アイテック インターナショナル 評判。 ITECインターナショナルの悪い評判を聞きます〜その理由の実態は!

アイテックインターナショナルの評判について徹底調査してみた!

アイテック インターナショナル 評判

最近、友人に誘われて、アイテックインターナショナルなどのネットワークビジネスをやってみようということになりました。 実際参加前って、世の評判が気になりますよね。 友達に言ったらどう思われる?「変なビジネス始めてない?」なんて思われないだろうか? 俗にいう「ねずみ講」と勘違いされないか?! と、リアルな反応が気になります。 ということで、ネットワークビジネスを始める前に、実際の評判、実際の友人たちのリアルな反応がどうか、を試してみました。 アイテックインターナショナルを友達に伝えてみようとした「前段階」 「ネットワークビジネス」というと、昔の変なイメージ、強引な勧誘、サインするまで返してもらえない??なんて不安がよぎることもあったりします。 これは自分が強引な勧誘にあったことがなくても 「梅干し」=酸っぱい と同じような感覚で「ネットワークビジネス」=怪しい と条件反射的に感じてしまう、先入観を持っている人が多いだろうな~という勝手な思い込みがあるということが考えられます。 実際、ネットワークビジネス経験者たちに話を聞いてみると、現在の50代、40代の年代の人は強引な勧誘にあった人もいますが、ここ10年ほどは全くそういった強引な勧誘にあったという人に私は出会っていません。 10年前から口コミ勧誘のネットワークビジネスを経験しましたが、強引なことはなく、普通のセミナーがたくさんありました。 お金のこと、健康のこと、成功者の話。 ためになるセミナーが多かった印象です。 ビジネスですから、商品を買う(買わないといけない)というのは当然です。 ただ買い込みがあるのかどうか・・は会社によるようです。 実際、「買わされる」のではなく、本人が、自分の意志で「タイトルを維持したいから」とか報酬を上げたいから、と多めに買う。 というパターンがほとんどのようです。 こういった、自分の意志で参加しているセミナーや、購入している商品を、ビジネスで成功できなかった人達は• セミナーに強引に参加させられた。 不要な商品を買い込みさせられた。 友達を紹介しないと責められる・・ というような、考え方になる人もいるようです。 自分で決めて参加するはずですし、自分で決めて購入するのですが、どうも「昔の悪いイメージ」が残っているからか、多くの人が被害者として声を出してしまうようです。 という、前提がある中で、いざ、友達たちに「ネットワークビジネス」って、という話を切り出してみました。 「ネットワークビジネス」って聞いたことある? しーん、としてしまいました。 そして、 「えー、何それ」とはぐらかされました。 次の友達です、 サプリに興味ある? 一瞬間が空き・・・ 「興味ないかな」とさらっと。 何かを感じ取ったようでした。 ここで伝えるのをやめてみます。 アイテックインターナショナルに友達を勧誘するとしたら・・ アイテックインターナショナルなどのネットワークビジネスを伝え、勧誘する場合は、相手がネットワークビジネスに対して偏見があるかどうか、先に確認してからがよさそうです。 偏見がある、悪いものだと感じている人にとって、「悪いもの」を進められると抵抗したい気持ちになうようですし、逆にあなたに対して「やめておきなよ」とビジネスチャンスの邪魔をする可能性もあります。 近しい人ほど、「危険」と思い込んでいるものなので、あなたを守ろうと感じて動く人もいるほどです。 ネットワークビジネス自体は悪いものではなく、素晴らしいビジネスモデル。 活動のやり方をしっかりと行えば、だれも迷惑を感じず、むしろ感謝されるビジネスです。 勧誘する場合、前段階で相手がちょっとでも拒否反応を示したら、すーーーっと引く。 話しをしないのが得策かもしれません。 とはいえ、人は日々環境が変わります。 人生のタイミングではネットワークビジネスの良さを理解し、必要と感じる時も来るでしょう。 時折、友達の様子を見ながら、ネットワークビジネスへの考え方はどうか?を確認していくことも大事かもしれません。 勧誘する場合は、「興味があるかどうか」というよりも「偏見があるかないか?」を確認するステップがあると互いに気持ちよく過ごせます。 まとめ アイテックインターナショナルなどのネットワークビジネスの活動の様子も年々変わってきています。 多くのネットワークビジネス企業は強引な勧誘を禁止し、真摯に対応してくれるところが多いようです。 副業が必要な時代。 一つの権利収入型ビジネスとして取り組むのもいいかもしれません。 その際は、会社の安定性、商品の質、目標としている月収を稼ぎやすいか(プラン)、会社・グループの雰囲気をしっかりとみて、確かめたうえで参加するのが一番ですね。 新しい時代です、視野を広げていくことも大事になってきていますね。 【外出不要!在宅で完結】もう友達は勧誘したくない、、その悩み解決しましょう! ネットワークビジネスで一番怖いこと・・世の悪いイメージ「友達の信用すら失ってしまう」と言う事。 ビジネスを切り出せない。 勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからないなら、、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。 でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?.

次の

ITECインターナショナルの評判を調べてみると、経験者からの裏事情が聞こえてきました!

アイテック インターナショナル 評判

コンテンツ• ITECインターナショナルの勧誘リストに自分は入っている? 口コミのネットワークビジネスは、100人リストを作ります。 回りにそんなに友人知人、親戚一同合わせても、なかなかいないですよね。 ・何十年も会っていない、小学校の同級生 ・いい思い出のない、先輩、後輩 ・子供の同級生のお母さん ・近所のおばちゃん ・いとこの旦那さんのいとこ ・会社の同僚・後輩(先輩は無理かも) とにかく、知っている人を全員リストに入れなければ、100人リストは作れません。 参加してくれそうな人だけに声掛けするのでは、リストを作るのは難しいのです。 LINEの友達に登録されている人は全員、もれなくリストに入れます。 以前、ネットワークビジネスをしている人が、ダウンの人にこう言っているのを聞いたことがあります。 『どうして、久々に親戚に会ったのに、ビジネスの話をしないの?おかしいでしょ』 なんとも、言えない気持ちになりました。 ITECインターナショナルに勧誘されたら 友達とお茶に行ったら、ITECインターナショナルの勧誘だった、なんて話はよく聞きます。 でも、ITECインターナショナルの話をすることを前提にしないで、 喜んで行ったら【ITECインターナショナルの勧誘】だった! これは違法です。 「ITECインターナショナルに勧誘するから、久しぶりに食事に行こう。 」 「ITECインターナショナルのメンバーが集まるパーティーがあるんだけど、一緒に行かない?」 などと伝えなければいけません。 ITECインターナショナルの話をする前提での、お茶はいっこうにかまいません。 話をよく聞いて、自分が納得して受けるのであれば、問題はありません。 興味があれば、じっくり聞くことも大切ですし、質問してもいいでしょう。 ただ、仲のいい友達だからと、軽々しく承諾することは避けたほうがいいと思います。 全く興味がなければ、その場で断ったほうが賢明です。 きっぱりと断ることで、ほとんどの人は諦めてくれます。 ITECインターナショナル勧誘 ABCの実態とは! 自分がまだ初心者で、ITECインターナショナルの勧誘がうまくできない時は、成功者と会わせようとしてきます。 この勧誘方法は、ABCといい、 A=Adviser(成功者) B=Bridge(勧誘してきた人) C=Customer(あなた) となります。 成功者に話をしてもらうことで、詳しい説明をしてもらえますし、 また、勧誘した人も、説明の仕方を学ぶことができます。 成功者が話すことによって、成功のイメージが湧きやすくなりますし、 自分でもできるような気持ちになります。 しかし、成功者は断られることは慣れていますので、 なかなか引き下がってもらえないですし、 簡単に断れなくなってしまうこともあります。 ITECインターナショナルの勧誘をしてくる人の特徴 では、ITECインターナショナルの勧誘をしてくる人は、どういう人なのでしょうか。 初めからITECインターナショナルのビジネスの話をしてくる人は、わかりやすいですが、 普通に話していて、気づける点があれば、身構えられます。 ・将来の夢を語る セミナーで夢や目標を大きく持つことを諭されている 好きな時に海外旅行をしたくないか、大きな家を持ちたくないか、 月収100万も夢じゃない などと、簡単に夢が叶うかの如く、語ってきます。 ・将来の不安を煽る リストラや減給されたら生活できないことを語り、不安を煽ります。 ・現在の収入で満足しているのか聞く 今の収入に満足している人は、そうそういません。 ・宗教が好き ある意味マルチ商法は、宗教的なところがあり、セミナーが多くあります。 洗脳され、信者のようになる人もいます。 ・素直すぎる 素直だから、人を信じやすく、リスクを考えにくい傾向があります。 セミナーで、ビジネスオーナーになった成功者が、成功の秘訣を語り、 それを信じて、自分も成功したかのような気分になります。 勧誘してくる人の特徴を知れば、久しぶりにかかってきた友人からの電話もピンとくるかもしれませんね。 ITECインターナショナルの勧誘を上手に断る方法 ・まずは、断固として断る ITECインターナショナルの勧誘者は、誘い方だけでなく、 断られた時の対処法も教え込まれています。 中途半端な断り方では、うまく丸め込まれてしまいます。 あいまいな態度を取ってしまうと、可能性があると思われ、 その時は引き下がってくれても、また勧誘されます。 ・すんなり帰してもらえないときは 一度納得したふりをして、 帰って家族と相談するから じっくり考えてみるね などと、前向きに考えているように見せるのも方法です。 実際、じっくり調べて、自分もやりたいと思えば、承諾メールを送ればいいですし、 やりたくなければ、お断りメールを送れば済みます。 ・反論しにくい理由を言って断りましょう。 例えば、 「マルチ商法には興味がない」 興味のない人に話をしても聞いてもらえません。 「人と関わるのは苦手だから勧誘できない」 人と関わらなければ仕事にならないので、あきらめます。 「人脈がないから勧誘する人がいない」 何十人と勧誘しても、参加するのは一人二人です。 人脈がなければ、そもそも仕事になりません。 ・それでも引き下がらない場合は、法律知識を出しましょう。 特定商取引法で連鎖販売の再勧誘を禁止しています。 法律に触れる勧誘はできないので、引き下がってくれるでしょう。 ・それでも誘ってきたら 連絡手段を絶ちましょう。 あまりやりたくはないですが、うっとうしくなってしまえば必要かもしれません。 LINEのブロックはもちろん、電話も着信拒否にしましょう。 ・最終手段 消費者生活センターに連絡する旨を話しましょう。 または、消費者生活センターに相談しましょう。 なぜITECインターナショナルは悪いイメージを持っている人が多いのか ITECインターナショナルの仕組みは、ネットワークビジネスとして、何も問題ありません。 会社自体は決して違法ではありませんし、法律に触れることを規制もしています。 ただ、一部の常識のない勧誘をする人がいるので、怪しいイメージを持っている人が多いのかもしれません。 しかし、勧誘している人は、あなたに幸せになってもらいたいと思って勧誘しているのです。 ITECインターナショナルの商品は、非常に質の高い、いいものです。 多くの人が成功しているのも事実です。 どんな仕事でも、成功している人は、大変な努力をしています。 何年も努力をして、ようやく楽に稼げるようになるのです。 ITECインターナショナルは、頑張り次第で稼げる仕事です。 やるかやらないかは、すべて自分次第。 成功するかしないかも、自分次第。 ITECインターナショナルの会社のせいでも、勧誘してきた人のせいでもありません。 努力して、成功すれば、また、ほかの人を幸せにできるかもしれません。 ですが、ITECインターナショナルに勧誘されて、友人関係が壊れてしまうことは避けたいですね。 声をかける人がいなくなって、困っていませんか!? ネットワークビジネスで一番怖いこと・・世の悪いイメージ「友達の信用すら失ってしまう」と言う事。 ビジネスを切り出せない。 勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからない。 なら、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。 でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?.

次の

アイテックインターナショナル、コロナ騒動でもセミナーもイベントも開催?!

アイテック インターナショナル 評判

最近、友人に誘われて、アイテックインターナショナルなどのネットワークビジネスをやってみようということになりました。 実際参加前って、世の評判が気になりますよね。 友達に言ったらどう思われる?「変なビジネス始めてない?」なんて思われないだろうか? 俗にいう「ねずみ講」と勘違いされないか?! と、リアルな反応が気になります。 ということで、ネットワークビジネスを始める前に、実際の評判、実際の友人たちのリアルな反応がどうか、を試してみました。 アイテックインターナショナルを友達に伝えてみようとした「前段階」 「ネットワークビジネス」というと、昔の変なイメージ、強引な勧誘、サインするまで返してもらえない??なんて不安がよぎることもあったりします。 これは自分が強引な勧誘にあったことがなくても 「梅干し」=酸っぱい と同じような感覚で「ネットワークビジネス」=怪しい と条件反射的に感じてしまう、先入観を持っている人が多いだろうな~という勝手な思い込みがあるということが考えられます。 実際、ネットワークビジネス経験者たちに話を聞いてみると、現在の50代、40代の年代の人は強引な勧誘にあった人もいますが、ここ10年ほどは全くそういった強引な勧誘にあったという人に私は出会っていません。 10年前から口コミ勧誘のネットワークビジネスを経験しましたが、強引なことはなく、普通のセミナーがたくさんありました。 お金のこと、健康のこと、成功者の話。 ためになるセミナーが多かった印象です。 ビジネスですから、商品を買う(買わないといけない)というのは当然です。 ただ買い込みがあるのかどうか・・は会社によるようです。 実際、「買わされる」のではなく、本人が、自分の意志で「タイトルを維持したいから」とか報酬を上げたいから、と多めに買う。 というパターンがほとんどのようです。 こういった、自分の意志で参加しているセミナーや、購入している商品を、ビジネスで成功できなかった人達は• セミナーに強引に参加させられた。 不要な商品を買い込みさせられた。 友達を紹介しないと責められる・・ というような、考え方になる人もいるようです。 自分で決めて参加するはずですし、自分で決めて購入するのですが、どうも「昔の悪いイメージ」が残っているからか、多くの人が被害者として声を出してしまうようです。 という、前提がある中で、いざ、友達たちに「ネットワークビジネス」って、という話を切り出してみました。 「ネットワークビジネス」って聞いたことある? しーん、としてしまいました。 そして、 「えー、何それ」とはぐらかされました。 次の友達です、 サプリに興味ある? 一瞬間が空き・・・ 「興味ないかな」とさらっと。 何かを感じ取ったようでした。 ここで伝えるのをやめてみます。 アイテックインターナショナルに友達を勧誘するとしたら・・ アイテックインターナショナルなどのネットワークビジネスを伝え、勧誘する場合は、相手がネットワークビジネスに対して偏見があるかどうか、先に確認してからがよさそうです。 偏見がある、悪いものだと感じている人にとって、「悪いもの」を進められると抵抗したい気持ちになうようですし、逆にあなたに対して「やめておきなよ」とビジネスチャンスの邪魔をする可能性もあります。 近しい人ほど、「危険」と思い込んでいるものなので、あなたを守ろうと感じて動く人もいるほどです。 ネットワークビジネス自体は悪いものではなく、素晴らしいビジネスモデル。 活動のやり方をしっかりと行えば、だれも迷惑を感じず、むしろ感謝されるビジネスです。 勧誘する場合、前段階で相手がちょっとでも拒否反応を示したら、すーーーっと引く。 話しをしないのが得策かもしれません。 とはいえ、人は日々環境が変わります。 人生のタイミングではネットワークビジネスの良さを理解し、必要と感じる時も来るでしょう。 時折、友達の様子を見ながら、ネットワークビジネスへの考え方はどうか?を確認していくことも大事かもしれません。 勧誘する場合は、「興味があるかどうか」というよりも「偏見があるかないか?」を確認するステップがあると互いに気持ちよく過ごせます。 まとめ アイテックインターナショナルなどのネットワークビジネスの活動の様子も年々変わってきています。 多くのネットワークビジネス企業は強引な勧誘を禁止し、真摯に対応してくれるところが多いようです。 副業が必要な時代。 一つの権利収入型ビジネスとして取り組むのもいいかもしれません。 その際は、会社の安定性、商品の質、目標としている月収を稼ぎやすいか(プラン)、会社・グループの雰囲気をしっかりとみて、確かめたうえで参加するのが一番ですね。 新しい時代です、視野を広げていくことも大事になってきていますね。 【外出不要!在宅で完結】もう友達は勧誘したくない、、その悩み解決しましょう! ネットワークビジネスで一番怖いこと・・世の悪いイメージ「友達の信用すら失ってしまう」と言う事。 ビジネスを切り出せない。 勧誘する相手が友達以外に簡単に見つからないなら、、もう稼ぐことをあきらめるしかありません。 でももし、その人脈が無限に増えていき、しかも相手の方から「話を聞かせてほしい」と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?.

次の