甘い もの 食べ 過ぎ た。 お菓子を食べ過ぎた次の日にやるべき9つの対処法。食べ過ぎもリセットすれば怖くない!|こだろぐ

甘いものの食べ過ぎは病気になる?注意点や症状を知っておこう!

甘い もの 食べ 過ぎ た

甘い物の食べ過ぎは肝臓に悪い? 甘い物の食べ過ぎは肝臓に悪そうですよね。 いったいなぜ、甘い物を食べ過ぎると肝臓に良くないのでしょうか。 甘い物の食べ過ぎが肝臓に悪い理由は、肝臓のしくみが関係しています。 肝臓は、甘い物を上手に処理している臓器です。 体内の血糖値を調節しているのは肝臓です。 甘い物を食べた後、肝臓はブドウ糖や果糖などをグリコーゲンに変え、たくわえます。 体内の糖が足りなくなると、肝臓はグリコーゲンをブドウ糖に変えて体に送り出します。 糖質は体を動かすエネルギーとなりますから、肝臓が血糖値を正常に保ってくれているおかげで、元気に活動できるしくみになっています。 しかし甘い物を食べ過ぎると、肝臓はたくさんの糖質をグリコーゲンに変え、たくわえておかなければなりません。 しかし食べ過ぎることで運動をしてもエネルギーを使い切れなかった場合は、余った分を中性脂肪に変えてしまいます。 こうして、甘い物の食べ過ぎによって中性脂肪が増えていく訳です。 甘い物の食べ過ぎで中性脂肪が増えると、脂肪肝になるリスクが高まります。 脂肪肝になると何が怖い? 脂肪肝は、肝臓に脂肪がついてフォアグラ状態になってしまう病気です。 甘い物の食べ過ぎで脂肪肝になってしまうと、肝臓の機能が低下し、糖をしっかり取り込めなくなってしまいます。 そうなると、体内の血糖値が高くなり、動脈硬化、脳卒中、神経障害などの病気になるリスクが上がってしまいます。 また、脂肪肝になっても甘い物を食べ続けたりしてさらに脂肪肝が進行すると、非アルコール性脂肪肝炎へと発展し、肝硬変、肝臓がんへと進んでしまう可能性があります。 甘い物の食べ過ぎで肝臓の働きを低下させてしまうと、恐ろしい病気になるリスクが高まるということですね。 なので、甘い物が好きな方は甘い物の食べ過ぎには十分注意してくださいね!.

次の

甘いものを食べ過ぎた!気持ち悪い!原因&即実践できる対処法4つ | 教えたがりダッシュ!

甘い もの 食べ 過ぎ た

血糖値が高いみなさんは、おそらく「甘い物好き」ではありませんか?(笑) もちろん私も、甘い物には目がありませんでした。 (過去形です) 私の場合、年齢とともに、甘い物よりもしょっぱいものを好むように変わってきたため、最近ではあまり甘いものは食べなくなりましたが・・・。 しかし! 何かのイベントや旅行に行ったとき、ストレスがたまったときなど、ハメを外して甘いものを食べ過ぎてしまうこともあります(汗)。 そんなときは、食べた後の血糖値を測るのが怖くて、あえて自己測定はしませんが、おそらく血糖値は200mg/dlを超えているでしょう。 普段は「血糖値に気を付けた食生活」を行っていたとしても、たまには甘いものを食べ過ぎてしまうこともありますよね?・・・人間ですから。 では、甘いものを食べ過ぎてしまった後、「上がった血糖値をいち早く下げる方法」はあるのでしょうか? 少しでも「食後の罪悪感」を減らすために、自分でできることはあるのでしょうか? 今回は、「血糖値が上がりやすいおやつの見極め方」や「甘いもので血糖値が上がってしまった時の対処法」についてご紹介して行きます。 スポンサーリンク 血糖値が上がるのは甘いものだけではない?! 高血糖のみなさん! 血糖値を上げるのは「甘いもの」だと思っていませんか? 血糖値を上げるのは「糖質」ですので、甘いかどうかの「味ではない」のです。 つまり、たとえ砂糖が入っていない塩辛いお菓子であっても、糖質量が多ければ血糖値が上がってしまうことになります。 例えば、お米やもち米から作られる「せんべい」「みたらし団子」、じゃがいもから作られる「ポテトチップ」「フライドポテト」、とうもろこしから作られる「ポップコーン」などは、甘くないけど糖質が多いため、血糖値は急上昇してしまうでしょう。 これは、お菓子だけに当てはまることではありませんので、食事の際は「味」ではなく、材料の「糖質量」に注目してくださいね。 なぜ甘いものが食べたくなる? スイーツ好きな女性のみなさんは、どんなときに甘いものが食べたくなりますか? 「一日中、いつでも食べていたい!」という方もいらっしゃるかもしれませんが、多くの方は、 ・疲れたとき ・気分転換したいとき ・ホッと一息つきたいとき ではないでしょうか? 私は、金曜日の夜、一週間の疲れや緊張をほぐしたい時に甘いものが食べたくなります。 では、なぜ疲れているときに甘いものが食べたくなるのかご存じですか? 私達が「疲れた」と感じるのは「脳」です。 「脳がエネルギー不足」になると、私達は疲れたと感じるのです。 脳のエネルギーはブドウ糖のみですので、脳がエネルギー不足を感じると「ブドウ糖=甘いもの」を欲するようになるです。 つまり、疲れたときに甘いものが食べたくなるのは、「身体の自然な現象」だと言えそうですね。 しかし! ここで、甘いものの欲求に負けて食べ過ぎてしまうと、血糖値が急上昇してしまい、インスリンが過剰に分泌されてしまいます。 このインスリンの過剰分泌によって、今度は血糖値が下がりすぎてしまい、再び疲労を感じたり、眠くなったり、空腹感を感じるようになるのです。 そしてまた甘いものが食べたくなる・・・こうなると、いつまで経っても甘いものの欲求が治まらなくなり、甘いものを食べることが習慣化して行くでしょう。 甘いものが食べたいときは、「食べ過ぎると、さらに疲労感が増す」ということを念頭に置き、食べ過ぎないように注意したいものですね。 スポンサーリンク 甘いものへの欲求の抑え方は? 「甘いものが食べたい!」「一口食べたら止まらなくなりそう!」というとき、甘いもののドカ食いを防ぐための方法はあるのでしょうか? 小腹が空いたときや、何か口にしたくなったときは、いきなり甘いものを食べるのではなく、まずは温かい飲み物を飲んでみて下さい。 特に、ホットミルク、カフェオレ、ミルクティ、ココアなど、ミルクが入った温かい飲み物は、満足感が得られて、甘いものの欲求を抑えるのに効果的です。 もしくは、冷たい無糖の炭酸水を飲むと、炭酸の力でお腹を満たすことができるでしょう。 それでも、甘いものの欲求がおさまらないときは、 ・和菓子よりも洋菓子を選ぶ ・カカオ70%以上のチョコレートを選ぶ ・生の果物を選ぶ ・ナッツ類を選ぶ ・糖質の少ないものを選ぶ(ゼリー、寒天、無糖ヨーグルトなど) ・食べる前にを一杯飲む ようにしてみて下さい。 (「」「」「」に関連記事を書いています。 ) 甘いものを食べ過ぎて血糖値が急上昇!すぐできる対処法は? 甘いものを食べると血糖値が上がる、とわかってはいるものの、ストレスや食事制限の反動で、つい食べ過ぎてしまうことがあるかと思います。 もしも「食べ過ぎた!血糖値がやばい!」というとき、すぐに血糖値を下げる方法はあるのでしょうか? 何もしないでゴロゴロしているのはよくありません。 まずは次のことを行ってみて下さい。 <筋トレ> 手っ取り早く血糖値を下げるには「運動」が効果的です。 なぜなら、筋肉はインスリンの力を借りず、血液中のブドウ糖を消費してくれるからです。 そのため、筋肉を動かせば動かすほど、早く血糖値を下げることができるというわけです。 運動と聞くと、ウォーキングやジョギング、サイクリングなどの有酸素運動を思いつくかと思いますが、血糖値を下げるには有酸素運動よりも筋トレの方が効果的です。 なぜなら、血糖を消費するのは「筋肉」ですので、「歩く」より「スクワット」の方が、より筋肉に負荷がかかり、筋肉が刺激されるからです。 お腹いっぱいなときに、「スポーツウェアに着替えて、外に出て、1時間歩く・・・」と思うとやる気が失せると思いますが、「部屋で軽い筋トレを行う」ことならできそうではありませんか? 普段から、を習慣にしておくとより効果が期待できると思います。 (「」「」「」に関連記事を書いています。 ) <数日間の食事で調整> 甘いものを食べて一時的に高血糖になってしまっても、その他の食事で血糖値を抑えられれば糖尿病のリスクは減ります。 血糖値は、「ある日のある時点の数値」より、「2~3か月の血糖値の平均値=HbA1c」を参考にすることが大切です。 甘いものを食べ過ぎてしまったら、その後3日間くらいは糖質を制限したり、間食を控えるようにしてみましょう。 また、食べた物が体脂肪となるまでには、2~3日かかるそうです。 脂肪細胞は、インスリン抵抗性を高めて高血糖の原因になりますので、食べた物が体脂肪として蓄えられる前に、こまめに動いてエネルギーとして消費してしまいましょう。 <水分を取る> 甘いものを食べ過ぎて、むくんでしまった経験はありませんか? むくみのモトと言えば「塩分」が思いつきますが、実は、甘いものもむくみの原因となるのです。 その理由は、糖質は、体内で水分とくっつく性質があるからです。 そのため、甘いものを食べ過ぎた後は、水分を多めに取り、余分な水分や過剰な血糖を尿として排出してしまいましょう。 この時に、冷たい水分を取ると、身体が冷えてむくみが悪化する原因となりますので、水分は温かいものや常温のものにして下さい。 もちろん、コーヒーやジュースは水分補給になりませんのでご注意を。 また、を取ることも効果的です。 カリウムは、きゅうり、なす、トマト、アボカド、納豆などに多く含まれていますので、水分と同時にこれらの食品も摂取してみましょう。 (「」に関連記事を書いています。 ) <ビタミンB1を取る> ビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるときに必要な栄養素です。 甘いものを食べ過ぎたら、ビタミンB1を摂取して、余分な糖をいち早くエネルギーとして消費してしまいましょう。 ビタミンB1が多く含まれる食品は、豚肉、レバー、うなぎ、大豆製品、ごまなどですが、肉、魚、野菜など多くの食品に少しずつ含まれますので、普段からバランスよく食べておくことが大切です。 <頭を使う> 脳を働かせるには、ブドウ糖が必要ですので、もし甘いものを食べて血糖値が上がってしまったら、「脳」でブドウ糖の消費を促すといいそうです。 ただ、頭脳を使ってどれくらい血糖値が下がるのかわかりませんので、じっと座ってパズルゲームをしているよりは、少しでも体を動かした方が、血糖値が下がりやすいのではないかと個人的には思いますが・・・。 筋トレをした後、勉強、読書、パズルゲームなどをして頭脳を使ってみるといいかもしれませんね。 まとめ 甘いものって、一口食べると止まらなくなりませんか? 特に私は、「少しでやめておく」ということができず、「全部食べ切らないと気が済まない」性格なので、「一口食べるなら、まったく口にしない」方が、食べたい欲求が起こらず、ストレスも溜まりません。 ただ、「今日は甘い物を食べちゃおう」という日もありますので、そんなときは、食べた後に筋トレをして、血糖値を下げるように努力しています。 また、甘いものを食べるのであれば、おやつや間食としてではなく、食事の一つとして食べた方がいいそうです。 間食していると、一日中血糖値が高い状態が続いてしまいますからね。 そして、「食後に甘いものを食べるぞ!」と予めわかっているのであれば、食事の際にを食べておくと、甘いものを食べても血糖値の急上昇を抑えることが期待できます。 甘いものは「絶対だめ!」なのではなく、食べる「タイミング」と「食べ方」に注意すれば、血糖値をコントロールすることができそうですよ! スポンサーリンク.

次の

甘いものの食べ過ぎ・お菓子食べ過ぎで糖尿病になる原因とは

甘い もの 食べ 過ぎ た

食べ過ぎた翌日に太るカラクリ 「昨日食べ過ぎたから太った!」ってよく聞きますね。 翌日の体重を見て食べ過ぎを後悔している人もいるかと思いますが、これは体脂肪が増えた訳ではありません。 食べ過ぎた分は、肝臓や筋肉に糖(グリコーゲン)として蓄えられた分や、水分によって体重が増えているのです。 そして、これが体脂肪として変わるのが2~3日後です。 つまり、食べ過ぎたあとの2~3日で肝臓や筋肉に蓄えられたものを消費すれば、体脂肪に変わることを避けられます。 食べ過ぎたあとの対処法8つ 食べ過ぎたら3日以内に対処すればよいことがわかりました。 では具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか? カロリーを調整する 例えば、ダイエットのために1日の摂取カロリーを1500kcalにしているとします。 でも食べ過ぎて1日で3000kcalを摂取してしまったとします。 このオーバーしてしまった1500kcalを、3日で調整します。 普段の摂取カロリー1500kcalからマイナス500kcalの1000kcal程度にして3日間を過ごすようにします。 野菜を多めに食べる カロリーを抑えるために便利な野菜。 低カロリーでビタミンが豊富な野菜を食べれば、カロリーを抑えながら栄養素を補うことができます。 ごはんを抑えて野菜を多めに摂るとバランスが良くなります。 食べ過ぎたものを控える 食べ過ぎたものを3日間程度は控えるようにしましょう。 もし甘いものを食べ過ぎてしまったら、翌日からは甘いものを控える。 脂っこいものを食べ過ぎたら、翌日から油ものは控える。 このようにしてバランスを整えましょう。 魚を主菜にした食事にする 主菜を選ぶなら、お肉より魚にしましょう。 お肉よりも魚の方が脂分も少なくヘルシーという理由だけではありません。 魚に含まれているEPAには脂肪燃焼を促していくれる働きがあります。 EPAが多く含まれている魚は、いわし、マグロ、サバ、ブリ、サンマです。 食べ過ぎた翌日の食事には、EPAが多く含まれた魚を取り入れましょう。 Sponsored Link カリウムを多く含むものを食べる 食べ過ぎると体内には余分な水分が溜まっていてむくみの原因にもなります。 余分な水分を排出するために、水分代謝を促進するカリウムを摂取しましょう。 カリウムには、老廃物を排出する働きもあります。 カリウムが多く含まれている食品は、納豆、ほうれん草、アボカド、里芋などです。 関連記事 関連記事 関連記事 水を多く飲む 食べ過ぎて溜まってしまった老廃物を排出するために、水を多めに飲みましょう。 血流が良くなるので代謝が促されます。 でも一度に多くの量を飲むのではなく、コップ1杯200ml程度をこまめに飲むと良いです。 目安は1日で10杯程度です。 水は冷えたものだとカラダを冷やしてしまいますし、胃腸にも負担がかかります。 オススメは白湯です。 白湯はカラダを温め代謝を上げたり、胃腸の働きを促進させてくれます。 関連記事 食べ過ぎたあとは半日断食 食べ過ぎたら、次の食事までの時間を長く取りましょう。 理想は18時間。 夜に食べ過ぎたら翌日の朝食を食べない、もしくは朝食と昼食を水のみにします。 半日断食をすることで、食べ過ぎで疲れている内臓を休めることもできますし、空腹になると血液や肝臓に貯蔵されている糖(グリコーゲン)をエネルギーとして使用されます。 しかし、無理は禁物です。 我慢できないという人は、野菜ジュースや消化の良いものを軽く食べるようにしましょう。 関連記事 関連記事 運動でエネルギー消費 食べ過ぎたら食事を工夫するだけでなく、運動も取り入れましょう。 普段の1. 5倍動くことを意識しましょう。 普段よりも長い時間歩くようにするなど、ちょっとの工夫で良いのです。 普段運動していないのに、食べ過ぎたからと無理に運動することは禁物です。 自分でできる範囲で、カラダに溜まっているエネルギーを消費しましょう。 関連記事 まとめ いかがでしたか?食べ過ぎたとしても、その後の対応で体脂肪として蓄えられることを防ぐことは可能です。 ダイエット中は完璧を求めようとすると、食べ過ぎたことがキッカケでダイエット自体をやめてしまう人が多いようです。 確かに、それまでずっと頑張ってきたのに、食べ過ぎたことこれまでの努力が無駄になってしまった気持ちになりますから。 でも、本当はそんなことはありません。 食べ過ぎたあとは調整すればよいのです。 ダイエット中は、予定通りに、うまくいくものではありません。 食べ過ぎてしまうこともあります。 そんな時は、今回ご紹介した対処法を参考にしてみてください。 食べ過ぎた時の対処法にサプリメントを利用するのもひとつです。 人気のサプリメントがカロリナ酵素プラスです。 以下の記事でご紹介しているので、参考にしてみてください。

次の