既存 の フィルタ と 交差 する セル を 垂直 方向 に 結合 する こと は できません。 [文字の書式設定]ツールバー

セルを結合または解除する【Googleスプレッドシート】

既存 の フィルタ と 交差 する セル を 垂直 方向 に 結合 する こと は できません

Spread. Sheetsでは、Excelと同様にテーブルのサイズを変更することができます。 サイズ変更インジケータ:showResizeHandleメソッドがtrueに設定されている場合、サイズ変更インジケータがテーブルの右下隅に表示されます。 サイズ変更ハンドラ:サイズ変更インジケータの上にマウスを移動すると、サイズ変更ハンドラが表示されます。 サイズ変更ハンドルを表示するかどうかを示す値を取得または設定するには、 メソッドを使用します。 showResizeHandleメソッドがtrueに設定されている場合、テーブルの右下隅に小さなサイズ変更インジケータが表示されます。 このインジケータを使用して、テーブルのサイズを変更できます。 インジケータを選択し、右方向にドラッグすると列が追加され、下方向にドラッグすると行が追加されます。 テーブルのサイズ変更 ユーザーが、テーブルを要件に応じて、より小さい範囲だけではなく、より大きい範囲にもサイズ変更できます。 より大きい範囲:サイズ変更ハンドラを右方向または下方向に移動してテーブルのサイズを変更した場合、新しい列または行が追加され、追加されたセルに同じスタイルが適用されます。 より小さい範囲:サイズ変更ハンドラを左方向または上方向に移動してテーブルのサイズを変更した場合、テーブルデータはそのまま保持され、列または行からスタイルが削除されます。 ヘッダ行と合計行を含むテーブルのサイズ変更 ヘッダ行と合計行を含むテーブルのサイズを変更することもできます。 サイズ変更ハンドラを右方向に移動してヘッダ行と合計行を含むテーブルのサイズを変更すると、新しい列が新規名で追加され、追加されたセルに同じスタイルが適用されます。 サイズ変更ハンドラを下方向に移動する場合、変更されたセル範囲にヘッダ行と合計行が含まれます。 左方向の場合は、テーブルデータはそのまま保持され、列からスタイルが削除されます。 数式を含むテーブルのサイズ変更 テーブルのサイズを変更しても、選択した範囲はそのまま保持されます。 スタイルとデータを含むテーブルのサイズを変更した後、数式はそのまま保持され、新しいセル範囲にも自動的に適用されます。 テーブルの範囲を参照する式は、テーブルのサイズによって更新されます。 テーブルのサイズを変更する際、下記の点に注意する必要があります。 一度に列方向または行方向のみにサイズを変更できます。 テーブルの最小サイズは、ヘッダ行と合計行を除き、1つのテーブル行とテーブル列を含むセル範囲です。 テーブルの最大サイズは、テーブルの行数や列数、およびシートの行数や列数を含むセル範囲です。 追加された範囲に値がある場合は、それらの値はテーブルに自動的に入力されます。 合計行を含むテーブルのサイズを変更した場合、Excelでは既存のテーブル範囲の下にあるすべての値が拡張された範囲に含まれます。 ただし、Spread. Sheetsでは合計行が既存のテーブル範囲の下にある最終行と重複します。 本機能は、スプレッドシートのセルにスパークラインが含まれている場合にもサポートされます。 注:以下は、テーブルのサイズ変更に対する制限事項となります。 テーブルにデータがバインドされている場合、サイズ変更ハンドラが無効になります。 テーブルのサイズを結合セルまで変更すると、「操作を完了できません:テーブルは結合セルやテーブルと重ねることはできません。 」エラーが発生し、操作が無効であることを示します。 合計行を含むテーブルを下方向にサイズ変更して、フィルタ処理された列のサイズを変更すると、「フィルター処理された範囲またはテーブル内のセルは移動できません。 」エラーが発生します。 フィルタ処理されたテーブルを垂直方向にサイズ変更すると、「非表示の行または列に隣接するテーブルのサイズを変更することはできません。 」エラーが発生します。 非表示の行と列を含むテーブルを垂直方向にサイズ変更すると、「非表示の行または列に隣接するテーブルのサイズを変更することはできません。 」エラーが発生します。 他のテーブルと重なってテーブルのサイズを変更すると、「操作を完了できません:テーブル範囲の内側と外側の両方にセルを含む操作および複数のテーブルに重なるセルに影響する操作は実行できません。 」エラーが発生します。 コードの使用 次のサンプルコードは、サイズ変更ハンドラを有効にして、テーブルのサイズを変更する方法を示します。 Spread. Sheets. Workbook document. tables. add "table1", 1, 1, 4, 4, GC. Spread. Sheets. Tables. TableThemes. table. showResizeHandle true ; activeSheet. getCell 1, 1. text "名" ; activeSheet. getCell 1, 2. text "姓" ; activeSheet. getCell 1, 3. text "得点" ; activeSheet. getCell 1, 4. text "名称" ; activeSheet. getCell 2, 1. text "Alexa" ; activeSheet. getCell 2, 2. text "Wilder" ; activeSheet. getCell 2, 3. text "90" ; activeSheet. getCell 2, 4. text "Web 開発者" ; activeSheet. getCell 3, 1. text "Victor" ; activeSheet. getCell 3, 2. text "Wooten" ; activeSheet. getCell 3, 3. text "70" ; activeSheet. getCell 3, 4. text ". NET 開発者" ; activeSheet. getCell 4, 1. text "Ifeoma" ; activeSheet. getCell 4, 2. text "Mays" ; activeSheet. getCell 4, 3. text "85" ; activeSheet. getCell 4, 4. setColumnWidth i, 90. 0, GC. Spread. Sheets. SheetArea. viewport ; activeSheet. setColumnWidth 4, 120 ;.

次の

エクセルで特定のデータの一部のみ抽出して別表に表示することができま

既存 の フィルタ と 交差 する セル を 垂直 方向 に 結合 する こと は できません

上図のような表があったとします。 A列は、いくつかのセルが 結合されています。 よく見かけるレイアウトですね。 さて、この表を オートフィルタで絞り込んでみましょう。 画面はExcel 2010です。 Excel 2003までのバージョンでは、それぞれの方法で絞り込んでください。 すると、こうなります。 望む結果は違いますよね。 でも、しかたないんです。 結合されたセルでは、すべてのセルに同じデータが入力されているのではなく、左上のセルだけにデータが入力されています。 つまり、本当はこういう表なんです。 じゃあ、他のセルにもデータを入れとけばいいじゃん。 って考えてもダメです。 やってみましょう。 選択範囲には複数のデータ値があります。 1つのセルとして結合すると、選択したセル範囲にある最も左上隅にあるデータのみが保持されます 空白セルは無視されます。 つまり、セルを結合すると、結合したセル範囲内の、 左上セル以外のセルはクリアされちゃうということです。 もちろん、Excelのオートフィルタは、セルを1つずつチェックしますので「横浜」で絞り込んだとき、クリアされちゃった空白のセルは「横浜じゃない」と判断します。 せっかくセル結合という便利な機能があるのに、この仕様はちょっと不親切な気もします。 ちなみに結合セルは、並べ替えもできませんしね。 確かに、Excelの仕組みを考えると、結合セルってのはすごくイレギュラーな機能だと思います。 Microsoftが、結合セルに対して多くの制約を設けたのも、技術的には想像がつきます。 ただし、方法がないわけではありません。 結合セルをオートフィルタで絞り込む 裏技をご紹介します。 任意のセルに、埋め込みたいデータ ここでは「東京」と「横浜」 を入力します 2. 埋め込みたいデータをコピーします 3. 埋め込みたい結合セルを選択して[形式を選択して貼り付け]を実行します 4. 「数式」を選択して[OK]ボタンをクリックします 5. 同じ操作を、ほかの結合セルに対しても行います これで準備は完了です。 さあ、さっきと同じようにオートフィルタで絞り込んでみましょう。 いかがですか? ここは拍手するところです ただし、これは正規の方法ではありません。 そもそも結合セルでは「左上以外のセルはクリアされる」のがルールであり「左上以外のセルにはデータが存在できない」ことになっています。 そして[形式を選択して貼り付け]の「数式」は、コピー元セルに入力されている"数式"を別のセルに貼り付ける機能です。 決して、結合セルの隠れているセルにデータを埋め込む機能ではありません。 それが、どうして埋め込まれてしまうのでしょう。 少なくとも、本来の使い方ではありません。 正規の方法ではないのですから、今後のバージョンではこうした使い方ができないように、Microsoftが修正したとしても文句は言えません。 そのへんをご理解の上で使ってください。 まぁ、便利なことは間違いないですしね。 みたいな。 関連項目•

次の

ExcelCreator 10.0 for .NET の対応する Excel 修飾機能

既存 の フィルタ と 交差 する セル を 垂直 方向 に 結合 する こと は できません

Googleスプレッドシートで作った社員名簿 ビジネスでは、このような表を数多く利用します。 社員名簿だけでなく顧客名簿や会員名簿、商品の在庫リスト……等々。 表によってデータの種類は異なりますが、共通しているのは、いちばん上に見出しがあって、情報が1行ごとにまとめて入力されていることです。 たとえば社員名簿なら、社員番号、氏名、性別、所属……などの見出しがあり、その下に社員1人分の情報が1行単位で入力されています。 また、表を縦方向に見ると、同じ種類の情報が並んでいます。 たとえば「氏名」の列には氏名だけ、「年齢」の列には年齢だけが入力されています。 Googleスプレッドシートの「フィルタ」は、このような形式の表で、絶大な効果を発揮する機能です。 たとえば、次のようなことが簡単に実行できます。 営業部の社員だけ絞り込む• 営業部の女性社員だけ絞り込む• 30歳以下の社員だけ絞り込む• 年齢の若い順番に並べ替える• 所属部署ごとに社員を分類する このように、フィルタを使うと、データを「絞り込む」「並べ替える」「分類する」という3つの処理ができます。 以降では、社員名簿を使って、上記の処理を実際に実行してみたいと思います。 それには、まずフィルタをオンにしましょう。 操作はカンタン。 表の内部にカーソルを置いたら、ツールバーの[フィルタ]ボタンをクリックしてオンにするだけです。 または、[データ]の[フィルタ]を選択してもかまいません。 これで、表の見出し部分に三角形のアイコン(フィルタアイコン)が表示されて準備完了です。 営業部の女性社員だけが絞り込まれました フィルタをオフにして表をもとに戻す 次の操作に移る前に、表をもとに戻す方法を説明します。 最も簡単な方法は、フィルタをオフにすることです。 ツールバーの[フィルタをオフにする]ボタンをクリックするか、[データ]の[フィルタをオフにする]を選択してください。 これで、フィルタがオフになって表がもとに戻ります。 ただし、並べ替えの場合はもとに戻らないので注意が必要です(並べ替えについては、後述します)。 なお、表をもとに戻すには、絞り込みの条件を絞り込む前の状態に戻す方法もあります。 フィルタをオンにしたままでもとに戻すときは、この方法でもとに戻してください。 データが絞り込まれた状態で、[データ]の[フィルタをオフにする]を選択します。 年齢の若い順番にデータが並べ替えられました なお、並べ替えの場合は、フィルタをオフにしても表はもとに戻りません。 このため、もとに戻したい場合は、もとの表に1、2、3……のような並べ替えの基準になる連番を振っておくことが必要です。 本記事の社員名簿であれば、「社員番号」がそれにあたります。 もともとの表は社員番号の若い順番に並んでいたので、表をもとに戻したいときは、「社員番号」で昇順で並べ替えればよいわけです。 所属部署ごとに社員を分類する 最後に、フィルタを使ってデータを分類する方法を説明します。 具体的には、「営業部」「開発部」「広報部」などの部署ごとにデータをまとめる処理です。 「所属部署」のフィルタアイコンをクリックしてメニューを表示します。 「営業部」「開発部」……と部署ごとにデータが分類されました 「分類」といっても、操作方法は並べ替えと同じです。 所属部署には「営業部」や「開発部」などの部署名が入力されていますから、そこを基準に並べ替えると、同じ部署のデータが集まって表示されるということです。 単純ですが、特定の種類のデータだけを集めて見たいとき便利な方法なので、ぜひ覚えておくとよいと思います。 結合したセルがあるとフィルタを利用できない? フィルタを使う際には、いくつかの注意点もあります。 1つは、前述したように、並べ替えたあとでフィルタをオフにしても、表がもとに戻らないことです。 対策としては、表に1、2、3……のような並べ替えの基準になる番号を振っておくことです。 もう1つは、表に結合したセルが含まれていると、次のように「フィルタを作成できない」というエラーメッセージが表示されることです。 このメッセージが表示されたら、表のどこかに結合されたセルがあるはずなので、それを解除してから、再度試してみてください。 表に結合されたセルが含まれている場合 なお、フィルタを利用するときは、フィルタを設定したい範囲を先に選択しておくこともできます。 以上がフィルタの基本操作と注意点です。 いろいろな条件でデータを絞り込んだり、並べ替えたり、分類したりできるので、データ量の多い表を分析したり、情報を素早く見つけたりしたいとき、ぜひ活用してみてください。 本記事で使った社員名簿のサンプルファイル なお、本記事で利用した社員名簿のサンプルを、以下に「閲覧可能」な状態で置いておきます。 編集はできませんが、ツールバーの[フィルタ表示]ボタンをクリックし、メニューの[新しい一時的なフィルタビューを作成]を選択すれば、絞り込みや並べ替えができますので、いろいろと試してみてください。

次の