奈良競輪 実況。 橋本悠督

奈良競輪場(奈良県)の基本情報とライブ、開催日程、場外発売、予想ほか

奈良競輪 実況

函館競輪• 青森競輪• いわき平競輪• 弥彦競輪• 前橋競輪• 取手競輪• 宇都宮競輪• 大宮競輪• 西武園競輪• 京王閣競輪• 立川競輪• 松戸競輪• 千葉競輪• 川崎競輪• 平塚競輪• 小田原競輪• 伊東競輪• 静岡競輪• 名古屋競輪• 岐阜競輪• 大垣競輪• 豊橋競輪• 富山競輪• 松阪競輪• 四日市競輪• 福井競輪• 奈良競輪• 向日町競輪• 和歌山競輪• 岸和田競輪• 玉野競輪• 広島競輪• 防府競輪• 高松競輪• 小松島競輪• 高知競輪• 松山競輪• 小倉競輪• 久留米競輪• 武雄競輪• 佐世保競輪• 別府競輪• 熊本競輪•

次の

奈良競輪場(奈良県)の基本情報とライブ、開催日程、場外発売、予想ほか

奈良競輪 実況

奈良競輪場 (奈良県営競輪場) 基本情報 所在地 奈良県奈良市秋篠町98 座標 : 電話投票 53 開設 (昭和25年) 民間委託 (2014年4月 - ) 施行者 奈良県 走路 333m 重勝式投票 (グループC) 公式サイト 配信サイト 実況 担当 滝口久 ナイター競走 愛称 ミッドナイト競輪 開催期間 2016年7月6日 - 記念競輪 名称 春日賞争覇戦 開催月 2月 奈良競輪場(ならけいりんじょう)はにある。 施設所有および主催は奈良県で、正式名称は 奈良県営競輪場(ならけんえいけいりんじょう)。 競技実施は中日本地区本部近畿支部。 実況は滝口久が担当。 本項では廃止された 奈良競馬場(ならけいばじょう)についても記述する。 概要 [ ] 奈良競輪場はに開設され、過去には奈良市も主催していた。 からのには記念競輪 として「春日賞争覇戦」が行われている(は時期移動で9月に開催)。 なお2月は初の特別開催であるを行なったため、記念競輪としては実施せず2日目のシード優秀競走として行なわれた。 またにはが行われた。 からで前半戦「イーストステージ」・後半戦「ウエストステージ」を実施していたが、をもって終了している。 はを採用している。 からが開催されている(施設所有者である奈良県のほかに、京都府、和歌山県、福井市が施設・バンクを借り上げて実施している)。 よりを実施予定。 入場料は無料だが、特別観覧席(飛天交流館)への立ち入りは有料(1000円)である。 チャリロト [ ] より重勝式投票「」の発売が開始され、からの開催よりキャリーオーバーを共有する『グループC』としての発売となり、・・・と共有している。 なおキャリーオーバーの対象外であるチャリロト3は奈良単独で発売される。 より場内に「チャリロトプラザ」がオープンし、会員登録により重勝式の購入が現地でも可能となった。 バンク・スタンド [ ] 1周333mを使用している。 「コーナー上にゴールがある」と言われる程極端にゴール前の直線が短いバンクで、スピードを維持しやすく又出しやすいので圧倒的に先行・捲り選手有利。 後方に置かれると手も足も出なくなるので、展開の移り変わりが激しい。 バンク全体を観客席で囲まれており、建物の合間から風が入り込み渦巻く事がある。 長年一般席のみであったが一部を改造し、バックストレッチ側(ゴールとは反対側)に特別観覧席が設置された。 2019年2月、奈良県が県所有の施設について耐震性を調査したところ、この奈良競輪場では耐震性を示す構造耐震指標(Is値)が、いずれも完成である中央スタンドで0. 03、東サイドスタンドでも0. 16と低く、震度6強以上の地震で倒壊する危険性が指摘されたことから、現在は具体的な耐震化対策が出されるまで、中央スタンドと東サイドスタンドはともに3階部分は立入禁止としている。 また同様に車券購入窓口・払戻も限定しており、それらの業務はほぼ機械化されている。 場内には大型モニターを備えたホールがあり、ここのステージで時折イベントが行われる(奈良支部所属新人選手の紹介や、の優勝報告会など)。 2コーナーと4コーナーの両方に同じ着順表示板が設置されている。 堅く収まる(低配当)レースが多いが波乱時の額も大きく、の史上最高額である4,760,700円(の第10)が出たバンクでもある。 電光掲示板 アクセス [ ]• 下車、徒歩5分。 FI以上の本場開催では昼間から夕方にかけて急行が臨時停車する。 からで5分(運行)。 途中の道がよく渋滞するため、便によっては10 - 15分かかる場合もある。 近隣に大型ショッピングセンター()があり、特に休日には混雑するため、平城駅利用のほうが早いことが多い。 なお多くは平日開催なので、バス利用でもさほど時間はかからない。 ただし、場外発売日に関しては平城駅に急行の臨時停車がないため、その場合は普通電車で平城駅で下車するか、大和西大寺駅からの無料バスの利用となる。 奈良競馬場 [ ]• 敷地内から北東隣接地にかけて、かつて 奈良競馬場があった。 によって地方競馬で運営され、奈良市尼ヶ辻、当時の都跡村に開設されたが、規模が小さいため、1939年にここに移転してきた。 元の尼ヶ辻競馬場(通称)は積水化学の工場のところであったらしい。 休止、廃場。 内回りコースに似たおむすび型のコースで、秋篠川沿いにホームストレッチがあり、平城駅駅前付近は3コーナーであったと考えられる。 現在の道路形状に当時のコースの名残が残されており、航空写真でも一目でわかるため、文化財関係機関に年に数回遺跡ではないかといった問い合わせがあるという。 地方競馬としては最大クラスの一周1600m、スタンドは元の(JRA の木造スタンドを移築したものであった。 廃止後奈良県の水没地の代替地として供与された。 特徴的な「おむすび型」をしている奈良競馬場。 右下が近鉄平城駅。 エピソード [ ]• 締切予告アナウンスの音楽として、の『』のメロディが流れる。 4月より、本場開催における入場料徴収を廃止し無料化された。 2008年4月に、同年5月にを開催、また、近畿地区プロ自転車競技大会については近年毎年開催されるなど、大会開催にも注力している。 に程近いため、そこへ行くために発の無料バスを利用する人も少なからずいる。 2019年度(開催は2月27日 - 3月1日)の開設記念は、拡大防止を目的とした政府及び関係省庁からのイベント開催規模縮小の要請を受け、GIIIでは初めてで行われた。 車券発売はのみで行われた結果、総売上は17億6353万9100円と、前年度の54億929万8600円に対し32. マスコットキャラクター [ ] マスコットキャラクターは奈良をイメージした天女をモチーフにしている「飛天ちゃん」。 飛天としての飛行能力を活かし姿で描かれるほか、着ぐるみも用意されている。 広告としてスポーツ新聞に描かれていることもあるほか、のに描かれたこともある(いわゆる)。 購入のためのなどに描かれている。 また、年に一度、「飛天ちゃん杯金魚すくい大会」があり、奈良市民および奈良県民には大変親しまれている存在である。 なお、時折で奈良競輪場テレビが放映されており、飛天ちゃんが登場する。 それにちなんで記念競輪の2日目のシード優秀競走は「奈良テレビ放送杯 飛天ちゃん賞」(2009年度(開催)の開催では「はきもの杯 飛天ちゃん賞」)の名称で行なわれる。 脚注 [ ] [].

次の

橋本悠督

奈良競輪 実況

来歴 [ ] 元々板前の仕事をしていたが、しゃべりの世界への夢を抱きアナウンサーの世界へ飛び込む。 関西や名古屋ののを経て、頃から中継に携わるようになる。 現在はで開催されるの中継においてとを兼務し、解説のと軽妙なトークを繰り広げているほか、毎年11月下旬に開催されるではから開催期間を通して実況を担当している。 かつては、ではレース実況とを、ではレース実況を、で開催がある際は中継番組の司会をつとめていた。 これらの競輪場では、実況やMCの担当から外れた後もイベント等で登場している。 にはおよそ7年ぶりに岸和田競輪場でレース実況を行った。 その他にも、やでもインターネット放送などに出演することがある。 その他 [ ]• ミッドナイト競輪の中継番組では自ら予想をして車券も購入しているが、その結果からなどを通じて中継を視聴している人たちからは「 デス目のハッシー」などと呼ばれ 、予想自体も「 芸術的なデス目予想」とまで言われるようになっている。 にで『TOG橋本悠督カップ』と呼ばれる冠レースが開催された。 過去の出演番組 [ ]• (制作の競輪番組)• の実況• 橋本悠督のHITS TOWN()• i-MAGINARY PLANET() *e-reqest558 など 脚注 [ ].

次の