アウトルック アドレス 帳 移行。 【 初心者向け 】Windows Live Mailのアドレス帳をOutlook(アウトルック)に移行する方法(図解あり)

Outlook 2010 の連絡先をエクスポートする方法

アウトルック アドレス 帳 移行

まず、Excelの住所録を開き、 リストの範囲に名前を付けます。 リスト範囲を選択して、名前ボックスに任意の名前を付けて[Enter]キーを 2回押します。 これでが完了です。 ここでは、[住所一覧]という名前にしています。 Excelの住所録は、ファイルの種類から[Excel97-2003ブック]を選択して保存します。 新しい連絡先フォルダーの作成 Outlookを起動して、連絡先を表示します。 [連絡先]を選択して、[フォルダー]タブから[新しいフォルダー]をクリックします。 Excel住所録をインポートするための連絡先フォルダーを作成します。 [連絡先]を選択して[名前]のテキストボックスに任意の名前を付けます。 ここで[連絡先]を選択すると、そのサブフォルダーとして新しいフォルダーが作成されます。 ここでは、[社外]という名前にします。 フォルダーの確認 フォルダー一覧をクリックして、連絡先に新しいフォルダー[社外]が作成されたことを確認します。 フォルダーの階層を確認するには、[ フォルダー一覧]をクリックすると分かりやすいです。 [ファイルのインポート]から、[Microsoft Excel 97-2003]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。 インポートするファイルの指定 [参照]ボタンをクリックして、Excelの住所録を指定します。 [次へ]ボタンをクリックします。 インポート先フォルダーの指定 インポート先のフォルダーに準備したフォルダーを選択します。 [次へ]のボタンをクリックします。 フィールドの一致 先ほど、Excelで[名前の定義]をしたときの名前が表示されると思います。 [フィールドの一致]ボタンをクリックします。 インポート元からインポート先へ対応するフィールドをドラッグします。 [OK]ボタンをクリックします。 参考 フィールド名が同じであれば、自動的に関連付けされますので、あらかじめインポート元のExcelのフィールド名をOutlookのフィールド名に合わせて変更しておくと便利です。 フィールドの一覧は以下を参照してください。 [ファイルのインポート]へ戻りますので、[完了]ボタンをクリックします。 インポートが開始されます。 終了すると、下のようにExcelのデータがインポートされます。 Outlook2010の連絡先フィールド一覧 連絡先に登録したアドレスをしてみると分かるのですが、95個のフィールドがあります。 フィールドを一致させるときや、インポート前のフィールド名を確認する場合に活用してください。 1 肩書き 2 名 3 ミドルネーム 4 姓 5 敬称 6 会社名 7 部署 8 役職 9 番地会社 10 住所2会社 11 住所3会社 12 市町村会社 13 都道府県会社 14 郵便番号会社 15 国会社地域 16 番地自宅 17 住所2自宅 18 住所3自宅 19 市町村自宅 20 都道府県自宅 21 郵便番号自宅 22 国自宅地域 23 番地その他 24 住所2その他 25 住所3その他 26 市町村その他 27 都道府県その他 28 郵便番号その他 29 国その他地域 30 秘書の電話 31 会社FAX 32 会社電話 33 会社電話2 34 コールバック 35 自動車電話 36 会社代表電話 37 自宅FAX 38 自宅電話 39 自宅電話2 40 ISDN 41 携帯電話 42 その他のFAX 43 その他の電話 44 ポケットベル 45 通常の電話 46 無線電話 47 TTYTDD 48 テレックス 49 ID番号 50 Webページ 51 アカウント 52 イニシャル 53 インターネット空き時間情報 54 キーワード 55 その他住所私書箱 56 ディレクトリサーバー 57 プライベート 58 マネージャー 59 メモ 60 ユーザー1 61 ユーザー2 62 ユーザー3 63 ユーザー4 64 会社ID 65 会社住所私書箱 66 会社名フリガナ 67 記念日 68 経費情報 69 言語 70 参照事項 71 子供 72 支払い条件 73 事業所 74 自宅住所私書箱 75 趣味 76 場所 77 職業 78 姓フリガナ 79 性別 80 誕生日 81 電子メールアドレス 82 電子メールの種類 83 電子メール表示名 84 電子メール2アドレス 85 電子メール2の種類 86 電子メール2表示名 87 電子メール3アドレス 88 電子メール3の種類 89 電子メール3表示名 90 配偶者 91 秘書の氏名 92 秘密度 93 分類 94 名前フリガナ 95 優先度 参考Outlook2013では、Excel97-2003からのインポートがサポートされなくなっています。 できなくなっています。 Excelブックをカンマ区切りのCSVファイルに変換する必要があります。 Microsoftのページをリンクしておきます。 連絡先をファイルへエクスポートする方法は、以下の記事で解説しています。

次の

Excelの住所録をOutlookの連絡先にインポートする

アウトルック アドレス 帳 移行

まず、Excelの住所録を開き、 リストの範囲に名前を付けます。 リスト範囲を選択して、名前ボックスに任意の名前を付けて[Enter]キーを 2回押します。 これでが完了です。 ここでは、[住所一覧]という名前にしています。 Excelの住所録は、ファイルの種類から[Excel97-2003ブック]を選択して保存します。 新しい連絡先フォルダーの作成 Outlookを起動して、連絡先を表示します。 [連絡先]を選択して、[フォルダー]タブから[新しいフォルダー]をクリックします。 Excel住所録をインポートするための連絡先フォルダーを作成します。 [連絡先]を選択して[名前]のテキストボックスに任意の名前を付けます。 ここで[連絡先]を選択すると、そのサブフォルダーとして新しいフォルダーが作成されます。 ここでは、[社外]という名前にします。 フォルダーの確認 フォルダー一覧をクリックして、連絡先に新しいフォルダー[社外]が作成されたことを確認します。 フォルダーの階層を確認するには、[ フォルダー一覧]をクリックすると分かりやすいです。 [ファイルのインポート]から、[Microsoft Excel 97-2003]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。 インポートするファイルの指定 [参照]ボタンをクリックして、Excelの住所録を指定します。 [次へ]ボタンをクリックします。 インポート先フォルダーの指定 インポート先のフォルダーに準備したフォルダーを選択します。 [次へ]のボタンをクリックします。 フィールドの一致 先ほど、Excelで[名前の定義]をしたときの名前が表示されると思います。 [フィールドの一致]ボタンをクリックします。 インポート元からインポート先へ対応するフィールドをドラッグします。 [OK]ボタンをクリックします。 参考 フィールド名が同じであれば、自動的に関連付けされますので、あらかじめインポート元のExcelのフィールド名をOutlookのフィールド名に合わせて変更しておくと便利です。 フィールドの一覧は以下を参照してください。 [ファイルのインポート]へ戻りますので、[完了]ボタンをクリックします。 インポートが開始されます。 終了すると、下のようにExcelのデータがインポートされます。 Outlook2010の連絡先フィールド一覧 連絡先に登録したアドレスをしてみると分かるのですが、95個のフィールドがあります。 フィールドを一致させるときや、インポート前のフィールド名を確認する場合に活用してください。 1 肩書き 2 名 3 ミドルネーム 4 姓 5 敬称 6 会社名 7 部署 8 役職 9 番地会社 10 住所2会社 11 住所3会社 12 市町村会社 13 都道府県会社 14 郵便番号会社 15 国会社地域 16 番地自宅 17 住所2自宅 18 住所3自宅 19 市町村自宅 20 都道府県自宅 21 郵便番号自宅 22 国自宅地域 23 番地その他 24 住所2その他 25 住所3その他 26 市町村その他 27 都道府県その他 28 郵便番号その他 29 国その他地域 30 秘書の電話 31 会社FAX 32 会社電話 33 会社電話2 34 コールバック 35 自動車電話 36 会社代表電話 37 自宅FAX 38 自宅電話 39 自宅電話2 40 ISDN 41 携帯電話 42 その他のFAX 43 その他の電話 44 ポケットベル 45 通常の電話 46 無線電話 47 TTYTDD 48 テレックス 49 ID番号 50 Webページ 51 アカウント 52 イニシャル 53 インターネット空き時間情報 54 キーワード 55 その他住所私書箱 56 ディレクトリサーバー 57 プライベート 58 マネージャー 59 メモ 60 ユーザー1 61 ユーザー2 62 ユーザー3 63 ユーザー4 64 会社ID 65 会社住所私書箱 66 会社名フリガナ 67 記念日 68 経費情報 69 言語 70 参照事項 71 子供 72 支払い条件 73 事業所 74 自宅住所私書箱 75 趣味 76 場所 77 職業 78 姓フリガナ 79 性別 80 誕生日 81 電子メールアドレス 82 電子メールの種類 83 電子メール表示名 84 電子メール2アドレス 85 電子メール2の種類 86 電子メール2表示名 87 電子メール3アドレス 88 電子メール3の種類 89 電子メール3表示名 90 配偶者 91 秘書の氏名 92 秘密度 93 分類 94 名前フリガナ 95 優先度 参考Outlook2013では、Excel97-2003からのインポートがサポートされなくなっています。 できなくなっています。 Excelブックをカンマ区切りのCSVファイルに変換する必要があります。 Microsoftのページをリンクしておきます。 連絡先をファイルへエクスポートする方法は、以下の記事で解説しています。

次の

Windows Live メールからOutlookへ移行

アウトルック アドレス 帳 移行

まず、Excelの住所録を開き、 リストの範囲に名前を付けます。 リスト範囲を選択して、名前ボックスに任意の名前を付けて[Enter]キーを 2回押します。 これでが完了です。 ここでは、[住所一覧]という名前にしています。 Excelの住所録は、ファイルの種類から[Excel97-2003ブック]を選択して保存します。 新しい連絡先フォルダーの作成 Outlookを起動して、連絡先を表示します。 [連絡先]を選択して、[フォルダー]タブから[新しいフォルダー]をクリックします。 Excel住所録をインポートするための連絡先フォルダーを作成します。 [連絡先]を選択して[名前]のテキストボックスに任意の名前を付けます。 ここで[連絡先]を選択すると、そのサブフォルダーとして新しいフォルダーが作成されます。 ここでは、[社外]という名前にします。 フォルダーの確認 フォルダー一覧をクリックして、連絡先に新しいフォルダー[社外]が作成されたことを確認します。 フォルダーの階層を確認するには、[ フォルダー一覧]をクリックすると分かりやすいです。 [ファイルのインポート]から、[Microsoft Excel 97-2003]を選択して、[次へ]のボタンをクリックします。 インポートするファイルの指定 [参照]ボタンをクリックして、Excelの住所録を指定します。 [次へ]ボタンをクリックします。 インポート先フォルダーの指定 インポート先のフォルダーに準備したフォルダーを選択します。 [次へ]のボタンをクリックします。 フィールドの一致 先ほど、Excelで[名前の定義]をしたときの名前が表示されると思います。 [フィールドの一致]ボタンをクリックします。 インポート元からインポート先へ対応するフィールドをドラッグします。 [OK]ボタンをクリックします。 参考 フィールド名が同じであれば、自動的に関連付けされますので、あらかじめインポート元のExcelのフィールド名をOutlookのフィールド名に合わせて変更しておくと便利です。 フィールドの一覧は以下を参照してください。 [ファイルのインポート]へ戻りますので、[完了]ボタンをクリックします。 インポートが開始されます。 終了すると、下のようにExcelのデータがインポートされます。 Outlook2010の連絡先フィールド一覧 連絡先に登録したアドレスをしてみると分かるのですが、95個のフィールドがあります。 フィールドを一致させるときや、インポート前のフィールド名を確認する場合に活用してください。 1 肩書き 2 名 3 ミドルネーム 4 姓 5 敬称 6 会社名 7 部署 8 役職 9 番地会社 10 住所2会社 11 住所3会社 12 市町村会社 13 都道府県会社 14 郵便番号会社 15 国会社地域 16 番地自宅 17 住所2自宅 18 住所3自宅 19 市町村自宅 20 都道府県自宅 21 郵便番号自宅 22 国自宅地域 23 番地その他 24 住所2その他 25 住所3その他 26 市町村その他 27 都道府県その他 28 郵便番号その他 29 国その他地域 30 秘書の電話 31 会社FAX 32 会社電話 33 会社電話2 34 コールバック 35 自動車電話 36 会社代表電話 37 自宅FAX 38 自宅電話 39 自宅電話2 40 ISDN 41 携帯電話 42 その他のFAX 43 その他の電話 44 ポケットベル 45 通常の電話 46 無線電話 47 TTYTDD 48 テレックス 49 ID番号 50 Webページ 51 アカウント 52 イニシャル 53 インターネット空き時間情報 54 キーワード 55 その他住所私書箱 56 ディレクトリサーバー 57 プライベート 58 マネージャー 59 メモ 60 ユーザー1 61 ユーザー2 62 ユーザー3 63 ユーザー4 64 会社ID 65 会社住所私書箱 66 会社名フリガナ 67 記念日 68 経費情報 69 言語 70 参照事項 71 子供 72 支払い条件 73 事業所 74 自宅住所私書箱 75 趣味 76 場所 77 職業 78 姓フリガナ 79 性別 80 誕生日 81 電子メールアドレス 82 電子メールの種類 83 電子メール表示名 84 電子メール2アドレス 85 電子メール2の種類 86 電子メール2表示名 87 電子メール3アドレス 88 電子メール3の種類 89 電子メール3表示名 90 配偶者 91 秘書の氏名 92 秘密度 93 分類 94 名前フリガナ 95 優先度 参考Outlook2013では、Excel97-2003からのインポートがサポートされなくなっています。 できなくなっています。 Excelブックをカンマ区切りのCSVファイルに変換する必要があります。 Microsoftのページをリンクしておきます。 連絡先をファイルへエクスポートする方法は、以下の記事で解説しています。

次の