大野 智 ツイッター 黒豆 きなこ。 認知症の“おばあちゃん犬”を介護する猫…種を超えた愛に「癒される」「感動した」と反響 2ページ目

活動休止会見で見せた、嵐の時代を読む力 ~ビジネスパーソンのための実践的言語学29

大野 智 ツイッター 黒豆 きなこ

2020年いっぱいでの活動休止を発表している嵐に密着しつつ、その決断に至った背景に迫るという内容で、20回以上の配信を予定している。 これまで語られることのなかった国民的アイドルの裏側が見られるということで、注目度も高いこの番組だが、少々の違和感もあったという。 一時停止をしないとまったく読めません。 スタッフの名前をあまり明かしたくないということなのでしょうか」(メディア関係者) さらに、その一瞬だけ映し出されるスタッフクレジットには、ある重要人物の名前がないと関係者の間では話題になっている。 X氏は現在、ジャニーズ事務所傘下のレコード会社『ジェイ・ストーム』にいて、嵐の映像作品に深く関わっているんです。 今回のNetflixの番組についても、ジャニーズ側からのプロデューサー的な立場で携わっているはずなんですが、クレジットには名前がありませんでした」(音楽業界関係者) しかし、そんなX氏の名前がクレジットに載っていないことに納得する関係者も多い。 事情を知るテレビ局関係者はこう話す。 「X氏は2013年にテレビ朝日を懲戒解雇になっている。 その理由は巨額な着服。 制作会社に制作費を水増しして請求させ、それをキックバックしていたというんです。 9年半の間に約1億4000万円を私的に流用していたとのこと。 そのお金でブランド品を買ったり、海外旅行に行ったりしたといいます。 テレビ朝日は刑事告訴をしていませんが、仮に刑事事件になったら実刑判決になってもおかしくない事件です。 ジャニーズとしては、そういった人物が中にいることをあまり知られたくないのでしょう。 番組のクレジットに名前が出ないのもうなずけます」 そもそもジャニーズはどうしてそんな問題のある人物を受け入れたのだろうか。 「単純にテレビマンとして優秀だったということもあると思います。 ジャニーズの映像コンテンツのクオリティを高めるには必要な人材だったということ。 ただ、それだけではない何かしらの裏があったのではないかと勘ぐってしまう部分もありますけどね。 テレ朝が刑事告訴をしなかったというのも、気になります。 たとえば、X氏はスケープゴートになっただけで、何らかの取引があってジャニーズに入った……とか。 真相はわかりませんが、気になっている業界人は多いです」(同) 嵐のラストイヤーを盛り上げるためには、余計な要素をできるだけ排除したいというのは、ジャニーズ事務所の本音だろう。 X氏の名前が浮上しないのも当然のことか。

次の

嵐の不仲説は本当?なぜ?理由は?動画や画像で検証!ツイッターの声は?

大野 智 ツイッター 黒豆 きなこ

2020年いっぱいでの活動休止を発表している嵐に密着しつつ、その決断に至った背景に迫るという内容で、20回以上の配信を予定している。 これまで語られることのなかった国民的アイドルの裏側が見られるということで、注目度も高いこの番組だが、少々の違和感もあったという。 一時停止をしないとまったく読めません。 スタッフの名前をあまり明かしたくないということなのでしょうか」(メディア関係者) さらに、その一瞬だけ映し出されるスタッフクレジットには、ある重要人物の名前がないと関係者の間では話題になっている。 X氏は現在、ジャニーズ事務所傘下のレコード会社『ジェイ・ストーム』にいて、嵐の映像作品に深く関わっているんです。 今回のNetflixの番組についても、ジャニーズ側からのプロデューサー的な立場で携わっているはずなんですが、クレジットには名前がありませんでした」(音楽業界関係者) しかし、そんなX氏の名前がクレジットに載っていないことに納得する関係者も多い。 事情を知るテレビ局関係者はこう話す。 「X氏は2013年にテレビ朝日を懲戒解雇になっている。 その理由は巨額な着服。 制作会社に制作費を水増しして請求させ、それをキックバックしていたというんです。 9年半の間に約1億4000万円を私的に流用していたとのこと。 そのお金でブランド品を買ったり、海外旅行に行ったりしたといいます。 テレビ朝日は刑事告訴をしていませんが、仮に刑事事件になったら実刑判決になってもおかしくない事件です。 ジャニーズとしては、そういった人物が中にいることをあまり知られたくないのでしょう。 番組のクレジットに名前が出ないのもうなずけます」 そもそもジャニーズはどうしてそんな問題のある人物を受け入れたのだろうか。 「単純にテレビマンとして優秀だったということもあると思います。 ジャニーズの映像コンテンツのクオリティを高めるには必要な人材だったということ。 ただ、それだけではない何かしらの裏があったのではないかと勘ぐってしまう部分もありますけどね。 テレ朝が刑事告訴をしなかったというのも、気になります。 たとえば、X氏はスケープゴートになっただけで、何らかの取引があってジャニーズに入った……とか。 真相はわかりませんが、気になっている業界人は多いです」(同) 嵐のラストイヤーを盛り上げるためには、余計な要素をできるだけ排除したいというのは、ジャニーズ事務所の本音だろう。 X氏の名前が浮上しないのも当然のことか。

次の

嵐の不仲説は本当?なぜ?理由は?動画や画像で検証!ツイッターの声は?

大野 智 ツイッター 黒豆 きなこ

高比良美穂 今回の特集は、川端達夫文部科学大臣と小紙発行責任者でもある(社)日本PTA全国協議会の相川敬会長との対談記事です。 対談は文部科学省の大臣室で行われました。 すごくうれしかったのは、対談の後に、川端大臣が編集部に届いた読者のみなさんの手書きの手紙やはがきを、じっくりと読んでくださったことです。 これまでも、みなさんからの声をリポートにして、関係各省、団体などにお届けしていましたが、現役の文部科学大臣に実物を読んでいただいたのははじめてです。 はがきに描かれた小学生の絵を見ながら、「子どもの才能って本当にすばらしいね」と目を細めたり、現役の教職員が現状を切々と綴った手紙や、保護者からの国に対する厳しい意見のメールなどに大きくうなずきながら読み進める姿が印象的でした。 文部科学省大臣室で行われた対談の様子 (左から、相川敬会長、川端達夫大臣、高比良美穂編集長) また、「今号の表紙は嵐です。 ご存じですか?」の質問に、「もちろんですよ。 そりゃ、今リクエストが多いでしょうな。 誰かな、二宮君かな?」と関西のイントネーションで、気さくに受け答えするおちゃめな一面も・・・。 「大臣、子ども応援団長でいてください」という呼びかけに、笑顔でうなずきながら、「一緒に応援しましょう。 みなさんも、たくさんの人の声を聞いて、教育の現状を伝え続けてください」と励ましていただきました。 さて、今号の表紙は、アイドルグループ嵐のリーダー大野智さんです。 嵐のメンバーへのリクエストは、昨年秋ごろから増える一方ですが、中でも保護者からのリクエストも多かった大野さんに、登場していただきました。 ドラマの撮影や新番組の収録などで、忙しい時期のインタビューでしたが、一言一言、誠実に受け答えしてくださいました。 読者のみなさんの代理として、「いろいろ聞いてこなければ」と張り切って出かけたのですが、最初は、自ら「僕のインタビューは原稿にするのが難しいと思う」と。 ところが、「子ども応援便り」の趣旨説明をする中で、「保護者から、どう育てると大野君のようになるのか知りたいというメールもきています」と伝えると、「それなら今日うちの母ちゃんも連れてくれば良かったなあ!」とはずんだ声に・・・。 その後、「子ども応援便り」の中の4コマ漫画を見て、ご自身が4コマ漫画づくりに挑戦したエピソードを楽しそうに話したり、子どもたちへのメッセージを考えながら、「ほかの人はなんて語っているの?」とバックナンバーを読み返したり。 終始、なごやかな雰囲気でのインタビューとなりました。 気取ったり飾ったりするようなところが一切なく、才能豊か、感性豊か、そしてテレビで拝見するよりずっと男らしい方だという印象を持ちました。 温かさと芯の強さを持ち合わせたすてきな青年です。 いつか「子ども応援便り」の4コマ漫画を描いていただければなあ、と思っています。 終面の「教育を語る」のコーナーは、当団体の事務局にもいっぱいファンがいるアグネス・チャンさんです。 講演を聴いた方などからリクエストをよくいただきます。 今回は、ご自宅でのインタビューでした。 聡明かつ情熱的な語り口で、ほんとうに熱く、熱く、日本の国の教育を、そして地球の子どもたちのことを語ってくださいました。 自らが保護者であり、社会活動家であるアグネスさんの言葉には、説得力があり、聴きながら胸が熱くなりました。 気がつくと、「先生の日の創設のアイディア、ぜひ、やりましょう!!」と立ちあがって握手していたほど。 強き母、活動家という側面とかわいらしい外見とのギャップがまた魅力的です。 撮影の時、レンズをのぞいた若き男性カメラマンが思わず、「かわいい!」と叫んでしまったほど。 本当に可憐さと強さを併せ持ったすばらしい女性です。 アグネスさんは、日本ユニセフ協会の大使でもあり、現在、「児童ポルノ問題」に関する問題にも積極的に取り組まれています。 この問題への声は、編集部にも多く寄せられていますので、今後、しっかり取材して、伝えていければと考えています。 お便りをくださった保護者をはじめとする読者のみなさん、みなさんの声は少しずつではありますが、こうして、確実に国や関係者に届き、たくさんの人に広がっていることを、ご報告いたします。 教育こそ、私たちが次世代へ残せる財産。 その環境の改善を目指し、編集部も微力ながら声をあげ、広めていく活動のお手伝いを続けていきたいと思います。 最後になりますが、お忙しい中、時間をさいてくださった川端大臣、アグネス・チャンさん、大野智さん、対談やインタビューの実現にご尽力いただいた文部科学省をはじめ、関係者のみなさまにはこの場をかりて、お礼を申し上げます。 川端達夫大臣と高比良美穂編集長.

次の