全てを包む闇 キリト。 【SAOアリブレ】12章 最後の戦い アドミニストレータを攻略するポイント

自由に遊んだらプレイヤー最強になっていました

全てを包む闇 キリト

声: 概要 が出会った「月夜の黒猫団」のメンバーで、。 ので右目の下に泣きほくろがある。 ソロプレイヤーだったキリトを他のメンバーと共にギルドに誘った。 当初ギルド内ではを使用していたが、キリトの加入と共に前線での役をこなす事になる。 ギルドメンバーとはのクラブ活動のメンバーでもあり、リアルでも知り合いである。 互いの関係も良好で、いつも軽口を叩き合っている。 デスゲームとなってしまったに恐怖を感じている 当然ではあるが。 ある夜に街中に脱走し、行方を追っていたキリトに発見され保護された。 その際に初めてその気持ちを全て吐き出した その時にキリトに一緒に逃げようと言っている。 死への恐怖から夜も眠れないという日々が続いており、脱走した日の夜はキリトと一緒に寝ることでようやく就寝出来た。 以降、キリトとはさらに親しくなっていった。 キリトも、サチに恐怖心を打ち明けたことで、サチやギルドの仲間達を必ず守るという決意を固めた。 しかし・・・。 最期 迷宮で仲間がトラップに引っ掛かってしまい、大量のモンスターに囲まれてしまう。 必死に応戦するものの、キリトでも防戦に手一杯であり、ギルドメンバーは次々と死亡してしまう。 そして、キリトの援護も間に合わずサチも戦死。 サチは戦いの最中に最期の言葉を残していたが、キリトには届かなかった。 この戦いでの悲劇はキリトの心に深い傷を残すこととなった。 「雪原の歌姫」にてHF以来の登場( 千年の黄昏は公式で番外編扱い)。 姿形はこれまで通りだが、使用銃器はにという儚さとは無縁の2丁。 一方衣装の「ムーンリット・キャット」は青と水色ベースの当時のイメージカラーをそのままに、らしくSF風にアレンジしている。 その正体はザ・シード連結体に記録された残留思念のようなものを元に生成されたクエストNPC。 生前の当人から数えて (上述通り千年の黄昏は番外編)。 クエスト用に内部に強固なブラックボックスを埋め込まれ記憶も失われていた。 クエストクリアに伴って消滅する寸前、役目から解放されたことで自身の正体を思い出し、故人はそれが自然であるとして三度電子の海へと消えていった。 …となるかと思われたが、クエストクリア報酬の機能によってデータは保存され、の素体に移植されることで(作中作設定とはいえ)、 まさかのとして復活することとなった。 君GJである。 ホロウ・データの彼女のように消滅せずに存在を確立したため、今後もしかしたらのように機械の体で、現実へと帰還できる日も来るかもしれない。 添い寝イベントではホロウの自分に嫉妬してみたりと甘々な展開を見せることもあれば、生前に抱えていたなんらかの願いを今のために秘めておくいじらしい姿を見せる。 なんでも、一度口にすれば自分と キリトの幸せが壊れる類らしく、詳細はプレイヤーにも明かされない。 原作トナカイを読んでいればなんとなく察してしまうのがかえって辛い。 ゲーム上の性能はデバフのスペシャリスト。 新実装のウィルス弾に加え各種ブレイク弾も揃っている。 武器はデフォルトでサプレッションとポイズンの状態異常がつき、クリティカルこそ望めないが安定して高めの攻撃力も保持。 そしてデバファー定番の電磁スタントラップも有している。 、と組めばアタック勲章がモリモリ貯まるだろう。 強いて欠点を挙げるなら、その高性能故かゲームのコマとしてはクリア後のおまけ、または初心者救済用であること。 通常モードでは他のDLC組同様ゲーム開始直後から使用できるが、DLCモードで使用できるのは雪原の歌姫メインストーリーのクリア後となる。 初回封入特典および有料DLCでプレイアブル化。 キャラクターのみの登場であり、ストーリー上には一切登場しない。 一応、解禁時に味方版七王同様のダミーアバターという設定が解説される。 今回の彼女は ALO仕様のプーカ族という、ファン感涙の仕様となっている。 主な武器は変わらず両手槍。 髪や目の色、衣装のメインカラーなど外見はほぼ変わらないが、新たにリボン付きの帽子をかぶり服はとなっている。 関連イラスト 関連タグ 物語開始前に消滅したヒロイン。 後の作品にデータとして封印されていることも繋がっており、何れも悲運な最期を遂げている。 (・悲劇のヒロイン繋がり)ちなみにサチと同じメンバーでもあるケイタとダッカーの声優は同作においてとを演じた。 (よく一緒に付けられている。 元々はユリンに付けられているタグ) (とののバトル前トークにて、キリトが「君みたいに魔法が使えたら、大勢の人が死なずに済んだのに」と言う、サチとの一件を思わせるやり取りがある。 ちなみに、深雪もサチもCVは同じである。 ) サブキャラクターは作中設定の各記事、及び各作品の個別記事を参照。 ネタタグやカップリングはキャラクターの個別記事及び下記のカップリング一覧を参照。

次の

【アリブレ】【すべてを包む闇】キリト 闇 直剣 4凸評価

全てを包む闇 キリト

最大HP 6000 最大MP 236 ATK 2160 MATK 2040 DEF 1164 MDEF 1116 CRIT 612 SPD 301 ソードスキルはA、B、Eスキルを所持しています。 Aスキルの敵単体への斬攻撃(特大)は、かなり威力が高く、いいダメージディーラーになってくれますね。 またBスキル持ちなので、イベントボスでもいい仕事をしてくれるのがうれしいところ。 Eスキルは物理耐性アップ、心意スキルは心意斬攻撃と、物理系によったスキルがそろっています。 属性は闇で、光属性とはお互いにダメージを高めあう関係にあります。 火水土風についてはニュートラルなので、どんなデッキにでも組み込んでいけるかと。 星4【果てに咲く薔薇】ユージオ 水属性 最大HP 6300 最大MP 239 ATK 2060 MATK 2000 DEF 1092 MDEF 1104 CRIT 594 SPD 299 ソードスキルの種類はC、A、Hスキル。 Cスキルは心意スキルを使う準備を整えるためには重要で、パーティに2人いるとだいぶ安定して心意スキルを使っていける印象です。 攻撃スキルに斬属性だけでなく魔属性もあるのはうれしいところですね。 2019年12月3日時点の話ではありますが、オーディナルバトルだとユージオの弱点属性である土属性の【金木犀の騎士】アリスを採用しているパーティに出くわすことが多く、オーディナルバトルに関しては、Cスキル持ちの手が足りていれば編成から外す場合も。 この辺、プレイしているうちに土属性に有利な風属性のキャラクターを採用するプレイヤーが増えてくるなど環境が変わっていく気がしますので、そうなればきっとユージオももっと活躍できると思います。 星4【金木犀の騎士】アリス 土属性 最大HP 5940 最大MP 225 ATK 2220 MATK 2060 DEF 1104 MDEF 1176 CRIT 618 SPD 298 所持ソードスキルはA、B、E。 特にAスキルは敵全体への斬攻撃(大)で、育成が進んだ状態だとこれ1発で戦況を決めてしまえるくらいの強さがあります。 またBスキルもイベントボスなど心意スキルを使う敵にかなり有効。 サポートキャラにこのアリスを設定しているプレイヤーも多いので、自分でお迎えしていなくても性能を把握しているって人も多いのではないでしょうか? まとめ:このピックアップはまわすべき? 最後に、もしもこの記事を読んでいる人がこの3人を持っていないのであれば、初回半額だけでも回す価値は大いにあると思います。 誰が当たっても相当美味しいです。 特にアリス。 他の2人も当然強いです。 てけおんはイベントボスではBスキルとCスキル持ちをそれぞれ2~3人、オーディナルバトルではCスキル2人とBスキル1人は入れておきたいなと思っています。 オーディナルバトルでは、現在のところ先に心意スキルをたたき込めばたいていの場合勝つことができますので、Cスキル持ちが2人いれば、だいぶ安定して戦えるんじゃないかなと。 どちらにせよ、Cスキル持ちとBスキル持ちは引く手あまた。 せっかく当てても使いどころが……なんて心配は、少なくとも今のところ(2019年12月3日現在)はありません。 また、解放結晶狙いという考え方ももちろんあり。 本作では限界突破していくことで、ソードスキルやパッシブをより強化できるようになっていきます。 ただ、解放結晶などはイベントなどでも入手する機会がありますので、そのあたりは皆さん自身のパーティ状況や懐具合をよく考えたうえで回すかどうかを決めるといいでしょう。 てけおんも初回半額を回そうかな~とも思いましたが、北九州ポップカルチャーフェスティバル2019で、が告知されてしまっているんですよね……! 念のため、今回はおとなしくしておきたいと思います。 事実と異なる点などは、分かり次第、訂正していきます.

次の

サチ(SAO) (さち)とは【ピクシブ百科事典】

全てを包む闇 キリト

[chapter:log out] 冷ややかな風がそっと頬を撫でる。 月も出ていない夜の闇に一人、俺は紛れていた。 前方に見えるプレイヤーは敵は警戒すれどもこちらは警戒していないらしく、きょろきょろと辺りを見回している。 それはそうだろう、このコートは現時点では最高級品で隠蔽率にかなりのボーナスがある。 普通であれば気づかないだろう。 装備からしてかなりの高ランクプレイヤー、攻略組だろうがいくら攻略組でも隠蔽スキルを使われていると索敵スキル、それも上位のを持っていないと看破は難しい。 もうそろそろ始めても良いだろうか。 そう心の中で呟き、ストレージから剣を実体化させる。 それ程威力は高くないのでモンスターを倒すには使えないが、遊ぶにはちょうど良い。 [newpage] 足音もたてずに背後に駆け寄り相手の喉元に剣先を当てる。 ようやく相手が気づいたがもう遅い。 軽く鼻で笑い、蹴飛ばして地面に叩きつけると相手は簡単にのびてしまった。 「やあ。 こんにちは。 いや、こんばんはと言うべきかな?」 一瞬彼は驚いた顔をしたが、すぐに顔が赤く染まっていった。 「お前…人を蹴っておいて謝罪の言葉も無しか?」 「挨拶をしただけじゃないか。 そんなに怒らなくても良いんじゃないかなぁ?」 「正気か?冗談で言っているのか?」 「さあどうだろうね。 でも___。 [newpage] 正気だったらやってないだろう?」 直後高速でソードスキルを叩き込む。 右上から左下へ。 左下から左上へ。 光の筋が空中へ流れるたびに真紅のポリゴンが散っていく。 「ぐあぁっ!!」 不協和音のような叫び声がフィールドに響く。 だが、その叫びは誰にも届くことはない。 「おいおいもう終わりか?」 もっと遊べるかと思ったが、この調子ではつまらない。 一旦攻撃を終了し相手を地面に転がす。 相手のHPはまだ半分近くあるが、別に問題ではない。 体は足で踏みつけ身動きが取れないようにしてから彼の顔を覗き込むようにして、挑発を続ける。 「面白くないなぁ。 せいぜいトッププレイヤーなんだったら抵抗位してみたらどうかな?それとも攻略組とやらはそんなものなのかな。 」 ここで俺の予想通りであれば__。 「なんだと!?攻略組を馬鹿にする気か?貴様らが邪魔をするせいで攻略が進まないんだろう!」 ああ面白い。 全てが自分の思い通りになって行く。 ここで一気にたたみかける。 「そんな暢気に挑発に乗っていて余裕だなぁ?君のHPはどんどん削られているんだけどな。 さて、もうそろそろフィニッシュといこうか。 」 「なっ…!?」 さっきといい今といい、本当に反応が遅い。 挑発に乗っていては自己を忘れると頭を冷やせばわかるだろうに。 [newpage] それ程威力は無い剣だが、それは武器で攻撃した場合だ。 元々は毒に耐性があり通常の剣は腐食され耐久値が減少し、剣が折れて使い物にならなくなってしまう量の約3倍の量でも全く問題無いのだ。 しかも武器自体は軽いため、殆ど重さを感じない。 刺さっていてもこちらの話に乗っていて気づかず、HPバーも攻撃されていないと思って見ていなかったのだろう。 剣も持っておらず普通であればわかるはずだがというよりは看破された時を想定し作戦を練っていたのだが、それは無駄だったようだ。 毒はかなりコーティングして塗ってあるのでじわじわと効いていくようになっている。 だから最初の1分はダメージを与えられないが、そこからは急速に減っていく。 プラスで麻痺毒も混ぜてあるため、恐らく彼はもう動く事が出来ない。 「くそ…麻痺毒か…」 麻痺毒が効き始めたようだ。 苦しいのか顔を歪めている。 口を開き、何かを言っているようだが、何も聞こえない。 最期の言葉も残せないとはどのような心情だろうか。 悔しい?情けない?腹立たしい? もうどうでも良い。 どうせ彼は俺の欲を満たすだけの存在でしかない。 「さあ、終わりにしようか。 」 元の愛剣エリュシデータを右手に持つと今までとは違った風が周囲に吹き始めた。 周囲の空気全てが凍りつき、身に突き刺さってくる。 しかし痛みは感じない。 あの時。 あの時に比べればこんな痛みなど___。 左胸に感じた何かを振り払うようにして、単発重攻撃《ヴォーパル・ストライク》を発動させる。 真紅の光を帯び、外燃機関のような轟音とともに放たれた一突きはそのまま相手の装備ごと貫き、彼のHPがゼロになった。 「log out」 青いポリゴン片へと変わり、直後四散。 青い光が空気中に漂い消えていくのを俺はただぼんやりと眺めていた。 [chapter:log out] 冷ややかな風がそっと頬を撫でる。 月も出ていない夜の闇に一人、俺は紛れていた。 前方に見えるプレイヤーは敵は警戒すれどもこちらは警戒していないらしく、きょろきょろと辺りを見回している。 それはそうだろう、このコートは現時点では最高級品で隠蔽率にかなりのボーナスがある。 普通であれば気づかないだろう。 装備からしてかなりの高ランクプレイヤー、攻略組だろうがいくら攻略組でも隠蔽スキルを使われていると索敵スキル、それも上位のを持っていないと看破は難しい。 もうそろそろ始めても良いだろうか。 そう心の中で呟き、ストレージから剣を実体化させる。 それ程威力は高くないのでモンスターを倒すには使えないが、遊ぶにはちょうど良い。 [newpage] 足音もたてずに背後に駆け寄り相手の喉元に剣先を当てる。 ようやく相手が気づいたがもう遅い。 軽く鼻で笑い、蹴飛ばして地面に叩きつけると相手は簡単にのびてしまった。 「やあ。 こんにちは。 いや、こんばんはと言うべきかな?」 一瞬彼は驚いた顔をしたが、すぐに顔が赤く染まっていった。 「お前…人を蹴っておいて謝罪の言葉も無しか?」 「挨拶をしただけじゃないか。 そんなに怒らなくても良いんじゃないかなぁ?」 「正気か?冗談で言っているのか?」 「さあどうだろうね。 でも___。 [newpage] 正気だったらやってないだろう?」 直後高速でソードスキルを叩き込む。 右上から左下へ。 左下から左上へ。 光の筋が空中へ流れるたびに真紅のポリゴンが散っていく。 「ぐあぁっ!!」 不協和音のような叫び声がフィールドに響く。 だが、その叫びは誰にも届くことはない。 「おいおいもう終わりか?」 もっと遊べるかと思ったが、この調子ではつまらない。 一旦攻撃を終了し相手を地面に転がす。 相手のHPはまだ半分近くあるが、別に問題ではない。 体は足で踏みつけ身動きが取れないようにしてから彼の顔を覗き込むようにして、挑発を続ける。 「面白くないなぁ。 せいぜいトッププレイヤーなんだったら抵抗位してみたらどうかな?それとも攻略組とやらはそんなものなのかな。 」 ここで俺の予想通りであれば__。 「なんだと!?攻略組を馬鹿にする気か?貴様らが邪魔をするせいで攻略が進まないんだろう!」 ああ面白い。 全てが自分の思い通りになって行く。 ここで一気にたたみかける。 「そんな暢気に挑発に乗っていて余裕だなぁ?君のHPはどんどん削られているんだけどな。 さて、もうそろそろフィニッシュといこうか。 」 「なっ…!?」 さっきといい今といい、本当に反応が遅い。 挑発に乗っていては自己を忘れると頭を冷やせばわかるだろうに。 [newpage] それ程威力は無い剣だが、それは武器で攻撃した場合だ。 元々は毒に耐性があり通常の剣は腐食され耐久値が減少し、剣が折れて使い物にならなくなってしまう量の約3倍の量でも全く問題無いのだ。 しかも武器自体は軽いため、殆ど重さを感じない。 刺さっていてもこちらの話に乗っていて気づかず、HPバーも攻撃されていないと思って見ていなかったのだろう。 剣も持っておらず普通であればわかるはずだがというよりは看破された時を想定し作戦を練っていたのだが、それは無駄だったようだ。 毒はかなりコーティングして塗ってあるのでじわじわと効いていくようになっている。 だから最初の1分はダメージを与えられないが、そこからは急速に減っていく。 プラスで麻痺毒も混ぜてあるため、恐らく彼はもう動く事が出来ない。 「くそ…麻痺毒か…」 麻痺毒が効き始めたようだ。 苦しいのか顔を歪めている。 口を開き、何かを言っているようだが、何も聞こえない。 最期の言葉も残せないとはどのような心情だろうか。 悔しい?情けない?腹立たしい? もうどうでも良い。 どうせ彼は俺の欲を満たすだけの存在でしかない。 「さあ、終わりにしようか。 」 元の愛剣エリュシデータを右手に持つと今までとは違った風が周囲に吹き始めた。 周囲の空気全てが凍りつき、身に突き刺さってくる。 しかし痛みは感じない。 あの時。 あの時に比べればこんな痛みなど___。 左胸に感じた何かを振り払うようにして、単発重攻撃《ヴォーパル・ストライク》を発動させる。 真紅の光を帯び、外燃機関のような轟音とともに放たれた一突きはそのまま相手の装備ごと貫き、彼のHPがゼロになった。 「log out」 青いポリゴン片へと変わり、直後四散。 青い光が空気中に漂い消えていくのを俺はただぼんやりと眺めていた。

次の