ドレン ホース。 エアコン ドレンホースの販売特集【通販モノタロウ】

冷凍空調エアコン工具のメガストア

ドレン ホース

スポンサーリンク ドレンホースはホームセンターで買える 「エアコンホースの延長」なんていうと業者さんしかできなそうに思いますが、 ドレンホースの延長くらいなら、ホームセンターでパーツを買ってすぐできます。 買ってきました。 しめて1000円ちょっとです。 1500円もあれば十分にパーツはそろいます。 ちなみにエアカットバルブは、ホースの延長とは直接関係ありません。 これは台風や強風のときなどによく起こる 水の逆流を防ぐものです。 私は台風銀座、沖縄住まいなので必須アイテム。 この機会に設置しておくことにしました。 沖縄でなくとも、エアコンの汚れが防げるので設置するのをオススメします。 関連 ドレンホースの延長の仕方 さてホースを延長していきましょう。 01ドレンホースをカット 接続するドレンホースを、まっすぐになるようハサミでカットします。 パーツが外れるようになっている。 中にはピラピラのビニールがついていて、これが逆流を防ぐ こちらもビニールテープを巻いて、しっかりと固定します。 05ホースの水が流れる角度で延長 室外機から、窓ガラスの下を這わせて、ベランダの端にある雨戸の下から排水口へ。 ホースの角度には注意してください。 ホースがくだっていかないと、逆流や詰まりの原因になります。 注意して角度を見ながら、なだらかにでもいいので、きちんと水が流れ落ちるようにホースを配置します。 本来は 結束バンドや 針金などで、近くのものに固定する方がいいですが、私はしばらく様子を見たいのでテープで仮固定しました。 06試し運転 エアコンのスイッチを入れて、排水が途中で漏れず、きちんと出てくるか確認します。

次の

エアコンの水漏れの原因は7つ!ドレンホースのお掃除で8割は解決!|YOURMYSTAR STYLE by ユアマイスター

ドレン ホース

エアコンの水漏れが気づけば雨の日ばかり 冒頭でも書いた通りですが、エアコンの水漏れを発見した私ですが、最初は見ない振りをしました。 翌日いつも通りエアコンを使っていても、特になんの異常もなかったので、水漏れのことも忘れることにしました。 (都合の悪いことは忘れたい派) でも、数日後にまたエアコンから水漏れを発見してしまいました。 さすがにちょっと怖くなったので、エアコンを使うのをやめてみたのですが、翌日は大丈夫なんてことが3回ほど続いたときに… 「あれ、エアコンが水漏れするのっていつも雨の日では?」 気づいたわけです。 遅いですね。 調べてみると、雨の日に私のようにエアコンが水漏れする方が結構多くいることが分かりました。 エアコンの水漏れが雨の日に多い原因(我が家の場合) 調べてみると、エアコンの水漏れはエアコン(室内機)本体の不良だけではなく、ほかにも要因があることが分かりました。 特にエアコンの業者さんなども、必ずチェックするのが室外に出ているドレンホース! このドレンホースの状態をチェックするのが基本中の基本らしいので、それに倣い我が家のドレンホースを見てみると… めちゃくちゃ落ち葉が溜まってるー そうです。 我が家の場合、ドレンホースの先に落ち葉が大量に溜まっていたことが原因で、うまく排水できず、エアコン(室内機)から水が漏れていたようでした。 試しに落ち葉をきれいに掃除すると、雨の日でもエアコンから水漏れすることがなくなりました。 エアコンの水漏れが雨の日と関係あるのはなぜ? では、なぜそもそも雨の日にエアコンの水漏れが起きるのでしょうか? 雨の日は晴れた日にくらべて湿気が多く、エアコン(室内機)の中に結露水が多くたまってしまい、それがなんらかの原因で排水されないと、室内で水漏れを起こしてしまうことが多々あるんですって。 我が家の場合、晴天の日は辛うじて排水できていたものの、雨の日は結露水が多く出てしまい、ドレンホースの先の大量の落ち葉が排水を邪魔していたために起きた現象だったんですね! エアコンの水漏れがあったらまずはドレンホースを点検しよう! エアコンの水漏れは雨の日に関わらず、よく起きるトラブルの一つです。 もしかしたら自分で解決できるかもしれないので、もし水漏れが起きてしまったら、焦らずにドレンホースの点検からやってみましょう! ・ドレンホースの接続不良をチェック ・ドレンホースがつまっていないか ・ドレンホースの先が上を向いていないか ・ドレンホースの先が水たまりなどにつかっていないか エアコンの水漏れ原因!ドレンホースつまりを解消する 掃除機でつまりを解消する 専用のグッズでつまりを解消する エアコン水漏れ原因!ドレンホースのつまりを予防する エアコンの水漏れ原因が解明できない場合は? エアコンの水漏れと雨の日の関係に納得!ドレンホースが原因かも?.

次の

ドレンホースとは何のためにあるの?掃除や交換のやり方を覚えよう!

ドレン ホース

(1)使っているドレンホースを外す (2)新しいホースと室内機と接続しているホースをつなげる (3)つないだ部分をテープで巻く エアコンの設置場所によっては、作業が難しいことがあります。 ドレンホースを自分で交換することができるかどうか、前もってしっかり確認しておきましょう。 また脚立から落ちてしまって、ケガをしないように慎重に作業してください。 交換のついでに施しておきたいさまざまな対策 交換のタイミングで、より長くドレンホースを使用するための対策をおこないましょう。 ドレンホースの劣化を防ぐ対策することで、より快適に長くエアコンを使うことが期待できます。 紫外線対策 ドレンホースは、外に置いているため、紫外線の影響を受けやすいです。 ドレンホースの紫外線対策として、塩ビ製のドレンホースを使用するのがよいとされています。 塩ビ製のものは、紫外線に強いといわれているからです。 ドレンホースはプラスチック製のものが多いですが、直射日光が当たりやすい場所に設置するのであれば、塩ビ製のものを選びましょう。 害虫対策 ドレンホースから家の中に害虫が侵入してしまうことがあります。 ゴキブリなどの害虫がドレンホースを経由して家の中に入らないように対策しましょう。 ドレンホースの先端に防虫キャップをかぶせる ドレンホースの先端に防虫キャップをかぶせることで、害虫の侵入を防ぐことが期待できます。 取り付けも防虫キャップを差し込むだけなので、簡単です。 防虫キャップは、ホームセンターやネット通販で手に入れることができます。 注意点としては、穴の大きさ以下の虫であれば、侵入されてしまうおそれがあることです。 ドレンホースの先端に網をかぶせる ドレンホースの先端に網をかぶせるという方法です。 防虫キャップでも侵入されてしまうような小さな虫にも効果を示します。 ただし、網が汚れてしまうとつまってしまい、排水することができなくなってしまいます。 そのため、定期的に網を交換する必要があります。 ドレンホースを地面に浮かして設置する ドレンホースを地面から浮かして設置することで、害虫が侵入しにくくなります。 また、害虫対策としてだけでなく、土やホコリも入りにくくなり、水が流れやすくなる効果もあります。 エアコンから水漏れしている場合は要注意 エアコンから水漏れが発生している場合は、エアコンに異常があることが考えられます。 エアコンの水漏れが起きる原因と対策を紹介します。 ドレンホースに不具合 エアコンの水漏れの多くが、ドレンホースに問題があるといわれています。 ドレンホースが詰まってしまって水漏れが起こっている場合が多いです。 つまりを取り除くには、ドレンホース用のサクションポンプを使用するのがよいでしょう。 サクションポンプの使い方は、以下のとおりです。 (1)サクションポンプをドレンホースに差し込む (2)ハンドルを引いて吸引する (3)この作業を数回繰り返しおこなう この手順でおこなうことによって、つまりを改善させることができます。 使用する際は、ハンドルを押さないように気をつけてください。 ハンドルを押してしまうと水が押し出されてしまうおそれがあるからです。 また、室内機とドレインホースの設置が不十分で、水が流れず水漏れを起こすこともあります。 その際は、自分で設置し直すか、業者に依頼するのがよいでしょう。 エアコン本体が傾いている エアコン本体が傾いていると、水がドレンホースにスムーズに流れません。 エアコン本体が傾く理由として、地震や工事の際に設置が不十分であることがあげられます。 このような場合は、自分で修理することは難しいでしょう。 プロの業者に依頼して直してもらいましょう。 フィルターが汚れている フィルターの汚れがひどいと、水が多く発生してしまって水漏れを起こすことがあります。 エアコンのフィルターをきれいにするには、掃除機でほこりを吸い取りましょう。 また、水洗いもおすすめです。 フィルターは自分できれいにすることができますが、しばらく掃除をしておらず、他の箇所も汚れがひどいという場合は、エアコンのクリーニングを検討してもよいかもしれません。 本体の故障 エアコンも消耗品なので、長く使用していれば劣化してしまい、水漏れを起こすことがあります。 このような場合も業者に修理を依頼するか、買い替えることを検討しましょう。 まとめ 今回は、エアコンのドレンホースの交換について紹介しました。 ドレンホースの交換は自分でおこなうこともできます。 今回紹介した必要なものや手順を参考に交換してみてください。 また、長く快適にエアコンを使うことができるように対策をしてもよいです。 塩ビ製のドレンホースを使用したり、防虫キャップを設置したりしてもよいでしょう。 エアコンが水漏れしている場合は、すぐに対処しましょう。 エアコンのどこに不具合があるかわからないという場合は、プロの業者に依頼することをおすすめします。 プロの業者であれば、どこに問題があるかを突き止めて、適切にエアコンを修理してくれるでしょう。 エアコン修理はぜひ、弊社をご利用ください。 弊社は全国のエアコン修理業者と提携しています。 お近くの優良業者を紹介することができます。 お気軽にお問い合わせください。

次の