのではなく、正しい世界の記憶と真実を追求する戦い」ということにうまくフォーカスしてくれたので、ストンと腑に落ちたし同時にケニーをもっと知りたいという気持ちにうまく誘導してくれた 魅せ方というのはこういうことなんだな、と思う• 1525. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月22日 11:30 本でも漫画でもずっと続いてるうちに作者の人生観とか趣向が変わり、新たな心境の変化が見え隠れするようになり、一つのトピックや特定の登場人物にこだわりはじめてとことん描きつめようとするあまり、読者視点からはテーマそのものがずれていささか脱線しているように感じる事がある 私小説とかではいいんだけど少年漫画だと作者の目線にあわせないかぎり、あれ・・・こういう漫画だったけ?この作者作品を通して自分探してるんじゃね?だるいーという感想も出てくる サイドとかメイン云々よりそのバランスで本筋がしっかり見えればいいが、最近の進撃は読者のほうが作者の興味に合わせないと読みにくく感じる 個人的には編集・・・もう少し軌道修正しなくていいのか?と思う• 1534. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月23日 08:29 1532 この並列してる話全てがメインって事はないだろ・・・あくまでも始祖巨人をめぐる歴史的な勢力衝突が物語の核心で、その他に関してはサブストーリー サブプロットとかBストーリーとかいうのかも)でメインの話を盛り上げたり深めたりするためのもんだと思うが それらが悪いのではないが、内容に対してのバランスつうか、特にここ数話は尺的にも描写的にも作者の中で「支えるストーリー」の重要性がやたら増しているようで本来のダークファンタジーとはかけ離れた、作者独自の信念に基づく妙に野暮ったい教訓めいたスロー調な流れになってることへの批判はある• 1546. 名無しのお前らが進撃してくる!• 2018年09月23日 20:11 カヤはガビに影響与える為、ルイーゼはミカサに影響与える為って見てるからムダ描写とは思わず読んでるので不満ないけど、まぁこの展開、ダレる人はダレるだろね。 でもさすがに思考変化を短時間でやられると私は萎えるw大して描いてないのにガビがいきなりマーレ絶許脳で出てきても困惑するしw 多重進行で多角的に話を進めてるのは描き方が良い悪いとかじゃなくて単純に個人の好みの問題だと思う。 私みたいに面白く読める人もいれば気に入らない人もいる。 それだけのこと。 ライナー襲来?の時くらいに全部のエピソードが集約されるようにしてるように私は見える。 ただ、まだ途中経過なのに無駄描写って断じてる人はよくわかんないな…• 1562. 名無しのお前らが進撃してくる!•

次の

【ネタバレ 感想】進撃の巨人 103話『強襲』あらすじと感想

進撃の巨人 ネタバレ 109

本記事では、2018年10月9日発売の別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新110話のネタバレ・考察をご紹介していきます。 前回109話ではガビとファルコを発見した女性の名前がカヤという事が判明。 エレンの情報を流したホルガー、ヴィム、ルイーゼの新兵とフロックは懲罰房へ入れられてしまいます。 そしてガビとカヤは4年前の出来事について全面対立。 彼らの間には複雑な相関関係があることが発覚しました。 最新110話以降でガビとカヤの関係性がどう変わっていくのかについても気になりますね! それでは、2018年10月9日別冊少年マガジン掲載漫画『進撃の巨人』最新話110話のネタバレ・考察をお届けしていきますので、最後までお見逃しなく! Contents• 進撃の巨人最新110話 ミカサが頭痛を起こしてエレンに助けられた日を思い出す?! 今月の別マの進撃の巨人の表紙カラーふざけてて笑う エレンそこか — ノボリ nJD985UW6SwMBUX ミカサは女性のルイーゼを懲罰房へ連行していきます。 ルイーゼは自分が入った懲罰房はミカサが以前入っていた房なのかといますが、ミカサは違うとだけ答えます。 残念だと答えるルイーザは、兵規違反をしたことについては後悔していないと。 勝利することが調査兵団の目的なら、必ずしも規則を守ることは重要ではないと言います。 ミカサはルイーザに刑期が延びるだけだからやめるよう言いました。 するとルイーザは、ミカサに命を救われた日からあの時のままだと。 巨人を人の力でねじ伏せたミカサを見て学んだことは、力が無ければ何も守ることは出来ない。 自分達は理不尽な暴力と戦っていい事を学んだと。 そしてミカサもエレンに救われたはず。 とルイーザから聞かれてミカサはエレンから貰ったマフラーを触ります。 あの日からミカサに少しでも近づきたかったと言うルイーザは、どうしてミカサは調査兵団に入ったのか尋ねます。 『エレンのためならエレンの自由を・・・』と話し始めるルイーザに対して、ミカサは『口を閉じてなさい』とだけ残してその場を後にしました。 『ドン』という音でルイーザの方を振り返ると、ミカサは頭痛を起こしてエレンに助けられた日の回想に入りました。 6話での出来事 漫画『進撃の巨人』6話では、ミカサの両親が盗賊によって殺害。 東洋人を求めた盗賊によってミカサは山の中の小屋に監禁されていました。 その話を聞きつけたエレンは、小屋を発見しミカサを監禁していた盗賊をナイフで切りつけます。 すると盗賊は逆上して逃げるエレンを追いかけます。 追いかけてきて勢いのついた盗賊を、エレンは長い槍のような物で突き、地面に倒れ込んだ盗賊をナイフでメッタ刺しにしました。 これで一件落着かと思いきや、そこにもう一人の盗賊の仲間が現れます。 『てめぇがやったのか、俺の仲間を!』という盗賊はエレンの首を絞め持ち上げます。 この様子を見ていたミカサに対してエレンは、『戦うんだよ!』 『勝てなきゃ死ぬ、勝てば生きる』 『戦わなければ勝てない』と諭し、ミカサはエレンの落としたナイフで盗賊を背中から一刺し。 エレンに助けられたミカサはエレンを救ったのでした。 エレンとミカサは人を殺しても無罪だった? エレンとミカサは盗賊相手とは言え、ナイフで一人ずつ人間を殺しました。 いくら少年といえど、何らかの罰があってもおかしくないという声が沢山上がっていましたが、実際には何か罰を受けた描写はありませんでした。 これに関して様々な考察が行われていますが、有力なのは正当防衛だったという事です。 当時彼らは9歳であり、ミカサは誘拐犯に監禁されている状況で、命の保証がある状態ではありませんでした。 更に、ミカサが2人目の誘拐犯を刺したのも、れっきとした正当防衛に当てはまります。 エレンは体格も年齢も格上の誘拐犯に首を締めあげられ、意識を失うまで至っています。 意識を失えば死と直結することは免れませんし、そのまま死んでいてもおかしくありません。 命の危機が迫った状況で、かつミカサの体格で誘拐犯を抑えることも出来ないことを考えると、ここはナイフという武器を使って戦う他無かったのではないかと考えられます。 フロックがエルディア国を武力により守ろうとするタカ派となった原因に、イェレナが関わっていた事が明らかに。 エレンが単独行動を起こすようになった事にも、イェレナが関わっていた事が発覚しました。 イェレナが数々の謎にかかわっていた事が明らかになった後、ピクシス司令は『美女と話す口実』ができたと着席し、イェレナに尋問をし始めました。 フロックとイェレナの関り ピクシス司令が言うには、イェレナの監視役が突然変更となり、新たに監視役になったのがフロックだったのです。 そして、イェレナを宿泊地まで送る担当がフロックとなり、その宿泊地はエレンの住処と近かったとピクシス司令は言います。 つまり、祝賀会の後に泊まる予定だった宿泊先までフロックが送り、エレンの住んでいる場所に近い宿泊先で、エレンと接触したのではないかとピクシス司令は予想しました。 フロックを利用してエレンに近づいていた? フロックに監視役が変更となったことから、この時既にフロックはイェレナ側に付いていたと考えられます。 イェレナはこのフロックを使ってエレンと接触する事を最初から目論んでいたのでしょう。 さらにフロックと同じように懲罰房に入れられた新兵達も、フロックの影響でタカ派になったと考えられます。 エレンに接触する機会を作るだけではなく、イェレナの影響によりフロックがキーマンに持ち上げられて裏で活躍していたことが考えられます。 タカ派とは? 政治思想の分類の一つで、強硬的な政治信条を持って、場合によっては戦争などの武力行使も辞さない姿勢をとるという考えを持つ人や集団の事を言います。 強気な外交や軍事力の強化などを進めていくことがタカ派の考え方と言われることが多くあります。 政治以外にも、経済面でもタカ派という言葉が使われることがあります。 主に緊縮財政、インフレの抑制、消費税の増税に賛成など、景気の変動に対して強気な考え方に対して使われ、『経済タカ派』とも言われています。 この言葉は、猛禽類である鷹の性質や習性とその人たちの性格や行動が似ていることから来ています。 強硬派などと同じような意味で使われています。 進撃の巨人最新110話 エルディア帝国と新生エルディア帝国 光フェニックス持ちのギルメン集めてエルディア帝国ってギルドつくろうぜ 進撃の巨人観てないので元ネタわかりません — くまやで kumadayo1993 エルディア帝国の歴史 そもそも、エルディア帝国は『九つの巨人』の力を得て大国・マーレを倒して、約1700年間大陸の支配者となったとされています。 その間に他民族から土地や財産を奪って、繁殖させ、人口を増加させていきました。 ですが、マーレによる内部工作によってエルディア人同士の内戦が勃発してしまい、帝国は弱体化の道を進むことになりました。 マーレは弱体化した隙を狙って『九つの巨人』のうち7つの力を奪うことに成功し、100年前の巨人対戦で勝利しました。 そんな中で『始祖の巨人』を継承した145代目フリッツ王は戦いを拒否して、国民を連れてパラディ島へと逃亡しました。 そして、『始祖』の力によって三重の壁を築き、中に引きこもりました。 そのため、パラディ島に移らず大陸に残されたエルディア人や、フリッツ王に反対した王族などはについては、復活したマーレにより現在まで隔離政策が施され、強制収容区での生活を強いられています。 エルディア人とは? エルディア人とは、始祖『ユミル・フリッツ』の末裔である人々であり、巨人化できる人種全ての事を指しています。 パラディ島の壁内人類も移住したエルディア人の末裔という事になります。 このことから『ユミルの民』とも言われていますが、全員エルディア人ということになります。 大昔には巨人の力によって大陸を支配していたため、マーレや他国からは危険視されています。 巨人化できる体質を持っていることからマーレ人の事をエルディア人を同じ人間として考えられない住民も多く、『悪魔の血』『悪魔の民』として軽蔑されてしまっています。 収容区で暮らしているエルディア人は、市内とは壁を隔てた生活になり、屋外に出る際には腕章を付けることが必須となります。 さらに、市内に出る為には外出許可書が必須で、違反した物は子供であっても強制労働や制裁が科せられて、楽園送りの刑もあります。 ライナーの例が示しているように、混血であってもエルディア人の血を引いていれば巨人化能力も受け継がれることから、エルディア人扱いとなります。 エルディア復権派とは? エルディア復権派とは、マーレの内通者である通称『フクロウ』によって組織された、エルディア人が構成する反体制地下組織です。 彼らの目的は、『始祖の巨人』を奪還してエルディアの自由を取り戻すこと。 復権派の証として胸には十字の傷が入っています。 主なメンバーは『フクロウ』を含む、• グリシャ・イェーガー• ダイナ・フリッツ• グライス• おさげイーター となっています。 しかし、リーダー的存在であったグリシャの息子・ジーク 当時7歳 によって密告されてしまい、復権派は全員パラディ島送りとなっています。 進撃の巨人ほど、いま読んで感じた衝撃や考えたこと、十年後に読んで抱く感想が楽しみな漫画はないなぁ。 殺されなければならなかったのかを問い詰めるシーンが印象的でした。 最新110話ではガビが、自分が殺したサシャが助けた少女に助けられたことに気づき、どんな反応を取るのかも気になります。

次の

【進撃の巨人】130話「人類の夜明け」ネタバレ&感想を語る!

進撃の巨人 ネタバレ 109

ミカサとヒストリアを簡単に紹介 ミカサ• 本名:ミカサ・アッカーマン• 所属:パラディ島調査兵団• 出自:アッカーマン家、ヒィズル国将軍家• 特徴:戦闘能力が高い、嫉妬深い、エレン大好き エレンとアルミンの幼なじみ。 アッカーマン家の血を引くため戦闘能力が非常に高く、右手首には東洋人の血を引くことを示す刺青があります。 エレンを追うように調査兵団に入り、またエレンの危機を何度も救ってきました。 ミカサの世界はエレンを中心に回っており、エレンに親しくする者や危害を加える者には一切の容赦がありません。 ヒストリア• 本名:ヒストリア・レイス• 所属:パラディ島調査兵団、壁内の女王• 出自:レイス家• かつては偽名であるクリスタ・レンズを名乗り、優しく献身的な性格を演じていました。 王家の血を引くレイス家の一人ですが、ロッドの腹違いの子として生まれたために冷遇されて放逐された過去があります。 そのため生きることに絶望しており、あえて危険な調査兵団に入団していたのです。 しかしロッドと決別して女王に即位してからは吹っ切れたようで、かつてない明るい笑顔を見せるようになりました。 ミカサの正体は将軍家の末裔だった 第107話でミカサがヒィズル国の将軍家の血を引いていたことが判明しました。 舞台は2年前の回想シーン。 パラディ島に軍港が作られ、初めて迎えた外国の要人はヒィズル国の頭首キヨミ・アズマビトでした。 キヨミはミカサに対し、ミカサの右手首の刺青と同じアズマビト家の紋章を見せます。 ミカサがアズマビト家の祖であるヒィズル国将軍家の末裔であると、キヨミは告げるのでした。 かつてヒィズル国はエルディア帝国の同盟国で、将軍家はパラディ島に逗留していた。 巨人大戦でヒィズル国は敗戦国として立場を追われ、混乱のさなか将軍家はパラディ島に取り残された。 その後カール・フリッツによって壁内のエルディア人の記憶が改ざんされます。 しかしアッカーマン家と東洋人の血を引く者には効果がなく、しかも王家の意に背いたため迫害を受けることになったのでした。 そのため、ミカサは壁内で唯一の東洋人を引く者となります。 ミカサの正体が明らかになった後、ヒストリアは「生まれで重荷を背負う者同士」と喜びをあらわにしていましたね。 ヒストリアが妊娠していた! 第107話のラストでは、ヒストリアが妊娠していたことも明らかになりました。 壁内の女王に即位してからよく見せていた、明るい表情もすっかりなりをひそめています。 そばにはサスペンダーの男性がおり、ヒストリアと呼び捨てにしていました。 舞台は再び2年前の回想シーン。 キヨミはジークが持ちかけた取引内容を明かします。 ヒィズル国がパラディ島に介入し、パラディ島の軍事力を世界レベルまで引き上げる。 それまでの約50年間は「地ならし」の脅威を維持する必要がある。 そのために始祖の巨人と王家の血を引く巨人を継承し続けなければならない。 つまり、ヒストリアは王家の血を引く子を産み続けなければなりません。 いったんは承諾したヒストリアでしたが、エレンの「他の方法を探る」という言葉によって思いとどまったはずでした。 それにしても、ヒストリアにいったい何が起こったのでしょうか。 そして108話で新事実が判明します。 憲兵団によって、ヒストリアを巨人化させてジークを捕食させるという提議が出されていたのです。 しかしヒストリアが妊娠したことによって、その提議は流れることに。 憲兵団のローグはヒストリアのタイミングが良すぎる妊娠に疑問を抱き、義勇兵の中に憲兵団の提議を漏らした人物がいると疑っています。 一方ヒストリアの相手は、ヒストリアが幼い頃に石を投げていた子供の一人でした。 本当はヒストリアに興味があっただけで、子供の頃の罪悪感からヒストリアの孤児院で働いていたといいます。 声をかけたのはヒストリアからで、その表情はすでに虚ろなもの。 ヒストリアは巨人化させられるのを阻止するため、妊娠という手段を取ったということなのでしょうか。 ロッドと対峙した時、ヒストリアは「もう自分を殺さない」と言っていました。 自分の身を守るためとはいえ、ヒストリアは望まない妊娠を選択するのでしょうか。 もしかすると、妊娠は相手の男性を巻き込んでの偽装工作という可能性もあるかもしれないですね。 ヒストリアの虚ろな表情は、相手の男性をだまして巻き込んだという罪悪感からでしょうか。 あるいはクリスタだった頃に身につけた、演技だったりしないですかね。

次の