どんなときもwifi 安い。 【通信費の節約】「どんなときもWifi」のメリット・デメリット

モバイルwifiわがまま解決?使い放題・エリア広い・安い→どんなときもwifi

どんなときもwifi 安い

この記事でわかること• 話題の「どんなときもWiFi」と「よくばりWiFi」を比較する• ともに無制限にギガが使える優秀なポケットWi-Fiである• よくばりWiFi(公式): どんなときもWiFiは初月日割りになります。 2年間の合計費用もよくばりWiFiの方が安い 初月と翌月が無料になる上に、月額料金が30円安いので、 2年間の合計費用もよくばりWiFiの方が安くなります。 2年間の合計費用 どんなときもWiFi めっちゃWiFi 86,520円 79,700円 料金的メリットが大きいのは、圧倒的によくばりWiFiです。 どんなときもWiFiもよくばりWiFiも補償内容は一緒 どんなときもWiFiもよくばりWiFiも、端末補償オプションがあります。 料金はよくばりWiFiの方が安いです。 端末補償の料金 どんなときもWiFi めっちゃWiFi 月額500円 月額380円 加入しておくと、故障や水没した際に無料で修理・交換が可能です。 未加入の場合だと、何かあった場合に弁済金が18,000円もしますので、補償は加入をおすすめしています。 よくばりWiFiは端末補償も2ヶ月無料 よくばりWiFiの月額料金2ヶ月無料は、端末補償への加入が条件です。 なんだか騙された気がしてますが、実はこの 端末補償も2ヶ月無料となっています。 そのため、最初の2ヶ月間は端末補償に入って2ヶ月無料を適用させて、不要だと思った方は外せば問題ありません。 どんなときもWiFiもよくばりWiFiも、ルーターはレンタル品なので返却が必要です。 いざというときのために、端末補償には加入しておいたほうがいいでしょう。 現在、よくばりWiFiは「春のよくばりキャンペーン中」につき、今申し込んだ方のみ「3年目以降は端末の返却が不要」になります。 2年経ったら端末補償を外してしまいましょう。 どんなときもWiFiは3キャリア対応ですが、よくばりWiFiはソフトバンクにしか対応していません。 どんなときもWiFi:3キャリアのLTEに対応 どんなときもWiFiは、ドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しています。 ただし、ほとんどソフトバンクにしかつながりません。 一応、その場所によって最適な回線につながる、ということになっていますが、十中八九ソフトバンクです。 稀に他の回線につながりますが、速度が遅くなりやすいという傾向があります。 よくばりWiFi:ソフトバンクのLTEのみ よくばりWiFiはソフトバンクのLTE回線にしか対応していません。 ソフトバンクがつながらないところでは、圏外になるということです。 ただし、このご時世 ソフトバンクだけが圏外になるような場所はほとんどなく、ほぼ全国どこでもつながると言っても過言ではないでしょう。 むしろ、ソフトバンク以外にはつながらないので、逆に通信が安定しやすいという考え方もできます。 速度に大きな差はない どんなときもWiFiもよくばりWiFiも、同じルーターを使います。 どちらも、 平均すると20~40Mbpsほど出ているので、大きな差はないと考えて大丈夫でしょう。 日常的に使う分には特に支障をきたすことはありません。 いっそソフトバンクにしかつながらないよくばりWiFiの方が安定していると感じています。 ドコモやauにつながってしまったばっかりに速度が遅くては意味がないですよね。 「春のよくばりキャンペーン」中につき、よくばりWiFiが非常に良心的な設定となっています。 よくばりWiFi:3年目以降の違約金なし 更新月以外の違約金 どんなときもWiFi よくばりWiFi 1年目 19,000円 18,000円 2年目 14,000円 9,500円 3年目~ 9,500円 春のよくばりキャンペーン中につき 無料 表のとおり、よくばりWiFiは3年目以降の違約金がありません。 なぜなら、そのときにはもっと良い条件のポケットWiFiが出ている確率が非常に高いから。 なので、正直3年目以降のことはあまり考えなくていいのです。 ただし、うっかり更新月で解約を忘れてしまった場合のことをふまえると、違約金が少ないに越したことはありません キャンペーン中とはいえ、3年目以降の違約金がないよくばりWiFiは非常に良心的と言えますね。 総合評価:よくばりWiFiの勝利 総合評価としては、よくばりWiFiの方が優れていることがわかりました。 どんなときもWiFiがよくばりWiFiより秀でているポイントは「口座振替で契約ができる」「サービスとしての実績」の2点です。 この2点を重要視するのであれば「どんなときもWiFi」を選ぶと良いでしょう。 それ以外の人は、素直に「よくばりWiFi」を選んでおきましょう。

次の

どんなときもWiFiの法人契約方法や7つのメリット・デメリットを解説!

どんなときもwifi 安い

固定回線の代わりに利用されるようになったモバイルwifiです。 しかし、 モバイルwifiは、速度制限、データ容量制限があるところがデメリットです。 モバイルwifiとは、高速な無線インターネット回線のことです。 いずれも、回線がパンクしないように 月間で7GBとか3日で10GBなどの速度制限があります。 インターネットを利用するデータ容量がこの中に入る人はいいのですが、動画をたくさん見る人や、インターネットの音楽をつけっぱなしにしているような人には、速度制限が気になります。 そこで、そういった悩みを解決してくれるモバイルwifiが、登場です。 モバイルwifiのわがまま• 固定の光回線• 据え置き型のモバイルwifi• 持ち運び可能なモバイルwifi インターネット回線の契約をするときに、どこにしようかと悩みます。 固定回線で光回線か、工事のいらない無線回線かが、まず最初の選別になります。 一人暮らしでは、工事不要で、外にも持ち運び可能なモバイルwifiが便利です。 自宅で数人の家族構成では、複数台でのネット端末を利用するので、固定での光回線、あるいは、 工事不要の据え置き型の無線ネットのモバイル回線になります。 どんなときもwifi どんなときもwifiは、データ使い放題、エリアがトリプルキャリアで広く、海外でもそのまま使えてどこでもインターネットにつながります。 高速無線インターネット回線の「どんなときもwifi」を詳しく調べました。 どんなときもwifiの大きな特徴• ネット使い放題• 3キャリアのLTEエリアでどこでもつながる• 月額3480円の低料金• 海外利用も同じルーターでOK• 即日発送で回線工事不要ですぐに使える ネット使い放題のどんなときもwifi どんなときもWiFiの1番の注目点は、データ通信容量が無制限という点です。 ネットを使い放題なんです。 他者のように、月間7GBまでとか、3日10GBといった通信制限がないんです。 トリプルキャリアでエリアが広いどんなときもwifi 2番目には、 インターネットにつながるエリアが広いということです。 これは、 au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのLTE回線を相互に利用するトリップキャリア対応ということで、つながるエリアが広いのです。 大手携帯電話のLTE回線は、山間部や海岸線も含めて、ほぼ、日本全国をカバーしているのでつながりやすくなっています。 どんなときもwifiは、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアのLTE回線を、通信環境に合わせて1番最適な会社のLTE回線を選別して自動でインターネットにつなげます。 そのため、日本国内のモバイルwifiとしては、エリアが一番広いということになります。 ネットが使い放題、どこでもネットにつながるという2点だけで選ぶ人が急増しています。 安めの月額料金のどんなときもwifi ゆえに、料金が高いと思いきや!月額3480円と、モバイルwifiでは安い部類です。 海外でもそのまま使えるどんなときもwifi どんなときもwifiは、 海外でも、同じルーターでインターネットにつながります。 モバイルwifiを海外でレンタルする場合は、専用のSIMカード、ルーター契約して、空港などで受け取りの手続きをしなければいけません。 面倒な手続きが必要です。 どんなときもwifiは、クラウドSIMというシステムで、SIMカード無しで、クラウド上のSIM情報を切り替えて利用します。 海外での利用時は、各国の利用できるインターネット回線を、クラウドで選別して、ネットにつなげることができます。 海外での利用には、1日1280円課金されますが、使っていない日は、料金は必要ありません。 他者の海外レンタルwifiであれば、wifiルーターを受け取ってから、返却するまで、全部料金がかかります。 どんなときもwifiでは、日数分だけの料金が発生するだけです。 どんなときもwifiの特徴を他社と比較 プロバイダのリンク 開始月料金 37カ月~料金 3年間支払い総額 契約期間、速度制限など 1位 softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア一番広い 通信制限無し一番おすすめ 初月3480円 37ケ月~3980円 3年総額134760円 2年契約、 月間容量無制限、3日制限も無し 2位 2年以上利用で安い、乗り換え補助あり WiMAXならおススメ 初月2726円 37ケ月~4011円 3年総額131352円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 3位 3年目から安い長期契約で安い 初月0円 37ケ月~3760円 3年総額130430円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 長期利用で安いが旧端末 初月0円 37ケ月~4079円 3年総額130368円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 3年までは安い4年から高くなる 初月2170円 37ケ月~4263円 3年総額124830円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 最初安いが4年目から高い 初月2980円 37ケ月~4300円 3年総額135060円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 若干高めだがサポート充実 2年10カ月~最新機種へ無料変更あり 初月0円 37ケ月~4379円 3年総額145656円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 37100円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう 初月3609円 37ケ月~4263円 3年総額155769円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 23000円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう 初月0円 37ケ月~4380円 3年総額156310円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 WiMAX本家で料金高い、13000円キャッシュバックあるが、キャッシュバックメンドウ 初月3696円 37ケ月~4380円 3年総額160008円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 どんな時もWi-Fiの内容をさらに詳しく解説 どんなときもWiFiはデータ容量無制限、使い放題 画期的なのは、データ容量無制限ということで、どれだけネット回線を使っても、速度制限をしないと言う点です。 モバイルwifi他社の場合、月間7GBまでの制限や3日で10GB以上利用の通信速度制限が規定されています。 モバイルwifi各社データ利用制限比較• しかし、どんなときもwifiの販売ページには、大容量通信を行った場合、概ね384Kbpsの速度制限になる場合もあると書いてあります。 これは、機械的なスパム行為のような、連続してデータ利用を排除するための措置です。 通常の利用程度では、問題ないということです。 どんなときもWiFiの販売ページには、 「長時間ゲームをする・動画を見続ける」といったご利用では制限がかかることはございません。 と明確に表記されてあります。 どんなときもWiFiはトリプルキャリアでエリアが広い どんなときもWiFiはトリプルキャリアでエリアが広い モバイルwifiの通信回線は、au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリア4G LTE回線を利用しています。 ベストエフォートで150GBの速度で、時速値10GB~50GB程度の速度になっています。 au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリア3社のLTE回線を自動切換えしながら、通信環境によって1番つながる回線と接続して利用します。 モバイルwifiの通信エリアとしては、日本で1番広いエリアをカバーすることになります。 このエリアの広さは、どんなときもwifiの大きな特徴です。 アウトドア派には、非常に嬉しいモバイル回線になっています。 また、 LTE回線の特徴で、WiMAXの電波ようりも、鉄筋の建物の中まで電波が入りやすいという性質があります。 どんなときもWiFiの料金、月額3480円 2年契約で月3480円のコースなっています。 クレジットカード決済の場合は、1ヵ月目3480円から24ヶ月目までが、3480円で、25ヶ月目からは3980円になります。 口座振替の場合は、3980円で、これより高くなってしまいます。 どんなときもwifi・途中契約解約での解約手数料 2年縛りの契約には、つきものの解約料金になります。 au、DoCoMo、ソフトバンクの大手携帯キャリアでは、解約料金を低額にする動きがあります。 しかし、どんなときもwifiでは、現在までのところ契約解除料金があります。 0~12ヶ月:19,000円 税抜• 13~24ヶ月:14,000円 税抜• 25ヶ月目:0円• 26ヶ月~:9,500円 税抜 25カ月目の更新月は、解約金は無しになります。 解約手続きした月の翌月の5日までにレンタルしているWiFiルーターを返却する必要があります。 海外利用できる 海外でのWi-Fi利用も、どこでもWi-Fiの同一のルーターで、そのままネットを利用することができます。 海外利用するための手続きも必要ありません。 そのまま海外へ行った時に、その国の電波を自動で探して、モバイルWi-Fiとして利用することができます。 世界の107カ国で使えるエリアの広さです。 利用料金は、1日1280円からで、利用していない日には利用料はかかりません。 しかし、 海外利用では、1日1GBまでの利用制限があります。 データ利用容量が1GB超えた場合は、384Kbpsの低速になります。 低速では、無制限で利用することができます。 とりあえず384Kbpsの速度があれば、メールやSNSの文字情報程度、GPS情報を捕まえての地図の利用程度であれば、普通に使えます。 動画を見るのには、少し無理があります。 通信手段としては、利用できる程度と考えた方がいいでしょう。 海外の地域で料金が2つあります。 アジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米の場合は、1日1280円で、中東、南米、アフリカの場合は、1日1880円になっています。 アジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米 中東、南米、アフリカ 1日1280円 1日1880円 海外利用時の注意事項 どんなときもwifiの海外利用は、1日単位で料金を計算します。 どんなときもwifiの ルーターの電源を入れると、その日は使ったことになるので注意してください。 もう一つ、1日の区切りの見方です。 海外での、利用している国での時間帯で1日の24時間を計算をしていません。 世界標準時間のグリニッジ標準午前0時を基準にして計算します。 日本時間では、午前9時~翌日の午前8時59分までを1日の単位にしています。 どんなときもWiFiのルーターについて どんなときもwifiのモバイルwifiルーターは、クラウドSIMを利用しています。 クラウドSIM専用のモバイルwifiルータをレンタルして使います。 スペックは、下り最大150Mbps、上り50Mbpsで、連続通信時間12時間、同時接続台数が最大5台、重量が151グラムとなっています。 下り最大150Mbps• 上り50Mbps• 連続通信時間12時間• 同時接続台数が最大5台• 重量が151グラム どんなときもwifiの契約を解除した時は、このルータを返却する必要があります。 まとめ モバイルwifは、一人暮らしのネットとして、また、固定回線のような宅内工事をしたくない場合の選択肢として人気急上昇です。 外回りの多いビジネスマンやアウトドア派のネット回線としても需要があります。 モバイルwifiといえば、今までは、料金が高い、通信制限があるということで、副回線として利用されてきました。 工事不要でモバイルwifiルータが届けば、その日からインターネットを利用できます。 固定回線の部屋の中での工事を嫌う若い女性の一人暮らしには、大変人気になっています。 そこで、登場したのが、どんなときもWiFiです。 プロバイダのリンク 開始月料金 37カ月~料金 3年間支払い総額 契約期間、速度制限など 1位 softbank、au、DoCoMo回線を自動切換えエリア一番広い 通信制限無し一番おすすめ 初月3480円 37ケ月~3980円 3年総額134760円 2年契約、 月間容量無制限、3日制限も無し 2位 2年以上利用で安い、乗り換え補助あり WiMAXならおススメ 初月2726円 37ケ月~4011円 3年総額131352円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 3位 3年目から安い長期契約で安い 初月0円 37ケ月~3760円 3年総額130430円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 長期利用で安いが旧端末 初月0円 37ケ月~4079円 3年総額130368円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 3年までは安い4年から高くなる 初月2170円 37ケ月~4263円 3年総額124830円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 最初安いが4年目から高い 初月2980円 37ケ月~4300円 3年総額135060円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 若干高めだがサポート充実 2年10カ月~最新機種へ無料変更あり 初月0円 37ケ月~4379円 3年総額145656円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 37100円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう 初月3609円 37ケ月~4263円 3年総額155769円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 23000円キャッシュバックあるがキャッシュバックめんどう 初月0円 37ケ月~4380円 3年総額156310円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限 WiMAX本家で料金高い、13000円キャッシュバックあるが、キャッシュバックメンドウ 初月3696円 37ケ月~4380円 3年総額160008円 WiMAX、3年契約、月間容量無制限、3日10GB制限.

次の

どんなときもWiFiを解約して端末返却|送料最安値を比較した結果は「佐川急便」

どんなときもwifi 安い

どんなときもWiFiはお支払い方法によって、月額料金が異なります。 そのため、同じプランを申し込んだとしても、支払い方法が違うだけで、こんなに違うの・・・? とならないために! クレジットカード払いは、口座振替より 月額500円安いため、どんなときもWiFiを2年間使用した場合、口座振替を選ぶより 12,500円おトクになります! なお、口座振替を選択した場合、月額料金とは別に口座振替手数料200円が発生します。 送料はお客様負担 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円 税抜 を請求させて頂く場合がございます。 また契約事務手数料・決済手数料・付属品の合計額を代金引換にてお支払いいただきます。 お支払い方法に関係なく、法人契約の場合は身分証などのご提出が必要になります。 2台以上ご契約の場合はお支払い方法に関係なくお申込み審査させていただきます。 また充電器を別途ご購入いただいた場合も初回ご請求に1,800円 税抜 を合算してご請求させていただきます。 明細等はお送りしておりませんのでご了承ください。 利用国エリア 2 中東・南米・アフリカ•

次の