ムゲンダイナ レイドバトル。 【ポケモン剣盾】マックスレイドバトルを効率よく周回攻略できるポケモンを紹介!【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾の伝説「ムゲンダイナ」の厳選!種族値、努力値とおすすめの性格は?|ポケモニット

ムゲンダイナ レイドバトル

1 ファイナルトーナメントを勝ち進む 2 まどろみの森に行く 3 ナックルシティのナックルスタジアムに向かう 4 ローズとポケモンバトル 5 ホップに話しかけ、リフトを上がる 6 階段を上るとムゲンダイナ フォルム1 と戦闘開始 7 倒すとムゲンダイナとのマックスレイドバトルが始まる 8 ムゲンダイナを倒し、最後に捕まえる ホップに話しかける際にレポートする ローズとの戦闘後、ホップに話かけるとムゲンダイナがいるタワートップまでリフトで上がることになります。 ムゲンダイナとの戦闘前に 階段を上る移動が入るので、その際にレポートを書いておくのがおすすめです。 オートレポートは切っておこう 今までオートレポートにしていた方は手動に変更しないと厳選ができないため、設定でオフにしておきましょう。 設定>おまかせレポートをしないで切ることができます。 撃破後イベント捕獲に ムゲンダイナは1回戦目で捕まえることができず、2回戦目はレイドバトルになるので、通常の捕獲のように HP調整などをしてボールを投げる必要がありません。 レイドバトルでHPを削った後、ストーリーの流れで捕獲することになります。 好きなボールを用意しておこう イベント捕獲になるので、 どんなボールでも確定で捕まえることができます。 つまりオシャボ厳選ができます。 ムゲンダイナとのイベントが進行する前に、あらかじめ捕まえるボールを用意しておくのがおすすめです。 ムゲンダイナは厳選するべき? ムゲンダイナは性格や実数値など厳選しておくべきなのか掲載しています。 レイドで重宝するため厳選はしておきたい ムゲンダイナが覚える「 ダイマックスほう」は、ダイマックスに対して2倍のダメージを与える効果を持ちます。 レイドは高個体のポケモンやキョダイマックスの厳選、アイテム収集などで頻繁に利用することになるので、必然的に 使用頻度が高くなるため出来るだけ厳選はしておきたいです。 バトルタワーやトーナメントでも活躍 バトルタワーやトーナメントといったクリア後のエンドコンテンツでも、持ち前の種族値の高さや優秀な専用技で活躍ができるポケモンです。 ムゲンダイナのおすすめの性格 ひかえめがおすすめ ムゲンダイナの性格は、レイドで頻繁に使用することになる「ダイマックスほう」が特殊技のため、 特攻補正がかかるものが望ましいです。 中でも、特殊アタッカーでは不要になる攻撃補正が下がり、特攻補正が上がる「 ひかえめ」が最もおすすめです。 ミントであとから補正変更も可能 本編クリア後に挑戦できるバトルタワー関連のBPショップ報酬などで入手できる「ミント」を使えば、性格の補正値を変更することができます。 ただし必要BPが50と重いので、簡単に変更はできません。 ムゲンダイナ理想個体の実数値 ジャッジが使えないため実数値で確認 ムゲンダイナを捕獲する段階では、ストーリーの進行度的にまだジャッジ機能が使えず、一目でどこがVか確認できないため、個体値まで粘る場合は理想個体の実数値をあらかじめ知っておく必要があります。 素早さ130族なのでトップクラスに足が速く、ドラゴン技だけでなく、 シャドーボールや ヘドロウェーブといったサブウェポンで様々なポケモンに対応できます。 レイド特化ならHC252 完全にレイド特化にするなら、生存率を上げるためにH(HP)に振ってHC252振りもありです。 CS型でもLV100ならそこまで気になりませんが、たまに星5レイドのダイアースやダイサイコが怖い場面もあるので、そういった場面でより安定すると思います。

次の

ポケモン剣盾の伝説「ムゲンダイナ」の厳選!種族値、努力値とおすすめの性格は?|ポケモニット

ムゲンダイナ レイドバトル

もくじ• マックスレイドバトルで圧倒的有利なポケモン マックスレイドバトルでは、 伝説のポケモン「ムゲンダイナ」が圧倒的に有利です。 まだ持っていない方も、参加するトレーナーが使っているのを頻繁に見ることでしょう。 その理由というのが、 ダイマックスポケモンの攻撃を余裕で耐えるほどの耐久力と、高い特攻値から放たれる「ダイマックスほう」の圧倒的火力にあります。 ドラゴンということで半減以下になることも少なく、ほとんどの相手はこれだけで倒せます。 フェアリーなどの倒せない相手を想定して、残りの技を選ぶのが大事になるでしょう。 ムゲンダイナのおすすめ育成方法 おすすめの個体値• HP31• 特攻31• 残りはなるべく高め とにかく、HPと特攻が最大値であれば問題ありません。 その他の個体値は、多少低くても大差はありませんね。 最低でも特攻31であれば、十分に運用の範囲内です。 まぁ、Lv100にして「おうかん」で個体値を上げる手段もあるので、その予定の方は気にしなくてもいいでしょう。 おすすめの努力値振り• HP252• 特攻252• 残りは自由 ダイマックスレイドバトルでは、 「 相手の攻撃を最後まで耐えるほどの耐久力・圧倒的な火力」が必要です。 ムゲンダイナは「ダイマックスほう」を連射することになるため、特攻に252振ることは確定。 耐久力を上げるために、HPに252振ることも当然ですね。 対戦で使う事を考えると素早さに振るのもありですが、ダイマックスレイドバトル専用で構わないでしょう。 既に努力値が他に入っている場合は、「基礎ポイントを下げるきのみ」で減らしておくこと。 えいようドリンク代は以下の方法で稼ぎましょう。 ムゲンダイナは物理攻撃は使いませんし、下げるのであれば攻撃となります。 初期に覚えている「クロスポイズン」は、レコード技「ヘドロウェーブ」に変えておきましょう。 その他の性格であれば、 「ひかえめミント」で変えるのを推奨します。 最低でも特攻が上げる性格であるなら、妥協できないこともないです。 技構成• ダイマックスほう• かえんほうしゃ• ヘドロウェーブ• 自由 大半の相手は「ダイマックスほう」でごり押ししますので、念のためにPPを上げておくと安心です。 かえんほうしゃは、ドラゴン技が半減される鋼対策に。 ヘドロウェーブは、 ダイマックスほうの効果がないフェアリー対策ですね。 ただ、レコード技で習得するので、マックスレイドバトルでどくポケモンを倒して入手しましょう。 この3つの技で十分に足りますので、残りの技はお好みで構いません。 持たせる道具 とにかく同じ特殊技を連発することになるので、 「こだわりメガネ」を持たせましょう。 「こだわりメガネ」は、同じ技しか使えないが特殊技の威力が1. 5倍になる道具です。 入手は「バトルタワーのBP交換」か、「スパイクタウンの最奥のステージ下」です。 レベル上げ レベル上げは マックスレイドバトルの報酬「けいけんアメ」で、簡単に上げることが可能です。 可能な限り上げた方が良いので、今まで稼いだ分を全てつぎ込みましょう。 ムゲンダイナさえ育成できれば、ムゲンダイナで簡単に周回が可能になりますしね。 けいけんアメもがっぽがっぽです! まとめ ムゲンダイナさえ育成しておけば、マックスレイドバトルの難易度が激減します。 これからムゲンダイナ使いが増えると思うので、育成がまだのかたはしっかりと育てておくこと。

次の

【ポケモン剣盾】レイドバトルの攻略情報と厳選方法【ソードシールド】

ムゲンダイナ レイドバトル

皆さん、ポケモン剣盾楽しんでいますか? 私は、相変わらず時間が取れない日々を過ごしていますが、なんとか時間を見つけてポケモンとブログ更新に勤しんでいます。 さて、今回の記事は、育成環境の作り方の第二弾を書いていきたいと思います。 前回の記事はこちら。 前回の記事ではジャッジ機能の開放について書いているので、まだ開放してないよーって方はぜひ見て頂ければと思います。 前回の記事から時間が空いてしまいましたが、ここからは急ピッチで育成環境の作り方をまとめていこうと思います。 剣盾が発売されてからもう10日以上経っていますし、あまりだらだらやっていると需要が無くなってしまうかなと思うので。 前置きが長くなってしまいましたが、 今回の記事ではムゲンダイナを使ったレイドバトル、及び経験アメを集めるということに焦点を当てて解説していこうと思います。 ぜひ参考にして頂けると幸いです。 キョダイマックスニャースを受け取る 先程述べた通り、今回の記事では経験アメを集めることを目的としています。 では、その経験アメは誰に食べさせるのか。 その答 えが、このキョダイマックスニャースです。 キョダイマックスニャースは初回購入特典として特別に配布されたニャースで、ふしぎなおくりものを通して受け取ることができます。 期限は1月15日までなので、まだ受け取っていない方はお早めに。 一応、受け取り方を後で解説します。 このニャースの使い方は金策です。 今作ではタウリンなどの栄養ドリンクで努力値を最大まで上げられるので、この金策は育成においても非常に有用です。 受取時のニャースのレベルは5なので、リーグで使えるくらいにはレベルを上げる必要があります。 (Lv100が望ましい) そのためにレイドを回って経験アメを大量に入手するわけです。 キョダイマックスニャースの受け取り方 メニューでふしぎなおくりものを選択。 ネットに繋がると、キョダイマックスする ニャースと出るので、そちらを選択。 するとキョダイマックスニャースを受け取れます。 ちなみに、厳選はできません。 受け取ると強制的にレポートが書かれるので、ステータスが気に入らない方は王冠やミントを使う必要があります。 対戦で使うようなポケモンじゃないので必要ないと思いますが。 レイドバトルを回す ニャースも受け取れたことで、いよいよレイドバトルを回します。 レイドバトルを回す前にも準備しておいた方が良いことがあるので、まずはそちらから。 ムゲンダイナの育成 レイドバトルでは基本的にムゲンダイナを使うので、ムゲンダイナを育成する必要があります。 まずレベルですが、これはレイドバトルを回しながら経験アメをどんどん食べさせてあげましょう。 まずはムゲンダイナのレベルを100にして、そこからニャースの分のアメを集めるので良いと思います。 経験アメで貰える経験値がめちゃくちゃ多いので、結構簡単にレベルは上げられます。 また、育成に関しては努力値も大事です。 レイドバトルでは1ターンでも早く倒したいので、 CSぶっぱが良いかなと思います。 今までの旅でお金はそこそこ溜まっていると思うので、余裕のある方は栄養ドリンクで努力値を上げることをお勧めします。 また、個体値ジャッジを解放した時にBPがいくらか貰えたと思うので、そのBPでパワー系アイテムを買うのもおすすめです。 栄養ドリンクがあるからパワー系アイテムは無駄なのでは?と思うかもしれません。 しかし、栄養ドリンクよりパワーアイテムで努力値振りした方が速い場面も多々あります。 ですので、この段階でパワー系アイテムを取るのは無駄にはなりません。。 性格は余裕ができたらで良いかと。 控えめだと望ましいですが、ミント一つに50BPと集めるのが結構大変なので。 そこまでガチガチに固めなくてもレイドはクリアできます。 最後に持ち物ですが、 こだわり眼鏡をお勧めします。 レイドバトルでのムゲンダイナの戦法は、基本的にダイマックス砲の連打。 ダイマックス砲は、ダイマックスポケモンに対しで2倍のダメージが入るため、フェアリータイプ以外にはこれ連打が最適解です。 フェアリータイプ相手なら、ザシアンorザマゼンタを使います。 ザシアンの方がレイド適性が高いので、両方持っている方はザシアンをお勧めします(これがソード有利の由来)。 レイドバトルの効率的な回し方 ムゲンダイナの育成も済んだところで、いよいよレイドバトルを回します。 経験アメにはランクがあり、最高ランクのXLサイズや、二番目のLサイズがいっぱい欲しい所です。 自分の持っているレイドだけでは限界があるので、インターネットに繋ぎ、ステッカーで募集の枠に入るのが最も効率が良いです。 ですので、インターネットに繋ぎ、どんどん他の人のレイドに潜っていきましょう。 ステッカーの更新 最後にステッカーの更新について。 中々更新されないステッカーを、どんどん更新していく方法です。 過去の記事でも書きましたが、悩んでいる方も多いと思うので再度書いておきます。 レイドバトルに入る際には基本的にステッカーから入ることになりますが、このステッカーがなかなか更新されません。 どんどん新しいステッカーが欲しいのに、いつまで経っても更新されない。 やっとステッカーを受け取るで更新できたかと思えば、参加者が満員だったり、通信相手がいなかったり。 普通にプレイしているとなかなかステッカーが更新されません。 ですがここで秘策が。 インターネットに繋ぎ、カード交換を選択。 すると、相手を探している間はステッカーがどんどん更新されます。 YY通信からカード交換を選択。 相手を探し中はステッカーが更新されます! この仕様を利用し、適当な番号でパスワードをかけ、できるだけ長い間相手を探し中の状態を維持します。 ここまで書いてきましたが、おそらくステッカーの仕様は近いうちに修正されるんじゃないかと思います。 現状の仕様じゃ余りにも使いづらいですし。 ですので、ここで挙げた方法は、あくまでも仕様が修正されるまでの繋ぎです。 毎回カード交換をするのも面倒なので、早めに修正されると嬉しいな。 レイドバトルはこれからも周回します 今はニャースを育てるためにレイドバトルを周回していますが、経験アメを得るために今後も回す必要があります。 技レコードもレイドバトルが必要ですし、周回する機会は今後も多いです。 最終的な育成の流れとしては、• 孵化厳選• ニャースで金策(次回の記事で)• 栄養ドリンクで努力値上げ• レイドバトル周回• レベル上げ という流れになります。 ですので、ムゲンダイナは勿論、フェアリー対策のザシアンorザマゼンタも育成しておくべきです。 また、ムゲンダイナはこだわり眼鏡を持つ関係上メタモンとの相性も良くありません(フェアリータイプに変身されることがあるため)。 そのため、今後メタモン厳選をする際にもザシアンorザマゼンタは役に立ちます。 あとがき 今回の記事では、ムゲンダイナの育成、キョダイマックスニャースの育成、レイドバトル環境の構築まで進めました。 次回は、キョダイマックスニャースを使った金策について書こうと思います。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の