三菱 エコキュート 入浴 剤。 エコキュート配管の洗浄理由とJohnsonジャバの使い方

エコキュート配管の洗浄理由とJohnsonジャバの使い方

三菱 エコキュート 入浴 剤

エコキュートの導入を検討されている方には、 「三菱エコキュート」をお考えの方も多いのではないでしょうか? 「三菱エコキュートを設置したいけれど、価格は高い?安い?」 「三菱エコキュートは他のメーカーと比べると性能はどうなのか?」 「三菱エコキュートを選ぶべきポイントは?」 このページでは三菱エコキュートの相場価格や、三菱エコキュートならではの特色やおススメポイントなどをご紹介していきます。 エコキュートを選ぶ際の参考になれば幸いです。 三菱エコキュートの特色やおススメポイントは? スポンサーリンク 国内シェア2位の人気メーカー エコキュートを発売しているメーカーには三菱電機をはじめ、パナソニック、日立、東芝、ダイキン、コロナ、長府製作所などがあります。 (2016年度データ・2017年11月30日発刊高効率給湯機専門誌QTOPIAより) 三菱エコキュートは人気女優の杏さんを起用したテレビCMなどでもおなじみで、一般ユーザーの認知度が極めて高く、多くのユーザーに選ばれている印象です。 三菱エコキュートの特色・おススメポイント 三菱エコキュートは 「マイクロナノバブル」をはじめ、他メーカーにない独自機能が充実していて、エコキュートを選ぶ際のポイントになっています。 三菱独自のマイクロバブル技術 三菱エコキュートならではの独自の機能として代表的なのが2つの「マイクロバブル技術」です。 毎日清潔な「バブルおそうじ」 Sシリーズ以上に搭載 マイクロバブル技術を使った三菱エコキュートの代表的な機能が 「バブルおそうじ」です。 「バブルおそうじ」があるから三菱エコキュートを選んだというユーザーも多く、おススメの機能です。 長年使っていると湯アカなどの汚れが溜まりやすいのが、湯はりや追いだきを行う「ふろ配管」です。 ふろ配管内はブラシなどで直接掃除をすることができず、配管洗浄剤等で掃除をすると洗剤成分が残る心配があり、お風呂を清潔に保つ上でネックとなる部分です。 三菱エコキュートの「バブルおそうじ」はマイクロバブルの微細な泡がふろ配管内の汚れを吸着して自動洗浄してくれる機能です。 毎日お風呂の栓を抜くだけで自動で洗浄を開始するので難しい操作は必要ありません。 1ミリという微細な泡が配管内に残りがちな皮脂汚れなどを強力に吸着してくれるので洗剤も不要です。 毎日のお風呂を清潔に保ってくれる三菱エコキュートの人気機能です。 「ホットあわー」で快適入浴 Pシリーズに搭載 三菱エコキュートのもう一つのマイクロバブル技術が、 「ホットあわー」です。 浴槽に取り付けた専用のアダプターがより微細なマイクロバブルを発生し全身を包み込んで心地よい入浴を楽しむ事ができます。 さらにこのマイクロバブルには風呂上がりの湯ざめを抑え、お肌のうるおいをアップさせる効果があり、入浴後の快適もサポートしてくれます。 「ホットりたーん」でより省エネに! Sシリーズ以上に搭載 三菱エコキュートの新機能として注目なのが 「ホットりたーん」です。 これまで活用されることのなかったお風呂の残り湯のまだ温かい熱を「エネルギー」として再利用します。 最後に入浴した人がボタンを押すことで熱回収を開始し、残り湯の熱だけを貯湯タンクに回収してタンク内を温めてくれ、夜間の沸き上げに必要な電気代を節約してくれます。 これまで捨てていたエネルギーを上手に利用する事で省エネ効率を高める三菱エコキュートの最新機能です。 三菱エコキュートのラインナップは? 三菱エコキュートは、シンプルでベーシックな機能の 「Aシリーズ」、バブル洗浄が使えるなど、機能と価格のバランスがいい 「Sシリーズ」、ホットあわーなどの快適機能も選べる最上位機種の 「P プレミアム シリーズ」がラインナップされています。 またそれぞれのシリーズに、薄型タイプや寒冷地使用、塩害地使用など設置場所や使用する地域に合わせた機種が用意されていて、ユーザーのニーズにあったエコキュートを選ぶ事ができます。 ベーシックなAシリーズ Aシリーズでは、通常のフルオートタイプの他に、お湯はりのみ自動の「エコオート」や、蛇口から浴槽に給湯するだけの「給湯専用タイプ」など、機能をシンプルにした分価格を抑えたリーズナブルなモデルを選ぶことができます。 また、Aシリーズには、通常のタンク容量(370リットル~550リットル)に加え、少人数用にタンク容量を抑えたエコキュートライト(180リットル・1~2人用)やコンパクトエコキュート(200リットル・2~4人用)などもラインナップされています。 「使用人数が少なくあまり大きなタンクは必要ない」ご家庭や、「エコキュートは使いたいができるだけ価格は抑えたい」という方、「操作が簡単でシンプルな方がいい」という方にはAシリーズがおススメです。 価格は変動する可能性がありますので、リンクから最新の価格をチェックしてください。 インターネット販売以外の地元の工事業者等に工事を依頼した場合は上記の金額よりは若干高めの見積もりとなる場合が多いようです。 (+5~10万円程度が相場ではないでしょうか) また、これらの価格の「基本工事費」はあくまでも一般的に必ず必要な工事にかかる費用を想定しています。 従って、 現場の状況によっては追加の工事(費用)が必要になる場合があるので注意が必要です。 ネットで注文する場合でも、地元の業者に依頼する場合でも、いきなり工事を依頼するのではなく、必ず現場を実際に見てもらって正確な価格を見積もりしてもらいましょう。 三菱エコキュート、おススメなシリーズは? 三菱エコキュートを購入するなら、「バブルおそうじ」は外せない機能ではないでしょうか。 それを踏まえると、やはりバブルおそうじが標準装備されているSシリーズがオススメだと言えます。 その理由は同じフルオートタイプだとAシリーズとSシリーズの価格差があまりないからです。 例えば、同じ370リットルのフルオートで比較すると、Sシリーズの「SRT-S374A」がカタログ価格800,000円に対して、Aシリーズの「SRT-W374」が790,000円でその差が僅か30,000円です。 先ほどご紹介したネットでの実売価格を比較してみても、AシリーズとSシリーズとの価格差は比較的少なく、Aシリーズのフルオートタイプの価格に2~30,000円プラスでSシリーズのホットりたーん付きのモデルを購入することができます。 しかし最上位のPシリーズになると、Sシリーズよりも実売価格が10万円以上高くなってしまいます。 さらに Pシリーズの場合は必ずふろ配管のアダプターをホットあわー専用のものに交換する必要があるので、工事費がその分高くなるケースが多く、他のシリーズとの価格差を考えるとホットあわーがどうしても必要なのか好みの分かれるところではないでしょうか。 三菱エコキュートを選ぶ際には、各機種の機能の内容を十分に理解した上で、本当に必要な機能と価格とのバランスを十分に考慮して選ぶことが大切です。 まとめ 三菱エコキュートなら豊富なラインナップから、皆さんの生活シーンにピッタリのエコキュートを選ぶ事ができます。 ・シンプルでリーズナブルなAシリーズ ・人気のバブルおそうじが使えるSシリーズ ・ホットあわーで快適なお風呂が楽しめるPシリーズ ご家庭ごとに、エコキュートにかけられる予算や求める機能には違いがあります。 シリーズごとのそれぞれの違いや特徴をしっかりと理解して最適な一台を選びましょう。 エコキュート工事を本気でお考えなら・・・ エコキュートを新しく導入したい 古くなったエコキュートを買い替えたい エコキュート工事を依頼したいが悪徳業者に引っかからないか心配 高額なエコキュート工事で失敗しないために 「試してほしい方法」をご紹介しています。 本気でエコキュートをお考えならぜひチェックしてみてください。

次の

エコキュートの配管洗浄:ジャバの裏面には載ってない!エコキュートの取説しっかり読みましたか?

三菱 エコキュート 入浴 剤

目次 [] 1 エコキュートで入浴剤は使える?使えない? エコキュートで入浴剤を使うと故障の原因になるという話もありますが、実際にはエコキュートでも入浴剤を使うことができます。 しかも、エコキュートのメーカーが推奨する入浴剤などもあって、故障の原因になることはないと言えるのです。 1 エコキュートのタイプによって異なる。 実はエコキュートでも入浴剤が使えるのですが、エコキュートのタイプによっては使える入浴剤に制限があるのです。 そのため、自宅のエコキュートのタイプを知っておくことが、エコキュートで入浴剤を使う場合には大切になります。 エコキュートのタイプ 入浴剤の制限 フルオート 制限あり セミオート 制限なし 給湯専用 制限なし エコキュートのタイプは、大きく分けて3種類あります。 その中でも、入浴剤を使うときにポイントになるのは「フルオートタイプ」のエコキュート。 エコキュートでも、セミオートや給湯専用の場合は入浴剤を自由に使うことができます。 しかも、エコキュートのメーカーも特別な制限が設けていないと言えるのです。 一方で、フルオートのエコキュートについては、入浴剤は使えるけれども「使えない入浴剤がある」のです。 そのため、自宅のエコキュートがフルオートの場合は、できるだけメーカーが推奨する入浴剤を使うようにしましょう。 2 使えない入浴剤とは? 自宅のエコキュートがセミオートや給湯専用の場合は、入浴剤の種類を気にせずにつかうことができます。 しかし、エコキュートがフルオートの場合は、使える入浴剤と使えない入浴剤があるので注意が必要です。 エコキュートの各メーカーによっても異なりますが、使えない入浴剤は次のような製品です。 推奨される入浴剤以外で発泡する入浴剤• とろみがある入浴剤• ミルク成分が含まれる入浴剤• 生薬の成分が含まれる入浴剤• 硫黄・塩分・アルカリ・酸などが含まれる入浴剤 このような成分の入浴剤は、エコキュートの故障の原因になるおそれがあるため、使わないでください。 3 エコキュートのメーカーが推奨する入浴剤 エコキュートで使えない入浴剤を説明されてもよく分からないですよね。 そこでポイントになるのが、エコキュートで使える入浴剤。 特にエコキュートのメーカーが推奨する入浴剤を使えば、万が一にも入浴剤が原因でエコキュートが故障することもないはずですよね。 ですから、エコキュートのメーカーが推奨する入浴剤を一覧表で紹介します。 自宅のエコキュートのメーカーを確認して、一覧表にある入浴剤を選べば良いだけなので、とても分かりやすいですよね。 また、それぞれのメーカーが推奨しているので、エコキュートが故障する心配もなく使えます。 エコキュートで入浴剤が使えるかどうかが不安な場合は、一覧表にある推奨品を使うようにしましょう。 2 入浴剤がエコキュートの故障原因になる? エコキュートでも入浴剤が使えることが分かりましたよね。 では、どうしてエコキュートで入浴剤を使うと故障の原因になると言われているのでしょうか? 2. 1 エコキュートで入浴剤が使えない理由。 エコキュートで入浴剤が使えないとされるのは「お湯が循環する」からです。 つまり、入浴剤が入ったお湯が循環することで、エコキュートの部品が腐食したり、誤作動が起こったりするおそれがあるためとされています。 また、にごり湯タイプの入浴剤はフィルターの目詰まりなどを起こすおそれもあるため、エコキュートでは使えないとされているのです。 このようなことから、お湯が循環する「追いだき」や「自動保温」などの機能があるフルオートのエコキュートは入浴剤が使えないとされているのです。 一方で、セミオートや給湯専用のエコキュートはこのような機能がないため、入浴剤の使用に制限がないとされています。 2 追いだきに注意すれば良い? お湯が循環しないようにすれば、エコキュートでも入浴剤が使えるということなのでしょうか?理論上は、エコキュートで追いだきしなければ良いと考えられなくもないのですが、やはり故障の原因となるおそれもあるため、推奨されている入浴剤以外は使わないようにしましょう。 また、推奨されている入浴剤を使う場合でも、エコキュートの追いだき機能は使わないほうが良いでしょう。 故障の原因になるとは言えないのですが、エコキュートが故障してから後悔しても遅いですからね。 3 エコキュートで入浴剤を使うときの注意点。 最後にエコキュートで入浴剤を使うときの注意点について解説していきます。 入浴剤を使いたいと思っている方は、必ず読んでおきましょう。 1 複数の入浴剤を混ぜない。 エコキュートで入浴剤を使う場合、複数の入浴剤を混ぜないこともポイント。 推奨されている入浴剤であっても、複数の入浴剤を混ぜることでエコキュートに思いもよらない影響を及ぼすおそれがあるためです。 単独で入浴剤を使う場合と違って、複数の入浴剤を混ぜてしまうと、エコキュートにどのような影響を及ぼすかは分かりません。 一部のエコキュートのメーカーは、複数の入浴剤を同時に使うことが機器故障の原因となるという注意書きもしているくらいです。 そのため、万が一にもエコキュートが故障しないように、入浴剤は必ず既定の分量を守るようにしましょう。 そして、複数の種類の入浴剤を混ぜて使わないようにしましょう。 2 自動配管洗浄は「入」にする。 エコキュートの取扱説明書などに記載があるように、入浴剤を使う場合は自動配管洗浄を「入」にしておきます。 これは、エコキュートで入浴剤を入れるときの基本。 必ず守るようにしてください。 また、入浴剤を使わなくても、自動配管洗浄はエコキュートの便利な機能の一つです。 特に問題がなければ、いつも「入」にしておくほうが良いですよ。 3 入浴剤を使うときは推奨品を使う。 エコキュートで入浴剤を使う場合は、必ず推奨品を使うようにします。 自分が気に入っている入浴剤があるかも知れませんが、エコキュートの故障の原因になるよりは推奨品を使うほうが良いですよね。 また、推奨されている入浴剤は香りなどの種類も多く、自分の好みの入浴剤が見つかるはずです。 エコキュートの故障の原因にならないように、推奨されている入浴剤の中から自分に合う入浴剤を見つけてくださいね。 4 まとめ エコキュートで入浴剤を使うと故障の原因になるかどうかについて、詳しく解説してきました。 エコキュートでも入浴剤を使うことができますし、各メーカーが推奨する入浴剤もあるので、安心して入浴剤を使えますよ。 また、エコキュートで入浴剤を使う場合の注意点などもまとめていますので、そちらも参考にしながら、エコキュートが故障しないように入浴を楽しんでくださいね。

次の

花王株式会社

三菱 エコキュート 入浴 剤

エコキュートの導入を検討されている方には、 「三菱エコキュート」をお考えの方も多いのではないでしょうか? 「三菱エコキュートを設置したいけれど、価格は高い?安い?」 「三菱エコキュートは他のメーカーと比べると性能はどうなのか?」 「三菱エコキュートを選ぶべきポイントは?」 このページでは三菱エコキュートの相場価格や、三菱エコキュートならではの特色やおススメポイントなどをご紹介していきます。 エコキュートを選ぶ際の参考になれば幸いです。 三菱エコキュートの特色やおススメポイントは? スポンサーリンク 国内シェア2位の人気メーカー エコキュートを発売しているメーカーには三菱電機をはじめ、パナソニック、日立、東芝、ダイキン、コロナ、長府製作所などがあります。 (2016年度データ・2017年11月30日発刊高効率給湯機専門誌QTOPIAより) 三菱エコキュートは人気女優の杏さんを起用したテレビCMなどでもおなじみで、一般ユーザーの認知度が極めて高く、多くのユーザーに選ばれている印象です。 三菱エコキュートの特色・おススメポイント 三菱エコキュートは 「マイクロナノバブル」をはじめ、他メーカーにない独自機能が充実していて、エコキュートを選ぶ際のポイントになっています。 三菱独自のマイクロバブル技術 三菱エコキュートならではの独自の機能として代表的なのが2つの「マイクロバブル技術」です。 毎日清潔な「バブルおそうじ」 Sシリーズ以上に搭載 マイクロバブル技術を使った三菱エコキュートの代表的な機能が 「バブルおそうじ」です。 「バブルおそうじ」があるから三菱エコキュートを選んだというユーザーも多く、おススメの機能です。 長年使っていると湯アカなどの汚れが溜まりやすいのが、湯はりや追いだきを行う「ふろ配管」です。 ふろ配管内はブラシなどで直接掃除をすることができず、配管洗浄剤等で掃除をすると洗剤成分が残る心配があり、お風呂を清潔に保つ上でネックとなる部分です。 三菱エコキュートの「バブルおそうじ」はマイクロバブルの微細な泡がふろ配管内の汚れを吸着して自動洗浄してくれる機能です。 毎日お風呂の栓を抜くだけで自動で洗浄を開始するので難しい操作は必要ありません。 1ミリという微細な泡が配管内に残りがちな皮脂汚れなどを強力に吸着してくれるので洗剤も不要です。 毎日のお風呂を清潔に保ってくれる三菱エコキュートの人気機能です。 「ホットあわー」で快適入浴 Pシリーズに搭載 三菱エコキュートのもう一つのマイクロバブル技術が、 「ホットあわー」です。 浴槽に取り付けた専用のアダプターがより微細なマイクロバブルを発生し全身を包み込んで心地よい入浴を楽しむ事ができます。 さらにこのマイクロバブルには風呂上がりの湯ざめを抑え、お肌のうるおいをアップさせる効果があり、入浴後の快適もサポートしてくれます。 「ホットりたーん」でより省エネに! Sシリーズ以上に搭載 三菱エコキュートの新機能として注目なのが 「ホットりたーん」です。 これまで活用されることのなかったお風呂の残り湯のまだ温かい熱を「エネルギー」として再利用します。 最後に入浴した人がボタンを押すことで熱回収を開始し、残り湯の熱だけを貯湯タンクに回収してタンク内を温めてくれ、夜間の沸き上げに必要な電気代を節約してくれます。 これまで捨てていたエネルギーを上手に利用する事で省エネ効率を高める三菱エコキュートの最新機能です。 三菱エコキュートのラインナップは? 三菱エコキュートは、シンプルでベーシックな機能の 「Aシリーズ」、バブル洗浄が使えるなど、機能と価格のバランスがいい 「Sシリーズ」、ホットあわーなどの快適機能も選べる最上位機種の 「P プレミアム シリーズ」がラインナップされています。 またそれぞれのシリーズに、薄型タイプや寒冷地使用、塩害地使用など設置場所や使用する地域に合わせた機種が用意されていて、ユーザーのニーズにあったエコキュートを選ぶ事ができます。 ベーシックなAシリーズ Aシリーズでは、通常のフルオートタイプの他に、お湯はりのみ自動の「エコオート」や、蛇口から浴槽に給湯するだけの「給湯専用タイプ」など、機能をシンプルにした分価格を抑えたリーズナブルなモデルを選ぶことができます。 また、Aシリーズには、通常のタンク容量(370リットル~550リットル)に加え、少人数用にタンク容量を抑えたエコキュートライト(180リットル・1~2人用)やコンパクトエコキュート(200リットル・2~4人用)などもラインナップされています。 「使用人数が少なくあまり大きなタンクは必要ない」ご家庭や、「エコキュートは使いたいができるだけ価格は抑えたい」という方、「操作が簡単でシンプルな方がいい」という方にはAシリーズがおススメです。 価格は変動する可能性がありますので、リンクから最新の価格をチェックしてください。 インターネット販売以外の地元の工事業者等に工事を依頼した場合は上記の金額よりは若干高めの見積もりとなる場合が多いようです。 (+5~10万円程度が相場ではないでしょうか) また、これらの価格の「基本工事費」はあくまでも一般的に必ず必要な工事にかかる費用を想定しています。 従って、 現場の状況によっては追加の工事(費用)が必要になる場合があるので注意が必要です。 ネットで注文する場合でも、地元の業者に依頼する場合でも、いきなり工事を依頼するのではなく、必ず現場を実際に見てもらって正確な価格を見積もりしてもらいましょう。 三菱エコキュート、おススメなシリーズは? 三菱エコキュートを購入するなら、「バブルおそうじ」は外せない機能ではないでしょうか。 それを踏まえると、やはりバブルおそうじが標準装備されているSシリーズがオススメだと言えます。 その理由は同じフルオートタイプだとAシリーズとSシリーズの価格差があまりないからです。 例えば、同じ370リットルのフルオートで比較すると、Sシリーズの「SRT-S374A」がカタログ価格800,000円に対して、Aシリーズの「SRT-W374」が790,000円でその差が僅か30,000円です。 先ほどご紹介したネットでの実売価格を比較してみても、AシリーズとSシリーズとの価格差は比較的少なく、Aシリーズのフルオートタイプの価格に2~30,000円プラスでSシリーズのホットりたーん付きのモデルを購入することができます。 しかし最上位のPシリーズになると、Sシリーズよりも実売価格が10万円以上高くなってしまいます。 さらに Pシリーズの場合は必ずふろ配管のアダプターをホットあわー専用のものに交換する必要があるので、工事費がその分高くなるケースが多く、他のシリーズとの価格差を考えるとホットあわーがどうしても必要なのか好みの分かれるところではないでしょうか。 三菱エコキュートを選ぶ際には、各機種の機能の内容を十分に理解した上で、本当に必要な機能と価格とのバランスを十分に考慮して選ぶことが大切です。 まとめ 三菱エコキュートなら豊富なラインナップから、皆さんの生活シーンにピッタリのエコキュートを選ぶ事ができます。 ・シンプルでリーズナブルなAシリーズ ・人気のバブルおそうじが使えるSシリーズ ・ホットあわーで快適なお風呂が楽しめるPシリーズ ご家庭ごとに、エコキュートにかけられる予算や求める機能には違いがあります。 シリーズごとのそれぞれの違いや特徴をしっかりと理解して最適な一台を選びましょう。 エコキュート工事を本気でお考えなら・・・ エコキュートを新しく導入したい 古くなったエコキュートを買い替えたい エコキュート工事を依頼したいが悪徳業者に引っかからないか心配 高額なエコキュート工事で失敗しないために 「試してほしい方法」をご紹介しています。 本気でエコキュートをお考えならぜひチェックしてみてください。

次の