ユーラ ヴェン ガンダム。 HGBD ユーラヴェンガンダム レビュー

ユーラヴェンガンダム

ユーラ ヴェン ガンダム

HGBD ユーラヴェンガンダム レビュー HGBDよりキット化されたユーラヴェンガンダム。 価格は1,760円です。 付属品はコアスプレーガン、コアディフェンサー、ウラヌスアーマー、 持ち手、左平手、サーベル刃、ウラヌスアーマースタンド、それにランナーレスタイプのディスプレイスタンドが付属します。 今回アーマー用のスタンドは裏側に手首を収納できるようになっていました。 シールは各種センサー類を補うホイルシールのみです。 コアガンダムのランナーが使われているので一部余剰パーツがありますが ノーマルのコアガンダムには組めません。 まずはコアガンダムII。 こちらはヒロトが新たに作り上げたコアガンダムで性能が向上した他、新たにコアフライヤーへの変形ギミックも搭載されています。 キットの方は関節の大部分がコアガンダムの流用ですが 外装は大部分が新造されノーマルのコアガンダムよりスタイリッシュな姿になっています。 装甲のデザインはより複雑な印象になりクリアパーツが使われている部分も増えています。 キットな成形色でほぼ色分けされていて、肩の黒ラインなどが足りないぐらいでかなり高い再現度でした。 構造はコアガンダムほぼそのままなのでポリキャップはPC002が使われています。 頭部アップ。 コアガンダムと並べてみました。 マスクはスリットがないタイプになり額部分もクリアパーツに。 センサー類はシールがありますが頬ダクトやバルカンなどは塗装が必要です。 合わせ目は段落ちモールド化されていました。 胸部はデザインこそ似ていますが腹部やフンドシ部分が長くなりよりスマートな印象になりました。 またクリアパーツも増えています。 バックパックは共通ですがサーベルが変更されています。 腕部は肩アーマーや上腕が複雑なデザインになりましたがこちらも合わせ目はディテール化されています。 また今回は新たに左平手が付属しています。 ノーマルの腕部と並べるとよりメリハリのついた造形になっています。 手首ですが、従来の手首の他、一体成型の持ち手が付属。 穴あき手なので見栄えは悪くなりますが勝手にバラけたりする事が無くなります。 脚部も大腿部や足のデザインが変わり、若干長くなりました。 足首は足の甲の装甲が長くなり足裏にはつま先部分に肉抜きあり。 また左右分割なので一部に合わせ目が出ます。 可動範囲ですが基本的に従来のを踏襲しています。 ですが今回新たに腹部に可動ポイントが追加されさらに胴体が柔軟に動くようになっています。 下半身は特に変わりませんでした。 コアガンダムと比較。 装甲が複雑なデザインになりより進化した印象です。 続いてウラヌスアーマー。 他のプラネッツシステム同様装甲をフレームに合体させる事でサポートマシンになります。 三角形のシルエットでなかなかボリュームがあるアーマーになっていました。 フレームは新造されたためパーツ配置は若干変わっていて脚なども広がるように装着されているのが特徴的です。 フレームには3mm穴があるのでこちらも浮かせて飾る事ができます。 ただ個体差もあるのか自分の物は肩アーマーやライフル後端のパーツなどがちょっと外れやすく感じました。 武器を装備させたコアガンダムIIと並べて。 今回はコアガンダムIIにコアディフェンサーというシールドとしても機能する巨大な武装が追加されています。 付属武器のコアスプレーガン。 こちらは従来のコアガンダムの流用で特に変わった所はありません。 続いてコアディフェンサー。 こちらは巨大なシールド状のパーツでかなり存在感のある武装になっています。 かなり巨大ですが保持は十分可能。 今回新たに追加された持ち手のおかげで手首がバラけてストレスを感じるような事もありません。 またディフェンサーは先端を取り外し、差し替える事で バックパックに取り付ける事が可能です。 こちらは背面のボリュームが一気に増し、ちょっと変わったシルエットに変化します。 テール部分は軽く曲がった状態で固定されるので垂れ下がる事はありません。 一応ウラヌスアーマーに乗せる事も出来はしましたが、かなり不安定なのでスタンドなどで支えないと危ないです。 サーベル刃は流用でクリアピンクの物が2セット付属。 グリップはバックパックに取り付ける関係で穴が十字になっているのでサーベルの向きを90度変えて挿し込む事も一応可能でした。 続いてコアフライヤーへの変形ギミック。 こちらはコアガンダムIIで新たに追加されたギミックです。 まず本体は手や膝を曲げ、太ももや足首を回転させたら首を180度回し コアディフェンサーの基部を背中に装着。 最後にスプレーガンを接続した機首部分を取り付けてコアフライヤーの完成です。 こちらも鋭い三角形のシルエットです。 機首パーツのセンサーは色分けされていませんがシールあり。 特に複雑に変形する訳ではないのでロックなどはないですが姿勢は安定しています。 ギミックが追加されていてコアガンダムIIだけでもかなり遊べますね。 続いてユーラヴェンガンダムへの換装ギミックです。 とはいっても他の機体と特には変わらず、各装甲を外して本体に組み付けていくだけです。 フレームは新造されていて高さのある物になっていました。 長距離狙撃仕様のユーラヴェンガンダムの完成。 こちらはベースとしてアースリィガンダムを採用し射撃に特化したチューニングを施した機体なそうです。 とは言ってもアーマーの形状は大きく変わっていて肩や脚部のボリュームもあり センサービットなど変わった装備も装着されています。 換装箇所は他のガンダムと変わらないのですが、コアディフェンサーもドッキングするため 一気にボリュームが増した印象があります。 コアディフェンサーやビットがよく見える背面はかなりの迫力です。 頭部アップ。 頭部は他と同様にアンテナを追加する形式です。 胴体は紺色のアーマーで覆われるのでガラッと色の印象が変わります。 背面には3基のセンサービットが装着されていました。 コアディフェンサーを外すと長いリアアーマーが見えます。 バックパックとディフェンサーは角型のジョイントで接続しますがちょっと緩めな印象。 個体差もあるかと思いますがポロポロ落ちるようなら少しきつくすると良いかも。 アーマー裏は裏打ちパーツこそありませんがディテールが入っていて見栄えが良いです。 腕部は肩アーマーが大きめで中央のモールドは塗装が必要です。 ですが合わせ目はディテール化されていました。 肩に取り付けられているセンサービットは画像のように前方に向ける事ができます。 ビットのセンサー部分は色分けされていませんがシールあり。 ボリュームのある脚部。 以前のプラネッツシステムは足首が飛び出ていた印象がありましたが こちらは脹脛の装甲と一体化され綺麗なラインになっています。 スラスター部分にもディテールがありますが足裏は肉抜きが多めでした。 可動範囲ですが他の機体同様肩の跳ね上げギミックがなくなるため 腕はコアガンダムII時より上がらなくなります。 ですが追加された腹部可動は変わらず有効でした。 足首は接地も良好で良く動きますが リアアーマーなどが大型なので若干干渉する場合があります。 ビームシュートライフルU7。 こちらは大型のライフルでコアスプレーガンをドッキングさせます。 バレル部分を収納した状態だとビームライフルモード、 バレルを伸ばせばスナイパーライフルモードとなるそうです。 持たせる場合手首の他、前腕にも接続。 フォアグリップは収納式で合わせ目もディテール化されています。 もちろん無理なく両手持ちも可能。 前腕にも接続するため手首が負けるような事もありません。 センサービットは全て取り外し可能。 3mmピンなのでアクションベースなどに付属するジョイントを噛ませる必要はありますが 浮かせて飾る事も出来ます。 今回は平手があるので左手を添えるような構えも出来ます。 やはり手首オプションがあるのは嬉しいですね。 ケーブルは再現されていませんがレッグセンサーユニットも取り外し可能。 こちらもセンサー部分はシールです。 センサービットと違って3mm穴接続になっていました。 サーベル刃はもちろん長いタイプも付属。 ライフルですがフォアグリップが両側にあり、接続ジョイントを左右入れ替える事も出来ます。 なので左手でもしっかり持たせる事ができました。 またコアガンダムIIにも各種アーマーを取り付けられるので 劇中通りアースアーマーを取り付けたりする事も出来ます。 最後にやと並べて。 アーマーのボリュームがあるのでアルスアースリィに引けを取らない大きさになりました。 以上HGBD ユーラヴェンガンダム レビューでした。 今回はコアガンダムがIIになった事が大きな特徴で スタイルはより洗練され、ギミックが一気に追加されコアディフェンサーを組み合わせた変形などで 単体でもとてもプレイバリューが高くなっています。 ウラヌスアーマーの方もフレームも新造されているためこちらも新鮮味のある形態になっていました。 合体させたユーラヴェンガンダムは狙撃機体でありながらセンサービットなど一風変わった装備があり しっかり他のアーマーとも差別化されています。 また今回は手首オプションも追加され、 武器セットを別途買う必要もなくこのキットだけでユーラヴェンガンダムが完成するため非常に充実した内容のキットになっていました。 アルスアースリィ共々おすすめのキットです。

次の

ユーラヴェンガンダム

ユーラ ヴェン ガンダム

HGBD ユーラヴェンガンダム レビュー HGBDよりキット化されたユーラヴェンガンダム。 価格は1,760円です。 付属品はコアスプレーガン、コアディフェンサー、ウラヌスアーマー、 持ち手、左平手、サーベル刃、ウラヌスアーマースタンド、それにランナーレスタイプのディスプレイスタンドが付属します。 今回アーマー用のスタンドは裏側に手首を収納できるようになっていました。 シールは各種センサー類を補うホイルシールのみです。 コアガンダムのランナーが使われているので一部余剰パーツがありますが ノーマルのコアガンダムには組めません。 まずはコアガンダムII。 こちらはヒロトが新たに作り上げたコアガンダムで性能が向上した他、新たにコアフライヤーへの変形ギミックも搭載されています。 キットの方は関節の大部分がコアガンダムの流用ですが 外装は大部分が新造されノーマルのコアガンダムよりスタイリッシュな姿になっています。 装甲のデザインはより複雑な印象になりクリアパーツが使われている部分も増えています。 キットな成形色でほぼ色分けされていて、肩の黒ラインなどが足りないぐらいでかなり高い再現度でした。 構造はコアガンダムほぼそのままなのでポリキャップはPC002が使われています。 頭部アップ。 コアガンダムと並べてみました。 マスクはスリットがないタイプになり額部分もクリアパーツに。 センサー類はシールがありますが頬ダクトやバルカンなどは塗装が必要です。 合わせ目は段落ちモールド化されていました。 胸部はデザインこそ似ていますが腹部やフンドシ部分が長くなりよりスマートな印象になりました。 またクリアパーツも増えています。 バックパックは共通ですがサーベルが変更されています。 腕部は肩アーマーや上腕が複雑なデザインになりましたがこちらも合わせ目はディテール化されています。 また今回は新たに左平手が付属しています。 ノーマルの腕部と並べるとよりメリハリのついた造形になっています。 手首ですが、従来の手首の他、一体成型の持ち手が付属。 穴あき手なので見栄えは悪くなりますが勝手にバラけたりする事が無くなります。 脚部も大腿部や足のデザインが変わり、若干長くなりました。 足首は足の甲の装甲が長くなり足裏にはつま先部分に肉抜きあり。 また左右分割なので一部に合わせ目が出ます。 可動範囲ですが基本的に従来のを踏襲しています。 ですが今回新たに腹部に可動ポイントが追加されさらに胴体が柔軟に動くようになっています。 下半身は特に変わりませんでした。 コアガンダムと比較。 装甲が複雑なデザインになりより進化した印象です。 続いてウラヌスアーマー。 他のプラネッツシステム同様装甲をフレームに合体させる事でサポートマシンになります。 三角形のシルエットでなかなかボリュームがあるアーマーになっていました。 フレームは新造されたためパーツ配置は若干変わっていて脚なども広がるように装着されているのが特徴的です。 フレームには3mm穴があるのでこちらも浮かせて飾る事ができます。 ただ個体差もあるのか自分の物は肩アーマーやライフル後端のパーツなどがちょっと外れやすく感じました。 武器を装備させたコアガンダムIIと並べて。 今回はコアガンダムIIにコアディフェンサーというシールドとしても機能する巨大な武装が追加されています。 付属武器のコアスプレーガン。 こちらは従来のコアガンダムの流用で特に変わった所はありません。 続いてコアディフェンサー。 こちらは巨大なシールド状のパーツでかなり存在感のある武装になっています。 かなり巨大ですが保持は十分可能。 今回新たに追加された持ち手のおかげで手首がバラけてストレスを感じるような事もありません。 またディフェンサーは先端を取り外し、差し替える事で バックパックに取り付ける事が可能です。 こちらは背面のボリュームが一気に増し、ちょっと変わったシルエットに変化します。 テール部分は軽く曲がった状態で固定されるので垂れ下がる事はありません。 一応ウラヌスアーマーに乗せる事も出来はしましたが、かなり不安定なのでスタンドなどで支えないと危ないです。 サーベル刃は流用でクリアピンクの物が2セット付属。 グリップはバックパックに取り付ける関係で穴が十字になっているのでサーベルの向きを90度変えて挿し込む事も一応可能でした。 続いてコアフライヤーへの変形ギミック。 こちらはコアガンダムIIで新たに追加されたギミックです。 まず本体は手や膝を曲げ、太ももや足首を回転させたら首を180度回し コアディフェンサーの基部を背中に装着。 最後にスプレーガンを接続した機首部分を取り付けてコアフライヤーの完成です。 こちらも鋭い三角形のシルエットです。 機首パーツのセンサーは色分けされていませんがシールあり。 特に複雑に変形する訳ではないのでロックなどはないですが姿勢は安定しています。 ギミックが追加されていてコアガンダムIIだけでもかなり遊べますね。 続いてユーラヴェンガンダムへの換装ギミックです。 とはいっても他の機体と特には変わらず、各装甲を外して本体に組み付けていくだけです。 フレームは新造されていて高さのある物になっていました。 長距離狙撃仕様のユーラヴェンガンダムの完成。 こちらはベースとしてアースリィガンダムを採用し射撃に特化したチューニングを施した機体なそうです。 とは言ってもアーマーの形状は大きく変わっていて肩や脚部のボリュームもあり センサービットなど変わった装備も装着されています。 換装箇所は他のガンダムと変わらないのですが、コアディフェンサーもドッキングするため 一気にボリュームが増した印象があります。 コアディフェンサーやビットがよく見える背面はかなりの迫力です。 頭部アップ。 頭部は他と同様にアンテナを追加する形式です。 胴体は紺色のアーマーで覆われるのでガラッと色の印象が変わります。 背面には3基のセンサービットが装着されていました。 コアディフェンサーを外すと長いリアアーマーが見えます。 バックパックとディフェンサーは角型のジョイントで接続しますがちょっと緩めな印象。 個体差もあるかと思いますがポロポロ落ちるようなら少しきつくすると良いかも。 アーマー裏は裏打ちパーツこそありませんがディテールが入っていて見栄えが良いです。 腕部は肩アーマーが大きめで中央のモールドは塗装が必要です。 ですが合わせ目はディテール化されていました。 肩に取り付けられているセンサービットは画像のように前方に向ける事ができます。 ビットのセンサー部分は色分けされていませんがシールあり。 ボリュームのある脚部。 以前のプラネッツシステムは足首が飛び出ていた印象がありましたが こちらは脹脛の装甲と一体化され綺麗なラインになっています。 スラスター部分にもディテールがありますが足裏は肉抜きが多めでした。 可動範囲ですが他の機体同様肩の跳ね上げギミックがなくなるため 腕はコアガンダムII時より上がらなくなります。 ですが追加された腹部可動は変わらず有効でした。 足首は接地も良好で良く動きますが リアアーマーなどが大型なので若干干渉する場合があります。 ビームシュートライフルU7。 こちらは大型のライフルでコアスプレーガンをドッキングさせます。 バレル部分を収納した状態だとビームライフルモード、 バレルを伸ばせばスナイパーライフルモードとなるそうです。 持たせる場合手首の他、前腕にも接続。 フォアグリップは収納式で合わせ目もディテール化されています。 もちろん無理なく両手持ちも可能。 前腕にも接続するため手首が負けるような事もありません。 センサービットは全て取り外し可能。 3mmピンなのでアクションベースなどに付属するジョイントを噛ませる必要はありますが 浮かせて飾る事も出来ます。 今回は平手があるので左手を添えるような構えも出来ます。 やはり手首オプションがあるのは嬉しいですね。 ケーブルは再現されていませんがレッグセンサーユニットも取り外し可能。 こちらもセンサー部分はシールです。 センサービットと違って3mm穴接続になっていました。 サーベル刃はもちろん長いタイプも付属。 ライフルですがフォアグリップが両側にあり、接続ジョイントを左右入れ替える事も出来ます。 なので左手でもしっかり持たせる事ができました。 またコアガンダムIIにも各種アーマーを取り付けられるので 劇中通りアースアーマーを取り付けたりする事も出来ます。 最後にやと並べて。 アーマーのボリュームがあるのでアルスアースリィに引けを取らない大きさになりました。 以上HGBD ユーラヴェンガンダム レビューでした。 今回はコアガンダムがIIになった事が大きな特徴で スタイルはより洗練され、ギミックが一気に追加されコアディフェンサーを組み合わせた変形などで 単体でもとてもプレイバリューが高くなっています。 ウラヌスアーマーの方もフレームも新造されているためこちらも新鮮味のある形態になっていました。 合体させたユーラヴェンガンダムは狙撃機体でありながらセンサービットなど一風変わった装備があり しっかり他のアーマーとも差別化されています。 また今回は手首オプションも追加され、 武器セットを別途買う必要もなくこのキットだけでユーラヴェンガンダムが完成するため非常に充実した内容のキットになっていました。 アルスアースリィ共々おすすめのキットです。

次の

HGBD:R 1/144 ユーラヴェンガンダム|バンダイ ホビーサイト

ユーラ ヴェン ガンダム

では箱絵からどうぞ。 パケ絵はビームシュートライフルU7を構えるユーラヴェンガンダムの姿が掲載。 やなどにも掲載されている定番ポーズになります。 イメージは劇中、エルドラウインダムなどとの交戦シーンですかね~。 パッケージサイズは縦横は一般的なHGと同じですが、高さは1cm程度大きめ。 余剰パーツはそれほど多くないですが、少し厚みのあるウラヌスアーマー、基部パーツなど、付属品にボリュームがあるためサイズも少し大きいものになっています。 やっぱりシリーズの後半に登場する機体はキットボリュームが増していきますなぁ; 横絵は記載ボリュームとしては少なめ。 割とギミックの多いキットですが、変形、分離合体といった最小限の解説に留めてあります。 ゴチャついてないのはいいですね。 パッケージいっぱいにランナーが入っています。 全部で3袋分のランナー。 リニューアルしたガンダムファンクラブの「プレミアム会員」入会特典用チラシが入っていました。 )を手に入れることができます。 (なくなり次第終了。 ヒロトに関しては、何度も掲載されているので現在のストーリー内容に。 一通り説明書をどうぞ。 以上、説明書でした。 ウラヌスアーマーはアースアーマーのアップデート版っぽい構成。 どちらもこれまでのプラネッツシステム採用機と同じ構造で新鮮味が薄い部分はありますが、ウラヌスアーマーの機体形状やセンサービット、コアフライヤーへの変形などで違いを出してあります。 肉厚な装甲ということもあって、個人的には好きなタイプですね。 カラーガイド。 HGBD:Rなので相変わらず調色が細かいですが、ミリタリー感を意識した渋めのカラーリングに仕上がるようなガイドになっているようです。 では各ランナーを簡単に見ていきます。 ダークブルー成型色で、ウラヌスアーマーの各部パーツです。 からの流用ランナーです。 ホワイト成型色で、ウラヌスアーマーの脚部パーツ、センサービットパーツなど。 以上です。 (ネタバレになります。 )ユーラヴェンガンダムは劇中ではまだ射撃シーンくらいしか見せていないので、今後も活躍する場面があるでしょうね。 一方のやられてしまったですが、こちらは次回、いよいよに換装して登場するのかも。 楽しみです。

次の