空の青さを知る人よ 歌詞の意味。 あいみょん 空の青さを知る人よ 歌詞&動画視聴

9th Single「空の青さを知る人よ」|あいみょん OFFICIAL SITE

空の青さを知る人よ 歌詞の意味

第2位は2018年8月にリリースされた、あいみょん渾身の一曲「 マリーゴールド」。 紅白でもこの曲を演奏しましたし、「マリーゴールド」であいみょんを知ったという方も多いのではないでしょうか? あいみょん本人はこの時 「君はロックを聴かない」を超える曲を作りたかったそうで、いろいろな思いを詰め込んだ曲のようですよ。 一見するとラブラブな2人を描いた歌詞のようにも思えますが、実は切ない心情を歌っています。 懐かしくも、切ないあのころの恋を思い出させてくれる楽曲。 果たして2人の恋の結末はどうなってしまうのか…。 想像しながら歌詞もチェックして欲しい曲です。 関連: 第3位『ハルノヒ』 第4位は「 空の青さを知る人よ」です。 この曲は2019年10月11日に公開されたアニメ映画『空の青さを知る人よ』の主題歌として書き下ろされました。 映画のストーリに寄り添う内容になっていて、切なさと空の爽快感を同時に感じることができる楽曲。 この映画プロデューサーである川村元気さんは、映画の脚本を見て「あいみょんの声が聞こえたような気がした」そうで、それを監督に伝え、熱烈のオファーして決まったそうです。 さんからコメントを いただきました! 「作品に寄り添いつつも、自分らしさも出せたすごい素敵な一曲になっていると思いますので、ぜひ楽しみにしていただけたらと思います」 — 映画『空の青さを知る人よ』 soraaoproject 曲のラスト 「届け…. 」の部分に込められた思いと力強さに注目しながら何度も聞いて欲しい曲です!! 第5位「君はロックを聴かない」 第5位は「 君はロックを聴かない」です。 2017年の夏は、ラジオでも有線でも聴かない日は無かったです。 男の子のドキドキをBPMという、曲のスピードで表現しているところも聴きどころです。 そして聴き手の経験によっていろんな解釈ができるのも面白い部分ですね! 関連: 第6位は「 満月の夜なら」。 この曲は2018年4月25日にリリースされた4thシングルで、満月の夜に溶け合う2人の恋愛模様を表現したアッパーチューンとなっています。 大人の歌詞と、絶妙な比喩表現。 そして、アダルトな部分すらも美しく感じさせてしまう言葉のセンス。 歌詞についてもぜひ考察していただきたい曲です。 関連: 第7位『愛を伝えたいだとか』 第7位は「 愛を伝えたいだとか」です。 この曲は2017年9月に発売された2ndシングルで、 ブラックミュージックを感じさせる、ファンキーな裏打ちのビートが特徴。 ポジティブに自分を肯定したい気持ちとは裏腹に、心のそこにある女々しさが表現されている楽曲です! 「あいみょん」を知る上で、これも絶対に外せない楽曲ですね。 自分に自信のない男性の、恋愛へのもどかしさをと心の不安定さがうまく表現されています。 第8位『今夜このまま』 第9位は「 貴方解剖純愛歌~死ね~」 あなたかいぼうじゅんあいか です。 この曲は2015年5月にリリースされた あいみょん のインディースデビュー曲なのですが、かなりの問題作….. タイトルからしてやばいですが、ラジオ各局が放送を自粛してしまうほど 過激な歌詞が特徴です。 ただ、過激な歌詞なのに明るいギターサウンドとポップなメロで聴かせているので、全然重く感じません。 このちょっと引いちゃうようなヤバイ歌詞を、ポップに聴かせちゃうんだから流石です! 関連: 第10位『生きていたんだよな』 第10位は「 生きていたんだよな」です。 こちらの楽曲はあいみょんのメジャー1stシングルで、2017年9月に発売された楽曲。 テレビドラマ『吉祥寺だけが住みたい街ですか? 』の主題歌にも起用されました。 語りから始まるこの曲は、何気ない日常で起こり、そして流されていく人の「生と死」について歌った曲。 生きて、生きて、生きて、 生きて、生きて、 生きて、生きて、生きていたんだよな。 最後のさよならは他の誰でもなく 自分に叫んだんだろう。 そして、その決断をした 少女の気持ちを理解しようとする この歌詞は、心に強く響きます。 こちらの歌詞も、別のページで解説していますので、どうぞご覧ください。 こちらは映画「あした世界が終わるとしても」の挿入歌として書き下ろされた曲です。 人を好きになると、周りが見えなくなりますし、気持ちもいっぱいいっぱいになってしまう。 そんなもどかしい気持ちと、余裕がないくらい好きで愛しい気持ちが表現された楽曲です。 本当に切ない曲です。 ぜひ、歌詞にも注目して聴いてください。 第15位「プレゼント」 番外編は『ナウなヤングにバカウケするのは当たり前だのクラッ歌』です!! なんてタイトルの長い曲なんでしょうか! 笑 この曲はあいみょんのデビューミニアルバム『tamago』に収録されている楽曲。 バブル時代に流行った「死語」と呼ばれる おもしろい言葉がたくさん出てくる歌詞になっています! 懐かしくも、ある意味では新しい! あいみょんの違った一面が見れるとてもお勧めなナンバーです。 正直なところ、ここで紹介したもの以外にもオススメの曲は沢山あります! まだまだ紹介したい曲があるのですが、今回はランキングでしたので、ここまでとさせていただきます。 まだ、 あいみょんをよく知らないという方は、これをキッカケに いろいろ聴いてみてください。 以上、人気曲ランキングの紹介でした。

次の

『空の青さを知る人よ(空青)』のガンダーラと幽霊【感想考察】

空の青さを知る人よ 歌詞の意味

スポンサーリンク どのような映画? アニメ監督の長井龍雪は、2013年に社会現象化された「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 」にて評価を確立。 その後も「心が叫びたがってるんだ。 」を2015年に発表。 そして2019年の秋「あの花」「ここさけ」を一緒につくってきた脚本家の岡田麿里、キャラクターデザインと総作画監督の田中将賀と再度タッグを組みました。 それが「空の青さを知る人よ」なのです。 主題歌は、あいみょんがこの作品のために書き下ろしたもの。 切ないだけではなく、不思議な感覚にもさせてくれる作品になっているのです。 あらすじ 山に囲まれた町に住んでいる、17歳の高校2年生の相生あおい。 進路を決める時期ではあるのですが、受験勉強をせずに時間があればベースを弾いています。 このような姿を見て心配をしているのが、姉のあかね。 二人は13年前に両親を失っています。 あかねは恋人と東京に行く予定でしたが、それを諦めて地元で就職をしました。 そして、あおいの親代わりとなって姉妹二人きりで暮らしてきたのです。 あおいは自分のために、色々なことを諦めてきた姉に対して負い目を感じていました。 そんなある日、町で開催される音楽祭のゲストに新渡戸団吉が決定。 大物歌手でもあるため、注目されることに。 このバックミュージシャンとして、登場するのが金室慎之介。 この人はあかねの以前の恋人でした。 そして、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた人でもあります。 密に憧れの気持ちを持っていたのです。 高校を卒業した後、ずっと音信不通になっていたのですがついに帰ってくることに。 あおいの前に突然現れた、しんの。 高校時代の姿のままで、過去から時間を越えてきた18歳の金室慎之介。 予想もしていなかった再会で、憧れが恋へと変わっていくのです。 そして13年ぶりに再会をした、あかねと慎之介。 過去と現在はどのようにつながっていくのでしょうか。 分かりやすいラブストーリーというわけではなく、もっと深みのある内容が魅力的な映画です。 大人も涙するアニメ映画 アニメ映画といえば、大人が観るものではないと思う人もいるかもしれません。 でも実際にはそんなことはないのです。 アニメの世界だからこそ、表現できるものもあるでしょう。 できれば劇場にて観るようにして、この世界を心の中に取り入れるようにしたいですね。 自分自身の初恋と重なる…。 そんな瞬間があるかもしれません。 公式サイト:.

次の

「空の青さを知る人よ」のあらすじと魅力について

空の青さを知る人よ 歌詞の意味

「空の青さを知る人よ」は、 全く同じタイトルののです。 とのタイトルが同名って、日本のでは結構珍しいことではないでしょうか? 歌詞と映画の内容が深くリンクしていることを予感させますね。 売れないミュージシャンの 慎之介と彼の元恋人である あかね、そして彼女の妹の あおいを中心にした物語です。 慎之介が姉妹の住む故郷に帰ってくる丁度その頃、 13年前の慎之介 (しんの)が現れるという不思議なお話。 二人の慎之介とあかねとあおいの 四角関係は、ファンタジーのようでもありリアルもののようでもあります。 そこに全く同じタイトルのがどう世界観を彩るのか、非常に興味深いポイントです。 映画も一緒に観ておくと、より歌詞の奥深さが分かるかもしれませんね。 ここでは映画を知らなくても問題のない考察をしていきますので、安心してください。 いざ恋をしてみると 幼い頃、当時の主人公は 大人の世界があまり好きではなかったようです。 大人の世界を代表するのが「ホラー映画」と「キャラメル味のキス」なのでしょう。 ドキドキハラハラな恐怖の物語や、 甘いのにどこかほろ苦い恋愛。 もちろんこれは周りの大人やメディアや創作物による、その子供の勝手なイメージに過ぎません。 ですが、子供の頃はこの主人公のようにこれらから大人の世界を想像しませんでしたか? その世界を好きになれればともかく、主人公はそうではありませんでした。 幼い主人公にとっては、まったく良さが分からなかったようです。 確かに、子供心では怖いのも苦いのも嫌でしょうね。 しかし大きくなった今、主人公は抵抗を感じていた筈の恋をしています。 相手を好きになる自分に恐怖を感じながら、その甘苦さに夢中になる。 昔は好きになれなかった大人の世界に どっぷりとハマっているのです。 時間がそうさせたのか、それとも好きな人との出会いがそうさせたのか。 主人公は自分の変化を不思議がっています。 恋のパワー 好きな人に夢中になっている間に、思わぬ 落とし穴が。 恋愛すると、 周りが見えなくなってしまうのでしょうね。 好きな人が自分のそばから離れていった時の心情を表しているのかもしれません。 または、恋愛に夢中になるあまり自分の人生が大変なことになってしまったのでしょうか。 まるで目の前が真っ暗になる心地でしょう。 真っ暗なら、大抵怖くて足がすくむはずです。 好きな人が自分のもとに戻ってくれるかは定かではありません。 絶体絶命の危機から這い上がれるとも限らないでしょう。 それなのに走り出せてしまうのは、 好きな人の存在があるからです。 好きな人がいれば、どんな困難でも乗り越えるパワーがみなぎってきます。 蘇らせたいあの頃の思い出.

次の