ゴールデン クロス 韓国 ドラマ。 韓国ドラマ ゴールデンクロス キャスト 相関図

人気韓国ドラマ「梨泰院クラス」ドロドロの復讐劇の中のキュンキュンとは?

ゴールデン クロス 韓国 ドラマ

韓国ドラマ ゴールデンクロス 相関図キャスト紹介 ここでは、韓国ドラマ ゴールデンクロス をより楽しむために、相関図とキャストの紹介をしていきます。 結構、複雑な人間関係ですので、相関図を確認しながらキャストを見ていってくださいね。 それでは、相関図から見てください。 3浪して名門法科大学に進学し、苦労して司法試験にも合格した。 しかし、父の妹殺しの罪で逮捕されたため、検事職が保留にされてしまう。 ハンミン銀国経営戦略TFチーム長・ドユンの父親 エリート揃いの銀行の中で、商業高校出身にもかかわらず、会計専門家と言われるほど真面目で馬鹿正直。 お人好しで損ばかりしているが、ある日、彼が毎日触れている書類の数字を何個か偽造してくれたら、昇進はもちろん、巨額なお金をあげるという取引を上層部から持ち掛けられる。 ドユンの母親 夫を支えて、家計を助けようと孤軍奮闘するアザミのような生命力を持っている心深い女。 詐欺前科3犯を持つ義理の弟に、へそくりを巻き上げられるような失敗もするが、優しい夫が作ってくれる酔い覚ましスープ1杯で何事もなかったように忘れる女性。 詐欺前科3犯のニート、ドユンの叔父 生れついての詐欺師、一生他人のお金で細かく長く、せいぜい達者で暮らすことが人生の目標。 幼い頃に両親を亡くし、自分より14歳年上の兄ジュウァンを両親のように頼りながら育つ。 お人好しの兄を、何不自由なく贅沢にさせるために人生の一発逆転を狙っている。 強力系刑事 様々なビタミン剤と栄養剤のサプリを常に口にしている。 チンピラであろうが同僚であろうが下ネタを冗談で笑いながら兄弟のように話すフレンドリーな性格。 パク・ヒソが依頼する「違法的な」事を処理する代償として子供たちは贅沢な生活をしているが、一つの事件に巻き込まれ人生の伏兵に出会う。 テコンドー館長、ドユンの友人 ドユンと共に小学生の時からテコンドーの国家代表が夢だったが、不正な判定により選抜戦で落選した過去をもつ。 父親の道場を引き継いで、子供たちを教えている。 パソコン屋の従業員。 工業高校を卒業しパソコン屋で働いてきたが、思わぬ交通事故でソウル拘置所に収監され、カン・ジュウァンと出会い、ドユンに決定的な証言をする。 検事 経済界で力をもちながら、清廉潔白な父親を尊敬している。 名門の家系で育ち、正義感がある。 生身の人間とぶつかりたいという理由から検事になる。 法律事務所「シンミョン」顧問、イレの外祖父 国務総理、最高裁判官、与党総裁などを排出した韓国最高の名門家出身で、経済副総理を2回も歴任した元経済官僚。 公職生活を引退した後、法律事務所の非常勤顧問として静かに年を取っていくが、目に入れても痛くない娘の婿に深い疑いを抱いている。 イレの母親 人柄が優れていると言われている父親ジェガプの下で、最後は自殺した母親に対する深いトラウマがある。 父親を憎みながらも父親が理想としている男性を夫に選択、しかし、夫は父親よりひどかった。 検察庁捜査官 緻密で几帳面に仕事を処理し、強力部だけではなく特捜部でも欲しがられているベテラン女子捜査官。 イレとは単純な職場の同僚ではなく、心を開いて話をする姉妹のような仲。 PAX KOREA社 代表 ハンサムな外見とマナー、気の利いた話術で多くの女性をドキドキさせるが「人食いサメ」と呼ばれるほど、お金を稼ぐことに残忍極まりないファンドマネージャーである。 ハンミン銀行次長 IMF経済危機 韓国通貨危機 の時、退出させられた銀行にてハンミン銀国の行員として雇用された。 病弱な双子と療養所にいる老母を支えていかないといけない長男。 支えていた上司のカン・ジュウァンチーム長の不幸を見守りながら、1日も心が楽な日のない罪悪感で苦しめられている。 インターネット新聞「チャントルニュース」記者 言葉で言えば記者だが、一見するとホームレスのような経済力のない男。 一度夢中になってしまった事なら、自ら精根が尽き果てるまでしつこく粘り強い根性記者。 ある日、1通の情報提供をもらって運命をも変えてしまう事件に巻き込まれることになる。 クラブ・ゴールデンクロス代表 韓国のインナーサークルが集まるクラブ・ゴールデンクロスで起きている事は、聞けたとしても聞かず、見えたとしても見ない、慎重な女性。 大統領まで牛耳るというキム・ジェガプの忠実な愛人。 経済企画部金融政策局長、イレの父親 昼夜を問わず、どうすれば国民が何一つ不自由なく生きていける世の中を作れるのか悩んでいる。 それが、経済官僚の責務だと信じている。 初めて会った日から自分の性生活の自由を認めてほしいと宣言した妻と、権力のために結婚した。 シンミョンパートナー弁護士 ソ・ドンハと京畿高校、ソウル大学の同期でソ・ドンハが唯一心を開く友人。 この時代の最高の弁護士、勝利のためには違法も問わないネクタイを締めた冷たい蛇のような人。 ハンミン銀行長 行試に合格した後、財務部事務官の時期からキム・ジェガプに仕えた。 上司の腹の内を驚くほどキャッチする能力を、愛国心だと信じている公職者。 ハンミン銀行常務 商業高校出身で、ハンミン銀行行員から常務まで掻け登った。 行員たちの間では、チュ・ミンホではなく、忍術が得意な「九尾のキツネ」と呼ばれている。 視聴者の感想は? ゴールデンクロス面白かったわー!久々にストーリーで引き込まれる韓国ドラマ見たわ。 「私の心が聞こえる?」に「ゴールデンクロス」。 緩急七変化のような役者さんですね。 と言うか、韓国の役者さんは皆さんそうですが。 イ・シヨンちゃんがきりっとした難しい役で見事です。 どうせなら 『無料でみたい』という方も少なくないはず。 では、『ゴールデンクロス』のような韓国ドラマの動画を日本語字幕で無料視聴するには… 韓国ドラマならほぼ何でも揃っているいう動画配信サービスの利用をおすすめします! U-NEXTでは『ゴールデンクロス』以外にも人気となった• 太陽の末裔• 恋はチーズインザトラップ• 私はチャンボリ• オーマイビーナス• 麗〈レイ〉〜花萌ゆる8人の皇子たち〜• 31日間もあれば、韓国ドラマを 完全無料で一気見することもできますね。 私も無料期間中に登録して、31日以内に解約したのですが お金は一切かかりませんでした。 韓国ドラマ以外にも国内ドラマや海外ドラマ、雑誌やアニメなど全部見放題でしたよ! ただ、31日間の無料トライアル期間が いつ終わってしまうのかは私にもわからないので、この機会に無料登録することをおすすめします。 最近無料で見れる動画サイトを良く目にしますが、完全に 違法です。 Dallymotion(デイリーモーション)• miomio• Pandora(パンドラ) といった名前を聞いたことがあるかもしれません。 これらのサイトは動画が無料でダウンロードできるのですが、こういったサイトの動画は著作権違反で違法動画です。 このような違法サイトから動画をダウンロードして 動画を見ること自体も犯罪になってしまいます。 しかも、あなたのパソコン(ローカル上)にダウンロードした動画を保存しておくことも非常に危険であり、ウィルスが感染する可能性があるのです。 その違法サイトはもちろんのこと、違法動画を見る方にも責任を問われることがあるので、 安全で安心な方法で視聴することをおすすめします!!.

次の

ゴールデンクロスの動画を無料視聴(日本語字幕)する方法。【韓国ドラマを1話から最終回まで見るにはU

ゴールデン クロス 韓国 ドラマ

【キム・ジェガプ役】イ・ホジェ 【キム・セリョン役】イ・アヒョン 本作は『メリは外泊中!』のホン・ソックさんと、『天命』『童顔美女』のイ・ジンソさんが演出し、『グリーンローズ』のユ・ヒョンミさんが脚本を手掛けた作品です。 主演は、映画『食客』や渡部篤郎主演の邦画『外事警察その男に騙されるな』、ドラマ『グッバイミスターブラック』『契約主夫殿オ・ジャクトゥ』などに出演するキム・ガンウさん。 キャスティングの段階では、さんやさんへのオファーもあったそうです。 ヒロイン役のイ・シヨンさんは、ドラマ『乱暴〈ワイルド〉なロマンス』や『番人』などで知られる一方で、ボクサーという顔も持つ異色の女優さんです。 金のためなら何でもするファンドマネージャー役には、作品によって様々な役柄を演じ分けるオム・ギジュンさん。 『ファントム』『君の声が聞こえる』『被告人』など数多くのドラマに出演する他、ミュージカルにも多数出演しています。 クラブ「ゴールデンクロス」のオーナー役には、モデル出身で女優としてもドラマ『フルハウス』『シンデレラマン』などに出演するハン・ウンジョンさん。 2018年の12月からはハン・ダガムと改名し活動しています。 数多くの時代劇や、現代劇での強烈な悪役で知られるチョン・ボソクさんは、主人公の因縁の相手として登場します。 ヒロインの父親でもあり、本作のキーマンの1人となります。 その他にも名脇役のキム・ギュチョルさん、チョン・エリさん、チョ・ヒボンさん、イ・ホジェさん、イ・アヒョンさん、パク・ウォンサンさんなど演技派の俳優さんが多く出演しています。 さらに、ドラマ『推理の女王』や『この恋は初めてだから』などで近年人気のパク・ビョンウンさん、『ピノキオ』『君を愛した時間』などのイ・ジュスンさんにも注目! 本作のOSTについては発売情報もなく、詳細は不明です。 スポンサーリンク ゴールデンクロス【韓国ドラマ】 あらすじ ハンミン銀行の戦略企画チーム長のカン・ジュワン(イデヨン)は、お人好しな性格のせいでいつも損な役回りばかり。 ある日、上司から持ちかけられた文書偽造を断りクビになってしまいました。 さらには彼の娘が悲惨な死を遂げ、なんとその犯人に仕立てあげられ警察に捕まってしまうのです。 ジュワンの息子ドユン(キムガンウ)は苦労の末検事になることが決まっていましたが、この事件のせいで保留にされてしまいます。 しかも、刑務所の中でジュワンが殺されてしまい・・・。 家族を殺した巨悪の存在を知ったドユンは、復習を誓い秘密結社「ゴールデンクロス」に接近するのでした。 スポンサーリンク ゴールデンクロス【韓国ドラマ】 みどころ 本作は韓国のサスペンスドラマではお馴染みの題材である復讐劇です。 しかし、普通の復讐劇とはちょっと違っていて、主人公と敵対するのは警察権力や政治家、財閥というものではなく、それら権力者たちの集まった秘密組織というもの。 金も権力も情報も操る組織に対して、主人公をはじめとした弁護士や検事たちが立ち向かって行くことになるのですが、相手は一筋縄ではいかない曲者ばかりですし、ヒロインに至っては父親と敵対することになるんです。 ハラハラドキドキの展開がスピーディーに進みますし、復讐のドラマだけでなく家族愛や人間ドラマなども描かれていて、心温まる展開も用意されています。 敵が1人ではなく組織ということもありキャラクターのバリエーションも豊富ですし、現実的でない設定ゆえにエンターテイメント性も高くなっているのが特徴です。 そして、そんなキャラクターたちを演じるのは様々な演技派俳優さんたちで、復讐のためイレを利用するドユン、ドユンの復讐相手を知らずに彼を愛してしまうイレ、ドユンの復讐の手助けをするサラ、イレに片思いするマイケル・チャンという恋愛感情と復讐の執念が入り交じった複雑な四角関係にも注目です! スポンサーリンク ゴールデンクロス【韓国ドラマ】 感想と評価・評判 韓国の復讐ドラマというと、実際に社会の不平や不満に沿ったものが多く、それゆえ財閥の不正や警察や政治家の不正などが描かれることが多かったのですが、本作も実際にあった事件をモチーフにしたものなんだとか。 「え?秘密結社の存在が明るみになったの!?」と驚きますが、どこまでが本当でどこからが創作なのかは分かりません。 そんな本作の感想としては、スピード感があり見やすい作品だとは思いますが、仰々しい組織名付けた割には小悪党キャラばかりだったり、組織としての結束や存在意義が希薄だったりと、どう見ても韓国を牛耳ってるようには思えないんですよね。 ドラマの最初の方はかなり刺激的な作風が展開されていて、正直者引いてしまうシーンもあったのですが、この辺をやけにリアルに流してしまうところはテレビドラマとしては賛否のあるところで、刃物などにはモザイクを入れるのにそれよりも強烈なシーンはオッケーというのはよく分かりません。 韓国を牛耳る組織だけに、そういったシーンがあるのは仕方ないとは思いますが、そんな組織に所属しながら衝動的に殺人を犯してしまったり、それでオロオロしたりと大物感がないんです。 本当の秘密結社のメンバーなら直接表に出るようなことはしないでしょうし、もっとスマートに片付けそうなもの。 そんな人達がいるのでは秘密結社ゴールデンクロス自体に巨大組織感を感じろという方が難しいというもの。 本作は気軽に見れるサスペンスとしてはいいのかもしれませんが、事件の規模も思った以上に小さく緊張感も最後まで持続しませんし、細かいとこまで気を配った本格的なものが見たい人からすれば設定に難があるとしか言いようがありません。 復讐エンターテイメントに特化するのか、リアリティー溢れる骨太のサスペンスにするのかハッキリさせて欲しかったですね! まとめ:ドラマ展開はテンポ良く、キャラクター単体では面白味があったと思うのですが、秘密結社のメンバーという割には小悪党感溢れる人物が多く、ゴールデンクロスという組織から真の権力者たちという雰囲気は伝わって来ませんでした。 最後に これまでに世界中に存在した、現存する秘密結社 そもそも秘密なので本当のところは不明ですが は、単にお金持ちや大物政治家が所属しているというのではなく、表舞台では知られていないが組織のメンバーであったり、本当の権力者は殆どの人から存在自体を隠しているものであって、本作のように表舞台で目立つ存在がメンバーなこと自体おかしいんです。 このドラマは「秘密結社ゴールデンクロス」という名前の引きで、普通のサスペンスドラマや復讐劇とは別物だとしたかったんでしょうが、肝心の組織がどうにも風格がなく、ただの悪人たちの寄り合いという感じしかしませんでした。 単に一人ずつだと影響を与えられる範囲が狭いから、色んな人が集まってり巨大に見せようとしたに過ぎないんじゃないかと思いましたね。 これなら、困ったら時に電話一本入れて解決したほうが目立たなかったんじゃないですかね?.

次の

韓国ドラマゴールデンクロスあらすじ・キャスト・相関図

ゴールデン クロス 韓国 ドラマ

【キム・ジェガプ役】イ・ホジェ 【キム・セリョン役】イ・アヒョン 本作は『メリは外泊中!』のホン・ソックさんと、『天命』『童顔美女』のイ・ジンソさんが演出し、『グリーンローズ』のユ・ヒョンミさんが脚本を手掛けた作品です。 主演は、映画『食客』や渡部篤郎主演の邦画『外事警察その男に騙されるな』、ドラマ『グッバイミスターブラック』『契約主夫殿オ・ジャクトゥ』などに出演するキム・ガンウさん。 キャスティングの段階では、さんやさんへのオファーもあったそうです。 ヒロイン役のイ・シヨンさんは、ドラマ『乱暴〈ワイルド〉なロマンス』や『番人』などで知られる一方で、ボクサーという顔も持つ異色の女優さんです。 金のためなら何でもするファンドマネージャー役には、作品によって様々な役柄を演じ分けるオム・ギジュンさん。 『ファントム』『君の声が聞こえる』『被告人』など数多くのドラマに出演する他、ミュージカルにも多数出演しています。 クラブ「ゴールデンクロス」のオーナー役には、モデル出身で女優としてもドラマ『フルハウス』『シンデレラマン』などに出演するハン・ウンジョンさん。 2018年の12月からはハン・ダガムと改名し活動しています。 数多くの時代劇や、現代劇での強烈な悪役で知られるチョン・ボソクさんは、主人公の因縁の相手として登場します。 ヒロインの父親でもあり、本作のキーマンの1人となります。 その他にも名脇役のキム・ギュチョルさん、チョン・エリさん、チョ・ヒボンさん、イ・ホジェさん、イ・アヒョンさん、パク・ウォンサンさんなど演技派の俳優さんが多く出演しています。 さらに、ドラマ『推理の女王』や『この恋は初めてだから』などで近年人気のパク・ビョンウンさん、『ピノキオ』『君を愛した時間』などのイ・ジュスンさんにも注目! 本作のOSTについては発売情報もなく、詳細は不明です。 スポンサーリンク ゴールデンクロス【韓国ドラマ】 あらすじ ハンミン銀行の戦略企画チーム長のカン・ジュワン(イデヨン)は、お人好しな性格のせいでいつも損な役回りばかり。 ある日、上司から持ちかけられた文書偽造を断りクビになってしまいました。 さらには彼の娘が悲惨な死を遂げ、なんとその犯人に仕立てあげられ警察に捕まってしまうのです。 ジュワンの息子ドユン(キムガンウ)は苦労の末検事になることが決まっていましたが、この事件のせいで保留にされてしまいます。 しかも、刑務所の中でジュワンが殺されてしまい・・・。 家族を殺した巨悪の存在を知ったドユンは、復習を誓い秘密結社「ゴールデンクロス」に接近するのでした。 スポンサーリンク ゴールデンクロス【韓国ドラマ】 みどころ 本作は韓国のサスペンスドラマではお馴染みの題材である復讐劇です。 しかし、普通の復讐劇とはちょっと違っていて、主人公と敵対するのは警察権力や政治家、財閥というものではなく、それら権力者たちの集まった秘密組織というもの。 金も権力も情報も操る組織に対して、主人公をはじめとした弁護士や検事たちが立ち向かって行くことになるのですが、相手は一筋縄ではいかない曲者ばかりですし、ヒロインに至っては父親と敵対することになるんです。 ハラハラドキドキの展開がスピーディーに進みますし、復讐のドラマだけでなく家族愛や人間ドラマなども描かれていて、心温まる展開も用意されています。 敵が1人ではなく組織ということもありキャラクターのバリエーションも豊富ですし、現実的でない設定ゆえにエンターテイメント性も高くなっているのが特徴です。 そして、そんなキャラクターたちを演じるのは様々な演技派俳優さんたちで、復讐のためイレを利用するドユン、ドユンの復讐相手を知らずに彼を愛してしまうイレ、ドユンの復讐の手助けをするサラ、イレに片思いするマイケル・チャンという恋愛感情と復讐の執念が入り交じった複雑な四角関係にも注目です! スポンサーリンク ゴールデンクロス【韓国ドラマ】 感想と評価・評判 韓国の復讐ドラマというと、実際に社会の不平や不満に沿ったものが多く、それゆえ財閥の不正や警察や政治家の不正などが描かれることが多かったのですが、本作も実際にあった事件をモチーフにしたものなんだとか。 「え?秘密結社の存在が明るみになったの!?」と驚きますが、どこまでが本当でどこからが創作なのかは分かりません。 そんな本作の感想としては、スピード感があり見やすい作品だとは思いますが、仰々しい組織名付けた割には小悪党キャラばかりだったり、組織としての結束や存在意義が希薄だったりと、どう見ても韓国を牛耳ってるようには思えないんですよね。 ドラマの最初の方はかなり刺激的な作風が展開されていて、正直者引いてしまうシーンもあったのですが、この辺をやけにリアルに流してしまうところはテレビドラマとしては賛否のあるところで、刃物などにはモザイクを入れるのにそれよりも強烈なシーンはオッケーというのはよく分かりません。 韓国を牛耳る組織だけに、そういったシーンがあるのは仕方ないとは思いますが、そんな組織に所属しながら衝動的に殺人を犯してしまったり、それでオロオロしたりと大物感がないんです。 本当の秘密結社のメンバーなら直接表に出るようなことはしないでしょうし、もっとスマートに片付けそうなもの。 そんな人達がいるのでは秘密結社ゴールデンクロス自体に巨大組織感を感じろという方が難しいというもの。 本作は気軽に見れるサスペンスとしてはいいのかもしれませんが、事件の規模も思った以上に小さく緊張感も最後まで持続しませんし、細かいとこまで気を配った本格的なものが見たい人からすれば設定に難があるとしか言いようがありません。 復讐エンターテイメントに特化するのか、リアリティー溢れる骨太のサスペンスにするのかハッキリさせて欲しかったですね! まとめ:ドラマ展開はテンポ良く、キャラクター単体では面白味があったと思うのですが、秘密結社のメンバーという割には小悪党感溢れる人物が多く、ゴールデンクロスという組織から真の権力者たちという雰囲気は伝わって来ませんでした。 最後に これまでに世界中に存在した、現存する秘密結社 そもそも秘密なので本当のところは不明ですが は、単にお金持ちや大物政治家が所属しているというのではなく、表舞台では知られていないが組織のメンバーであったり、本当の権力者は殆どの人から存在自体を隠しているものであって、本作のように表舞台で目立つ存在がメンバーなこと自体おかしいんです。 このドラマは「秘密結社ゴールデンクロス」という名前の引きで、普通のサスペンスドラマや復讐劇とは別物だとしたかったんでしょうが、肝心の組織がどうにも風格がなく、ただの悪人たちの寄り合いという感じしかしませんでした。 単に一人ずつだと影響を与えられる範囲が狭いから、色んな人が集まってり巨大に見せようとしたに過ぎないんじゃないかと思いましたね。 これなら、困ったら時に電話一本入れて解決したほうが目立たなかったんじゃないですかね?.

次の