きめ つの 刃 イラスト。 『鬼滅の刃』累(るい)のイラスト&声優・内山昴輝の公式コメントが到着!【画像】 │ anichoice

《鬼滅の刃》胡蝶しのぶはかっこいい!漫画やアニメのシーン・イラストを勝手に厳選

きめ つの 刃 イラスト

すると、すぐさま切り替え鬼を圧倒し蟲の呼吸で毒を流し込み勝利。 普段ののほほーんした優しい雰囲気のしのぶから、仲良くする気のないと分かった鬼に対して一気に刃を貫き、相手を苦しめる。 とてもカッコいいと思ったシーン。 那田蜘蛛山にて累の姉を毒殺し、その後刀を振りながら、ヒュンヒュン振りながら決私もあんなことしてみたい、とおもわされました。 とんでもない内容を、笑顔で鬼にいいながらも、きちんと亡くなった人が報われるように成敗するところ。 さらっとかわいい顔をして、毒を使える唯一の鬼なんですというところ。 しかし相手はあまりそのことを覚えていない様子。 その時今までニコニコと感情を押し殺していたしのぶから怒りが溢れ出ました。 初めて見せた素の表情と言ってもいいしのぶらしい一面にかっこいいと思いました。 上弦の弐の童麿と初めて会うシーンです。 しのぶの姉を殺した憎き鬼を初めて目の前にして怒るシーンです。 いつものおしとやかに微笑むしのぶとは違い見たこともない表情で怒りを表してるところ。 「つらいも何もあるものか。 私の姉を殺したのはお前だな?この羽織に見覚えはないか」と言うセリフがとてもかっこよくて印象的なシーンです。 姉から最期に伝えられた童磨の特徴と、雰囲気から姉を殺した鬼だと悟り、普段の優しいしのぶからは想像もできないような怒り狂った様子に変化し、ながらも姉のことを思いながら、体を切り刻まれ、肺に血が入り、圧倒されながらも、1人で立ち向かうしのぶがとてもカッコいい。 また、自身の体に毒を巡らせ、童磨にわざと自分自身を吸収させる。 そして倒す。 自分をも犠牲にしてまで、仲間、後輩、カナヲのために勝利にこだわるしのぶはとてもカッコ良い。 肺に血が入り満身創痍のしのぶの前に、姉であるカナエの幻影が現れます。 厳しくも泣きながら頑張れとカナエに励まされ立ち上がります。 そして童磨を滅する為、蟲の呼吸 蜈蚣ノ舞 百足蛇腹を打ち込みます。 技の描写もカッコいいですが、仇敵を滅する為決死の思いで立ち上がり技を放つ姿がカッコいいと思いました。 戦闘シーンでかっこいいシーンは沢山ありますが、この言葉は伏線となって後々継子であるカナヲが上弦の二と戦う最終局面に初めて意味が分かります。 ただの捨て台詞ではない所がグッときてかっこいいです。 ミステリアスな彼女の生き様そのものだと思います。 しかし、姉の仇である童磨に対しては毒が分解されてしまい破れてしまう。 残るカナヲと伊之助はどうなるのかハラハラする展開の中、突然起きた童磨の異変としのぶのしたり顔で一気に起死回生の雰囲気が盛り立てられる熱いシーンだと感じた。 自分の覚悟をカナヲに告げているその顔がすごく淡々としているのに青い炎が燃えているような瞳でグッときた。 自分は食われなければならないなんて本来なら涙混じりでもおかしくないのにカナヲが鈍らないために淡々と話す姿に惹かれました このシーンは戦いの場面ではありません。 継子であるカナオに自らが上弦の二の鬼を倒す最終手段として自分の身体の中に蓄え続けた藤の毒を致死量喰らわせることで、鬼を死へ導くことを語ります。 それは当然自殺行為、自らの身体をつかいオトリとなる行為です。 ですが、同時にほぼ確実に鬼に気が付かれることなく身体の中から鬼を蝕むことが出来ます。 其れを話すしのぶは謂わば「自らの最後の瞬間」となる遺書と同義のものをカナヲに語っていることになります。 ですがその表情はまったく恐れに震えることはありません。 ただ鬼を倒す強い意思を宿し、柱として自らの死に向かいあっています。 20歳にも満たない、また少女の域であるシノブの魂の強さがとても格好良いと思うシーンです。 目的を達成したことによる笑顔の罵声はかわいいを通り越してカッコイイなとおもいました。

次の

《鬼滅の刃》胡蝶しのぶはかっこいい!漫画やアニメのシーン・イラストを勝手に厳選

きめ つの 刃 イラスト

すると、すぐさま切り替え鬼を圧倒し蟲の呼吸で毒を流し込み勝利。 普段ののほほーんした優しい雰囲気のしのぶから、仲良くする気のないと分かった鬼に対して一気に刃を貫き、相手を苦しめる。 とてもカッコいいと思ったシーン。 那田蜘蛛山にて累の姉を毒殺し、その後刀を振りながら、ヒュンヒュン振りながら決私もあんなことしてみたい、とおもわされました。 とんでもない内容を、笑顔で鬼にいいながらも、きちんと亡くなった人が報われるように成敗するところ。 さらっとかわいい顔をして、毒を使える唯一の鬼なんですというところ。 しかし相手はあまりそのことを覚えていない様子。 その時今までニコニコと感情を押し殺していたしのぶから怒りが溢れ出ました。 初めて見せた素の表情と言ってもいいしのぶらしい一面にかっこいいと思いました。 上弦の弐の童麿と初めて会うシーンです。 しのぶの姉を殺した憎き鬼を初めて目の前にして怒るシーンです。 いつものおしとやかに微笑むしのぶとは違い見たこともない表情で怒りを表してるところ。 「つらいも何もあるものか。 私の姉を殺したのはお前だな?この羽織に見覚えはないか」と言うセリフがとてもかっこよくて印象的なシーンです。 姉から最期に伝えられた童磨の特徴と、雰囲気から姉を殺した鬼だと悟り、普段の優しいしのぶからは想像もできないような怒り狂った様子に変化し、ながらも姉のことを思いながら、体を切り刻まれ、肺に血が入り、圧倒されながらも、1人で立ち向かうしのぶがとてもカッコいい。 また、自身の体に毒を巡らせ、童磨にわざと自分自身を吸収させる。 そして倒す。 自分をも犠牲にしてまで、仲間、後輩、カナヲのために勝利にこだわるしのぶはとてもカッコ良い。 肺に血が入り満身創痍のしのぶの前に、姉であるカナエの幻影が現れます。 厳しくも泣きながら頑張れとカナエに励まされ立ち上がります。 そして童磨を滅する為、蟲の呼吸 蜈蚣ノ舞 百足蛇腹を打ち込みます。 技の描写もカッコいいですが、仇敵を滅する為決死の思いで立ち上がり技を放つ姿がカッコいいと思いました。 戦闘シーンでかっこいいシーンは沢山ありますが、この言葉は伏線となって後々継子であるカナヲが上弦の二と戦う最終局面に初めて意味が分かります。 ただの捨て台詞ではない所がグッときてかっこいいです。 ミステリアスな彼女の生き様そのものだと思います。 しかし、姉の仇である童磨に対しては毒が分解されてしまい破れてしまう。 残るカナヲと伊之助はどうなるのかハラハラする展開の中、突然起きた童磨の異変としのぶのしたり顔で一気に起死回生の雰囲気が盛り立てられる熱いシーンだと感じた。 自分の覚悟をカナヲに告げているその顔がすごく淡々としているのに青い炎が燃えているような瞳でグッときた。 自分は食われなければならないなんて本来なら涙混じりでもおかしくないのにカナヲが鈍らないために淡々と話す姿に惹かれました このシーンは戦いの場面ではありません。 継子であるカナオに自らが上弦の二の鬼を倒す最終手段として自分の身体の中に蓄え続けた藤の毒を致死量喰らわせることで、鬼を死へ導くことを語ります。 それは当然自殺行為、自らの身体をつかいオトリとなる行為です。 ですが、同時にほぼ確実に鬼に気が付かれることなく身体の中から鬼を蝕むことが出来ます。 其れを話すしのぶは謂わば「自らの最後の瞬間」となる遺書と同義のものをカナヲに語っていることになります。 ですがその表情はまったく恐れに震えることはありません。 ただ鬼を倒す強い意思を宿し、柱として自らの死に向かいあっています。 20歳にも満たない、また少女の域であるシノブの魂の強さがとても格好良いと思うシーンです。 目的を達成したことによる笑顔の罵声はかわいいを通り越してカッコイイなとおもいました。

次の

《鬼滅の刃》善逸がかわいい!シーンやイラスト・ミニキャラまで大紹介

きめ つの 刃 イラスト

炭治郎が任務に向かっている途中、女の子と揉めている善逸に出会います。 善逸は具合が悪くなっているのではないかと心配してくれた女の子が自分のことを好きだから声をかけてくれたんだと勘違いして求婚していたのです。 炭治郎に引き離され、女の子には往復ビンタ、踏んだり蹴ったりですがさらに炭治郎には最終選別で会ったことを忘れられていました。 そこでの掛け合いが全力で善逸が叫んでいて必死なのが可愛かったです。 引用:鬼滅の刃15巻 このシーンは15巻の128話に収録 このシーン以前では禰豆子は話すことはおろか太陽の下で過ごすこともできず、日中は箱の中に黙って入ったままでした。 そんな中でも善逸は、返事の返ってこない箱のそばに座り、禰豆子に話しかけ続けていました。 まずこの行動が健気で可愛い善逸ですが、このシーンでは、禰豆子の人間化が進んだので禰豆子は太陽の下で話す、ということが可能になります。 その姿を見た善逸は大興奮。 あろうことか禰豆子にプロポーズまでする始末。 その後禰豆子に名前を伊之助と間違えられ、伊之助に殺意を抱くところまでも含めて、喜怒哀楽がコロコロ変わる善逸の可愛さが感じられました。 このシーンは禰豆子が日の光を克服し、人の言葉を取り戻した後に善逸と初めて言葉を交わすシーンです。 善逸は禰豆子が鬼でありながら、ほぼ最初から彼女の事を人間の一人の女の子として接し続けています。 きっとそれ程に禰豆子のことが大好きなのだな、と感じるシーンも沢山ありました。 その禰豆子が初めて日の光の下で、自分に向けて言葉を発してくれたことが余程嬉しかったのか、とても興奮しどんどん話しかけに言ってしまう彼は一人の男の子としてとてもかわいいと思いました。

次の