ラスクラ。 ラスクラ【ラストクラウディア】HARDのレベル上げ周回&素材集めや周回にお勧めのステージをご紹介!!

【ラスクラ】全キャラ評価一覧!各ユニットの特徴・習得するスキル・おすすめアークなどまとめ

ラスクラ

その際は申し訳ありません。 ちなみにこのページの内容以降のクエストを知りたいかたは下記のページで詳しく書いていますのでコチラをご覧くださいね。 ドロップリストの素材の位置的にも、基本的には左上にあるものから落ちやすくなっているようなので、ここでの入手確率がいいのがこれを見てもわかりますね。 ノーマルステージや、ほかの場所だと、結構右下に近い位置にあることが多いので。 他のステージを探したほうが賢明かと思います。 なので、あくまでもここで多く入手出来るのは、 海凝晶 と 紫と虹と青の大晶石 というのを覚えておいてくださいませ。 赤の大晶石は能力解放でかなり使う頻度の高い素材ですが、ここでは入手出来ない可能性がとても高いです!!その点を踏まえた上で、周回をするようにしていきましょう。 マナ樹液をメインに星の砂や魔素!【山道の終わり】 ここのステージも多くのかたが既にご存知かも知れません。 グラギア山脈の【 山道の終わり】 HARD です。 ですが改めて考えても、貰えるお金が約3000弱、経験値が1000前後ということや、素材ドロップの具合などを考慮しても、個人的には非常にバランスの良いステージになっているのではないかと思っています。 ここでのドロップリストはコチラ。 【 予想外の敵】と同じく、ドロップするアイテムの種類が少ないステージです。 なんだかんだ、時間はかかるけれども、お金や経験値は多く貰えますし、魔素もそこそこ落ちるように思います。 同じ敵が数多く出るからという理由が大きいと思いますが。 ただ、この星の砂は、現状私が確認出来た中では、ドロップリストの1番最後の欄にくるクエストばかりで、どこもそこまで大差があるようには感じられませんでした。 ドロップリストの1番最後にこないクエスト【氷窟に潜む魔獣たち】などでも、ドロップ率が良い感じはありませんでした。 なので、この素材に関しては、多くの周回が必須になってくる事実は、どこのクエストを周回してもほとんど変わらないものだと思います。 ですが、その中でも比較的に、個人的に、ちょっとだけ落ちやすいのかな?と感じたクエストが【 凶鳥去りし後】 HARD であるのも事実です。 なので、参考程度に周回を試してみて、落ちなさそうであれば、【山道の終わり】に切り替える! というような感じで、ドロップを期待しながら周回したほうがいいかもしれませんね。 ちなみに余談ですが、この【 凶鳥去りし後】 HARDはヴァザードのユニットソウルも他のクエストに比べて、ドロップ率が良いので、まだ解放出来ていないかたはその点でも意外とお得かもしれませんよ。 まとめ ご紹介したステージは、どこも私自身が周回をして、 実際に体験してみた上での内容をまとめています。 でないと基本的にはドロップリストをあそこまで埋めることは出来ません。 一応最終まとめとしましては、 赤や緑の大晶石やマナの樹液メインで星の砂、魔素のゲットの 【山道の終わり】 HARD 青や紫、そして虹の大晶石と海凝晶の 【氷窟に潜む魔獣たち】 HARD なので、基本的にはこの2つをメインに周回しながら、ある程度溜まってきたらお金や経験値がちょっと多い 【頼りになる少女】 HARDなどに移って周回していく感じが現状ではいいのではないかと思います。 それと、魔素を欲しいと思うかたは多いと思いますが、結局先にどんどん進んでるプレイヤーの皆様も、確実に沢山の周回をこなしているからです!! なので、誰もが少ない周回にはしたいですが、出ないものは出ないと割り切って、出来るだけすぐ終わる周回にする。 など、 周回の回数を減らすのではなく、周回にかける時間を減らす!!といった考えをもったほうがいいかもしれませんね。 そういった意味では、アルダン砦の 【 予想外の敵 】 HARDなんかは、まさにもってこいのステージだと思います。 いろんな情報があるかとは思いますが、一応事実のみを書かせて頂いてますので、見て頂いてるあなた様の参考になれば、嬉しく思います。

次の

ラスクラ攻略wiki|ラストクラウディア

ラスクラ

リセマラ要点まとめ 所要時間 約 10分 引ける回数• 【合計32回】• ・チュートリアル10連 引き直し可• ・通常ガチャ11連• リムルか怪盗ロビンを狙ってリセマラをするのがおすすめです。 ライターK 期間限定でコラボキャラの「リムル」が排出されます! 魔法に特化した初心者におすすめのキャラなので、リセマラはリムルを狙いましょう! 高速リセマラのやり方 リセマラのガチャは2種類 1. 引き直しの行えるチュートリアルガチャ チュートリアル後にガチャは、 引き直しが何回でも行えます。 ただし、排出対象は常設のラインナップのみで一部のキャラやアークは排出されません。 さらに 最後の1枠はキャラ確定のため、少なくとも3つ以上は赤玉(SSR)を狙うようにしましょう。 ライターK チュートリアルガチャは常設キャラのみ排出されます。 「リムル」はこのガチャからは排出されません! 2. チュートリアル終了後のガチャ チュートリアル後は、期間限定のガチャを回しましょう。 おすすめ度【 】• クリスタルガチャ 通常ガチャ 常時開催• おすすめ度【 】• リムルガチャがおすすめ キャラ 評価 評価点【 8. ・様々な属性攻撃が可能な魔法キャラ• ・個性で詠唱時間短縮• ・攻撃アップ4を取得• ・属性耐性を半減できるエーテル報酬 リセマラで一番おすすめはリムルガチャです。 特にピックアップされているリムルは複数の属性魔法攻撃ができ、様々なクエストで活躍できるので初心者におすすめです。 ・様々な属性攻撃が可能な魔法キャラ• ・個性で 詠唱時間短縮• ・クリティカル特化の高火力キャラ• ・ アイテム収集能力が高くリセマラで狙いたい• ・盗賊ロビンと間違えないように注意!! Tier2キャラ 詳細 評価点【 9. ・樹属性に特化した高火力アタッカー• ・特技や技能で状態異常を付与できる• ・6種類の特攻スキル持ち 評価点【 8. ・氷属性に特化した高火力アタッカー• ・特技の威力が優秀• ・クリティカルに特化したスキル構成 評価点【 8. ・雷属性に特化した高火力アタッカー• ・ 攻撃や回復が行える器用なキャラ• ・氷セヴィアと間違えないように注意!! アーク Tier1アーク 詳細 【 期間限定】 評価点【 9. ・ 物理キャラ育成必須のアーク• ・攻撃アップ4を取得• ・ 物理キャラ育成必須のアーク• ・STRの加算値が高いのも魅力• ・特性も優秀で物理キャラに持たせたいアーク 評価点【 9. ・魔法キャラ用アークトップクラスの性能• ・アークエーテル報酬が優秀• ・ 序盤~後半まで大活躍 評価点【 9. ・ 物理キャラ育成必須のアーク• ・高いSTR値を持つエーテル報酬も魅力• ・特性も優秀で物理キャラに持たせたいアーク 評価点【 9. ・ 物理キャラ育成必須のアーク• ・クリティカル特化の性能• ・序盤~後半まで大活躍 評価点【 9. ・ 魔法キャラに必須な技能を習得させられる• ・物理キャラ強化も可能 評価点【 8. ・SCT特化の性能• ・エーテル報酬のアクセサリーが優秀 Tier2アーク 詳細 評価点【 8. ・斧装備のキャラの育成に必須• ・ ボス戦で使える特性 評価点【 8. ・ 高火力闇属性魔法を習得させられる• ・攻めに特化したアーク特性を所持 評価点【 8. ・クリティカルに特化した性能• ・ アークエーテル報酬が優秀 評価点【 8. ・優秀なヒールスキルを習得させられる• ・ アークエーテル報酬が優秀 評価点【 7. ・ 高火力光属性魔法を習得させられる• ・耐久キャラと相性の良い性能 評価点【 7. ・物理攻撃中に受けるダメージ軽減• ・樹属性の優秀な魔法を習得させられる• チュートリアルガチャは何度でも引き直しができるので、自分が納得がいくまで引き直せます。 Tier1キャラとTier1アーク2つ持っていれば序盤攻略がスムーズに行えます。 期間限定のガチャは、チュートリアルガチャのラインナップと異なり、より強力なキャラが排出されます。 ライターK 引き直しガチャで「怪盗ロビン」とTier1アークを狙い、チュートリアル後は「リムル」を狙うのが理想的です!!.

次の

【ラスクラ】ローランドの性能評価!おすすめスキルやアークも紹介!

ラスクラ

前提として用意しておきたいキャラやスキル キャラ 物理キャラ 魔法キャラ• ・主にダメージを稼ぐ役• ・デバフは物理キャラで行いたい バフデバフは詠唱が無いため• ・回復と蘇生がメイン• 物理魔法で分けて解説していますが、プレイヤーによって組める環境は異なるので、バフデバフに関しては自身が組めるやり方で大丈夫です。 "バフデバフが無い"ことは問題アリなので必ず用意しましょう。 ジャラバンガに挑戦する際の前提として、アーク込のステータスで上記表程度のステータスは確保しておきたいです。 HPとDEFは、後述の開幕アビスストリームとその直後の回復までに受けるダメージに耐えるためで、MNDは中盤から後半にかけて使用してくる、アビスゲートとヴァルザライザーに耐えるためです。 ステータスは一例として設けていますが、HPはDEFとMNDを兼ねられるステータスなので、HPが盛れるのであればDEFとMNDは多少下回っていてもクリアは可能です。 ・スターダストヒール 時止めで確実な回復が可能• ・ヒールウィンド 即回復が必要ではない時用• ・グランドリジェネ 発狂後にも回復が継続できる• ・その他MPと相談して通常のヒールなど 被ダメ系• 被ダメにほぼ属性があるのでウォール2種はおすすめ• ・ストーンウォール 発狂以前のフィールド落雷対策• ・ホーリーウォール アビス~系や発狂後の落雷対策 デバフ系• デバフ系は被ダメが大きく下がるので優先度高め• 無詠唱かつ効果が変わらないので前衛に付けたい• ・ブレイサー STR減少。 常にかけておきたい• ・ロストマ INT減少。 ボスHPを見てかけておく• ・スイン DEF減少。 SCやボス進行に余裕があれば その他• SCが0なので習得できるキャラは必ず装備• ・中級魔法陣展開 長期戦なのでMP回復は必須• ・上級魔法陣展開 上に同じ ジャラバンガ戦ではデバフ系の魔法が大きく作用するので、ブレイサーは常に、ロストマは適切なタイミングでかけておきたいです。 スインは2種より優先度が低めですが、SCやデバフを挟めそうなタイミングがあれば使いましょう。 【世界樹の祈り】• 味方全体のHPと戦闘不能を回復• サブイベント「」クリアで入手 サルメア• 【サルメアイリュージョン】• 地下封域ブランダ「来訪を待つ者」クリアで入手 召喚獣は「ユグドラシル」か「サルメア」のどちらかを使用しましょう。 ユグドラシルは回復と蘇生を同時に行えるメリットが大きい召喚ですが、蘇生後はHPが非常に低く、蘇生直後に発生し続けている落雷攻撃に倒されやすいのがデメリットです。 開幕不可避の強力全体攻撃 アビスストリーム アビスストリーム 物理判定の 闇属性全体攻撃 ジャラバンガは、戦闘開始直後にアビスストリームという超強力な全体攻撃を放ってきます。 アビスストリームを耐えるには高いステータス、または闇属性耐性が必要です。 お手軽かつ有効な対策は物理ダメージ減少のファストバリアです。 味方全体に属性ダメージ減少効果の「ウォール系魔法」は詠唱のみ間に合いますが、適応が間に合わず、アビスストリームの対策としては機能しません。 ・ストーンウォール 味方全体の雷属性ダメージ減少• 超えていない状態でも使用してくる場合があるので、事前にストーンウォールやマジックバリアを使用しましょう。 ・ストーンウォール 味方全体の雷属性ダメージ減少• 1回目よりタイミングはわかりやすく、「ラ」の字にかかる辺りで使用するので「バ」の字の時点でバフやデバフを使用し始めましょう。 ・ホーリーウォール 味方全体の闇属性ダメージ減少• アビスゲートの使用タイミングは正確につかめておらず、「鳥の字」にかかりはじめた辺りで発動するパターンもあれば、「雷の字」を越えた辺りで発動するパターンも確認されています。 アビスゲート発動が遅れるパターンを考慮し、「ジの字」付近でデバフやバフを貼り始めるようにしましょう。 ・ホーリーウォール 味方全体の闇属性ダメージ減少• 事前に回復をしておかないと厳しい戦いを強いられるので、直前の回復は必須です。 ジャラバンガのステータスと耐性 HP 種族??? 攻撃属性が闇と雷のため、耐性が低い装備やキャラには注意が必要です。 弱点はないですが、ウィークを撃つと光・樹が弱点に変化します。 ジャラバンガに挑戦する方法 オルダーナ港のサブクエスト「海上の悪夢」 ジャラバンガのクエストは、オルダーナ港のサブクエスト「海上の悪夢」で挑めます。 コンティニュー不可で、クリアすると再出現はしません。 報酬アイテムはアクセサリー アイテム 効果• ・魔獣の記録を収めた記録媒体 ジャラバンガを倒すと、報酬でアクセサリー「ピンクダイヤモンド」とたいせつなもの「BG-Disk[Jalabanga]」が入手できます。

次の