格安スマホ aquos。 AQUOS L│格安スマホ/SIMはUQ mobile(モバイル)|【公式】UQコミュニケーションズ

AQUOS公式サイト シャープのスマホ・携帯電話 最新機種を紹介

格安スマホ aquos

MIL-STD-810Hの19項目に対応し、タフネス化されたボディ シャープのスマートフォン「AQUOS sense」シリーズは、今や、通信キャリア各社およびSIMフリー版も含めて数多く販売される、シャープにとって重要な商品だ。 その最新モデルである「AQUOS sense3」は、楽天モバイル専売の廉価版「AQUOS sense3 lite」、大画面でAV性能に余裕を持たせた「AQUOS sense3 plus」、そして、今回取り上げるスタンダードモデル「AQUOS sense3」という3種類のラインアップからなる。 その「AQUOS sense3」は、販売ルートの違いにより、家電量販店やMVNOで扱われるSIMフリー版「SH-M12」のほか、NTTドコモ版「SH-02M」、au版「SHV45」が用意される。 いずれも基本的には同じだが、対応バンドやSIMカードスロットの数などの通信機能、およびプリインストールされるアプリなどは異なる。 なお、今回検証したのはUQモバイルが発売する「SHV45」で、ハードウェア的にはau版と同じだが、SIMロックがかかっていない。 また、「SH-M12」は、デュアルSIMスロットを備え、DSDVに対応する。 9(厚さ)mmで、重量は約167g。 5インチのIGZO液晶を搭載している。 前モデル「AQUOS sense2」と比較すると、横幅は1mm狭くなったが、0. 5mm厚くなり、重量も12gほど増加した。 これは後述するように4,000mAhの大容量バッテリーを搭載した影響だろう。 デザインはキープコンセプトで、外見の変化は抑えられているが、デュアルカメラになったメインカメラの位置や形状は、アップル「iPhone X」に少し似ている。 これに加えて、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810H」の防水(浸漬)、防水(雨滴)、防塵、防塵(風塵)、耐衝撃(落下)、耐振動、耐日射、防湿、高温保管(固定)、高温保管(変動)、高温動作(固定)、高温動作(変動)、低温動作、低温保管、温度耐久(温度衝撃)、低圧保管、低圧動作、氷結(結露)、氷結(氷結)という19項目をクリアしたタフネス仕様となった。 また、浴室での使用も対応が明記されている。 FeliCaポートおよびNFCポートも引き続き搭載しており、電子決済などに利用できる。 なお、フルセグ/ワンセグのテレビチューナーは非搭載だ。 ボディは引き続きアルミ製。 シンプルで、人を選びにくいデザインだ デジタルスケールで計測した重量はカタログスペック値通りの167g シャープ自慢のIGZOディスプレイを搭載。 ノッチのないシンプルな形状のディスプレイで、画質は十分にきれいだ ディスプレイは最大輝度が高められ、明るい場所での視認性が向上している 指紋認証センサーは表面のディスプレイ下に収まる ボディ上面にはヘッドホン端子を装備 ボディ下面にはUSB Type-Cポートを配置。 これは、前モデルからは1,300mAhという大幅な容量アップだが、さらに、ディスプレイの効率を高めて消費電力の削減を図った。 これにより、シャープによれば1日1時間、音声通話やテキスト中心のデータ使用であれば、1週間の電池持ちを実現するという。 また、HD解像度の動画であれば20時間の連続再生が可能、音楽のストリーミング再生なら61時間、Webページの閲覧なら21時間、Instagramの閲覧なら21時間、テザリングなら23時間の連続利用が可能という。 実際に使ってみても、とにかくバッテリーが減らない。 2時間ほど断続的に使って半日ほどたっても10%しかバッテリーが減らなかった。 フル充電状態から48時間、1日あたり3〜4時間ほど使用したが(Androidの標準機能「Digital Well Being」で計測した数値)、バッテリーは8%も残っていた。 ちなみにこの間は断続的なカメラ使用や、電車で移動中にはモバイル通信を多用し、ゲームも行い、バッテリー性能を試すようなハードな使い方をあえて行ったうえの結果だ。 これなら1週間充電不要というのも現実的な数値に思われる。 バッテリーの劣化を抑えながら充電を行える「インテリジェントチャージ」機能も引き続き搭載されているが、近ごろはスマートフォンの買い換えサイクルが伸びているので、地味だがありがたい機能と言えるだろう。 フル充電から48時間のバッテリー消費の様子。 待機時にバッテリーがほとんど減らないうえに、負荷のかかる使い方でもバッテリーが急激に減ることがなかった 強化された基本性能と、2年間に2回のバージョンアップ保証 本機の基本性能だが、SoCには「Snapdragon 630」が採用され、RAMは4GB、ストレージは64GB(LPDDR4X)だ。 これにより、AQUOS sense2と比較して処理性能は約15%、グラフィック性能は約60%したほか、ストレージの容量は2倍、RAMは1GBの増量となり、アクセス速度も30%向上したという。 1年分の進化としては十分と言える。 特に注目なのは、グラフィック性能の強化だ。 AQUOS sense2のグラフィック性能はがやや非力であったため、この点の不満が目に付いたからだ。 定番のベンチマークアプリ「AnTuTuベンチマーク(Ver 8. 3)」を使って計測したが、総合スコアは114,802(内訳、CPU:43,349、GPU:16,729、MEM:32,268、22,456)となった。 GPUのスコアが1万を超えており、前モデルと比べてかなり向上している。 体感速度でも、Twitterのスクロールはかなりスムーズになったし、描画性能の要求が高い「ミリシタ(アイドルマスターミリオンライブシアターデイズ)」も、画質を「3D軽量」にすればおおむね快適に動作した。 さすがに負荷のかかる13人ライブの動作は厳しかったものの、最初からプレイを諦めるレベルではない。 なお、EPICゲームズ「フォートナイト」はGPUが動作要件をクリアしていないため動作しなかった。 OSは、Android 9 Pieがプリインストールされているが、発売後2年間に最低2回のバージョンアップを行うことが告知されている。 安価なAndroidスマートフォンではOSバージョンアップは1回あればいいほうだが、本機なら、Android 11世代までは対応してくれるものと思われる。 AnTuTuベンチマークの結果。 グラフィック性能を示すGPUのスコアが1万を超えており、グラフィック性能は以前より向上している 手ぶれに強くなったメインカメラ 本機のメインカメラは、標準カメラ(35mm換算の焦点距離で23mm)と広角カメラ(18mm)を組み合わせたデュアルカメラが採用されている。 なお、いずれも画素数は約1,200万だ。 AQUOS sense2ではシングルカメラだったので大きな進化と言える。 また、電子式手ぶれ補正に加えて、映像処理エンジン「ProPix2」に被写体ぶれ機能を備えることで被写体ぶれも抑えることができるようになった。 AIシーン認識機能も引き続き搭載されており、9種類(人物、犬、猫、料理、花、夕景、花火、QRコード、白板(看板など)を認識できる。 メインカメラは、標準、広角という組み合わせのデュアルカメラとなった フロントカメラは約800万画素。 搭載される美顔機能「AQUOS beauty」は、美肌、小顔、色合い、明るさ、目の大きさを個別に調整できる 以下に、本機のメインカメラを使った写真の作例を掲載する。 なお、初期設定である「AIオート」モードを使い、カメラ任せで撮影を行っている。 標準カメラで撮影。 色とりどりの飾りの発色は良好 上と同じ構図を広角カメラで撮影。 広角カメラを切り替えても画質の傾向は変わらない 夜景を標準カメラで撮影。 白飛びや黒つぶれ、手ぶれも見られない。 手持ち撮影だが手ぶれ補正が効果を発揮しているようだ 上と同じ構図を広角カメラで撮影。 手ぶれ抑えられているが、近ごろのスマートフォンのカメラとしてはノイズが目立つ 標準カメラでイルミネーションを撮影。 10枚ほど撮影したがいずれもピントがやや甘くなり、ノイズも目立った 同じくイルミネーションを広角カメラで撮影。 こちらも10枚ほど撮影したがいずれもピント合わせに迷いが見られた。 ノイズも少なからず見られる スマートフォンのカメラ性能は、夜景撮影で差が出やすい。 本機は、夜景では場合によって、ぼんやりとした仕上がりになることがあったが、安定してキレイに撮れる場合もあった。 特に夜景に強いわけではないが、全般的な傾向としてAQUOS sense2よりも、失敗写真は明らかに減った。 派手さはないが、突出したバッテリー持ちは魅力 近ごろは本機を含む3万円台のスマートフォンの競争が激しい。 OPPO「Reno A」、サムスン「Galaxy A30」や「Galaxy A20」などのライバルはいずれも魅力的なスペックを備えた製品だ。 本機はそれらと比較して圧倒的に安いとか、コストパフォーマンスが飛び抜けて良好というわけではないが、安定感のある万人向けの製品と言えよう。 特にバッテリーの持続性はちょっと驚くレベルで、1泊程度の旅行なら充電器やモバイルバッテリーの携行はまず不要だろう。 場合によっては数泊の旅行でも乗り切れるかもしれない。 各種性能が向上したことで前モデル「AQUOS sense2」よりも1000〜2000円程度値上がりしているが、「買いか?」と問われたら、AQUOS sense3には間違いなくそれだけの価値があると言える。

次の

aquos sense3のスペックってどんなもの?購入におすすめの格安SIMも詳しく紹介!

格安スマホ aquos

タップできる【目次】• サクサクとまではいかないが、それなりに動くだろう。 しかし、ゲームは少し厳しいかもしれない。 というのも、使っているCPUの世代が少し古いのである。 Snapdragon 630 は2017年5月発表のため、2年前のCPUということになる。 CPUは古いとそれだけ性能が低くなる。 同時期発売の海外端末には及ばない。 とはいえ、いまだにSnapdragon4〇〇(基本的に数値が小さいほど性能が低い)を使っているArrowsよりはマシなのだが。 画面の綺麗さ シャープの液晶だけあって、画面は綺麗だ。 ただし、「液晶の中で」の話だ。 海外の端末ではこの価格帯の端末でも有機ELを搭載しているものもあり、発色ではとても及ばない。 必要十分な綺麗さだと言える。 綺麗さ以外で気になる点がある。 それはデザイン。 最近のスマホはベゼルレスが当たり前になっている中、このスマホは昔ながらのベゼルあり。 正直そろそろ古臭く見えてきた。 バッテリー バッテリーは素晴らしい。 4000mAhは同価格帯どころか、高級機と比べても多い容量となっている。 いまだに2700mAhとかのXperiaとは違う。 とても長持ちする。 私は四六時中スマホを触っているので、バッテリーの持ちは非常に気になる。 そしてこの大容量。 シャープは需要をわかっている。 カメラ 値段相応といった印象。 解像度は少し低めだが、低いからと言って画質が悪いとは限らない。 この端末は普通。 良い所は広角カメラが付いている所……と言いたいが、この 広角カメラがあまりよくない。 広く撮れるのだが、写真の隅の方が魚眼のように歪む。 あまり期待しない方がいい。 そして一番の問題点は、 撮影速度が異常に遅いことだ。 豊富なオプション ……? 日本で求められているあらゆるオプションがついている。 指紋認証、防塵防水、おサイフケータイ……あれば便利な機能はみんなついている。 そうそう。 こういう端末を求めていたんだ。 わかっているじゃないか、シャープさん。 と言いたいところだが、ちょっと待ってほしい。 今や中国の端末には当たり前についてくるケースは付属してないし、イヤホンもない。 まあそんなことは重要ではないかもしれない。 本当に大事なのは、電源アダプタがついていないことだ。 そこはケチっちゃいけないんじゃないか。 初めてスマホを買う人は、これだけ買ってきても使えないということを言っておく。 初心者向けの機能 海外の端末だと、初心者向けにソフトウェアが改良されている、ということは少ない。 その点日本の端末は配慮されていることが多く、この端末も 「かんたんモード」が搭載されている。 スマホに慣れていなく、機械が苦手といった人にはお勧めできる。 残念な点 ここまで結構残念な点を述べてきたかもしれない。 これ以上ケチを付けるのもどうかと思うが、最後に一つだけ言いたい。 この端末は、国産の中ではまともに使える。 使えるが、海外の端末にはバッテリー以外何一つ勝てていない。 本当に残念なのは、この端末の売りが「国産であることしかない」こと。 それだけである。 こんな人におすすめ 端末には性能を求めないけど、おサイフケータイや防水防塵は欲しい。 そしてと にかくバッテリーが長持ちしてほしい。 だけど怪しい外国産の端末は使いたくない……。 そんな人におすすめの端末だ。 色々文句は付けたが、それでも海外の端末によく対抗している端末だと思う。 少なくとも 国産の格安端末でどれにするか迷ったら、Aquos Sense3一択だ。 今までスマホを使ったことがない親にプレゼントしたい、なんて時はいいかもしれない。 購入先 この端末はSIMフリー端末だ。 ヨドバシカメラといった家電量販店で購入可能だが、 どさくさに紛れて回線契約を結ばされるなんてこともあるかもしれない。 下記の商品は通信契約も必要ない。 とても人気のあるモデルなので、たくさんの感想を見たうえで購入を決めてみてほしい。

次の

SIMフリースマホとは?格安SIM、格安スマホの違いは?|AQUOS:シャープ

格安スマホ aquos

AQUOS sense3 basicは、AQUOS sense3より性能を落として価格も1万4400円に安くしています。 AQUOS sense3 basicの性能は、CPU SDM630、RAM3GB、ROM32GB、電池容量4000mAh、画面5. 5インチ、カメラは1200万画素 F値2. 0 、防水対応です。 AQUOS sense3との違いは、AQUOS sense3 basicではRAMが4GBから3GB、ROMは64GBから32GB、指紋認証は非対応、DSDV非対応、おサイフケータイ非対応、おもちゃレベルの超広角カメラは非搭載になりました。 AQUOS sense3 basicは結構スペックダウンしますが、スマホをあまり使わない場合は、普通に使えるスペックです。 AQUOS sense3 basicはスマホをあまり使わない人で、安さを最重視する場合に検討してみてください。 AQUOS sense3のスペック 性能 AQUOS sense3 basic CPU CPUオクタコア2. 2 電池容量 4000mAh サイズ 147 x 70 x 8. 0、Wi-Fi 802. SIMロックを解除すると、とでもそこそこ使えるかもですが、電波が悪くなる可能性があるので使わないほうが良いです。 SIMロックを解除すると、でも使える可能性が高いですが、自動切替機能に対応していない可能性が高く、その場合は楽天回線エリアでもパートナー回線を掴む割合が増えます。 AQUOS sense3 basicの性能レビュー 実機テスト用にUQモバイルから借りたのですが、au版っぽいAQUOS sense3 basic SHV48が届きました。 au版っぽいのでau回線の格安SIM以外は使えませんでした。 実際にUQで申し込む場合でもau版が届くのか問い合わせ中です・・。 保護フィルムは貼付け済み、充電器と充電ケーブルは入っていないので、持っていない人はUSB充電器とType CのUSBケーブルを用意しておいてください。 スマホを使っている人ならたいてい持っています。 AQUOS sense3、AQUOS sense3 lite、AQUOS sense3 basicの主な違い sense3 sense3 lite sense3 basic RAM 4GB 3GB ROM 64GB 32GB カメラ 1200万画素 F値2. 0 +超広角1200万画素 F値2. 4 1200万画素 F値2. 0 指紋認証 対応 非対応 おサフいふケータイ 対応 非対応 DSDV 対応 非対応 価格 実質2万5000円前後 実質1万8319円 1万4400円 CPU性能の詳細:SD630の普通性能なCPUで普通に使える AQUOS sense3 basicのCPUはオクタコア2. 8GHz Snapdragon 630 以下、SDM630 です。 普通性能なCPUです。 ネットや、Twitterや、LINE、メール、Facebook、インスタグラムはもちろんのこと、一般的なゲームも普通に使えます。 ただ、CPUが普通性能でRAMも3GBなのでサクサク使うのは厳しいです。 スマホを比較的たくさん使う場合は、より高性能なCPU、RAM4GB以上、ROM64GB以上が良いです。 スマホをあまり使わない場合に、AQUOS sense3 basicを検討することをおすすめします。 AQUOS sense3 basicの各種ベンチマークテストの結果 Geekbnech 5 ・シングルコアスコア:177 ・マルチコアスコア:810 PCMark:4926 3DMark Sling Shot Extreme ・OpenGL ES 3. このサイトではSDM=SD スマホをあまり使わない場合は低性能のCPUでも十分に使えます。 スマホを普通程度に使う場合は普通性能のCPUでも普通に使えます。 一般的なゲームなら普通性能でも遊べます。 スマホを人よりも少し多く使う場合は比較的高性能以上を選びます。 スマホがよりサクサク動くようになります。 重い3Dゲームが好きな場合は高性能以上を選びます。 スマホをたくさん使う場合で常にヌルヌルサクサク使いたい場合、またはゲーム性能を最重視する場合は超高性能を選びます。 5にするとサクサクっと表示される AQUOS sense3を使っていて、なんか動作がちょっともっさりする・・、そんな時に試してもらいたいのがアニメーションスケールを0. 5にすることです。 アニメーションスケールを0. 5にすると、設定やアプリをタップしたときの表示スピードが半分になります。 正確に表現するのがムズイです。 とりあえずサクサクした感じに表示されます やり方は下記です。 すると開発者向けオプションの表示が有効になります。 この3つをタップして、それぞれ0. 5にします。 これで完了です! 表示スピードがサクッとした感じでいい感じになったと思います。 単純に重いゲームアプリとかだと表示スピードはほとんど変わりません 電池持ちの詳細:4000mAhで電池持ちは超良い AQUOS sense3 basicの電池持ちは超良いです。 電池持ちは電池容量が大きいほど良くなり、画面が小さいほど良くなります。 auのスマホの電池持ち時間は平均110時間くらいですが、au版のAQUOS sense3 basicの電池持ち時間は170時間です。 連続待受時間が1070時間もあるので、長時間スマホを放置していても、電池がほとんど減りません。 普通のスマホの1. 5倍くらい電池が持ちます。 AQUOS sense3 basicの電池持ちの実機テスト AQUOS sesne3の実機テストの結果です ・YouTubeの連続再生時間 22時間20分 ・PCMarkのバッテリテスト 14時間14分 格安スマホ等の実機テストによる実際の電池持ち 実測 PCMarkの電池持ち 17時間15分 10時間20分 9時間59分 10時間38分 14時間14分 PCMarkの電池持ちはWebサイトの閲覧、動画の編集、データの書き込みや改変、写真の加工など繰り返したときの電池持ちです。 下記のページに電池持ちのテストの詳細や、電池の寿命を伸ばす方法、多数の格安スマホの電池持ちのテスト結果を掲載しているので参考にしてみてください。 実際のご使用環境によって異なります。 AQUOS sense3 basicなら、急速充電を繰り返しても電池が劣化しにくいよう充電をコントロールしてくれるので、電池のヘタレを軽減できます。 AQUOS sense3 basicなら長い間、電池持ちが超良いままで使うことができます。 発売から2年間、最大2回のOSバージョンアップに対応しているので、長い間安心して使えます。 スリープ時の電池持ちを2倍にする方法、OfficeSuiteを無効にする AQUOS sense3 basicはOfficeSuiteを無効にするとスリープ時の電池持ちが2倍になる場合があります。 これ結構良いです。 OfficeSuiteはエクセルとかワードとかをスマホで読むのに使うアプリです。 ほとんどの人は必要ないと思うので、これ無効化します。 耐衝撃対応で壊れにくい AQUOS sense3 basicは落としても壊れにくい、耐衝撃にも対応しています。 耐衝撃を含めて19項目のMIL規格 MIL-STD-810H をクリアしています。 高温や低温、湿気の多い環境での使用や、不意の落下による衝撃からも本体を守ります。 米国国防総省が制定したMIL-STD-810Hに準拠した規格 ・防水(浸漬):深さ約1. 5mの水中に30分間浸漬させる試験 ・防水(雨滴):高さ1mから15分間雨滴を落とす試験 ・防塵:72時間の粉塵試験 ・防塵(風塵):連続6時間(風速8. 22mから鋼板に製品を26方向で落下させる試験 ・耐振動: 上下10Hz~500Hz、加速度1. 04G、左右10Hz~500Hz、加速度0. 2G、前後10Hz~500Hz、加速度0. カメラ性能の詳細:値段相応の普通性能、夜景やズームには弱い AQUOS sense3 basicのカメラ性能 背面:1200万画素 F値2. 0 前面:前面800万画素 F値2. 2 AQUOS senseシリーズのカメラは、基本的に撮れれば良い人向けのカメラの実性能です。 AQUOS sense3 basicとAQUOS sense3のメインカメラは同じ性能なので、AQUOS sense3 basicのカメラの実性能はAQUOS sense3を参考にしてください。 AQUOS sense3のカメラで撮った実際の写真 作例 画像をクリックすると加工前のオリジナル画像になります。 夜景モードはないので夜景は弱いです。 AIオンで撮ると色映えした食べ物になります。 AIオフにすると色あせした食べ物になります。 AIオンだと少し過剰に色映えして、AIオフにすると実物よりも少し色あせする感じです。 AIオンとオフの中間点くらいがちょうど良さそうな色合いになりそうな・・。 少しだけ暗めの写真になりました。 最大ズーム 望遠レンズは付いていないので、ズーム性能は良くないです。 AQUOS sense3は夜景に弱く、ズームに弱く、食べ物の色合いが少し微妙、写真が少し暗くなり、良い感じの写真を撮るのは少し難しいですが、あまり気にしなければ普通程度の写真を撮っている感じです。 AQUOS sense3 basicは超広角カメラには対応していませんが、AQUOS sense3の超広角カメラはおもちゃレベルなのでスルーです。 AQUOS sense3 basicの総合評価、安さ重視でスマホをあまり使わない人におすすめ AQUOS sense3 basicは耐衝撃で防水対応、電池持ちは超良く、5. 5インチなので比較的コンパクトです。 処理能力はSDM630でRAM3GB、ROM32GBなので、スマホを比較的たくさん使う人には向いていませんが、スマホをあまり使わない人なら普通に使えるスペックです。 価格も1万4400円と安いので、スマホをあまり使わない人は検討してみてください。 UQモバイルのAQUOS sense3 basicの価格とキャンペーン情報 UQモバイルではAQUOS sense3 basicを1万4400円 税込1万5840円 で販売しています。 定価は2万5200円ですが1万800円引きが適用されるので、1万4400円です。 UQモバイルは速度が速いので、快適にスマホを使いたい場合におすすめです。 UQモバイルのスマホプランを申し込むと、SIMのみの場合は最大1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行なっています。 iPhoneや格安スマホとセットで申し込むとキャシュバックの代わりに最大1万8000円の端末割引で買えます。 UQモバイルは速度が超速いので、いつでも快適にスマホが使えます。 2020年7月19日まで、抽選で333名に3000円キャッシュバック UQモバイルでAQUOS sense3 basicを購入した人の中から、抽選で333枚にau Pay残高に3000円のキャッシュバックがもらえます。 特典付与に必要な案内は、2020年8月下旬頃に応募時に登録いただいたメールアドレス宛に連絡がいきます。 auのAQUOS sense3 basicを買うよりも、UQモバイルにしたほうが絶対に良い理由 auでもAQUOS sense3 basicを販売していますが、オススメ度は低いです。 auではAQUOS sense3 basicを機種変更なら税込2万7830円、他社からの乗り換えだと2万2000円引きで5830円、新規契約だと1万1000円引きで1万6380円で購入できますが、auの毎月の月額料金は高いです。 UQモバイルなら月1480円〜1980円です。 半額になります。 auではAQUOS sense3 basicを検討してる人は、UQモバイルにすることを強くおすすめします。

次の