アルファベット 株価 時間 外。 米アルファベット、グーグル広告収入が安定化 時間外で株価上昇 執筆: Reuters

米アルファベット、グーグル広告収入が安定化 時間外で株価上昇

アルファベット 株価 時間 外

株の取引時間と取引時間外の株価変動について 株の東証での取引時間は、前場午前9:00〜午前11:30、後場午後0:30〜午後3:00なので、この時間内に取引されることにより株価が変動することは理解できます。 しかし、なぜ翌日の寄付きが前日の大引けと同じ価格ではないということがあるのが疑問です。 また、証券取引所が閉まっている夜間でも取引ができるPTSというシステムがあるらしいですが、証券取引所を介さずに証券会社のネットワーク上で取引が完結されることによって、取引時間外の株価変動に関わっているのか。 ということが疑問に思い質問しました。 要するに私は、どうして取引時間外に株価が変動するのかということが知りたいです。 >なぜ翌日の寄付きが前日の大引けと同じ価格ではないということがあるのが疑問です。 前日の終値~翌朝の始値の間は株価は全く動きません。 終値というのは午後3時(大引け)の株価のことで、翌朝は終値から始まるという意味では全くありません。 例えば、終値2. 000円の場合。 500円~2. 500円で動くよ、という意味。 制限値幅は株価によって違います。 18日(金)終値282. 0円(-22. 5円、-8. 0%) など。 PTS(夜間は19:00~23:59)というのは、SBI証券独自のサービス。 SBI証券内の現物のみの取引です。 参加者は少ない。 東証の翌日の始値には全く影響がない(というか、全く関係がない)。 という感じです。

次の

株式投資のリアルタイム時間外取引「PTS取引」とは?活用方法と注意点も解説

アルファベット 株価 時間 外

米アルファベット、第1四半期売上高が予想上回る コロナの影響も [28日 ロイター] - 米検索大手グーグルの持ち株会社アルファベット O: は28日、3月下旬に落ち込んだグーグルの広告収入が4月に安定化したと明らかにした。 新型コロナウイルス関連情報の検索に加え、買い物を目的としたグーグルの利用も幾分回復したという。 これを受け、同社株は引け後の時間外取引で8%急伸。 株価は1329.81ドルと年初の水準をほぼ回復した。 一部のアナリストは、新型コロナの感染拡大によりホテルや航空会社、映画スタジオなど主要広告主が広告費を削減していることから、今後数四半期に広告収入が最大20%減少すると予想していた。 しかしアルファベットは、検索向け広告事業の収入は3月下旬に前年と比べ10%台半ばの落ち込みを記録した後、4月には悪化していないとした。 ただ、ポラット最高財務責任者(CFO)は4月上旬のトレンドは持続しない可能性があるとし、「第2・四半期は厳しいだろう」と警告した。 アルファベットが同日発表した第1・四半期決算は、売上高がアナリスト予想を上回った。 新型コロナウイルス感染拡大の中、グーグル部門の広告が2桁の伸びを記録した。 アルファベット全体の売上高は前年比13%増の412億ドル。 リフィニティブのアナリスト予想平均(10.87%増の402億9000万ドル)を上回った。 アナリストは2015年第2・四半期(11.1%増)以来の低い伸びを予想していた。 利益は68億ドル(1株当たり9.87ドル)。 アナリスト予想平均の72億1000万ドル(同10.40ドル)は下回った。 グーグルの広告販売は約10%増の338億ドルに伸びた。 このうち約73%は検索事業、12%は動画配信サービス「ユーチューブ」が占めた。 アトランティック・エクイティーズのアナリスト、ジェームズ・コードウェル氏は、ユーチューブが予想外に伸び、新型コロナによるロックダウン(都市封鎖)で広告予算に影響があったものの、成長は加速したと述べた。 ユーチューブの売上高は33.5%増加し、前期と比べ伸びがやや加速した。 ただポラットCFOは、直ちに消費を喚起する可能性が低い広告の収入は3月下旬までに伸びが「1桁台後半」に鈍化し、4月も引き続き減速していると述べた。 ユーチューブの有料会員数は公表しなかった。 前期時点では2000万人だった。 クラウド事業の売上高は52%増の28億ドル。 総費用は約12%増の332億ドルだった。 過去数四半期の総費用は約20%増加していた。 ポラットCFOは第1・四半期の費用には新型コロナの影響で支払いができない顧客に関連し積み増した引当金が含まれると説明した。 同社の決算発表を受け、広告事業で競合するフェイスブック O: の株価も時間外で3%上昇。 マイクロソフト O: は1.2%、アップル O: は0.6%、アマゾン・ドット・コム O: は1.25%、それぞれ上昇した。 *内容を追加しました。 他のユーザーと交流したり、あなたの見通しを他の人と共有したり、筆者に質問するにはコメントを使うことをお勧めします。 我々みんなが高いレベルの議論を維持するために以下の事を心に留めてください。 会話を豊かにしようとする。 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。 日本語での コメントのみ許されています。 スパムや乱用の加害者は、サイトから削除され、Investing. comの裁量により今後の登録が禁じます。 保存したアイテムを参照してください。 保存したアイテムを参照してください。 All CFDs stocks, indexes, futures and Forex prices are not provided by exchanges but rather by market makers, and so prices may not be accurate and may differ from the actual market price, meaning prices are indicative and not appropriate for trading purposes. Please be fully informed regarding the risks and costs associated with trading the financial markets, it is one of the riskiest investment forms possible. 22,512. 55 -730. 05 -2. 39 -88. 48 -0. 20 -0. 52 -1. 45 -0. 25 -0. 72 -0. 53 -2. 38 -1. 62 -0. 13 -0. 09 -0. 75 -0. 05 -0. 23 -0. 07 -0. 51 0. 00 0. 5 -61. 5 -0. 0 0. 0 0. 仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。 また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。 金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。 Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。 またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。 その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。 Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。 Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。 すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。 Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある場合は英語版が優先されます。

次の

アルファベット、時間外で急落 2019/4/29

アルファベット 株価 時間 外

クラリオン<7201>• グーグルの持ち株会社アルファベット<GOOGL>が3日の時間外取引で、日中終値(1482.60ドル)に対して一時5%安と急落した。 動画共有サービス「ユーチューブ」事業は前年比31%増と好調だったものの、売上の大半を占めるグーグルの広告収入のうち、提携サイトでの売上を除いたグーグル本体の広告収入が前年比18%増と、前期の19%増よりも鈍化した。 一方、純利益は前年比19%増の106億7100万ドル、希薄化後の1株当たり利益(EPS)は15.35ドル(前年は12.77ドル)となり、EPSは市場予想の12.49ドルを大幅に上回った。 <関連銘柄> NASD投信、NYダウ投信、上場米国、 SPD500、NYダウ、NYダウブル、 NYダウベア 提供:モーニングスター社 モーニングスター株式会社(以下当社)が展開しているウェブサイト、スマートフォンアプリ、携帯サイト(当社が承認したうえでtwitterやfacebookなどのソーシャルメディアで配信・共有された情報も含みます)ならびにモーニングスターウェブサイトを介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。 【当サイトのご利用について】 当社がウェブサイト等で展開している投資信託、株式、ETFなどの比較検索、アナリストコラム、マーケットニュース、ポートフォリオ機能およびその他の情報などのコンテンツは、あくまでも投資判断の参考としての情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としてはいません。 また、当社が信頼できると判断したデータ(ライセンス提供を受ける情報提供者のものも含みます)により作成しましたが、その正確性、安全性等について保証するものではありません。 ご利用はお客様の判断と責任のもとに行って下さい。 利用者が当該情報などに基づいて被ったとされるいかなる損害についても、当社およびその情報提供者は責任を負いません。 【リンク先サイトのご利用について】 モーニングスターウェブサイトの各コンテンツからは外部のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。 リンク先のウェブサイトは当社が管理運営するものではありません。 その内容の信頼性などについて当社は責任を負いません。 【著作権等について】 著作権等の知的所有権その他一切の権利は当社ならびにMorningstar,inc. またはライセンス提供を行う情報提供者に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。 掲載しているウェブサイトのURLや情報は、利用者への予告なしに変更できるものとします。 ご利用の際は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせていただきます。

次の