アイリス 電気 圧力 鍋。 アイリスオーヤマの電気圧力鍋でレシピ本通りに色々作ってみたレポ

【レビュー】「 アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PC

アイリス 電気 圧力 鍋

詳しくは取り扱い説明書をご参照ください。 グリル鍋としても使える2WAYタイプ。 食卓やパーティーでお鍋もできる。 毎日の食卓で家族の夕食や、友人があつまってホームパーティーなど、圧力調理だけでなく、お鍋などの卓上調理も楽しめる。 コンパクトサイズだから持ち運びもらくらく。 火を使わないから安心安全。 時間を有効活用。 吹きこぼれや焦げ付きの心配もなく、火加減をみなくてもいい。 ボタンを押すだけで調理ができるから、お子様の面倒をみたり、読書やティータイムを楽しんだり、いろんな時間の有効活用ができる。 かんたん、 時短で、圧力調理。 SPEC 商品詳細• 2L 質量 3. 6kg.

次の

【レビュー】「 アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 PC

アイリス 電気 圧力 鍋

アイリスオーヤマの電気圧力鍋とは 電気で圧力調理ができるキッチン家電のことです。 関連記事 アイリスオーヤマ電気圧力鍋の特長 アイリスオーヤマの電気圧力鍋は、通常2〜3時間かかる豚の角煮も、電気圧力鍋で調理すると 半分の時間で調理可能です。 またアイリスオーヤマの電気圧力鍋は、卓上鍋として使えるので 「電気圧力鍋が使いこなせるか心配」という人も大丈夫。 安心して使えます。 他にも温度の設定、発酵料理などもできますので、おかずの温め直し、ヨーグルトなどの発酵食品、低温調理のローストビーフなど 料理の幅が広がります。 まとめ アイリスオーヤマ電気圧力鍋の違い アイリスオーヤマの電気圧力鍋は、KPC-MA2、PC-MA2と多少の違いはあるもののほとんど変わりません。 KPC-MA2の後継機がPC-MA2ということで、あとは デザイン性で選んでいいと思います。 またPC-MA2の方が、 2000円ほど安いので、この点も選ぶポイントになってきます。 KPC-MA2は人気商品ですので、現在は公式サイトでは 予約販売になっています。 アイリスオーヤマの電気圧力鍋は、とても使いやすくて 短時間で調理できるので魅力的です。 圧力調理で美味しさも引き出せて今人気のキッチン家電です。 この機会にアイリスオーヤマの電気圧力鍋を使って、さまざまな料理に挑戦してみてください。

次の

アイリスオーヤマの電気圧力鍋でレシピ本通りに色々作ってみたレポ

アイリス 電気 圧力 鍋

去年買った、シロカのものに次いで2個目の電気圧力鍋です! 昨年末「仕事が忙しくてずっと外食。 」という姉に同じものをプレゼントしたところ、贈ってから1か月以上経ったのに、いまだに使ったという報告がなくて。。 それじゃ、同じものを買ってゴリ押し啓蒙しよう、と思ったもので。 機種は本人の希望でこれになったのですが、シロカのものとは違う機能もあってなかなかよさそう。 じゃ~ん! さすがに炊飯器の居場所がなくなってしまった! 容量や高さは確かに小さいのだけれど幅的には持ち手の分だけ場所とりますよ。 上位機種にはお手入れモードとバーコードを読み取ってレシピサイトを表示させるっていう機能があるので、そういうものが必要な方は上位機種のほうがよいかな? なぜ白いほうを買ったかというと、どなたかのレビューで「いちいちダイヤルを回すのがめんどくさい」っていうのを見かけて「なるほどね。 」と私も思ったから それと色かな。 左隣のシロカも右隣のホームベーカリーも白だったから。 あ、この上位機種、私が買った白いのより安いわ ショック。。 この白いほうで私がちょっと不便だな、と思ったのは加圧、減圧の状態がボタンの点滅でしか確認できないことです。 この赤丸のところの点滅、点灯状態で判断するようになっています。 上位機種のほうが液晶画面に加圧、減圧の状態が表示されるのでわかりやすいかな、と。 というのも、私は時々強制減圧をやってしまうやつなので。。。 (画像はアイリスオーヤマさんより) シロカの蓋、内蓋が私のものはすでに使うたびに取れてしまうんですよね。 その点、アイリスオーヤマのものは別途内蓋がないのでそんな事態にはならないと思う。 付属のレシピ本はシロカのほうが可愛くまとめられていて、アイリスオーヤマのほうはお堅い教科書風。 私がよく作る、プリンのレシピで比べてみますと。。。 (左ページがシロカ、右ページがアイリスオーヤマのものです。 ) ちなみにシロカさんは圧力加圧1秒、アイリスオーヤマのほうは無水調理25分になっています。 この加圧1秒っていうのは野菜用の自動メニューなのですがゆで卵を作る時にめっちゃ役に立つの。 もう2度とお湯で卵をゆでる気にならない 私が「あっ!」と思ったのは、アイリスオーヤマのほうは白米の自動メニューボタンの設定が「排気」なんですよね。 つまり圧力調理ではないの??????? 実際に出来上がるまでの時間は1時間10分とかなり長いです。 今の時期、新米なので水は少し減らしたのですが「あれ?減らしすぎたかな?」と感じたくらい、固い炊きあがり。 対してシロカのほうは蓋をあけたときにベチャっとした見た目でそれもあんまり好きではないし。。 あらら、炊飯器をしまったのは早計だったか アイリスオーヤマのほうも圧力炊きはできるみたいなので次回はそれで炊いてみます。 まだアイリスオーヤマのほうは届いて数日しかたっていないので、作ったのはサバの味噌煮と豚の角煮だけなのですが、豚の角煮のほうは初めに加える水が多すぎるんじゃない?と思う~。 これはシロカのほうでも同じなのですが、水分が出るようなものは水分を調整して作る必要がありそう。 サバからはほとんど水分が出ないようで(だろうね)サバの味噌煮はなかなか濃厚な味でおいしかったです。 楽天ってまた今日からセールなんですね。 なんだかしじゅうセールしてる気がします。 買うほうはいいけれど、お店の人は大変だろうなぁ。。 シロカのもののほうがかかる圧力は高いけれど、アイリスオーヤマのほうには普通の圧力鍋の機能に加えて鍋モードや発酵モードがあったりするので、「で、どっちがいいの?」ときかれても答えられない 他にもいろいろなメーカーさんから電気圧力鍋が発売されているのでお好きなものを、という感じです。

次の