北斗天昇フリーズ。 北斗の拳 天昇(北斗天昇) スロット

北斗天昇【設定・トロフィー・エイリアン・画面】解析

北斗天昇フリーズ

もちろんAT直撃もあるぞ。 【通常時のステージ】 通常時のステージは4種類存在。 荒野ステージ・・・0~100G間滞在する「七星チャージ」「昇舞魂」高確率ゾーン さらに激闘ボーナス当選時に強敵1人撃破が確定する 城下町ステージ・・・基本 渓谷ステージ・・・基本 地下通路ステージ・・・断末魔ゾーン前兆 【昇舞魂】 通常時はレア役や規定ポイント到達で昇舞魂の獲得抽選を行う。 これは激闘ボーナス中のバトルレベルと小役レベルに変換される重要な役割を持つ。 昇舞魂が多いほど激闘ボーナス勝利に近づくわけだ。 【七星チャージ】 ・世紀末ポイント上乗せ特化ゾーン ・レア役から突入 ・7G継続 消化中のレア役は大量ポイント上乗せに期待。 尚、複数セット継続することもある。 忘れずにタッチしよう。 あべし!! ・・・通常B以上? ひでぶ!! ・・・通常C以上? ヘブン!! ・・・チャンスモード? 【通常時のモード】 通常時はCZ「断末魔ゾーン」突入に影響する4つのモードが存在。 高モードほど天候変化が発生しやすい模様。 バトル開始画面ではまずバトルレベルに応じて勝利抽選を行い、漏れた場合はバトル消化中に 小役レベルに応じて成立役で勝利抽選を行う流れとなる。 それぞれ最大レベル10まで存在しており、どちらかがレベル10なら勝利期待度は99%となる。 【中段チェリー停止】 成立役:強チェリー 中右リール適当打ち。 【角チェリー停止】 成立役:弱チェリーor強チェリー 中右リール適当打ち。 【下段北斗停止】 成立役:ハズレorリプレイorベルorチャンス目 中右リール適当打ち。 【上段スイカ停止】 成立役:スイカorチャンス目 中右リールは赤7を目安にスイカを狙う。 【中段ベル停止】 成立役:ベルorチャンス目 左右リール適当打ち。 中段ベルテンパイ+右下段ベル・・・チャンス目 【中段スイカ停止】 成立役:スイカ 左リールに北斗を目安にスイカを狙い、右リールは赤7を狙う。 【中段北斗停止】 成立役:リプレイor強チェリーor弱チェリー 右リールを適当打ちし、リプレイテンパイ時は左適当 リプレイ非テンパイ時は左にチェリーを狙う。 ただし赤7リプレイは全設定共通だ。 その他の確率は現在調査中。 ここでAT非当選の場合は次回CZ天井200Gのチャンスモードへ移行確定のため回そう。 【ヤメ時】 CZ・AT終了後に状態を確認してヤメ。 ただし七星チャージ終了時や天候などで高モードが確定するパターンもあるため 注意しよう。 ただ高設定域の機械割の高さと、リゼロや星矢SPなどの低設定と高設定でのAT獲得枚数に そこまで差が無いという点は良い。 設定差に関して。 激闘ボーナス確率はそこまで設定差が無いということからAT初当たり確率に 大きな設定差があるのは間違いないだろう。 あとは北斗と言えば小役確率なので、そこと、モード移行率や確定画面などから 設定を看破していくこととなる。 導入台数も多く、ホールもリゼロに続く6号機のメイン機種として稼働させたいはずなので それなりに力を入れてくるはずだ。 ただしサミーだけに機械割詐称疑惑もあるので、初動がどういった動きをするのか注目だ。 サミーのトップコンテンツなので蒼天のような出率詐欺で客飛びなんてことには ならないとは思うが果たして・・・ 当サイトの人気記事• 124. 5k件のビュー• 『押忍!番長3』 (2017年4月3日導入済) タイプ:ボーナス+ART 導入台数:約30000台... 8k件のビュー• 『押忍!番長3』 (2017年4月3日導入済) タイプ:ボーナス+ART 導入台数:約30000台... 3k件のビュー• 『HEY! 5k件のビュー• 『アメリカン番長HEY! 1k件のビュー• 1k件のビュー• 1k件のビュー• 『アメリカン番長HEY! 3k件のビュー• 3k件のビュー• 9k件のビュー.

次の

北斗の拳 天昇 北斗揃い・フリーズ解析|フリーズ確率 契機 恩恵 平均獲得枚数 バトル継続率

北斗天昇フリーズ

内部モード別の天井ゲーム数に関しては 通常Aが700G、 通常Bが600G、 通常Cが400G、そして チャンスが200Gとなっています。 また、天井到達時の挙動は状況によって異なり、通常A最深部以外では断末魔ゾーンを経由して激闘ボーナスに当選しますが、通常A最深部に到達した場合は断末魔ゾーンを経由せず激闘ボーナスに当選します。 さらに、通常A天井到達時にAT「真・天昇ラッシュ」非当選だった場合には激闘ボーナス終了後に有利区間がリセットされず、 次回チャンスモードへの移行が濃厚になるようです。 法則性は非常にシンプルで、 有利区間開始から1回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合には有利区間を引き継ぐというもの。 そして、2連続で真・天昇ラッシュに非当選だった場合、真・天昇ラッシュに当選して通常時に転落した場合には有利区間がリセットされます。 【オンラインカジノを始めたい人必見】 天井狙い目 内部モードやゾーン振り分け解析次第で狙い目は微調整していきますが、現時点での北斗の拳 天昇の天井狙い目は、通常時300Gハマリを目安ということにしておきます。 世紀末ゾーン突入に関わる世紀末ポイントや激闘ボーナス突破率に影響する昇舞魂の貯まり具合も考慮する必要がありそうですが、状況不問と仮定しても300G程度までハマっていればまず問題ないでしょう。 なお、その時点のハマリゲーム数は液晶左下に表示されているので、天井狙い稼働の際には液晶で正確なゲーム数を把握するようにしてください。 具体的には、 有利区間開始から400G以内に激闘ボーナスに当選している場合は130Gハマリ前後、 有利区間開始から401G以上で激闘ボーナスに当選している場合はゲーム数不問で天井狙いということで。 有利区間リセット後の天井狙い目に関しては、200Gゾーンをカバーしながら激闘ボーナス当選まで打ち切れる 190G~ということに変更します。 内部モードによって期待度の高いゾーンが異なる機種が多いですが、北斗の拳 天昇はどのモードも百の位が偶数ゲーム数がゾーンとなっているようです。 現時点では詳細振り分けは不明ですが、実戦値の200Gゾーンの当選率次第で天井狙い目を調整します。 ゾーン狙い目 現状は狙い目となるゾーンはなしということにしておきますが、実戦値や解析続報が入り次第ゾーン狙い目は再考察します。 ゲーム数のほかに狙い目になりそうなのは世紀末ポイント。 ただ、現時点では世紀末ポイントと昇舞魂の貯まるペースがどのくらいか分からないので、こちらも続報が判明次第追記していきます。 やめどき 北斗の拳 天昇のやめどきは激闘ボーナス、真・天昇ラッシュ終了後に即やめということで。 ただ、天井恩恵の項目で解説した通り、 最深天井到達時に真・天昇ラッシュ非当選だった場合はチャンスモードへの移行が濃厚となるので、その場合は激闘ボーナス当選までフォロー。 なお、激闘ボーナス終了後や真・天昇ラッシュ終了後には基本的に七星チャージ突入率&昇舞魂獲得率が優遇された『荒野ステージ』に移行しますが、スペック面やゲーム性を踏まえるとフォローする必要はないと考えています。 とは言え、詳しい解析や実戦値を見ないことには断定できませんし、最深天井到達時以外にも有利区間を引き継ぐ可能性があるので、もしやめどきに変更があれば改めて追記します。 まず、 真・天昇ラッシュ終了後や有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合は即やめということでいいでしょう。 北斗の拳 天昇はクレジットの右側に有利区間ランプがあるので、不安な場合は有利区間ランプが消灯したことを確認しておくとより安心です。 また、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが400G以内の場合も真・天昇ラッシュ後と同じく 即やめで。 そして、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが401G以上かつ真・天昇ラッシュ非当選だった場合は 次回激闘ボーナス当選までフォロー。 この時も心配なら有利区間ランプが一旦消灯しないかどうかを確認しておきましょう。 【やめどき】 ・真天昇ラッシュ終了後(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真天昇ラッシュ非当選(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から400G以内に1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):即やめ ・有利区間開始から401G以上で1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):激闘ボーナス当選まで <解析まとめ・記事一覧>.

次の

『パチスロ北斗の拳天昇』天井救済措置あり!導入日、スペック、機械割、小役確率、設定差、フリーズ恩恵、天井・ヤメ時。

北斗天昇フリーズ

この記事では、• 天井条件・天井ゲーム数・天井恩恵・期待値• 天井狙い目・やめどき• 有利区間引き継ぎ時の狙い目• ゾーン・ゾーン狙い目• 朝一の挙動・リセット判別・リセット恩恵• 世紀末ポイント・昇舞魂狙い目• 天井狙いの考察 をまとめています。 この記事を見に来てくださったということはご存知かもしれませんが、 北斗天昇はハイエナ機としてかなり優秀です。 この記事では 北斗天昇で絶対打った方がいいポイント、打たない方がいいポイントを徹底的に解説しています。 それではご覧ください。 北斗の拳 天昇は昇天演出発生後に押し順ベルを無視をする事で 最大枚数獲得することが可能です。 なのでGETの枚数の部分を2385枚に調整して押し順ベルを2回揃えたところ、最大枚数の2412枚獲得することが出来ました。 ですが天昇はリゼロや金太郎よりも純増が低いため、せっかく調整してもハズレが来て台無しにされるケースが多いです。 あまり調整に時間がかかってもしょうがないので、最近では誤差3枚以内ならサクッと調整してATを終わらせてますね。 天井狙いのまとめ 北斗天昇は かなり天井狙い向きの機種と言えそうです。 6号機だとが非常に甘かったですが、それに近いくらい甘いですね。 リゼロよりは期待枚数と天井占有率が低いのでちょっと見劣りしてしまうのですが… それでも6号機の中ではトップクラスに甘いです。 天井狙いのコツは、 とにかくボーナス終了後の台を重点的に探すことですね。 これは予想なのですが、有利区間継続後は激闘ボーナス継続後、勝負魂がバトルレベルではなく小役レベルの方に変換されやすいのではないでしょうか?それが結果として、AT当選率優遇に繋がっているのでは? 有利区間リセット後に比べ、明らかに小役レベルの方に上昇が寄っている気がします。 …ひょっとしたらただの偏りかもしれませんが。 多分これ、3セット目までは保証ですよね?500枚オーバー94%というのも、そこまで保証はするけど、純増が悪かった場合は500枚切る事もあるよ、っていう事だと思うのですが。 隣は350枚とかで終わってるのもありましたし。 たまたま自分が偏ってるだけなら良いのですが…本当に期待枚数詐欺だと、ハイエナ効率も落ちてしまいそうですね ひょっとするとATレベルのようなものが内部的にあって、高いレベルだと良い保留を獲得しやすい=続きやすい、みたいなのがあるかもしれませんね。 現に北斗揃いが存在する訳ですし。 玉は100ゲーム以内なら強チェ以外のレア役でも貯まるので、そこでの偏りが最終的な個数に直結します。 ですので、前回200当たりの有利区間継続狙いの場合、100ゲーム過ぎて0個の台などはかなり期待値が下がると思うのですが。 これってつまり、初回は600以降を選択していたという事になるにも関わらず、次回が400だったので、実際に当たったゲーム数が参照にされるという事ですよね? 400手前で世紀末のバトルに入り、ギリギリ400を超えて確定告知が出た場合はどうなるか分かりませんが…。 50で入る断末魔が伸びて、100ゲームを超えて確定した場合も、100ゲーム以内の撃破ストックは有効なので、下手すると400以内の天井短縮補正が適用される可能性があると思いますが 最近よく研究目的も含めてゲーム数不問で奇数回スルー台を漁りまくってるんですけど これはもう経験則でしか無いんですが、有利区間継続時の高確 1〜100 より有利区間リセット直後の高確の方が明らかに昇舞玉の獲得率が高い気がします。 奇数回スルー台を打つと高確中でも中チェ引かないと玉なんて獲得できないんですけど、リセット直後だとスイカでも玉くれます。 たまたまなのかもしれませんが感覚的にあまりにも顕著な差がある気がします。 高確回して玉0になるのって殆どが奇数スルー台打ってる時なんですよね。 何も知らずにリセット直後の台でも打ちまくってた時なんて1〜100回して玉0なんて一回も無かったんですし、強チェ引いて玉2個貰うなんてザラに有りました。 最近は奇数スルー台メインで0からでもバンバン打ちますが玉が全然貯まりません。 2個溜まるなんて今では信じられません。 その分当たるのは早いんですけどね。 ここまでくどく書いたのには理由がありまして、 結局奇数スルー時は当たりは早いが 推測ですが 元々玉がたまりにくい上に当たりも早いから激闘ボーナスの突破率は低め。 リセット直後は当たりは遅いが 推測ですが 元々玉が貯まりやすく、当たりも遅いから激闘ボーナスの突破率高め。 つまり、もしかしてどっち打ってもトータルの期待値は変わんないんじゃ…?って話です。 もちろん推測が当たってればの話ですけどね。 モードBとCは雨雪が非常に降りやすく、むしろ天国は降り辛いという振り分けで、有利区間継続後は必ずB以上なので、雨雪降らない=相対的に天国の期待度が高まり、そのおかげで200ゾーンでのデキレに当選しやすくなっているのではないかと思うのですが、どうでしょうか? 今まで意識しだしてから、600以内の当たり後の有利区間引き継ぎ後、雨雪無し時は10の8程で200で当選、逆に雨雪アリの時はもう10連続位200のデキレスルーしてます。 単なる偏りにしては、極端過ぎる気がするのですが…如何ですかね?.

次の