河村たかし 河村商事。 河村たかしの卒業・出身高校

河村たかし (かわむらたかし)

河村たかし 河村商事

4月23日開票の名古屋市長選挙で河村たかし氏が3選(2011年の出直し選挙を含めれば4選)を目指しています。 河村たかし氏は2009年に、戦後最多得票で名古屋市長に当選してから、名古屋市の顔としてすっかり定着していますね。 政治にそんなに興味がない人でも、名前が出てこない人でも、「あ、この人か」と知ってる人は日本中にいるはずです。 河村たかし氏は2期目がかかった2013年の選挙でも、危なげなく当選して今に足るわけですが、3期目(2011年の出直し選挙を含めれば4期目)がかかった今回の選挙ではちょっと勝手が違います。 なぜなら、今回の選挙の対抗馬には、 河村たかし氏の元側近だった岩城正光氏がいるからです。 彼は河村たかし氏の2期目のときに副市長だったんですが、河村たかし氏によって解任させらています。 今ではその岩城正光氏がすっかり対立姿勢になってしまい、3期目がかかった2017年の名古屋市長選挙は実質、 岩城正光氏との一騎打ちになりそうです。 追記:2017年の名古屋市長選挙の結果、河村たかし氏の3選(2011年の出直し選挙を含めれば4選)が決まりました。 そんな河村たかし氏ですが、1期目の選挙の時はドラゴンズの帽子をかぶって自転車に乗って選挙活動をして、市民の心をつかむなど、 「庶民派」のイメージがありますが、 いったいどんな経歴の持ち主なんでしょうか。 河村たかしの経歴やプロフィール 河村たかし氏は1948年(昭和23年)11月3日に、名古屋市東区の古出来(こでき)町に生まれました。 現在68歳です。 河村たかし氏の父親である河村鈊男(かねお)氏は、1948年(昭和23年)に設立された河村紙業合資会社(今の河村商事株式会社)の初代社長です。 この「河村家」という家柄なんですが、 実は由緒のある家系だそうで、 尾張の徳川家に仕えた尾張藩士書物奉行の家系で、 学問の家柄ということで有名だったみたいですね。 1700年代に徳川家に仕えた、河村秀根(国学者、尾張藩士)は河村たかし氏の先祖なんだとか。 河村たかし氏という個人の印象でいえば庶民派のイメージですが、なかなかの家系に生まれていますね。 河村たかし氏の学歴ですが、 名古屋市立桜丘中学校、愛知県立旭丘高等学校、を卒業して1浪したあと、一橋大学商学部入学に入学して卒業していますね。 旭丘高等学校は愛知県でもトップクラスの公立高校ですし、もちろん一橋大学も難関校なので、河村たかし氏はかなり優秀な学生さんだったんですね。 でも、河村たかし氏は大学を卒業した後は、古紙回収業・卸売業の河村商事株式会社に入社します。 河村商事株式会社は、河村たかし氏が入社した当時は従業員数5名の零細企業だったんですが、リサイクルブームの追い風を受けて急成長して、今では従業員80名の企業に成長しています。 河村たかし氏はそこで専務を務めて、営業活動やトラックを運転して、ちり紙交換業者に頭を下げて回り、古紙の回収を行う日々を過ごしていました。 一橋大学などの学歴はまったく関係ない職業ですね。 ただ、河村たかし氏は、1975年に今の奥さんと結婚して、1977年あたりから法律家(検事)を目指して、河村商事で働きながら司法試験の勉強をはじめます。 そこから10年間(9回受験)、河村たかし氏は法律の勉強して、合格までかなりいいところまで行ったらしいんですが結局断念して、 そこから再起するために政治家を目指したんだそうです。 政治家としての河村たかし氏は、民主党に所属している期間に、衆議院議員を5期務めましたが、2005年に名古屋市長選挙に出馬して当選しました。 それ以来、河村たかし氏は「名古屋の顔」として、影響力の高い発言を繰り返しながら、さまざまな政策に取り組んできています。 河村たかしの家族は?息子は河村商事の取締役 河村たかし氏の家族なんですが、 ネットで調べた限りでは、奥さんと息子さん(長男)の情報だけが見つかっています。 奥さんは、国立音楽大学を卒業されていて、現在は河村商事株式会社取締役です。 河村商事のHPを見ると、会社概要の取締役の欄に 「河村名帆子」という名前が掲載されていますね。 国立音楽大学を出ているくらいなので、お嬢さん、という印象を受けます。 長男は一橋大学経済学部を卒業されていて、現在は河村商事の代表取締役社長です。 おなじくHPの会社概要には 「河村篤前」と記載されています。 河村商事の事業内容は、古紙や段ボールを中心としたリサイクル業ですね。 それは創業当時から変わらず、老舗という感じです。 また、河村たかし氏には 弟さん(河村剛太)がいたんですが、2014年3月に62歳という若さで亡くなられています。 河村剛太氏は東京大学大学院理学系研究科博士課程を経て、大阪府立高校数学科教諭を務めて、大阪府立島本高等学校教諭を最後に定年退職後、京都橘高等学校非常勤講師を務めていたそうです。 彼もまた高学歴ですが、教師としての人生を歩まれていたんですね。 それにしても、「河村家」の家系といい、本人や家族の高学歴っぷりといい、 河村たかし氏はけっこう裕福な家庭で生まれ育っていますね。 でもその反面、彼の普段の言動を見ていると、 河村たかし氏は庶民的かつ、 いい意味での「泥臭さやハングリー精神」も持っている、という印象も受けます。 もちろん、彼の発言などには賛否あると思いますが、なかなかの人物だと思いますね。 まとめ 今回は、4月23日開票の名古屋市長選挙で3選(2011年の出直し選挙を含めれば4選)を目指す河村たかし氏について、気になることや思うことをまとめました。 名古屋市長としては2009年に戦後最多得票で初当選して、市民税減税を有言実行するなど、 市民から絶大な支持を受けていましたが、2期目ではその勢いはかなり落ちてきているという現実もあります。 もちろん、まだまだ市民からの人気も高いですし、選挙の強さに定評があるのも事実です。 これから河村たかし氏はどんな振る舞いを見せていくんでしょうか。 人気の記事• 学校法人森友学園への国有地売却問題が話題になっています。 172,385 views• 4月20日に、日本郵政が17年3月期連結決算で数千億円規模の... 132,867 views• アニメ映画「この世界の片隅に」にはいろんな伏線というか不思議... 120,085 views• ここ最近法務大臣の金田勝年さんが話題になってます。 111,873 views• 兵庫県の姫路市にある、認定こども園「わんずまざー保育園」が話... 84,287 views• 東京都渋谷区にある格安旅行会社「てるみくらぶ」が話題になって... 80,709 views• 大阪府豊中市の国有地売却問題が、ようやくメディアでも大々的に... 71,045 views• タイのプミポン国王が死去されて、その後継ぎにほぼ決まったのタ... 69,941 views• 完全オリジナルの秋アニメ『ユーリ!!! on ice』が始ま... 68,306 views• 映画『シン・ゴジラ』に出演している俳優、高橋一生さんの名言が... 64,042 views.

次の

ウェルカム!「名古屋市長特別秘書」田中克和(かつよし)君

河村たかし 河村商事

の河村市長は6月1日より、空席であった「長特別秘書」に田中克和(かつよし)氏を充てると発表したようだ。 おめでとうございます、田中様。 ウェルカムアーティクルです。 この田中克和(かつよし)氏は34歳、東区に住んでいるとされている。 保育園運営会社社員との事だが、なんのことはない、より挙に挑戦して落選した奥田かよ氏の経営する保育園に「身を寄せていた」ようだ。 この奥田かよという人物、挙の後に威勢よく政治を志すと宣言していた割には、その後の総選挙には出馬しないなど、良く判らない人物ではある。 また、最近の出来事としては昨年の元旦に、長と楽しそうに昼間から酒を酌み交わしていたことが確認されている。 もっとも、同日、つまり平成29年1月1日には、は大江破砕工場から失火を起こし、周辺住民に多大な迷惑をかけていたのだが、長たるものそんな事は関係ないし、そういった批判も奥田氏には関係がないのだろう。 それがクォリティだ。 田中克和(かつよし)氏の前任者は氏、奇しくも田中克和(かつよし)氏の特別秘書就任の直前に、埼玉県長選で華々しく落選されている。 おめでとう。 の埼玉県連も罪な事をする。 最下位落選とはなんとも華々しい。 田中克和(かつよし)氏は「担当」だそうだが、北角氏は何担当だったんだろう? 国際展示場移転問題の際に、あらぬ事業者を訪問して、とんでもないところに「長特別秘書」の名刺を置いてきてしまったらしいが、田中克和(かつよし)さんは、せいぜいお気を付け頂きたい。 なんといっても、この名古屋は全国的な組織の中枢がある都市であり、前後の不案内な者がさまよえば、あらぬことどもに足をすくわれもしかねない。 ちなみに愛知県警と長はあまり良好な関係を築いているとは言えない、いざとなった場合、県警の対応は後手に回らざるを得ないだろうことは、心のどこかに置いておいた方がいい。 (おお、なんて自分は親切なんだ) その他に北済氏の事績といえば、に長の私的な文書を持っていったことぐらいだろうか。 これが公務なのか政務なのか、私的な行動なのか、特別秘書として公的な行動なのか、そもそもそれらをどのように釈明すればいいか、北済自身理論構築できなかったようだ。 田中克和(かつよし)さん、安心したまえ。 この程度の人物で十分通用したのが「長特別秘書」だ。 しかし、の周辺からはどんどんどんどんどんどんどんどんヒトが消えていく。 そしてそういった人々の中で、成功したりと付き合って良かったというような話を聞かない。 まあ、もっとも、に近づいて、失望した者の話をたくさん聞いている私なので、そうした印象を持つのかもしれないが、それにしても見事なまでの実情だ。 (家業そのものだというツッコミは要らない) が自らの政治塾で語った言葉は「人生行き詰ったら、選挙に出ろ。 当選すれば一発逆転」というような言葉だった。 こんな公職やそれを選ぶを侮辱した言葉もない。 しかし、こんな言葉を口にしてもの一部は無責任にもそうした人物を選ぶ。 選んだ結果、その市長がなんらまともな施策を打たず、困惑するのが自分自身でも気が付かない。 豊かで、お人よしでやさしいのが、この美しい日本の国民性なのだろう。 は国会議員時代、議員年金やという議員特権を批判していた。 国会答弁で「議員年金は募金し受け取らない」と明言している、すでに年金受給可能年齢となって、その全額を募金可能な状態になっているが、この約束は果たされていない。 「議員は税金で食って極楽」と批判していたが、私から見ると、市長という立場こそ「税金で食って極楽」と言えるだろう。 「何を言っている、河村さんは立派な人だ、市長給与を800万円でやっている」というお人好しが居るが、何を見ているのだろうか? 長には公的な秘書業務を行う市長室がある。 そもそも2万5千人の全職員は法的には首長である市長の補助員だ。 有能な市長という者は、こうした2万5千人を自らの手足として、市民、住民の為に働く。 そこになぜ「特別秘書」が要るのだろうか? そもそもその人件費はどこから出ているのだろう。 河村商事か?のポケットマネーか? は、市長給与を800万円に減額したと騒いでいるが、その代わりに雇い入れたこうした特別秘書や民間からの課長級職員については語らない。 更に言わせてもらえば、内で行われている、学区連協などによる。 あのにはからが出されているが、その同等の金額は回収業者にも提供されている。 そうした豊富なで、立派な処分工場や、特殊作業車が走りまわっている。 こうした事柄自体が「既得権」なんじゃないのか? そんなに市民の税金を使う事を厭うなら、河村商事が受け取るこうしたについて返還したらどうか? 話が大幅に脇道にそれたが。 「人生行き詰ったら、選挙に出ろ。 当選すれば一発逆転」 すごい言葉だ。 こうした「一発逆転」にひかれて、が清州城からに向かった道を「人生逆転街道」と名付けているそうな。 なんとも郷土の英雄もバカにされたものだ。 もし、が当時いて、のように清州城を出発し、に向かおうとしたならば、それにつき従う軍勢は一人抜け二人抜け、に着くころには半分以下に減っているだろう。 そして、自分自身もの近くで酒でも飲んで「ヤケクソですわ」などと言い、「だ〜れもついてこん」と周辺の人間に責任転嫁するだろう。 がであれたのは、あの出陣の前に十分な準備を整えたからであり、そうした意味で「逆転」ではなかった。 強大な 北条今川を撃つには、あのタイミングしかなかったのであり、それでも 北条今川を撃ちきる事はできていない。 明白で適切な戦略目標、そして戦略目標に適合した日々の着実な研鑽。 更に時期を読むための情報収集と、迅速な判断。 その判断を信じうる自信と、部下の信頼。 こうしたものがにおけるの勝利を形成している。 「人生行き詰ったら、選挙に出ろ。 当選すれば一発逆転」 などといういい加減で無責任な考えで成立したのではない。 (とはいえ、戦争などという暴力行為は確かに不条理で非論理的な要因も多い。 そうした不条理性に自らの生死すら賭けられる信念も必要だが、果たしてそれすら、にチリほども有るだろうか?) ある機会に「なぜ、の周辺に居る者が、河村のそばを離れると落魄するのか」と問われた。 簡単だ。 「人生行き詰ったら、選挙に出ろ。 当選すれば一発逆転」 こんな言葉にしっぽを振って近寄っていくような人間が成功できるわけがない。 行き詰ったなら、自らを省み、何が悪かったのかを反省し、自身に残っているリソースは何なのか、そういった事柄を考えて再度地道な努力を積み重ねていく。 そうした中で起業であるとか、あるいは公職に立候補という選択肢もあるだろう。 しかし、そうした事全ては、自身を頼むのでなければならない。 のように、あるときには、あるときには、、はたまた。 ヒト頼み、風頼み、運任せに「一発逆転」を狙うような者は、最後に残ったコインで馬券を買うような者だ。 二世経営者であり、公共事業ので儲かっている河村商事の御曹司だったであれば、そんなバカな選択でも生きては来れた。 しかし、そうした恵まれた環境でもない者が、そんなバカな真似を見習って成功できるわけがない。 ま、なにはともあれ田中克和(かつよし)君、がんばってくれたまえ。 あ、一つだけ言い忘れたが、あまりには近寄らぬ事だ。 怖くてうるさいバカが、カメラを片手に君を監視しているかもしれないのだから。 追記: 情報提供をいただいた。 あんのじょう、インチキ政治家のおまじない 「子どもにツケをまわさない」がでかでかと掲載されている。 論が、 現在の日本において如何に誤りであるかは をご参照ください。

次の

河村たかし

河村たかし 河村商事

4月23日開票の名古屋市長選挙で河村たかし氏が3選(2011年の出直し選挙を含めれば4選)を目指しています。 河村たかし氏は2009年に、戦後最多得票で名古屋市長に当選してから、名古屋市の顔としてすっかり定着していますね。 政治にそんなに興味がない人でも、名前が出てこない人でも、「あ、この人か」と知ってる人は日本中にいるはずです。 河村たかし氏は2期目がかかった2013年の選挙でも、危なげなく当選して今に足るわけですが、3期目(2011年の出直し選挙を含めれば4期目)がかかった今回の選挙ではちょっと勝手が違います。 なぜなら、今回の選挙の対抗馬には、 河村たかし氏の元側近だった岩城正光氏がいるからです。 彼は河村たかし氏の2期目のときに副市長だったんですが、河村たかし氏によって解任させらています。 今ではその岩城正光氏がすっかり対立姿勢になってしまい、3期目がかかった2017年の名古屋市長選挙は実質、 岩城正光氏との一騎打ちになりそうです。 追記:2017年の名古屋市長選挙の結果、河村たかし氏の3選(2011年の出直し選挙を含めれば4選)が決まりました。 そんな河村たかし氏ですが、1期目の選挙の時はドラゴンズの帽子をかぶって自転車に乗って選挙活動をして、市民の心をつかむなど、 「庶民派」のイメージがありますが、 いったいどんな経歴の持ち主なんでしょうか。 河村たかしの経歴やプロフィール 河村たかし氏は1948年(昭和23年)11月3日に、名古屋市東区の古出来(こでき)町に生まれました。 現在68歳です。 河村たかし氏の父親である河村鈊男(かねお)氏は、1948年(昭和23年)に設立された河村紙業合資会社(今の河村商事株式会社)の初代社長です。 この「河村家」という家柄なんですが、 実は由緒のある家系だそうで、 尾張の徳川家に仕えた尾張藩士書物奉行の家系で、 学問の家柄ということで有名だったみたいですね。 1700年代に徳川家に仕えた、河村秀根(国学者、尾張藩士)は河村たかし氏の先祖なんだとか。 河村たかし氏という個人の印象でいえば庶民派のイメージですが、なかなかの家系に生まれていますね。 河村たかし氏の学歴ですが、 名古屋市立桜丘中学校、愛知県立旭丘高等学校、を卒業して1浪したあと、一橋大学商学部入学に入学して卒業していますね。 旭丘高等学校は愛知県でもトップクラスの公立高校ですし、もちろん一橋大学も難関校なので、河村たかし氏はかなり優秀な学生さんだったんですね。 でも、河村たかし氏は大学を卒業した後は、古紙回収業・卸売業の河村商事株式会社に入社します。 河村商事株式会社は、河村たかし氏が入社した当時は従業員数5名の零細企業だったんですが、リサイクルブームの追い風を受けて急成長して、今では従業員80名の企業に成長しています。 河村たかし氏はそこで専務を務めて、営業活動やトラックを運転して、ちり紙交換業者に頭を下げて回り、古紙の回収を行う日々を過ごしていました。 一橋大学などの学歴はまったく関係ない職業ですね。 ただ、河村たかし氏は、1975年に今の奥さんと結婚して、1977年あたりから法律家(検事)を目指して、河村商事で働きながら司法試験の勉強をはじめます。 そこから10年間(9回受験)、河村たかし氏は法律の勉強して、合格までかなりいいところまで行ったらしいんですが結局断念して、 そこから再起するために政治家を目指したんだそうです。 政治家としての河村たかし氏は、民主党に所属している期間に、衆議院議員を5期務めましたが、2005年に名古屋市長選挙に出馬して当選しました。 それ以来、河村たかし氏は「名古屋の顔」として、影響力の高い発言を繰り返しながら、さまざまな政策に取り組んできています。 河村たかしの家族は?息子は河村商事の取締役 河村たかし氏の家族なんですが、 ネットで調べた限りでは、奥さんと息子さん(長男)の情報だけが見つかっています。 奥さんは、国立音楽大学を卒業されていて、現在は河村商事株式会社取締役です。 河村商事のHPを見ると、会社概要の取締役の欄に 「河村名帆子」という名前が掲載されていますね。 国立音楽大学を出ているくらいなので、お嬢さん、という印象を受けます。 長男は一橋大学経済学部を卒業されていて、現在は河村商事の代表取締役社長です。 おなじくHPの会社概要には 「河村篤前」と記載されています。 河村商事の事業内容は、古紙や段ボールを中心としたリサイクル業ですね。 それは創業当時から変わらず、老舗という感じです。 また、河村たかし氏には 弟さん(河村剛太)がいたんですが、2014年3月に62歳という若さで亡くなられています。 河村剛太氏は東京大学大学院理学系研究科博士課程を経て、大阪府立高校数学科教諭を務めて、大阪府立島本高等学校教諭を最後に定年退職後、京都橘高等学校非常勤講師を務めていたそうです。 彼もまた高学歴ですが、教師としての人生を歩まれていたんですね。 それにしても、「河村家」の家系といい、本人や家族の高学歴っぷりといい、 河村たかし氏はけっこう裕福な家庭で生まれ育っていますね。 でもその反面、彼の普段の言動を見ていると、 河村たかし氏は庶民的かつ、 いい意味での「泥臭さやハングリー精神」も持っている、という印象も受けます。 もちろん、彼の発言などには賛否あると思いますが、なかなかの人物だと思いますね。 まとめ 今回は、4月23日開票の名古屋市長選挙で3選(2011年の出直し選挙を含めれば4選)を目指す河村たかし氏について、気になることや思うことをまとめました。 名古屋市長としては2009年に戦後最多得票で初当選して、市民税減税を有言実行するなど、 市民から絶大な支持を受けていましたが、2期目ではその勢いはかなり落ちてきているという現実もあります。 もちろん、まだまだ市民からの人気も高いですし、選挙の強さに定評があるのも事実です。 これから河村たかし氏はどんな振る舞いを見せていくんでしょうか。 人気の記事• 学校法人森友学園への国有地売却問題が話題になっています。 172,385 views• 4月20日に、日本郵政が17年3月期連結決算で数千億円規模の... 132,867 views• アニメ映画「この世界の片隅に」にはいろんな伏線というか不思議... 120,085 views• ここ最近法務大臣の金田勝年さんが話題になってます。 111,873 views• 兵庫県の姫路市にある、認定こども園「わんずまざー保育園」が話... 84,287 views• 東京都渋谷区にある格安旅行会社「てるみくらぶ」が話題になって... 80,709 views• 大阪府豊中市の国有地売却問題が、ようやくメディアでも大々的に... 71,045 views• タイのプミポン国王が死去されて、その後継ぎにほぼ決まったのタ... 69,941 views• 完全オリジナルの秋アニメ『ユーリ!!! on ice』が始ま... 68,306 views• 映画『シン・ゴジラ』に出演している俳優、高橋一生さんの名言が... 64,042 views.

次の