坂口 杏里 ノン フィクション。 坂口杏里「生きててよかった」 『ザ・ノンフィクション』放送後に本音

坂口杏里の“リスカ跡”“吐きだこ”に悲鳴! 整形後の顔公開も「前のほうがよかった」の声|日刊サイゾー

坂口 杏里 ノン フィクション

坂口杏里 6月30日放送のドキュメンタリー番組『 ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)に元タレントの 坂口杏里が出演した。 これまで数々の騒動を巻き起こしてきただけに、彼女の口から語られる赤裸々な告白は高い関心を集めたようだ。 同番組では2018年6月から坂口の密着取材を敢行しており、浅草のストリップ劇場で練習に励む様子の舞台裏から始まった。 また、その後、神戸で夜の仕事に就いていたことも伝えられ、昨年9月には自殺を図り未遂に終わっていたことも明らかに。 ディレクターに泣きながらかけてきた電話で、坂口は「一応、遺書書いたんだけど、本当にけっこうガチで死のうと思って」「ドライヤーの線で首をきつく縛って」「やっぱもう息ができないわけ」「口からと鼻から血がバーッて出て」などと、生々しい様子を伝えていた。 また、一部が公開された遺書には、「私は強い人間じゃないので、このようなことしかできませんでした」と書かれていた。 今年1月には音楽活動を行うことを発表しており、バンドメンバーのオーディションやライブの様子も放送された。 また、亡き母・坂口良子さんの墓前で「一生懸命がんばるから、見ててください」などと誓いの言葉を立てる場面も。 そして、ラストは3月に撮影したバラエティ番組『全力!脱力タイムズ』(同)のロケ風景で締めくくられていた。 芸能界復帰に向けて動き出した坂口だが、視聴者からは「精神的に不安定なのが明らかで心配」「番組内で昼の仕事を拒否していたし、楽して金を稼ぎたい姿勢が見え見え」「人生の成功を考えるなら、芸能界以外にも居場所はあるのでは」「お母さんが望んでいることは芸能界での活躍ではなく、あなたの幸せだと思います」「『強い人間じゃない』という理由で思いつめるなんて、そもそもメンタルが芸能界に向いていないのでは?」と厳しい意見が相次いでいる。 坂口といえば、13年3月の母親の死後にホスト通いや借金などの問題が報じられるようになり、「二世タレントの転落」などと伝えられた。 一時はセクシー女優に転身し、成人向けビデオに出演した後の16年10月には、ツイッターで「やるからには誰に何を言われてもどれだけストレス抱えてもトップになりたいなー」とつづっていた。 しかし、17年9月にインスタグラムで芸能界引退を報告し、「キャバ嬢として頑張ってやっていきたいです。 そのうち素敵な人があらわれて、結婚もしたいと思ってます」と宣言。 インターネット上には「キャバ嬢に向いてないと思うし、何もかも全うできない印象」「人生に迷っている感じがしてかわいそう」「結婚相手の財力に頼ろうという魂胆が見え見え」といった批判が続出していた。

次の

【2020年超最新!】驚愕の人気イケメン歌舞伎町ホスト25選!!

坂口 杏里 ノン フィクション

取材した福田真奈ディレクターは、ナレーションも自ら担当し、涙があふれて声が詰まってしまう場面もあった。 そんな福田氏は、杏里に対してどのような心情でこの密着に臨んだのか。 取材してみたらどう? 」と提案されたこと。 まず、インスタグラムにメッセージを送って取材を申し込み、しばらく返事はなかったものの、ストリップ劇場の浅草ロック座に出演することになった杏里から「その取材だったらどうですか? 」と申し出て、密着が始まった。 2013年に母・坂口良子さんを亡くしてホストクラブにハマり、借金を背負い、芸能界から姿を消し、夜の仕事を始め、逮捕までされてしまった杏里。 多くのマスコミ、ネットニュースがスキャンダルを面白おかしく書き立て、自身も「好奇の目を向けていた1人だったのかもしれない」と振り返る福田氏だが、「最初にロック座で取材したときから、自分の見え方をあまり気にしない飾らない子だなと思ったんです。 『タバコ吸うところ撮らないほうがいい? 』とこっちが気にしても『あぁ、全然大丈夫』っていう感じで」と、意外な印象を持ったという。 ロック座のスタッフが撮影を止めようとしても、杏里は「福田さんのカメラは入れてあげて」と、すぐに受け入れてくれたそう。 この事件をきっかけに距離も縮まり、最初は「福田さん」だった呼び方も、「福ちゃん」へと変わっていく。 杏里に対しての一番の感情を聞くと、「ほっとけない」という福田氏。 「本人は『おバカキャラを演じてた』と言うんですけど、本当に抜けてるところがあって 笑。 信頼できる人があまり周りにいなそうな感じがあるし、今までいろいろ裏切られたりもしてきて、人に対して疑心暗鬼になってるところもあるので、『本当に大丈夫? 』って心配な気持ちがあるんです」という。 ナレーションを読む福田氏は、収録の際に感情がこみ上げ、何度も言葉が詰まってしまった。 「実は、お墓の前では30分くらい話しかけていたんです。 その前の良子さんの誕生日にもお墓に行ってそれくらい話しているそうなので、あのシーンを見て、また『わざとらしいな』と思う人もいるかもしれませんが、あれは本当の感情でしゃべっていると思うので、グッと来てしまうんです」という。 その心情は「これだけ世間から批判されているのも見ているし、落ちるところまで落ちたのも見ている。 でも、もう1回芸能界に復帰したいとか、バンドをやりたいとか、何か新しくやりたいことを見つけて動き出していることが、一歩前に進んでる感じがするので、『頑張れ』っていう気持ちですね」と、胸の内を明かした。 外部サイト.

次の

坂口杏里に『ザ・ノンフィクション』が密着 ある夜届いた“遺書”

坂口 杏里 ノン フィクション

インスタグラムより 女優の故・坂口良子の娘でAV女優の坂口杏里の腕の傷に対し、心配の声が相次いでいる。 坂口は12日、自身のインスタグラムでプチ整形の施術を受けたことを報告。 「ツヤ肌コラーゲンリフトとアゴのヒアルロン酸をしました 後日頬とアゴの脂肪溶解をやってみたい 元大手美容外科本院院長のクリニック、腕は確かだから是非 坂口杏里の紹介で全て40パーセントオフだよん」と、ビフォー・アフターの顔写真を投稿した。 「モニター扱いでタダにしてもらっているのでしょう。 金欠で美容に使うお金がないのでは? しかし、残念ながら、コメント欄には『ビフォーのほうがかわいい』『やらないほうがよかった』とのコメントが殺到。 本人は頬を削って顎を尖らせたいようですが、出っ張った歯茎がより目立つ結果となり、ファンには不評です」(芸能記者) 同時に、クリニックの医師と思しき男性とのツーショット写真を投稿した坂口。 その左腕の内側には、無数の切り傷のようなものが見て取れる。 「リストカット跡と思しき傷に、ネット上では悲鳴が相次いでいる。 良子さんが亡くなって以降、顔がみるみる変わっていった坂口ですが、美容に執着することで自分を保ってきたのかもしれません」(同) 現在は、六本木のラウンジでホステスとして働いている坂口。 4日には、インスタグラムで「7月度総合ランキングが一位だったみたいです!」と、店のNo. 1になったことを報告。 「正直夜の世界1ヶ月続いた事が初めてでプライベートの時間なんて作らないでただがむしゃらにやってきた結果なのかな、本当にありがとうございます。 8月も一生懸命がんばります!」と意気込んでいた。 「坂口といえば、2年前に出演した『有吉反省会』(日本テレビ系)で『芸能界やめたら、キャバクラで働きたい』と語っていた。 紆余曲折あれど、現在、その夢が叶っている形。 本人も居場所ができてうれしそうです」(同) ホストへの恐喝騒動を経て、No. 1ホステスの座を掴んだ坂口。 次に目指すのは、AV女優のトップだろうか?.

次の