エリンギ の 切り 方。 エリンギの切り方で3つの食感を楽しむ《レシピ付》。きのこの冷凍保存の方法

エリンギの切り方!鍋に最適なのは?

エリンギ の 切り 方

もくじ• とはいえ、「本当に洗わなくても大丈夫なの?」と、心配になってしまう方もいますよね。 エリンギに限らずきのこ類全般において「洗う派」か「洗わない派」のアンケートを行ったところ、アンケートでは 「洗わない派」が7割と大多数ですが、少数派の「洗う派」の中には、きのこを生産している方も含まれています。 「結局のところ、どっちがいいの?」ということで・・・。 おがくずが付いていることがある• きのこの種類によっては洗う• 洗わないと不安 きのこを洗う派の意見としては上記のような理由がありました。 この中で、「きのこの種類によっては洗う」という意見がありますが、例えば、ぬめりが特徴である「なめこ」の場合、このぬめりが酸っぱくなることがあるので、軽く洗うことで酸っぱさがなくなり美味しく食べられる、ともいわれています。 また「洗わないと不安」という意見ですが、この気持ちはなんとなく分かりますよね。 きのこに付いているかもしれない、目には見えない菌や汚れがどうしても気になってしまう、という方は一定数いるようです。 洗わない派の意見• 風味が落ちてしまう• 傷みやすくなってしまう• 加熱するから洗わなくても良い• 拭くだけでいい• 人工栽培で衛生的だから大丈夫 きのこを洗わない派の意見としては上記のような理由がありました。 先述したように、「なめこ」や「生きくらげ」のように洗っても良いきのこもありますが、 エリンギ、えのき、ぶなしめじなど、私たちの食生活に馴染み深いきのこは、洗うことで風味や食感が落ちてしまいます。 風味や食感だけでなく、 栄養も流れてしまうため、洗わない方が良いと言えます。 調理直前にサッと流す程度であればいいのですが、洗ってから保存するというのは劣化が早くなってしまうだけなのでNGです。 また、基本的にきのこは「加熱処理」をして食べることが前提の食材なので、わざわざ洗う必要がないという意見もあります。 加熱処理をすることで、仮に菌が付いていたとしても死滅するため、洗う工程を挟む必要はないということですね。 そして、エリンギに関してですが、 日本で売られているエリンギは全て人工栽培のものなので、農薬などは一切使われていません。 エリンギが日本に自生していないというのは少し驚きですよね。 後ほど詳しくご紹介しますが、エリンギは生で食べることができないため、加熱処理などをして食べることになります。 なので、洗ってしまうとより多くの栄養が流れてしまう事になってしまいます。 また、エリンギの食感や風味も落ちてしまいます。 「水で洗わないこと」は、エリンギの食感や栄養価を保つためにはとても大切なポイントです。 エリンギに限らず、基本的にきのこ類は加熱して食べることが前提となっています。 新鮮なマッシュルームに限っては、生で食べることも可能ですが、その際も慎重に判断しなければいけません。 エリンギは見た目もつるんとしていてキレイなので、マッシュルームのように生でも食べられそうな気がしてしまいますが、エリンギのパックにも「加熱してからお召し上がりください」と記載されています。 生で食べるとアレルギーが出てしまう可能性もあるので必ず加熱したものを食べるようにしましょう。 茶色に変色する• 酸っぱいニオイがする• ぬめりが出る• 水分が出る エリンギが劣化してくると、まず変色が始まります。 そして腐食が進むと、傘の裏や、軸の部分が茶色っぽくなります。 腐食が進むとともに、表面にぬめりが出たり、水分が浮き始め、アンモニア臭のような酸っぱいニオイがするようになります。 このような状態になったエリンギを食べると、例え加熱調理したとしても 激しい腹痛や、吐き気、嘔吐などの症状が出る可能性があるので、処分するようにしてくださいね。 冬場など、冷蔵庫と似た環境であれば保存することも可能ですが、湿気や温度変化など、ちょっとしたことですぐに傷んでしまうので、すぐに食べないのであれば、常温での保存は避けるようにしましょう。 冷蔵 そのままの形のエリンギを冷蔵庫で保存する時は、エリンギをパックから取り出し、キッチンペーパーや新聞紙で包んでからビニール袋に入れて、野菜室で保存しましょう。 冷蔵庫で保存した場合の 賞味期限は、一週間程度です。 切った状態のエリンギは、同じようにキッチンペーパーや新聞紙で包んでから、ジップロック等に入れて保存します。 この場合、 賞味期限は3~4日程度と、そのままの形で保存する場合よりも賞味期限は短くなります。 先述したように、エリンギは水分に弱く、洗うと傷みやすくなるので、 保存する前に洗うのはNGです。 冷凍 冷凍で保存する時は、石づきを切り食べやすい大きさに切ってからジップロックなどに入れて保存しましょう。 冷凍したエリンギは、解凍せずそのまま調理に使いましょう。

次の

バーベキュー野菜の切り方、保存方法や持って行き方も紹介!

エリンギ の 切り 方

どんな料理にでも使えるエリンギ。 特に、鍋に入れたエリンギはとても美味しいですよね。 どんな鍋にも合ってしまうエリンギ、すごいです! でも、特に切り方など下準備に迷うことは、ありませんか? そんな エリンギの下準備や切り方のバリエーション、それぞれの切り方が鍋に向くのかどうかについて説明したいと思います! 下準備は拭くだけでOK 切り方の前に、下準備についてお話しします。 キノコ全般に言えることですが、 水洗いは必要ありません! 水で洗うことによって、香りがなくなり、味が薄まり水っぽくなってしまうからです。 キッチンペーパーなどで土を丁寧に拭いて、もし気になるようでしたら、下の石づきの部分をカットしておくと良いでしょう。 基本は縦に裂く さて、肝心の切り方ですが、 繊維に沿って縦に裂くのが最も一般的です。 これによって、 エリンギ独特の弾力のある噛み応えになります。 太さ次第でまた少し変わってきますが、鍋など煮込み料理なら太め、 2~4等分程度の太さに切るのが良いのではないでしょうか。 この時、包丁で切っても構いませんが、手でも簡単に裂くことができます。 手で裂くことによって断面にデコボコがつき、味もしみこみやすくなります。 もしも炒め物にするなら、ここから更に薄く切ってもいいですね。 縦に大きいようなら、適当に食べやすい長さに切ってしまいましょう。 こちらは手では裂けないので、包丁を使ってください。 中くらいのもので半分、大きなものなら3等分くらいで十分でしょう。 スポンサーリンク 横にぶつ切りにするのもアリ エリンギを横に切って使うと ホタテのような食感になると言われています。 ホタテの代用として使っているレシピも沢山あるくらいです! ホタテのような、というくらいだから、 食感は縦に切るよりも柔らかめ。 繊維に沿ってほろっと崩れるような食感です。 もしエリンギの独特の食感が嫌いなお子様がいるのならば、この切り方を試してみてはどうでしょうか。 縦にきったエリンギとは、かなり食感が異なるので、気づかずに食べてくれるかもしれませんよ。 ただ、 少し崩れやすいので、基本的には鍋向きとは言えないかもしれません。 いつもの食感に飽きたときや、煮込み時間が少ない時などに、試してみてみると良いかもしれません。 まとめ いかがでしょうか。 エリンギは切り方で驚くほど食感も、煮崩れやすさも変わります。 上記を参考に色々試してみて下さいね!.

次の

エリンギの食感を生かした3種類の切り方

エリンギ の 切り 方

もくじ• とはいえ、「本当に洗わなくても大丈夫なの?」と、心配になってしまう方もいますよね。 エリンギに限らずきのこ類全般において「洗う派」か「洗わない派」のアンケートを行ったところ、アンケートでは 「洗わない派」が7割と大多数ですが、少数派の「洗う派」の中には、きのこを生産している方も含まれています。 「結局のところ、どっちがいいの?」ということで・・・。 おがくずが付いていることがある• きのこの種類によっては洗う• 洗わないと不安 きのこを洗う派の意見としては上記のような理由がありました。 この中で、「きのこの種類によっては洗う」という意見がありますが、例えば、ぬめりが特徴である「なめこ」の場合、このぬめりが酸っぱくなることがあるので、軽く洗うことで酸っぱさがなくなり美味しく食べられる、ともいわれています。 また「洗わないと不安」という意見ですが、この気持ちはなんとなく分かりますよね。 きのこに付いているかもしれない、目には見えない菌や汚れがどうしても気になってしまう、という方は一定数いるようです。 洗わない派の意見• 風味が落ちてしまう• 傷みやすくなってしまう• 加熱するから洗わなくても良い• 拭くだけでいい• 人工栽培で衛生的だから大丈夫 きのこを洗わない派の意見としては上記のような理由がありました。 先述したように、「なめこ」や「生きくらげ」のように洗っても良いきのこもありますが、 エリンギ、えのき、ぶなしめじなど、私たちの食生活に馴染み深いきのこは、洗うことで風味や食感が落ちてしまいます。 風味や食感だけでなく、 栄養も流れてしまうため、洗わない方が良いと言えます。 調理直前にサッと流す程度であればいいのですが、洗ってから保存するというのは劣化が早くなってしまうだけなのでNGです。 また、基本的にきのこは「加熱処理」をして食べることが前提の食材なので、わざわざ洗う必要がないという意見もあります。 加熱処理をすることで、仮に菌が付いていたとしても死滅するため、洗う工程を挟む必要はないということですね。 そして、エリンギに関してですが、 日本で売られているエリンギは全て人工栽培のものなので、農薬などは一切使われていません。 エリンギが日本に自生していないというのは少し驚きですよね。 後ほど詳しくご紹介しますが、エリンギは生で食べることができないため、加熱処理などをして食べることになります。 なので、洗ってしまうとより多くの栄養が流れてしまう事になってしまいます。 また、エリンギの食感や風味も落ちてしまいます。 「水で洗わないこと」は、エリンギの食感や栄養価を保つためにはとても大切なポイントです。 エリンギに限らず、基本的にきのこ類は加熱して食べることが前提となっています。 新鮮なマッシュルームに限っては、生で食べることも可能ですが、その際も慎重に判断しなければいけません。 エリンギは見た目もつるんとしていてキレイなので、マッシュルームのように生でも食べられそうな気がしてしまいますが、エリンギのパックにも「加熱してからお召し上がりください」と記載されています。 生で食べるとアレルギーが出てしまう可能性もあるので必ず加熱したものを食べるようにしましょう。 茶色に変色する• 酸っぱいニオイがする• ぬめりが出る• 水分が出る エリンギが劣化してくると、まず変色が始まります。 そして腐食が進むと、傘の裏や、軸の部分が茶色っぽくなります。 腐食が進むとともに、表面にぬめりが出たり、水分が浮き始め、アンモニア臭のような酸っぱいニオイがするようになります。 このような状態になったエリンギを食べると、例え加熱調理したとしても 激しい腹痛や、吐き気、嘔吐などの症状が出る可能性があるので、処分するようにしてくださいね。 冬場など、冷蔵庫と似た環境であれば保存することも可能ですが、湿気や温度変化など、ちょっとしたことですぐに傷んでしまうので、すぐに食べないのであれば、常温での保存は避けるようにしましょう。 冷蔵 そのままの形のエリンギを冷蔵庫で保存する時は、エリンギをパックから取り出し、キッチンペーパーや新聞紙で包んでからビニール袋に入れて、野菜室で保存しましょう。 冷蔵庫で保存した場合の 賞味期限は、一週間程度です。 切った状態のエリンギは、同じようにキッチンペーパーや新聞紙で包んでから、ジップロック等に入れて保存します。 この場合、 賞味期限は3~4日程度と、そのままの形で保存する場合よりも賞味期限は短くなります。 先述したように、エリンギは水分に弱く、洗うと傷みやすくなるので、 保存する前に洗うのはNGです。 冷凍 冷凍で保存する時は、石づきを切り食べやすい大きさに切ってからジップロックなどに入れて保存しましょう。 冷凍したエリンギは、解凍せずそのまま調理に使いましょう。

次の